セセリチョウ科のタグまとめ

セセリチョウ科」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはセセリチョウ科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「セセリチョウ科」タグの記事(26)

  1.    チョウ撮りも一期一会 - 星の小父さまフォトつづり

       チョウ撮りも一期一会

    昨日 ( 06/19 ) は良く晴れて暑くなりそうだったので、前日よりもっと標高の高い所まで行ってみた。さすがに気温は22℃くらいと過ごしやすい。そのせいか、平地ではほとんど見かけなくなったハルジオンが、この辺では群がって咲いていた。さらに、もう市街地近郊では姿を消してしまったチョウも、擦れてはいるけれど元気に飛び回っていた。良い所だなぁ~って喜んでいたら、そのうち草刈り部隊が投入され、見る...

  2. 2017年06月16日 狭山丘陵便り  キマダラセセリとオオミドリシジミ - 愛野緑の撮影記録

    2017年06月16日 狭山丘陵便り キマダラセセリ...

    梅雨の長い中休み。今日も爽やかな風が吹いている。午後には雷雨になるそうだが・・。スジグロシロチョウは沢山飛んでいるが蝶影は少ない。コミスジ、イチモンジチョウ、サトキマダラヒカゲ、クロヒカゲ、クロアゲハ、テングチョウ、ダイミョウセセリが1~3くらい。前回見られたゼフやヒオドシなどは見られない・・。それでも、ヒカゲチョウは少し多めだった。今年初めてのキマダラセセリもうゼフには遅いとあきらめ帰りか...

  3. キマダラセセリ今季初撮り、ほか(2017年6月9日) - みき♂の虫撮り友人帖

    キマダラセセリ今季初撮り、ほか(2017年6月9日)

    都内の公園にミドリシジミを撮りに行った6月3日はキマダラセセリも出ていたのだった。写真1、2はキマダラセセリ。この日はミドリシジミのお祭り状態だったので、ちょっとおざなりになってしまったけれど、キマダラセセリはなかなか可愛らしい蝶だ。▼写真1 キマダラセセリ その1a(2017年6月3日、東京都)▼写真2 キマダラセセリ その1b 開翅(2017年6月3日、東京都)翌日はオオミドリシジミを撮...

  4. ホシミスジ成長日記20170611など - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    ホシミスジ成長日記20170611など

    ホシミスジの幼虫が沢山いたユキヤナギの株。なぜかどんどん数が減っていった。鳥に食べられたのか寄生されたのか。5月28日には前蛹と終齢幼虫1匹ずつだけとなった。そして6月3日。その前蛹も消えてしまった。思い返せば上の前蛹もだらーんと体が伸びていて元気がないようではある。5月7日にコデマリで撮ったものはこんな感じに頭部を持ち上げていたっけ。結局終齢幼虫1匹だけ。しかし成虫が飛んでいた。6月11日...

  5. 初夏 その3 - 紀州里山の蝶たち

    初夏 その3

    ウラゴ探索中、蝶友さんとばったり出会いました。お誘いを受けて、少し高標高地へ転進しました。狙いとおり「青い弾丸」アオバセセリがグミで吸蜜中でした。春型のサカハチチョウと出会いましたアカマダラと比べても遜色ない色合いですね。

  6. 2017年05月18日 狭山丘陵便り ヒオドシチョウとダイミョウセセリ - 愛野緑の撮影記録

    2017年05月18日 狭山丘陵便り ヒオドシチョウと...

    午後から雷雨予報。雲が多いが時々晴れるので前回のヒオドシチョウ幼虫を確認に行く。あの時の群集はすでにいなく、ここも鳥の餌になってしまったか・・・。と思ったら幹を這い上がる個体と、地面付近の葉を食べる終令幼虫が見られた。かなり成長が早いようだ。そうなるとこの前のエノキに居なかったのは蛹化したからかな??と見に行ってみた。すると蛹化直前の個体が。さらに探すと蛹もいくつか見つかった。すぐ近くでTさ...

  7. アオバセセリの求愛ショー - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    アオバセセリの求愛ショー

    Fさんとスミナガシのポイントに出かけた。お昼頃晴れ間が出るとの予報であったが、結局山では日が射さなくて気温も低かった。スミナガシどころかサカハチチョウも飛ばない。しかしポイントに着くとミツバウツギにアオバセセリが集まっていた。この蝶は曇天でも活動するようだ。去年も多い印象だったが、今年は更に多かった!スミナガシが多かったことからも、近くにメジャーな発生木があるに違いない。静止シーンは十分とれ...

  8. アオバセセリひとりじめ(2017年5月12日) - みき♂の虫撮り友人帖

    アオバセセリひとりじめ(2017年5月12日)

    5月9日はアオバセセリ狙いで東京郊外に出かけてみた。今季は連休中に2度狙いに行ったがまったく見られず、3度目のチャレンジだ。現地駅に着くと薄曇りで、何じゃこりゃ…という感じの天気だった(苦笑)。今さら帰る訳にもいかず、てくてく歩いてポイントを目指す。第一ポイントにはカメラマンは誰もいない。ここのミツバウツギはやや見上げるような位置にある。ちょっと見上げて目を凝らすと…いた!写真1〜3は今季初...

  9. 2017年05月09日 狭山丘陵便り その前に・・・ - 愛野緑の撮影記録

    2017年05月09日 狭山丘陵便り その前に・・・

    さてコレは何でしょうか?5月2日仕事中の夕方、突然あの痛みが来た。右脇腹に鈍いような熱いような痛み。水をゴクゴク飲みトントンとジャンプしてみる。しばらくすると痛みも落ち着いてきた。スッキリしたわけではなく時々痛みが襲ってくる。なんとか生活できる状態。4日の明け方また激しい痛みだ。少し遅れて仕事に行ったが、なかなか・・。職場のすぐ近くに泌尿器科があり、そこでCTを撮ってもらうとクッキリと!もう...

  10. 山原遠征 その1 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    山原遠征 その1

    連休に3泊4日でやんばるに行ってきた。やんばる(山原)は沖縄本島北部の山や自然に恵まれた地域である。訪れるのははるか昔の学生時代以来である。宿も航空券も取りにくかったし、ゴールデンウイークは蝶もトンボも中途半端な時期ということであるが、暦通りにしか休みが取れないので仕方なかった。運よく連休後半は用事が入らなかった。天候も決していいとは言えず、雨男返上というわけにはいかなかった。初日は北上する...

  11. チャマの里再訪 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    チャマの里再訪

    大型連休初日はbanyanさんにお誘いいただいて、ヘムレンさん、みき♂さんと北関東にチャマダラセセリを見に行った。14年に撮った夏チャマ以来だ。最初の伐採地のポイントは植林された樹が大きくなって随分雰囲気が変わっていた。もっと探せばいたかもしれないが、見切りをつけて次のポイントに移った。そこには既に採集者が二人いて、長いこと粘っているがまだ目撃すらできないという。4人で探し始めると間もなくb...

  12. ミヤマセセリ・・・ - 時鳥庵晴耕雨読

    ミヤマセセリ・・・

     この時期、日だまりで待っているとミヤマセセリがよく現れる。これも春にしか見られない昆虫だ。(Data: 20170406; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)(Data: 20170417; D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )

  13. チャマダラセセリ初見初撮り(2017年5月1日) - みき♂の虫撮り友人帖

    チャマダラセセリ初見初撮り(2017年5月1日)

    連休初日の4月29日は「蝶と蜻蛉の撮影日記」のdragonbutterさん、「てくてく写日記」のbanyanさん及びヘムレンさんとチャマダラセセリ狙いで茨城県まで遠征してみた。現地には8時半頃到着。その時間帯には肌寒く感じた。チャマダラセセリの食草であるキジムシロやミツバツチグリもあまり咲いていないように見えた。しかし、よく探すとところどころ咲いていて、どうやら気温が上がるに連れて花は開いて...

  14. ギンイチモンジセセリ今季初撮り(2017年4月30日) - みき♂の虫撮り友人帖

    ギンイチモンジセセリ今季初撮り(2017年4月30日)

    もうだいぶ前に発生しているギンイチモンジセセリなのだが、今季はなかなか見に行けなかった。ようやく先日ヘムレンさんに埼玉方面のポイントに連れて行ってもらった。写真1は今季初撮りのギンイチモンジセセリ。 ▼写真1 ギンイチモンジセセリ その1(2017年4月28日、埼玉県)※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4...

  15. トラフシジミ出てました(2017年4月21日) - みき♂の虫撮り友人帖

    トラフシジミ出てました(2017年4月21日)

    しばらく更新できずにちょっと前の写真になってしまった。4月13日は丘陵方面にヘムレンさん、おはるさんと遠征した。写真1、2は地面の枯葉上で開翅してくれたミヤマセセリ♀。今季はミヤマセセリ♀と出会うことが多い気がする。 ▼写真1 ミヤマセセリ♀ その1a 開翅(2017年4月13日、東京郊外) アップで見ると複眼周辺の微毛が睫毛のようになっていてちょっと可愛い(写真2)。 ▼写真2 ミヤマセセ...

  16. 春の渓流と林道 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    春の渓流と林道

    日曜日も晴天で気温もぐんぐん上がり、東京で初の夏日を記録した。多摩西部で撮った渓流と林道の蝶を掲載する。先ず渓流。何といってもこの時期多いのがスギタニルリシジミ。まだ新鮮な個体が多かった。落ち葉に付いた鳥の糞に集まっていた。一度だけトラフシジミも吸水に河原の石に降りてきた。林道に染み出た水場は春の蝶の社交場だった。やはり一番多いのはスギタニルリシジミ。明るい色合いのルリシジミも混じっていた。...

  17. 2017年04月17日 狭山丘陵だより  ミヤマセセリ - 愛野緑の撮影記録

    2017年04月17日 狭山丘陵だより  ミヤマセセリ

    狭山丘陵も色々な蝶が出ているだろう。今年は桜の開花後気温の低い日が続いたためかまだ花が見られる。風に花びらが雪のようスジグロシロチョウは沢山飛んでいた。ひとつだけ確認出来たツマキチョウ♂。止まらないので飛翔中。少し移動。ツバメシジミ♀ミヤマセセリも少しだけ。低い位置を飛んで道脇に止まった。コナラのカットされた幼木から出た小枝に止まっている。産卵しているようだ。笹の葉が邪魔しているが・・・。1...

  18. 春爛漫 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    春爛漫

    忙しかったり天気が悪かったりの週末が続いていた。今週はようやくフリーの週末と好天が重なった。4週間ぶりだ。久しぶりにちょっとだけ早起きして、去年も行った茨城西部に出かけた。筑波山を間近に望める河川敷。この時期だと草丈も低いので自由に歩き回れて楽しい。去年はボロが1匹しか見られなかったミヤマチャバネセセリが今日は沢山いた。気温が上がるとテリ張りが始まり、他の蝶が飛ぶとすごい勢いで追飛した。枯草...

  19. スプリングエフェメラル - 紀州里山の蝶たち

    スプリングエフェメラル

    再度、ミヤマセセリ狙いで出かけました。諦めて帰ろうとしたときに蝶友さんと偶然にばったり出会いました。「この先で出ていますよ。」とラッキーな助言を頂きました。谷筋では、コブシが咲きだしました。

  20. ようやく撮れたミヤマセセリの♀(2017年3月30日) - みき♂の虫撮り友人帖

    ようやく撮れたミヤマセセリの♀(2017年3月30日)

    なかなか気温が上がらないのでギフチョウを撮りに行けない(笑)。3月29日もやや肌寒いのでギフチョウ遠征は諦め、東京郊外にコツバメ狙いで出かけてみる。草地のポイントではコツバメが見られないのでアセビをチェックしてみる。アセビにはアカタテハがきていた(写真1)。アカタテハは前日の林道でも見られたのだが、まったくとまらずにシャッターチャンスがなかったのでこれが今季初撮りになる。 ▼写真1 アカタ...

1 - 20 / 総件数:26 件

似ているタグ