スナップ-2のタグまとめ

スナップ-2」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはスナップ-2に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「スナップ-2」タグの記事(34)

  1. 鯛網漁 鞆の浦仙酔島 - ちょっとそこまで

    鯛網漁 鞆の浦仙酔島

     観光用とはいえ古式に倣い出魚する鯛網船団です。  乙姫様も船上から大漁を祈ります。 漁場に着くと指揮船からの合図で、2隻の船は左右に分かれて海中深く網を下ろしていきます。鯛は海底近い処にいますが、この辺りは100m前後でしょうか?  網しばりが始まりました。「 エット、エットー ヨーイヤサンジャー 」の勇ましい掛け声とともに、徐々に網を小さくしていきます。 さて、釣果は! 乙姫様の祈りが通...

  2. 乙姫の舞 鞆の浦仙酔島 - ちょっとそこまで

    乙姫の舞 鞆の浦仙酔島

     真鯛が旬の五月、仙酔島では観光鯛網漁を観る事が出来ます。その前に弁財天の使い「 乙姫 」 が大漁祈願の舞を披露します。  開始前に少しお話をさせて頂いたのですが、肝心の舞の名前を聞き逃してしまいました(笑)    舞の後は福餅まきです! 撮影及び掲載のご了解をありがとうございました。 

  3. 鞆の浦 ぶらり - ちょっとそこまで

    鞆の浦 ぶらり

     ぶらり歩くだけで癒される港町です。海の匂いが微かに漂い人の温かさに、地元の方は勿論ですが、初めて会う旅人同士も自然と会話が弾んでしまいます・・・  2010年に訪ねた時と変わらぬ景色が目の前に! 保命酒のお店のご婦人もお元気でした。 江戸時代からの町並みです。 竜馬も歩いた処です! 海鼠壁の狭い道も・・・ 焼杉壁の道も懐かしい景色でした。 福禅寺 對潮楼から弁天島を眺めます。1711年、朝...

  4. 鞆の浦 常夜燈 - ちょっとそこまで

    鞆の浦 常夜燈

     1859年(安政六年己未七月)に建造された鞆の浦のシンボルです。基礎石から宝珠まで5.7m、基壇3.4m、下部の亀腹型石積まで含めると10mを越えていて、日本一の常夜燈です。  江戸期の港湾施設である常夜燈、雁木、波止場、焚場跡、船番所跡がほぼ完全な形で現存しているのは、全国でも鞆港だけだそうです。 常夜燈を色んな処から眺めて見ました。此方は医王寺からです。 医王寺途中の見晴らし台からです...

  5. 好古園  - ちょっとそこまで

    好古園 

     姫路城西御屋敷跡日本庭園「好古園」は、11のゾーンからなる10,000坪の池泉回遊式庭園です。 御屋敷の庭からスタートです。  池の畔には枝垂れ桜、カエデ。そしてこの時期はサツキが見頃でした。 中央の曲線が庭園のシンボルとなる渡り廊下です。 秋の中秋の名月を愛でる最良の方向に建てられている「潮音斎」から大池の眺めです。 芝生と松のシンプルな茶の庭です。 ホタルブクロが咲いていました。 和傘...

  6. 白鷺の天守閣 - ちょっとそこまで

    白鷺の天守閣

     天守閣の屋根葺き直しや漆喰壁の塗り替え等、凡そ5年を掛けて行われた平成の大修理が終わって約2年が経ちます。漆喰の白色が落着いてきた国宝姫路城を訪ねてみました。  サツキの花が見頃時期と重なり、天守を彩ります。 実は今回が初めての入城でした。天守閣へは上がりませんでしたが、それでも順路に沿ってざっと見学しただけでたっぷり1時間は掛かりました。西の丸長局から見た天守です。 △ □ 〇 狭間(さ...

  7. 安芸のたけはら 旧笠井邸 - ちょっとそこまで

    安芸のたけはら 旧笠井邸

     本町通りの玄関口にある旧笠井邸です。  明治5年に建築された 浜旦那(塩田経営者)と云われた笠井清八邸です。 1階座敷 2階座敷 2階には竹が置いてありました。竹細工の部屋でしょうか? 安芸の小京都・たけはら編でした。 続いて鞆の浦編です。 

  8. 安芸のたけはら 松阪邸 - ちょっとそこまで

    安芸のたけはら 松阪邸

     1818年頃の建築を1879年(明治12年)に改築された松阪邸は、唐破風の屋根が特徴です。  数寄屋風で統一された座敷を見学しました。 玄関にはこの様な趣向が!  模様が入った硝子障子 座敷から庭を眺めます。   

  9. 安芸の小京都 たけはら - ちょっとそこまで

    安芸の小京都 たけはら

     安芸(広島県)の小京都と云われ、江戸時代前期に塩や酒づくりで栄えた豪商のお屋敷や長屋門の格子、漆喰壁が残る街並み保存区を訪ねました。 2014年この前を白戸家・堺雅人と犬のお父さんがCMで歩いていました(笑)  本町通りは石畳みの道です。 白壁が今も往時を偲ばせせていました。 春風館(頼山陽の叔父 頼春風の邸宅)・復古館(頼春風の孫 三郎邸)がある大小路。   妙見邸 なまこ壁を見るとつい...

  10. 猫の細道 - ちょっとそこまで

    猫の細道

     尾道は猫が多く棲んでいます。 そしてここにも・・・  これより、猫の細道とありました。     こいの細道でもある様でした!  尾道編はこれにて終わります。 未現像や掲載を思案する様な処もありますが、プライバシー保護のため。 この後は安芸の小京都・たけはら編へ続きます。 

  11. 尾道 ぶらり - ちょっとそこまで

    尾道 ぶらり

     向島との行き来はフェリーに乗ります。片道100円です。  島から高校へ通う学生もフェリー通学です。 すっかり有名になった旧銭湯の大和湯さんです。今はレトロなカフェとして営業されています。 狭い路地で見かけた靴屋さん。  尾道はアナゴが美味しくて色んなお店でいただく事が出来ます。が此方はドミトリーです。 平地の際は呉線です。踏切の先は階段の始まりです! 日が暮れて 向島に帰る時もフェリーです...

  12. 尾道 みはらし亭 - ちょっとそこまで

    尾道 みはらし亭

     大正10年に建てられた別荘住宅でしたが、ここ30年程空き家となっていました。平成28年春、NPO法人尾道ゲストハウス「みはらし亭」として活用開始されています。尚、施設は登録有形文化財に指定された歴史的・伝統的な建物です。  施設は女性専用ドミトリー、男女混合ドミトリー、個室があります。 此方はカフェです。 尾道水道が一望できます! 玄関横のテラス。 軒を見上げると垂木に! 一般的に垂木は梁...

  13. 甍はるかに千光寺 - ちょっとそこまで

    甍はるかに千光寺

     1979年、TV番組「やる気満々」の挿入歌で、 ♪ あかねの空は晴れて・・・甍はるかに 千光寺 ♪  という唄と共にロケで尾道が登場しました。 その番組を観て尾道に憧れてやっと訪ねたのが2010年の4月でした。 それから7年が過ぎて再び訪ねる事が出来ました。  鼓岩と呼ばれるこの巨岩の上を小石で打つと、ポンポンと鼓の様な音がする事から、別名ポンポン岩とも! 右側のノミの跡は大阪城築城の時、...

  14. 君にありがとう・・・ - ちょっとそこまで

    君にありがとう・・・

     2年振りに中之島薔薇園を訪ねました。 朝から快晴の中、辺り一面に薔薇の香りが漂っています・・・ 何時もながら名前はキャプション頼みです(笑) メルヘン ケーニギン  ダム ドウ シュノッソ ナエマ ハニーブーケ エディトール マクアァーラン マダム メラニー スペールト デンティ べス 今日は結婚39周年記念日です。 君にありがとう・・・ I love you yes I do 愛している...

  15. 高岡御車山祭 木舟町 - ちょっとそこまで

    高岡御車山祭 木舟町

     木舟町の曳廻しが始まりました。  午後2時に御車山会館辺りへ集合します。 鉾留は胡蝶、本座は大黒天が座り、相座にはからくり人形がありました。  午後3時頃から各町への曳廻しが始まりますが、帰りの列車時刻が迫りましたので、ここで Time is up. でした。 又機会があれば次こそ7基の御車山勢揃いを見たいものです! 

  16. 高岡御車山祭 守山町 - ちょっとそこまで

    高岡御車山祭 守山町

     30日の宵祭で蔵出しされた守山町の御車山です。  本座に飾られる恵比須と鉾留の五鈷鈴が展示されていました。 1日午後から曳廻しが始まります。  

  17. 高岡御車山祭 青春だ! - ちょっとそこまで

    高岡御車山祭 青春だ!

     5月1日、朝から生憎の雨の為午前に予定されていた御車山勢揃いが中止となりました。 前日の宵祭りライトアップ様に組み立てられていた木舟町で、女子高生たちが記念撮影です(笑)   いっせいの~ ジャンプ! 間もなく曳廻しが始まります。 女子高生の皆様、ご覧頂いていますか~? 

  18. 高岡御車山祭 宵祭 - ちょっとそこまで

    高岡御車山祭 宵祭

     昨年11月にユネスコ無形文化遺産登録された33件の一つ、高岡御車山祭の前日4月30日宵祭では 小学生から高校生によるお神楽披露がありました。  ライトアップされた御車山の前で舞ます。   御車山会館の中です。   5月1日正午には「源太夫獅子」が先導して7基の御車山が勢ぞろいします。 しかし、天気予報は雨の予報が出ていますが、さて・・・ 

  19. 又兵衛桜 - ちょっとそこまで

    又兵衛桜

     樹齢300年と云われる枝垂れ桜です。  この地に伝わる後藤又兵衛伝説と屋敷跡にある事から 「 又兵衛桜 」と呼ばれています。 毎年訪ねていますが、何年振りかで朝日に照らされた姿と出会う事が出来ました。   撮影は4月13日です。 京都・奈良とひと月間に亘り、枝垂れ桜の掲載をしてきましたが、此れにて2017年の桜は終了します。 最後までお付き合いをありがとうございました。 

  20. 北向き地蔵桜 - ちょっとそこまで

    北向き地蔵桜

     北向きお地蔵さんをまるで傘で覆うように咲く桜です。  朝日に照らされていました。  さて、枝垂れ桜巡りも次の 「 又兵衛桜 」で最後です。この後続けて掲載します。 

1 - 20 / 総件数:34 件

似ているタグ