スピードパンクロ50㎜F2のタグまとめ

スピードパンクロ50㎜F2」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはスピードパンクロ50㎜F2に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「スピードパンクロ50㎜F2」タグの記事(6)

  1. 1810 奈良町(2017年5月18日写真教室帰りスピードパンクロ50㎜F2が寄り道)Part 4-完- - レンズ千夜一夜

    1810 奈良町(2017年5月18日写真教室帰りスピ...

    「虚実の皮膜」という言葉があります。近松門左衛門の言葉として伝えられるものです。  「芸といふものは実と虚との皮膜の間にあるもの也」 考えてみると、ロボグラフィもまた虚実の皮膜にありそうです。大抵の写真家にとって、写真の価値はその真実性にあります。  「一見、ファンタジーに見えます。  でも、これはリアリティなのですよ」そう主張することで、写真の価値を確保します。私は逆のようですね。  「一...

  2. 1809 奈良町(2017年5月18日写真教室帰りスピードパンクロ50㎜F2が寄り道)Part 3 - レンズ千夜一夜

    1809 奈良町(2017年5月18日写真教室帰りスピ...

    photography(光の絵)を「写真」と翻訳したのは誰でしょうね。カメラを売るための、欺瞞的キャッチフレーズだったかも知れません。それほどに、この言葉が歴史に果たした役割はかなり疑わしいですね。モノクロームの時代から、写真にさまざまな細工をすることなど、大抵の写真家に撮ってはお茶の子さいさいだったからです。「写真は嘘はつかない」よく言われて来た言葉です。単に角度を付けるだけで、もう完全な...

  3. 1808 奈良町(2017年5月18日写真教室帰りスピードパンクロ50㎜F2が寄り道)Part 2 - レンズ千夜一夜

    1808 奈良町(2017年5月18日写真教室帰りスピ...

    ギター良い楽器ですね。どこがよいか?人さまざまでしょうね。でも、そんなことはどうでもよい。私にとって、良い楽器だと心から感じられる!私にとって、良い楽器ですね。じゃ、なぜ、良い楽器だと感じられるの?私にははっきりとしています。 私はギター音楽などほとんど知らないのに、だから、なおさらなのですが、  幾度聴いても、  「ああ、いいなあ..........」そうつぶやいて、ため息をついてしまう、...

  4. 1808 奈良町(2017年5月18日写真教室帰りスピードパンクロ50㎜F2が寄り道)Part 1 - レンズ千夜一夜

    1808 奈良町(2017年5月18日写真教室帰りスピ...

    言葉って、おかしなものです。ただの記号として、いつか発明され、進化したものです。ただの記号、信号、音、字です。ところが、なぜかそんな言葉にニュアンスや情感がまとわりつく。たとえば、アフロディテやヴィーナス。言葉そのものが美女を思い起こさせます。ニュアンスという言葉もそうです。なんだか言葉や文章から立ち上る、柔和なほのかなほのめかし。ユートピア、ハーモニー、イリュージョン、それぞれにいかにもそ...

  5. 1808 梅田(2017年5月18日写真教室にはスピードパンクロ50㎜F2を携行)Part 2 - レンズ千夜一夜

    1808 梅田(2017年5月18日写真教室にはスピー...

    私がインターネットで一番感謝しているのは、いつも書くことですが、YouTubeオーディオファンでなくなったことがYouTubeの扉を開いた、私はそう確信しています。今の私には、音質などどうでもいいのです。最高級のシステムで聴いても、私の好きな音楽でなければ、時間の無駄。iPodで聴いても、私の好きな音楽であれば、無上の至福。結局、オーディオシステムは関係がない、素敵な音楽だけが私の琴線を震わ...

  6. 1807 梅田(2017年5月18日写真教室にはスピードパンクロ50㎜F2を携行)Part 1 - レンズ千夜一夜

    1807 梅田(2017年5月18日写真教室にはスピー...

    写真家吉田正さんの写真教室に月1回通っています。今回採り上げたのは、その教室からの帰り道のロボグラフィ。ソニーα7に付けたスピードパンクロ50㎜F2はさすがに名レンズ。2回に分けて、撮った写真全部をごらん頂きましょう。吉田さんの豊かな体験談、芸術談を楽しむことができるうえ、時折、吉田さんの写真作品に接することができるのが特典です。吉田さんの作品を見ながらいつも思うことは、現代の鬼面人を驚かせ...

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ