スズガモのタグまとめ (23件)

スズガモのタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはスズガモに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

この日は♂が近づいてくれましたが、♀を撮るのを忘れてきました。近況自宅での金柑採り金柑は九州地方では多く栽培されていて身近にありましたので、子供の頃からこの時季には実をもいで普通に食べていました。我が家では30数年前に植えたものが3.2mの大きさに育ち8.7kg(昨年は9.4kg)採れました。ヒヨドリとメジロに少し残して後は近所に配り我が家では甘露煮とジャムを作りました。

by Kei爺ちゃんと鳥さん

漁船に群がるカモメやらその横を飛び交うスズガモなど海岸で良く見かける風景です。

スズガモは沖に集まっていますが、2~3羽で行動している個体もいます。    ハマチドリ(羽繕い中)    潮が満ちると堤防で休憩    イソヒヨドリ♀    新鋭オフショア船「あかつき」(海洋支援船)

by 葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ

 3月8日(水)に葛西臨海公園・葛西海浜公園全域の調査を実施しました。西なぎさではヒバリのさえずりが鳴り響き、上の池ではカモたちのディスプレイが盛んに行われ、ノスリは2羽一緒に行動していました。 場所別の鳥類情報を簡単にご紹介します。・葛西海浜公園・・・沖合にはスズガモが約11,000羽、カンムリカイツブリは約2,300羽が集まり、西なぎさの杭の上ではクロツラヘラサギとヘラサギが休んでいまし...

西方面オシドリダム、やっと少し来てくれたようです。ほとんどが法面に居るようですが、確認できただけだと20羽程度か。これからどんどん増えてくれる事に期待。GS山でミソサザイ。素早すぎて獲れない。カモがいっぱい海岸、ハシビロガモ。ここでは少数派という事もありますが、なぜかついついレンズが向いてしまうカモ。やはりクチバシの存在感のせいか。かなり潮が引いて海岸線が遠い。その遠いところでヒドリガモなど...

by 夫婦でバードウォッチング

 納沙布岬は雪がどんどん激しくなり、ハシブトウミガラスも見ることができたので、花咲港へ行ってみることにしました。横なぐりの雪が吹き付ける港では、コオリガモやウミアイサ、スズガモなどがのんびりと泳いでいました。雪が吹き付けて撮影は大変でしたが「北国にやってきた」ことを強く感じることが出来ました。(likebirds妻)写真をクリックして拡大画像をご覧ください納沙布岬の後に寄った雪の降り続く花咲...

by 朝の散歩道

水路状の河口をゆっくり泳ぐカンムリカイツブリ今朝は何故か河口に飛来するミサゴの数が多いようでした。河口の海側でスズガモが浮いていました。今朝のカワセミさん 近くを別のカワセミが通過していきました。

お城お城のお堀、カモ類は最近、お堀の西側に集まっていることが多い。ほとんどがキンクロハジロとカルガモ。ホシハジロはかなり減ってきています。そんな中に見つけたスズガモのメス。ここでは初めて見ました。探せばあちこちに紛れているもんですね。スズガモが居る!という目でいつものキンクロ部隊に目を移すと、この写真左の子はやたらと背の黒色が薄い、たくさんいる中で圧倒的に色の薄い個体でした。さらに、よく見て...

by 平さん

今年は横浜港にスズガモがいっぱいです。数の強い日でしたがコンデジ持って歩いて来ました。スズガモ♂スズガモ♀1組だけのオナガガモカップルいつもは主役のユリカモメ

by 四季の探鳥

by 清治の花便り

ヒドリがモ手前はカルガモヒドリガモ(「緋鳥鴨)・・目の後に緑色の光沢があるものもあるらしい。アメリカヒドリヒドリガモに似ているが、顔が白っぽい(雄)。 全長:48cmまれに飛来し、ヒドリガモのむれに混じっていることがある。ヒドリガモに似てやや濁った声で鳴く。(BIRD FANより)珍しいらしい^^のけぼしさん、ありがとね^^カルガモ(軽鴨)宍道湖を離れ、帰りに神西湖に立ち寄りキンクロハジロ(...

by 花と葉っぱ

撮影:1月30日(茨城県・神之池、千葉県・銚子漁港)アネハヅルが早々に抜けてしまい、気が抜けて呆けていた。風が強かったが暖かく、分厚いコートを脱ぎジャンパーを脱ぎしても汗が流れるほど暑かった。神之池(ごうのいけ)ではミコアイサを期待していたが、カルガモやマガモ、オナガガモがほとんどで、ウミアイサの雌が1羽いるらしいが見つからなかった。ヨシガモは1羽だけだった。ヨシガモ(葦鴨)・雄 カモ科マガ...

近所近所の畑、この日はかなり高いところを飛んでいましたが、おそらくいつも見られるハイタカ。キセキレイのメスが湿地から黒いモノを咥えて木に上がってきました。寒い季節でも昆虫の幼虫か何かがいるものですね。近所の川でホシハジロが単縦陣で航行中。こちらは停泊中のホシハジロ&キンクロハジロの艦隊。スズガモはまだ居てくれます。いつも一人で寂しそうにも見えてしまいます。頭を掻き掻き、くつろいではいるようで...

前の記事の続き広大な田園地帯、当然スズメもたくさん。ニュウナイスズメがいないかと探しましたが分からず。タゲリの群れが飛んでいます。ヒラヒラと優雅(?)な飛翔。ムクドリ、これもたくさん。ニアリームクドリがいないかと思って念のためレンズを向けますが分からず、モズが混ざってるくらいか。用水路にはヒドリガモの群れも当然ながらいます。ちょっとアメリカナイズな子もいますが、きっとこれも交雑なんでしょう。...

近所の川カンムリカイツブリが来ていました。全部で3羽居ました。今までは単独でしか見たことがありませんでした。この川では数の少ないキンクロハジロですが、少し増えたかな。それでも20羽もいないと思います。河口付近は小さな工場などが多くあまり緑地はありませんが、ジョウビタキはどこにでもいてくれます。牡蠣の水揚げ用の桴で休む水鳥たち。オナガガモたち、最近は時間帯のせいだと思いますが、寝ている姿ばかり...

by SAMARAwの花鳥風月(Photolog)

2017年1月11日 ウミアイサの雄を探しに再び海岸へ行きました。寝ていたダイシャクシギが突然飛びました。後方はほとんどスズガモです。ウミアイサ♀ 2ケ所回りましたが♂は見つかりませんでした。目を開けて覗いているようです。海藻と一緒に食べています、なんだろう?スズガモ♂スズガモ♀スズガモ♂換羽中ハジロカイツブリアオアシシギムクドリ 連続写真ではありません。

by 今日の鳥さんⅡ

すっきり青空、高速道路も3割引というので久しぶりに胆振地方まで鳥見ドライブに行ったが・・・・枝かぶりのヤマセミ枝をかわせる位置に移動した時にはもう姿がなかった。ねらいの鳥には出会えず、河口付近の漁港へスズガモクロガモなんかに出会えればうれしかったのだが・・・もう一度川沿いの道をさかのぼって見たがヤマセミにもねらいの猛禽にも出会えずカワアイサやホオジロガモこれも地元で会えるカモなんだけど・・・...

by 花と葉っぱ

撮影:12月30日(千葉県・船橋三番瀬)ダイゼン餌えさエサこっちこっちとことことこハマシギどうお?餌とれた?シロチドリ空に天敵?オナガガモの雌スズガモは睡眠中だわスズガモの雌綺麗きれい見てよ この姿態ハジロカイツブリ波が荒いな~カンムリカイツブリ逆らわず身を任せていればよいモズ高みの見物とは違うな~

by 鳥見撮り

もう長く滞在しているようです。いつも近くで見るので番かもしれません。 雄はまだ背中と頭が換羽中です。雌は嘴の付け根が幅広く白いのが目印です。

by 花と葉っぱ

撮影:12月19日(千葉県浦安市・入船海岸~日の出海岸)スズガモは、はるか沖合で大きな群れが休息していましたが、群れを離れて護岸近くで泳いだり、護岸の基礎で日向ぼっこしているのも僅かにいました。ヒドリガモの雌は見方によっては地味ですが、雄よりもおしゃれです。ハジロカイツブリは真っ赤な目が愛らしい。ハマシギは何を漁っているのでしょうか。イソシギは普通に歩いていたので何気なく撮りましたが、PCで...

似ているタグ