スナップ-2のタグまとめ (23件)

スナップ-2のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはスナップ-2に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by ちょっとそこまで

 長浜盆梅展へ再度訪ねました。 「 不老 」 は開花が進んで丁度見頃に出会いました。   「 不老 」と「 福鶴 」です。 「 福鶴 」のアップです。 「 蓬莱 」 も見頃を迎えていました。  今回初お目見えの 「 芙蓉峰 」 です。 推定樹齢は400年だとか・・・ どうやら私の年中行事の一つに加わりそうです(笑) 

by ちょっとそこまで

 6年を迎えそれぞれの祈りを込めて・・・ 個人で出来る復興支援、阪神大震災の時もそうでしたが、本当に僅かでもと 毎年気持ちを込めて・・・ 高校生の皆様 撮影・掲載のご了解をありがとうございました。 皆様の祈りが届きます様に・・・

by ちょっとそこまで

 春を予感させる かほりが・・・  ほんの少し 庭に漂い始めたような・・・   

by ちょっとそこまで

 街の中の建造物を見ると リズムを感じる事があります。 例えばビルの外壁。  例えば、ファサード。 例えば、階段の表。 そして、裏。 全てカラー撮影です(笑) 

by ちょっとそこまで

 昨年10月から今年の3月20日まで期間限定でうめきたガーデンが公開されています。 2月は球根を特殊な技法で冷蔵し、開花時期を調整したアイスチューリップ2万株が冬のうめきたガーデンで見られました。  真冬に色とりどりのチューリップが楽しめるのは、うめきたガーデンだけ! キャッチフレーズに誘われて2月下旬に訪ねていました(笑)      JR大阪駅北側、都会の真ん中で花と緑があふれる庭園で、1...

by ちょっとそこまで

 JR大阪駅前グランフロント大阪 うめきた広場ではこの時季アイススケートが楽しめます。 可愛いい高校生のお二人を撮影させていただきました。  真冬にチューリップが咲く、うめきたガーデンへ訪ねた後に立ち寄った時でした。 此方のリンクは氷は使わずに樹脂製プレートを何枚もジョイントさせたリンクだそうです。なのでこけてもお尻が濡れたりしません(笑) さらに、水や氷を維持するための電気を使用しないため...

by ちょっとそこまで

 一重白梅  一重白梅   八重紅色の蕾 一重白梅 一つの枝に色違いの花をつける「思いのまま 別名 輪違( りんちがい )」 八重薄桃色 会場内では三脚、一脚は使用出来ませんので全て手持ち撮影です(笑) 

by ちょっとそこまで

 滋賀県長浜と云えば毎年秋に着物大園遊会で訪ねていますが、この時季は明治20年に天皇の行幸に際し建てられた「慶雲館」で盆梅展が開催されています。 写真は推定樹齢150年の「仁寿」です。  今年の盆梅展は雪景色でした。 今年で66回目を迎えた会場です。 枝垂れ梅や内裏梅が展示されています。  蓬莱は未だ蕾でした! 長浜盆梅展 明日に続きます。今日から27日まで春を呼ぶ行事へ出かけています。 2...

by ちょっとそこまで

 氷柱の美しさと長さに、普段目にしない私は魅入ってしまいました! 鉄橋に出来た2メートルの氷柱です。  軒下の氷柱は氷のカーテンです! 積雪は1メートル近くありますが、その下に氷柱が! ニョキッ! 槍!? 飛騨古川は雪国でした!  又訪ねる時があるのかな~??? 

by ちょっとそこまで

 飛騨古川駅の跨線橋が 「 君の名は。」 のポスターにありました。 同じ処から撮影をしたのがこちらです。  高山方面行の列車が着きました。 これから高山へ移動します。 今回の列車の旅は氷見線からでした。 雨晴へ始発電車が着きます。 富山駅で高山線特急に乗り換えて、最初の停車駅が「越中八尾」です。八尾も雪の中です。 車窓から通り過ぎる跨線橋を撮ってみました!  

by ちょっとそこまで

 昭和46年に開村された「飛騨の里」へ移築された合掌造りです。  かって白川郷や五箇山を訪ねていますが、此処は山村の生産用具、生活用具や此処に住むご苦労や暮らしの知恵を偲ぶ事が出来る、博物館施設です。 合掌造りの屋根裏です。  小屋組みは最早 芸術です!  藁で作られた宝船! 障子の補修もデザインになります。 積雪量に改めて此処が雪国だと知らされました。 美しい合掌造りの里でした。 

by ちょっとそこまで

 300年の時を超えて飛騨の歴史を物語る高山陣屋です。  1692年(元禄5年)徳川幕府は飛騨を幕府直轄地とします。以来明治維新まで177年間に25代の代官・郡代が江戸から派遣され、幕府直轄領の行政・財政・警察などの政務を行います。10万石格を示す二間半の大床に壁一面の青海波模様です。 大広間 台所 郡代が生活した「嵐山之間」 順路の案内が無ければ迷子になってしまいそうです(笑) 公式の会議...

by ちょっとそこまで

 古い街並みを歩いていたら、偶然に「昭和館」に出会いました。迷わず入館しますと、其処には昭和時代の世界が!  食堂ですが、今でも何処かの町にありそうな・・・ 電機屋さんの洗濯機やTVが懐かしい・・・ 床屋さん。 大きなドライヤーがありました! 昭和横丁 ダンスホール・ムーンライト・・・懐かしい名前です(笑) 怪しげなシルエットに、つい誘われて・・・(笑) 何と、吉永小百合さんが、新人です! ...

by ちょっとそこまで

 古くは江戸時代から米・桑・花市として。そして明治の中頃からは農作物が並べられるようになり、今日まで続いている宮川朝市です。  好物の「赤かぶ」を今回も並ぶお店毎に買い求めました。微妙な味の違いを楽しむためです。 此方は陣屋の朝市です。 高山言葉での会話に話が弾みます! 珍しい古代米で作られた魔除けです。 上の奥様の作品です。 皆様、快く撮影のご了解をありがとうございました。 

by ちょっとそこまで

 冷え込んだ早朝はマイナス9度でした。  昨夜と同じ処を訪ねて、朝のあかりを楽しみます。   夜明けの時刻が近づいてきました。  昨晩はこの記事を書きながら何十年振りかで Suntory OLD whisky をほんの少し呑みました。   サントリーがある。 笑顔がある、歓びがある、微笑みがある、サントリーがある。 涙がある、愛がある、夢がある、溜息がある、サントリーがある。 そしてまた明日...

by ちょっとそこまで

 7年振りに高山を訪ねました。夜の古い町並みの景色から・・・  ライトアップされた中橋です。 ♪ ドンドンディドン シュビダデン オデェーエーエエーオー ♪ 洋酒サントリーの昔のCMですが、この歌がBGMに流れていた高山の古い町並みに、外国人が旅籠「久田屋」(現在は料理店)に入って行くシーンがありました。 私はその時高校生だったと思いますが、以来高山に憧れて初めて訪ねて以来今回で6度目か7度...

by ちょっとそこまで

 4月19日、20日に9台の祭屋台が町内を巡行します。  絢爛豪華な屋台です。 屋台への出入り口です。 屋台は上段・中段・下段の三段構造になっていて、中段ではからくり人形が奉納されます。 白い紐の操作で人形を動かしています。 街角では獅子舞も披露されます。 

by ちょっとそこまで

 240年も続く「生掛け和ろうそく」の三嶋和ろうそく店です。  植物原料を使い全ての工程を手作業で一本一本作られています。   2002年NHK連続テレビ小説「さくら」は、ハワイ出身のさくらが一家のルーツである飛騨高山の中学校で、英語の指導助手として就職します。下宿先のろうそく屋は、此方の三嶋ろうそく店がモデルとなっていました。  地元の方は勿論よくご存知ですが、 若い観光客はアニメ 「 君...

by ちょっとそこまで

 7年振りに飛騨地方を訪ねました。古川は雪と氷の中です。  訪ねたこの日は朝からお天気に恵まれました。 瀬戸川と白壁土蔵です。 瀬戸川に氷柱が出来ています。 見上げると軒先にも! 地元の方には申し訳ありませんが、自然が作った芸術の様。 何時も美しい古川の街並みです。 新酒が出来た11月下旬頃に、新しい酒林(さかばやし)に取り替えられています。 

by ちょっとそこまで

 高岡市山町筋は土蔵の町でした。今も明治時代の建築が数多く残されています。その一つ菅野家住宅です。  明治33年大火の後街並みを火に強い土蔵造りにしたのが、今日の山町筋の始まりです。うだつは特に無く1階の隣家との間のタイル貼塀で延焼を防ぎます。 軒の出が深いため鉄柱によって支えていました。 土蔵造りのまち資料館を訪ねました。 お座敷は総檜造りで壁は弁柄です。 そして山町筋は「御車山」の曳山を...

似ているタグ