スジボソヤマキチョウのタグまとめ

スジボソヤマキチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはスジボソヤマキチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「スジボソヤマキチョウ」タグの記事(17)

  1. スジボソヤマキチョウ再び - 風任せ自由人

    スジボソヤマキチョウ再び

    5つ前の記事「盛夏〜初秋の高原」の最後に「…スジボソヤマキチョウを蝶友さんと撮影した翌週、再びその周辺を探索した…」と書いたが、その際にも沢山のスジボソヤマキチョウと出会い、沢山の写真を撮った。今年は発生数が多かったのか、時期がうまく合ったのか、前回掲載した写真を撮影した場所だけでなく周辺の色々な場所で複数個体を確認できた。スジボソヤマキチョウ

  2. スジボソヤマキチョウとヤマキチョウ - 公園昆虫記

    スジボソヤマキチョウとヤマキチョウ

    スジボソヤマキチョウは、2013年に入笠湿原で初めて見た。こういうチョウがいることは図鑑などを見て知っていたので、それを初めて見ることができてうれしかった。その後は高原へ行く機会もなく、ずっと見られなかったが、ヘムレンさん・みき♂さんに誘われて山梨県や長野県の高原へ行くチャンスができ、昨年・今年とまた見ることができた。今年また、9月上旬に入笠湿原へ行った。スジボソヤマキチョウがいつになくたく...

  3. 今シーズン最後のヤマキ - 蝶超天国

    今シーズン最後のヤマキ

    9月3日この日の目的は、今シーズン最後のヤマキチョウ観察でした。天気もまずまずなので・・・間違いなく複数見られると思っていましたが・・・意外と個体は1♂だけ・・・先行の方々に教えてもらいやっと撮影できました。夢中に吸蜜いているので全く逃げません。少しアップで・・・・そして広角でも・・・・・後でゆっくり撮れば良いと他の蝶を撮影していたら・・・意外と早く14時ごろには休止状態になってしまいました...

  4. スジボソヤマキチョウ - 風任せ自由人

    スジボソヤマキチョウ

    クジャクチョウなどを撮影した後、蝶友さんが別の場所に連れていってくださった。そこは、30代の頃、高山植物の撮影目的で八ヶ岳の横岳に何回も登っていたが、その登山口の近くだった。確かにその頃も下山途中に色々な蝶がいたのを覚えている。秋口にはクジャクチョウがアザミやマツムシソウに群れているのやアサギマダラをビデオで撮影したこともあった。本命はヤマキチョウだったが、残念ながらその出会いはなかった。し...

  5. ギンボシヒョウモンの産卵とヤマキチョウなど(2017/8/27) - 小畔川日記

    ギンボシヒョウモンの産卵とヤマキチョウなど(2017/...

    キベリタテハを撮影した林道では他の蝶もいく種類か見ることができた。 ヒメキマダラヒカゲは、かなり標高の高い場所に来ないと見かけない蝶だから、見かけたらカメラを向けようと思うのだけど、目的の蝶が気になったりしてなかなか撮影することが少ない。きれいな個体が地面で翅を開いていたのでカメラを向けた。ニコンD500 ニッコール70-200シータテハも出てきたけど、かなり敏感で落ち着いてモデルになってく...

  6. スジボソヤマキチョウ - 風の翅

    スジボソヤマキチョウ

    暗い樹林下に大群生しているマルバダケブキの花にスジボソヤマキチョウが群れていたいつも日当たりのよい草原で見かけているがこんな環境にも生息しているとは意外な感じがする鮮やかな黄色の花に蝶が埋没しないように撮影するのもなかなか難しい

  7. ヤマキチョウ探索 - 蝶超天国

    ヤマキチョウ探索

    8月26日このところ天気も回復し残暑が厳しい毎日です。ヤマキチョウをあまり見ていないので今回は何とか見てみたいと思いました。最近草原が荒れてしまい数が激減している場所へ行ってみました。探しまわってやっと1♀が姿を見せてくれました。いきなりミドリヒョウモンとの2ショットでしたが・・・次はヨツスジハナカミキリとの2ショット・・・すぐ隣でカミキリが動いても動じず・・・このあとカミキリが逃げていきま...

  8. ☆ 晩夏 ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ 晩夏 ☆

     駐車場には、まだかなりの車がありましたが、登山バスの停留所標識が撤去されていきました。夏山シーズンも終わりの様です。   秋の気配の濃い林道を歩きました。アサギマダラは、南下の季節を迎えます。 上空に現れては、下りずに飛び去る個体が多かったです。来週が南下のピーク? 落ち着きなく飛ぶアサギマダラに、夏の終わりの寂しさも感じました。 咲き始めのアテラアザミです。以前、花という花にアサギマダラ...

  9. スジボソヤマキチョウ 8月28日 中信にて - 超蝶

    スジボソヤマキチョウ 8月28日 中信にて

    中信の高原の続き・・・スジボソヤマキチョウです

  10. 夏のシロチョウたち in2017.07~08甲信地方 - ヒメオオの寄り道

    夏のシロチョウたち in2017.07~08甲信地方

    今回のトップバッターは「スジボソヤマキチョウ」です。渓流沿いの信州の高原ではスジボソヤマキチョウ発生初期で3頭仲良く吸水していました。コムラサキが吸水にくると1頭舞い上がってしまいました。更に近づくと1頭づつ舞い上がって散ってしまいました。          in2017.07.22 渓流沿いの東信の高原にて③ひょっとしたらまだ生き残っているのではと、上信国境の高原にある湿原を探してみるも天...

  11. 高原のチョウ ~アカセセリなど - チョウ!お気に入り

    高原のチョウ ~アカセセリなど

     前回の続きです。この日はいろいろなチョウに出会えました。 少し分かりにくいですが、ダイミョウセセリです。個人的にはスジボソヤマキチョウのクリームイエローが気に入っています。飛び出すのを見計らって翅の表が撮影できました。前にトラカミキリ(種類がわかりません)がいます。オオミスジです。アカセセリもいました。まともな写真としては初撮りです。♂もいました。遠い目でしたがデジタルの力でそれなりに写る...

  12. スジボソヤマキチョウ - 風の翅

    スジボソヤマキチョウ

    昔と比べてスジボソヤマキチョウが少なくなったような気がする26年前、人家の庭に植えられた花にも群れていた記憶がある空き地の野草の花にもよく吸蜜に訪れていた探さなくても普通に見られたこの蝶も今は探してもほとんど見られないやっとの思いで2頭だけ見つけチャンスを待って撮影した

  13. 中信の高原で-1(2017/8/2) - 小畔川日記

    中信の高原で-1(2017/8/2)

    8月2日は中信の山に"森林里山巡り"のMorrieさんとヒメヒカゲを撮影に行く。出かけた時には天気が怪しくて、ポイントに着く寸前には前もよく見えないくらいの霧になったけど、ポイントに着くと霧が薄くなってきてくれた。着くとすぐにアカセセリやヒメヒカゲがいて、草の上に止まっている。近くではスジボソヤマキチョウが葉の陰でひっそりと休んでいた。今回は、ここにスジボソヤマキチョウがいることを確認するの...

  14. ☆ スジボソヤマキチョウ ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ スジボソヤマキチョウ ☆

     スジボソヤマキチョウは、好きなチョウの一つです。この日も(28日)何頭かに出逢えました。 ヨツバヒヨドリの咲く原っぱで、2頭のスジボソヤマキチョウが絡んでいました。カップルになるのを待ちましたが叶わず、飛び廻るだけでした。

  15. 草原周辺の五目撮り - 蝶超天国

    草原周辺の五目撮り

    7月21日ウラキンシジミの不調を払拭しようと次に向かったのは、カラスシジミの生息地でした。ところがこちらも全く期待外れ・・・生息すら確認できませんでした。仕方なくもう一つの狙いのヘリグロチャバネセセリを探します。やっとヒメジョオンで吸蜜する♀を見つけましたが・・・・個体数は意外と少なく感じました。♂はなかなか見つかりませんが、♀はどれも新鮮でした。まずまずの鮮度の♂だと思ったらコキマダラセセ...

  16. 2017.7.7 山梨は今日もダメだった アゲハチョウ   2017.7.16 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.7.7 山梨は今日もダメだった アゲハチョウ...

    2017.7.7山梨の標高1500mのアイノミドリシジミとメスアカミドリシジミ、ダメだと思いながら行ってみる。この場所を見つけてから不満ながらも撮影できたのは最初の2年だけ。その後は、木が高くなったせいか、時期が悪かったせいか姿を少し見ただけに終わっている。山麓にある何かの跡地のようなコンクリの広場。いつもタテハ類が吸水しているので覗いてみると、コムラサキとシータテハがいた。ここではシーは初...

  17. 2017  ハイシーズン その2 - 紀州里山の蝶たち

    2017 ハイシーズン その2

    ピカピカのスジボソヤマキチョウと予告なしの対面でした。葉上にとまったと思ったら、横になって日向ぼっこしました。人間なら「どうにでもしてくれー」ってなことなんでしょうが。羽化直後によく見られる習性らしいです・・・。

1 - 17 / 総件数:17 件

似ているタグ