ソニーα7のタグまとめ

ソニーα7」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはソニーα7に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ソニーα7」タグの記事(55)

  1. 1820 超高性能レンズ登場!(2017年6月20日アポリス135mmF2.4の筆下ろしで仰天)2 - レンズ千夜一夜

    1820 超高性能レンズ登場!(2017年6月20日ア...

    写真家を志すのであれば、私のように、さまざまなレンズの試写ばっかり、というのは、最悪のタクティクスでしょう。でも、見境もなくレンズたちを愛し続け、かわいいレンズたちに驚かせてもらう、「ドン・ファン」ならぬ「レン・ファン」にとって、それぞれに独特の味わいを見せてくれるレンズたちとの付き合い、とくに、現代レンズなのに、すでに古典の味会いを見せる宮崎さんのニューレンズたちとのおつき合いは至福の境地...

  2. 1819 超高性能レンズ登場!(2017年6月20日アポリス135mmF2.4の筆下ろしで仰天) - レンズ千夜一夜

    1819 超高性能レンズ登場!(2017年6月20日ア...

    名レンズ制作者宮崎貞安さんから、すでに試写したフローライトアポクロマート135mmF2.4の完成品が届きました。正式名はこうです。 アポリス135mmF2.4語感が美しい、いい名前です。そして、とても美しいレンズ!ミラーレス一眼レフ仕様のMマウントレンズ。だから、とてもスリム。その上、340グラムしかないのですから、超軽量。この明るさでは史上空前の軽快で、颯爽たる風格のレ...

  3. 1810 奈良町(2017年5月18日写真教室帰りスピードパンクロ50㎜F2が寄り道)Part 4-完- - レンズ千夜一夜

    1810 奈良町(2017年5月18日写真教室帰りスピ...

    「虚実の皮膜」という言葉があります。近松門左衛門の言葉として伝えられるものです。  「芸といふものは実と虚との皮膜の間にあるもの也」 考えてみると、ロボグラフィもまた虚実の皮膜にありそうです。大抵の写真家にとって、写真の価値はその真実性にあります。  「一見、ファンタジーに見えます。  でも、これはリアリティなのですよ」そう主張することで、写真の価値を確保します。私は逆のようですね。  「一...

  4. 1809 奈良町(2017年5月18日写真教室帰りスピードパンクロ50㎜F2が寄り道)Part 3 - レンズ千夜一夜

    1809 奈良町(2017年5月18日写真教室帰りスピ...

    photography(光の絵)を「写真」と翻訳したのは誰でしょうね。カメラを売るための、欺瞞的キャッチフレーズだったかも知れません。それほどに、この言葉が歴史に果たした役割はかなり疑わしいですね。モノクロームの時代から、写真にさまざまな細工をすることなど、大抵の写真家に撮ってはお茶の子さいさいだったからです。「写真は嘘はつかない」よく言われて来た言葉です。単に角度を付けるだけで、もう完全な...

  5. 1808 奈良町(2017年5月18日写真教室帰りスピードパンクロ50㎜F2が寄り道)Part 2 - レンズ千夜一夜

    1808 奈良町(2017年5月18日写真教室帰りスピ...

    ギター良い楽器ですね。どこがよいか?人さまざまでしょうね。でも、そんなことはどうでもよい。私にとって、良い楽器だと心から感じられる!私にとって、良い楽器ですね。じゃ、なぜ、良い楽器だと感じられるの?私にははっきりとしています。 私はギター音楽などほとんど知らないのに、だから、なおさらなのですが、  幾度聴いても、  「ああ、いいなあ..........」そうつぶやいて、ため息をついてしまう、...

  6. 1808 奈良町(2017年5月18日写真教室帰りスピードパンクロ50㎜F2が寄り道)Part 1 - レンズ千夜一夜

    1808 奈良町(2017年5月18日写真教室帰りスピ...

    言葉って、おかしなものです。ただの記号として、いつか発明され、進化したものです。ただの記号、信号、音、字です。ところが、なぜかそんな言葉にニュアンスや情感がまとわりつく。たとえば、アフロディテやヴィーナス。言葉そのものが美女を思い起こさせます。ニュアンスという言葉もそうです。なんだか言葉や文章から立ち上る、柔和なほのかなほのめかし。ユートピア、ハーモニー、イリュージョン、それぞれにいかにもそ...

  7. 1808 梅田(2017年5月18日写真教室にはスピードパンクロ50㎜F2を携行)Part 2 - レンズ千夜一夜

    1808 梅田(2017年5月18日写真教室にはスピー...

    私がインターネットで一番感謝しているのは、いつも書くことですが、YouTubeオーディオファンでなくなったことがYouTubeの扉を開いた、私はそう確信しています。今の私には、音質などどうでもいいのです。最高級のシステムで聴いても、私の好きな音楽でなければ、時間の無駄。iPodで聴いても、私の好きな音楽であれば、無上の至福。結局、オーディオシステムは関係がない、素敵な音楽だけが私の琴線を震わ...

  8. 1807 梅田(2017年5月18日写真教室にはスピードパンクロ50㎜F2を携行)Part 1 - レンズ千夜一夜

    1807 梅田(2017年5月18日写真教室にはスピー...

    写真家吉田正さんの写真教室に月1回通っています。今回採り上げたのは、その教室からの帰り道のロボグラフィ。ソニーα7に付けたスピードパンクロ50㎜F2はさすがに名レンズ。2回に分けて、撮った写真全部をごらん頂きましょう。吉田さんの豊かな体験談、芸術談を楽しむことができるうえ、時折、吉田さんの写真作品に接することができるのが特典です。吉田さんの作品を見ながらいつも思うことは、現代の鬼面人を驚かせ...

  9. 1806 繁華街(2017年5月8日Histrio-Prot40mmF6.3ピエロに会いに天満橋へ)Part 3 - レンズ千夜一夜

    1806 繁華街(2017年5月8日Histrio-P...

    宮崎貞安さんのニューレンズ試写の定番モデル、ピエロマネキンは大阪天満橋筋商店街の高級洋品店にあります。ご主人の弟さんの絵が何枚も店内に掲げられています。知れば知るほど、大変な画家です。下浦康瑞   ホームページ     KOUZUI SHIMOURA   http://koozui.holy.jp/そのプロフィールはこうです。   下浦康瑞(しもうら こうずい)   1940年大阪に生まれる...

  10. 1805 繁華街(2017年5月8日Histrio-Prot40mmF6.3ピエロに会いに天満橋へ)Part 2 - レンズ千夜一夜

    1805 繁華街(2017年5月8日Histrio-P...

    こうやって、自分の写真を好きなだけ掲載できる、ブログって素敵な写真帖ですねえ。私は自分の写真たちを心から愛しています。えり好みもしません。昔は、ポジを使って、B4のライトボックスに36枚並べて、シャッシャッーとダメな写真を手裏剣風に弾き出し、残された数枚をうっとり眺めたものでした。ホロゴンウルトラワイドが来てから、一変しました。人に見せる写真など撮らなくなったのです。誰に見せても、ずっと無反...

  11. 1804 繁華街(2017年5月8日Histrio-Prot40mmF6.3ピエロに会いに天満橋へ)Part 1 - レンズ千夜一夜

    1804 繁華街(2017年5月8日Histrio-P...

    稀代のレンズ制作者、宮崎貞安さんから、ニューレンズの試写を託されて、どれ位になるでしょうか?レンズテストのクライマックスとして、大阪天満橋筋商店街のピエロマネキンを撮るようになって、どれ位になるでしょうか?私は調査魔ではないので、面倒だから調べませんが、おそらくゾンネタール50㎜F1.1以来だと思います。天満橋商店街は大阪の商店街ベスト3に断然当選でしょう。とくに最北点、昔から「天六」として...

  12. 1797 町歩き(2017年4月24日ホロゴン15㎜F8Uの奈良町お忍び)3 楽しいこと - レンズ千夜一夜

    1797 町歩き(2017年4月24日ホロゴン15㎜F...

    ネットサーフィンはできるだけしないようにしています。真実性、正確性を保証されない資料集、なんて、まったく頼りになりませんが、それを超えて、危険が一杯。罠が至る所に仕掛けられた草原を歩くようなものですから。「元気、長生きの秘訣はなんですか?」というようなフレーズ。ちょっと心が動いて、次の頁。「楽しいことばかりしよう!」というようなフレーズ。大阪弁で言いますと、「あったりまえやないか!」ですね。...

  13. 1796 町歩き(2017年4月24日ホロゴン15㎜F8Uの奈良町お忍び)2 朴葵姫 - レンズ千夜一夜

    1796 町歩き(2017年4月24日ホロゴン15㎜F...

    生きていると、楽しいですねえ。時々、ああ、この人にはかなわないなあ、こんな人が居るなんて、人間って、凄いんだなあ、そう思わせてくれる人に出会います。ギタリストの朴葵姫(パク・キュヒ)さんもそんな一人ですね。まず、2つ、聴いてみてください。[HIT] 윤건의 더 콘서트 - 박규희(Park Gyu Hee) - 가짜 탱고.20150311https://www.youtube.com/wa...

  14. 1795 診療所で(2017年4月24日ホロゴン15㎜F8Uの奈良町お忍び)1 - レンズ千夜一夜

    1795 診療所で(2017年4月24日ホロゴン15㎜...

    2017年4月24日月曜日はちょっとした祝祭日でした。診療所の医師から無罪放免を言い渡された日なのです、「肺炎は一応治りました。これ以上治療は不要です。1ヶ月後にもう一度レントゲンを撮って、肺の炎症が完治したかどうか確認しましょう」5月6日までの2週間は遠出を慎み、安静療養するように、厳しく言い渡されました。でも、ちょっと用があって、奈良町に出かけたのです。これは担当医の先生には内緒にお願い...

  15. 1791 号外(Histrio-Prot40mmF6.3にピエロは違った顔を見せてくれた) - レンズ千夜一夜

    1791 号外(Histrio-Prot40mmF6....

    5月8日月曜日、ほぼ半月ぶりに、本格的な気持ちで撮影を楽しみました。「嘘付け! ときどき、あちこち撮り回ってたじゃないか!」そういう抗議もあがりそうですね。でも、あれらはすべて散歩の片手間。今日は、ぐっと性根を入れての本格的撮影。でも、そんなに沢山は撮っていません。性根を入れた撮影はたった30分間。ひさしぶりに大阪天満橋筋商店街のピエロマネキンと対決したのです。言わずと知れた「Histrio...

  16. 1788 奈良町(4月29日プロター40㎜は観光客賑わう奈良町に繰り出した)Part 3 - レンズ千夜一夜

    1788 奈良町(4月29日プロター40㎜は観光客賑わ...

    以前にも幾度か、書きました。私は文章と写真をブログに沢山掲載しているおかげで、独特の検索ができます。たとえば、「ホロゴン チェ・ジウ」とか、「ホロゴン 原節子」とか、「ホロゴン キノプラズマート」のような、誰も2つまとめて関心を抱くことのないような検索語で、グーグル画像検索をすると、自分の写真をどっさり検出することができます。よその方の写真も混じりますが、たいていは私の写真。「ああ、こんな写...

  17. 1787 奈良町(4月29日プロター40㎜は観光客賑わう奈良町に繰り出した)Part 2 - レンズ千夜一夜

    1787 奈良町(4月29日プロター40㎜は観光客賑わ...

    プロ、アマを問わず、写真家の皆さんが重んずることはなにか?それは、おそらく、独創性でしょう。誰も真似のできない、そして、誰の真似でもない、独自の作風、作品群を確立すること!そして、かなりの方は、自分にはそれができている、と、自負されていることでしょう。私のような部外者に言えることは、1に、「ご苦労様」、2に、「それにしては、ぜんぜん面白くないですねえ」このあたりについて、私は完全な安全圏に居...

  18. 1786 奈良町(4月29日プロター40㎜は観光客賑わう奈良町に繰り出した)Part 1 - レンズ千夜一夜

    1786 奈良町(4月29日プロター40㎜は観光客賑わ...

    プロター40㎜のプロトタイプが届いたのが4月25日ですから、すでに、1週間経ったわけです。その間に5回撮ったのですから、私にとっては新記録でしょう。前回のフローライトアポクロマート135㎜F2.4の試写には、タンバール90㎜F2.2をぶっつけ、今回のHistrio-Prot40mmF6.3の試写には、プラナー35㎜F3.5をぶっつけました。135㎜もそうでしたが、プロター40㎜も負けていませ...

  19. 1785 田舎道(4月28日プロター40㎜片手に今度は田舎道を歩いてみた)Part 3 - レンズ千夜一夜

    1785 田舎道(4月28日プロター40㎜片手に今度は...

    明日5月3日から全国的に連休なのだそうです。私は、お国のサポートなしに、毎日、連休ですから、意味があるとすれば、孫たちに会えること。今回は3日、長女一家が来ることになっていましたが、5歳の孫プリンスが万障繰り合わせて39度の発熱。取りやめになりました。いつものことです。私も子供の頃なにかと言うと熱を出していたことを思い出します。2、3日で回復するでしょう。私も医師からは6日まで肺炎後の静養を...

  20. 1784 田舎道(4月28日プロター40㎜片手に今度は田舎道を歩いてみた)Part 2 - レンズ千夜一夜

    1784 田舎道(4月28日プロター40㎜片手に今度は...

    ツァイスの名レンズ製作者、パウル・ルドルフは大変な人だったようです。レンズ史を彩る名レンズの数々を発明しました。   1890年にプロター、   1897年にプラナー、   1899年にウナー、   1902年にテッサー、その後ツァイス退職して、フーゴ・マイヤー就職。   1922年にキノプラズマート、   1922年にマクロプラズマート、   1931年にクラインビルド・プラズマート。絢爛...

1 - 20 / 総件数:55 件

似ているタグ