スーパーラグビーのタグまとめ

スーパーラグビー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはスーパーラグビーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「スーパーラグビー」タグの記事(19)

  1. 日本ハム連敗ストップ、チーフス引き分け、錦織敗れる - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム連敗ストップ、チーフス引き分け、錦織敗れる

    日米通算2000本安打まで後10本となっているアストロズの青木宣親が地元で開催されたタイガース戦に先発出場した。まずは守備で魅せてくれた。初回の守備、二死2塁でレフトに飛んだヒットをホームへ好返球して2塁走者を刺し、先制点を防いだ。MLBトップとなる6捕殺である。そして打撃ではタイガースの好投手・バーランダーから2安打(1本目は幸運な中前であったが2本目は完ぺきに打ち返した中前であった)を放...

  2. 錦織準々決勝は鬼門、土曜日に2勝目を目指して - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    錦織準々決勝は鬼門、土曜日に2勝目を目指して

    今シーズンの錦織圭はATPシリーズで準々決勝が鬼門のようだ。開幕戦こそ決勝にすすんだが、それ以外のトーナメントでは準々決勝の壁が大きく立ちはだかっていた。そしてジュネーヴオープン、その準々決勝の相手はアンダーソンであった。過去の対戦成績もよく相性のよい相手であったがやはり壁は存在するのか、第1セット第4ゲームをブレイクされてしまった。2-5で迎えた第8ゲームもブレイクされなんとこのセット2-...

  3. 日本ハム連敗脱出、トヨタにアクシデント、2勝目なるか - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム連敗脱出、トヨタにアクシデント、2勝目なるか

    日本ハムが楽天戦の連敗劇を忘れさせるような戦いぶりではなかったが、とりあえず連敗脱出である。久しぶりの札幌ドーム、日本ハムの先発は浦野であった。その浦野は初回を無失点でおさえると、打線はこの日から一軍復帰、即スタメン出場の杉谷がヒットで出塁すると、中田がタイムリー、1点を先制した。2回はオリックス守備陣のエラーもあり、一死2、3塁のチャンスをつかむと西川がしぶとくライトに運んで3-0と序盤で...

  4. 熱い戦いスーパーラグビー、トヨタがポール、有原は3連敗 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    熱い戦いスーパーラグビー、トヨタがポール、有原は3連敗

    スーパーラグビーの再編が発表されチーム数の削減が公になったオーストラリア地区、その削減候補と噂されるレベルズが今シーズンの初勝利をかけて同地区カンファレンス首位のブランビーズと戦った。試合は1点を争う緊迫したゲームとなり、ノーサイドの瞬間までどちらが勝つかわからないほどであった。このチームでNo8のポジションを不動のものとしているアマナキ・レレィ・マフィは先発フル出場した。試合のキーポイント...

  5. サンウルブス完敗、トヨタは好発進、そしてアロンソはインディ500挑戦 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    サンウルブス完敗、トヨタは好発進、そしてアロンソはイン...

    スーパーラグビー第8節、サンウルブスは初めてニュージーランドの地で戦う機会を得た。昨年から参加のサンウルブス、初年度はオーストラリア地区のチームとの対戦で今年、ニュージーランド地区と対戦するスケジュールで会った。開幕初戦は秩父宮競技場でハリケーンズと対戦していたが現地でニュージーランド地区のチームと対戦するのは初めてである。どんな戦いをしてくれるのか楽しみであった。試合はあいにく土砂降りの雨...

  6. 今季初の連勝、カード勝越し、ダルビッシュ初勝利 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    今季初の連勝、カード勝越し、ダルビッシュ初勝利

    中田翔が登録を抹消され、日本ハムは非常事態となってしまった。(ベンチメンバーも含めての)レギュラークラスからの離脱者は大谷、マーティン、杉谷に続いて中田で4人目、これに谷口を加えると5人となってしまった。日本一メンバーからの離脱は大きな損失であるが、来年以降を考えた場合、大谷はポスティングでMLB、中田はFAで他球団というシナリオが想定されるだけに早めの対応と割り切ることもできる。そんな中で...

  7. 浅田真央引退、スーパーラグビー再編、アジアラグビー - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    浅田真央引退、スーパーラグビー再編、アジアラグビー

    今朝一番のニュースはフィギュアスケート元日本代表の浅田真央選手の引退発表であった。朝のニュースではトップ記事扱いされており、いかに浅田真央が国民から注目されていたかがうかがえた。昨晩に自身のブログで引退を発表したとのこと、約20年に及ぶ選手活動、お疲れ様でした。前々から噂されていたことではあるが、サンウルブスも参戦しているスーパーラグビーの再編が管理団体から発表された。予想されていた通り南ア...

  8. サンウルブス初勝利、ラトラバは4位浮上、中上は雨に翻弄 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    サンウルブス初勝利、ラトラバは4位浮上、中上は雨に翻弄

    スーパーラグビー第7節、休養明けのサンウルブスは秩父宮競技場でブルズと対戦した。今シーズン2度目の対戦、前回は敵地で21-34と負けてしまったが後半途中までは接戦していただけに初勝利が期待できる相手である。小雨が降り続く中でのキックオフ、序盤は明らかにサンウルブズペースであった。そして5分にPGのチャンスを得たが、SOクリップスが外してしまった。接戦が予想されるだけにこの失敗が悔やまれる結果...

  9. フェデラーのすごさ、日本ハム今季初勝利、チーフス強し - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    フェデラーのすごさ、日本ハム今季初勝利、チーフス強し

    ATP1000・マイアミオープンの準決勝が行われた。残念ながら錦織圭は敗退してしまったが、フェデラー対キリオスの準決勝は見ごたえのある素晴らしい試合であった。両者の対戦は3回目でいずれもATP1000大会である。そして1回目はキリオスが2-1で勝ち、2回目は棄権でフェデラーが勝利している。1回目はすべてのセットがタイブレイクに持ち込まれる接戦であったが、この試合もそうであった。しかもお互いに...

  10. いよいよ開幕、多士済々の予告先発、スーパーラグビー - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    いよいよ開幕、多士済々の予告先発、スーパーラグビー

    いよいよプロ野球ペナントレースがスタートする。今シーズンはどのチームが日本一の栄冠をつかむのであろうか。各マスコミでは順位予想オンパレードである。混戦のセリーグに対してパリーグはソフトバンクが優勝するという声が半数を超えている。昨シーズンも同様な結果であっただけに圧倒的な戦力を持つ球団、後は首脳陣がしっかりした采配をすればいいと思うのだが今シーズンはどうだろうか。日本ハムは2位という予想が多...

  11. 日本ハム快勝、WBCはアメリカ初優勝で幕 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム快勝、WBCはアメリカ初優勝で幕

    WBC決勝は予想外の大差でアメリカが初優勝した。なんといってもこの試合の立役者は先発のストローマンであった。7回一死までノーヒットノーランのピッチングを披露、プエルトリコ打線を完ぺきにおさえたのだ。アメリカ打線もその間に得点を重ねて終わってみれば8-0の圧勝であった。ベースボール発祥の地であるアメリカが4回目にして初めてWBC王座についたこの大会であった。さていよいよ来週に開幕が近づいてきた...

  12. 昨季とは違うサンウルブス、チーフス逆転、そして錦織ベスト8止まり - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    昨季とは違うサンウルブス、チーフス逆転、そして錦織ベス...

    昨シーズンの経験が活きた戦いをしているここ2試合のサンウルブスであった。ただまたしてもアウェイでの初勝利とはならなかった。PGで先制したまではよかったがその後に逆転され追加点をとられる苦しい流れであった。しかし前半終了間際にFB福岡のシーズン4個目となるトライで14-17とした時点で勝利の予感がした。後半開始直後にブルズが退場者をだしたときはこれでサンウルブスの勝利が近づくと思ったが、14人...

  13. 有原が開幕投手、シブヤインテリジェンスライブ、そしてスーパーラグビー - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    有原が開幕投手、シブヤインテリジェンスライブ、そしてス...

    日本ハムの開幕投手が有原航平に決まった。昨日、栗山監督から正式に発表されたそうだ。その有原がDeNA戦に先発した。初回、ストレートの制球がイマイチで甘く入ったところを痛打され2点を失う嫌な流れであった。しかし2、3、4、5回は制球も安定してなかなかのピッチングであった。ところが打線が1点をかえして反撃ムードとなった6回、突如乱れて5失点はいただけなかった。ただ中盤は安定した投球をしていたので...

  14. 今度はハンニネンが初日トップ、侍Jは3連勝、チーフスも3連勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    今度はハンニネンが初日トップ、侍Jは3連勝、チーフスも3連勝

    WRC第3戦ラリー・メキシコがはじまった。初日はメキシコシティでのSSが2本、市中心部の歴史的地区「ソカロ」に設けられたターマックの市街地ステージが戦いの舞台であった。今回から実施されたもので全体のラリーを盛り上げるためのイベント的な要素が多いステージであった。しかし雨交じりのこのステージで最速タイムをマークしたのはトヨタのハンニネンであった。スタート時に比較的小降りだった雨にも助けられ、1...

  15. チーフス連勝、侍ジャパンは負け越しで本番へ、日本アカデミー賞結果 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    チーフス連勝、侍ジャパンは負け越しで本番へ、日本アカデ...

    スーパーラグビー第2節、チーフス対ブルーズ戦が行われた。チーフスが連勝中だそうだが連勝もすべて1桁得点差ということでこの試合も接戦になると予想した。まして開幕戦でブルーズはレベルズ相手に大量得点で快勝しているだけにチーフスとしても気を引き締めて戦うことが重要だ。そんなチーフスのNo.8にリーチマイケルが復帰した。今シーズン、東芝で不本意なシーズンを送ってしまっただけにチーフスでの活躍が期待さ...

  16. 有原乱調、マクラーレン・ホンダは終わりよし - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    有原乱調、マクラーレン・ホンダは終わりよし

    日本ハムの開幕投手候補の有原航平が先発した。実戦を想定してか立ち上がり内角球が多くみられ、甘くなったところを合わされていきなりの連打(&盗塁)で無死1、3塁のピンチを招いてしまった。続く新外国人のゲレーロに内角に甘く入ったフォークをレフトスタンドに運ばれていきなり一死も取れずに3失点である。本格派投手の立ち上がりは課題があるといわれるがまさにその通りの安定しないピッチングであった。2回以降は...

  17. 表彰台はのぼったが、チーフス快勝、そしてオープン戦開始 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    表彰台はのぼったが、チーフス快勝、そしてオープン戦開始

    女子スキージャンプの世界選手権が開催された。高梨沙羅の初優勝が期待されたジャンプであったが、2回目にプレッシャーからか本来のジャンプを魅せることができずに3位に終わってしまった。優勝はフォクト、ソチ五輪チャンピオンで大舞台はこれで連勝である。1回目4位からの逆転であった。1回目3位の伊藤は2位、1回目トップのルンビーは高梨同様、2回目は彼女にしてみれば失敗の部類にはいるジャンプで4位に沈んで...

  18. スーパーラグビー開幕、サンウルブス開幕メンバー発表、冬季アジア大会結果 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    スーパーラグビー開幕、サンウルブス開幕メンバー発表、冬...

    スーパーラグビーが開幕した。開幕カードはレベルズ(オーストラリア地区)対ブルーズ(ニュージーランド地区)であった。レベルズには日本代表のNo8のマフィが参加、この開幕戦も先発出場してレベルズの初トライ獲得に貢献した。しかし試合は18-56で大敗してしまった。そして今日はニュージーランド地区の優勝争いをするであろうライバルチーム、ハイランダーズとチーフスが対戦する。リーチ・マイケルが所属するチ...

  19. 金正男暗殺事件、侍ジャパン始動、スーパーラグビー開幕 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    金正男暗殺事件、侍ジャパン始動、スーパーラグビー開幕

    明日からスーパーラグビーがはじまる。開幕カードは24日(金)にハイランダーズ対チーフスが行われる。そしてサンウルブスは土曜日、昨年の覇者ハリケーンズを秩父宮競技場にむかえる。今シーズンのサンウルブスは昨年と異なり、ニュージーランド地区のチームとの対戦が組まれている。アフリカ地区に属するサンウルブスは1年単位でオーストラリア地区、ニュージーランド地区のチームとの対戦となっているのだ。2年目をむ...

1 - 19 / 総件数:19 件

似ているタグ