ダイミョウセセリのタグまとめ

ダイミョウセセリ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはダイミョウセセリに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ダイミョウセセリ」タグの記事(15)

  1. 場所を替えてムモンアカ - 蝶超天国

    場所を替えてムモンアカ

    8月13日今年は例年より遅くやっと夏季休暇に入りました。その初日は朝から霧雨でしたが・・・傘をさしながらヤマキチョウの蛹のチェックです。羽化直のぶら下りは見られず・・・狙いの山の上は雨・・・・雨を避けて移動となりました。と言うことで・・急遽ムモンアカシジミからスタートです。ここでは新鮮な個体ばかりでした。笹の葉上の水滴が綺麗・・・タラの木の上でも静止・・・・こんな朝一では吸蜜も交尾もみられま...

  2. 蝶と花、そしてトカゲ - 花と葉っぱ

    蝶と花、そしてトカゲ

    撮影:7月31日(千葉市・泉自然公園)真夏は蝶が少なく、居ても翅が傷んでいることが多い。花も少なく、歩いても歩いても見つからない。虫もほとんどいない。いるのは爬虫類だけ。毒蛇には気を付けよう。ニホントカゲ(日本蜥蜴) 爬虫類トカゲ科トカゲ属別名ヒガシニホントカゲ全長20~25センチ。ダイミョウセセリ(大名せせり蝶)・関東型 セセリチョウ科前翅長18ミリ前後。翅を完全に開いてとまることが多い。...

  3. ウラゴマダラシジミ(2017/05/28) - Sky Palace -butterfly garden- II

    ウラゴマダラシジミ(2017/05/28)

    ウラゴマダラシジミのポイントへ行きました。東京転勤が決まっていたので、たぶんこの先3年は撮りにくることはないポイントです。ウラゴマダラシジミは期待通りたくさんいましたが、開翅はほとんど撮れませんでした。■ウラゴマダラシジミArtopoetes pryeriイシガケチョウも何頭かいました。沖縄ではたくさんいますが、本州では多くないのでついつい見るとうれしくなります。■イシガケチョウCyrest...

  4. 白馬村にて - 飛騨山脈の自然

    白馬村にて

     40年らいの友人のOさんに案内していただいた。発生が遅れていたが雨が降って草叢が湿潤になってようやく羽化したそうだ。他の花には見向きもしないで食草のエビラフジによく吸蜜にきた。時にはダイミョウセセリがしっかり蜜を奪いに来る。贅沢な話だが天気が良すぎて翅を開いてくれない。ほんの少しだけ翅表が垣間見れた。発生初期なので♂しか見れなかったが次回は♀に会いたいものだ。

  5. おしっこかな?と思ったダイミョウセセリ。 - 堺のチョウ

    おしっこかな?と思ったダイミョウセセリ。

    第2化のダイミョウセセリでしょうか。この時期にダイミョウセセリの撮影は初めてでした。最初に発見した時は、テリトリーを張っているかと思っていました。ですが、観察し続けていると、お腹を立てかけました。おや? もしかすると、おしっこかな?残念ですが、そのダイミョウセセリは、次の瞬間に飛び立っていきました。参考までに…他のチョウのおしっこのシーンはこちらです。①ゴイシシジミのおしっこ②ルリタテハのお...

  6. ☆ ダイミョウセセリ ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ ダイミョウセセリ ☆

      静岡県掛川市で出会った、ダイミョウセセリです。 木々が茂って薄暗い通路の、カタバミの花に止まっていました。 更に奥の八重咲きのサツキの花、笹の葉にも止まりました。

  7. ダイミョウセセリ - Bravo! Birds

    ダイミョウセセリ

    ダイミョウセセリというチョウです。撮影するのは今回が初めてです。今まで見たことがあるはずですが、野鳥を追いかけていたのであまり気にしていなかったのでしょう( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン後翅(こうし=4枚の翅のうち、下2枚の翅)には、地域差があるそうです。関西型だと後翅にも白い帯が入るとか。そのタイプもいつか見てみたいものです。ところで、どうして「ダイミョウ」という名が付いているのでしょ...

  8. ☆ 林道歩き ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ 林道歩き ☆

     ゆるい上り坂の林道を汗を拭きふき歩きました。林道の華は、やはりチョウです。真っ白なウツギの花があちこちで咲き、黒いチョウが集まっていました。 ジャコウアゲハです。  ダイミョウセセリもいました。  ヒメキマダラセセリでしょうか? イナモリソウは初見でした。前夜の雨で、花が傷んでいたのが残念です。 オカトラノオが沢山ありましたが、花穂があるのは、まだ2~3本でした。 サワガニが、何匹も出て来...

  9. 初夏の彩り - 飛騨山脈の自然

    初夏の彩り

    県南部へウスバシロチョウを見に行った。今年は季節の進み具合が遅れているので時期が良いと思ったが、破損個体もいて季節の遅れは回復しているようだ。ゆっくり飛ぶチョウだが飛翔するのを捉えるのは簡単ではない。これは♀で尾端に交尾後付属物(スフラギス)が付いている。これは交尾した♂がほかの♂と2度と交尾できないようにするために作るもので、以前は交尾嚢とか貞操帯と言われていた時があった。同じ産地内の♂と...

  10. ミヤマシジミ & ギンイチモンジセセリ - チョウ!お気に入り

    ミヤマシジミ & ギンイチモンジセセリ

     天気がどうなるか分からないまま早い目に有給休暇を入れてしまうので当日に天気が崩れるとどうしようもありません。きっとクモツキの居る山は雨です。朝ゆっくり出ると高速の割引が効かなくなるので天気に関係なく深夜割引のある時間に出発です。朝早くに現地に到着したので、少しは止むかもしれないと平地をうろうろします。まずはミヤマシジミを探してみます。ミヤマシジミが保護されている公園ではあちらこちらと探して...

  11. 2017年5月下旬 栃木県 - 春ちゃんのメモ蝶3

    2017年5月下旬 栃木県

    2017年5月28日 栃木県埼玉南部の公園にするか迷ったのですが、栃木県にしました。まず登場したのは、アカシジミでした。まだ少なく現れたのは3頭。ミズイロオナガシジミ、ウラナミアカシジミはいませんでした。葉っぱと同じ様な色をしたイトトンボがいました。何トンボでしょうか?ダイミョウセセリが変な動きをしていたので、眺めていましたら、産卵を始めました。腹を葉から離すと、卵らしきものが見えました。や...

  12. あぁ出会えました、ダイミョウセセリ。 - 堺のチョウ

    あぁ出会えました、ダイミョウセセリ。

    今日は、平日に休みをいただいて里山へ。その甲斐あってか、前回会えなかったダイミョウセセリに出会えることができました。個体数は、まだまだ少ないのか、今日出会えたのは2頭のみ。1頭目は、花もない雑草中で、同じような場所を休止するでもなく、飛んでいる個体です。後で写真を確認すると、腹部を曲げていました。休止している雑草をよく見ると、ヤマイモの葉のような…?もしかすると、産卵シーンと卵の撮影チャンス...

  13. ミカド現る - 野鳥がいるから

    ミカド現る

    今日は池などで近場のトンボやチョウを見に行きました。とはいっても、やたら暑くてトンボは活性が高すぎてまともに撮れないか、暑くて出てこない?感じで余り楽しめません。それでもチョウはそこそこ楽しめました。東日本型はよく見ましたが、西日本型はまだ余り見ていないので少し嬉しいダイミョウセセセリが見られました。まだあまり数は出ていませんが早くも交尾中のリュウキュウベニイトトンボもいい感じです。池の縁に...

  14. 大名の着物みたいだから?ダイミョウセセリ? - 身近な自然の観察日記 ~丹沢大山周辺を中心に~

    大名の着物みたいだから?ダイミョウセセリ?

    ダイミョウセセリさんをパチリ!こうやってみると、大名の来ている着物に似ていますね。調べてみたらお武家さんの正装「かみしも」に似ているので、だからダイミョウセセリらしいです。ダイミョウセセリには関東型と関西方があり、ここは関東なので、やっぱり関東型のようです。二つの違いは、こちらがよく分かります↓こちらは、コジャノメさんのようです。目玉の数で、ヒメジャノメとの違いを見るようです。コジャノメが分...

  15. クロアゲハ ダイミョウセセリ - 旅のかほり

    クロアゲハ ダイミョウセセリ

    今日で3日目、黒系アゲハが続きます。5月3日に掲載したジャコウアゲハのいた林のなかにクロアゲハもみられました。湧き水の溜まっている小さな池に遊びにきていました。とても新鮮なクロアゲハです。湧き水の溜まる池の淵に暫く休憩していました。こんな体制のまま、別に水を飲むわけでもなくずーと こうしていました。バックの赤は何の葉かわかりませんが、紅葉したように赤い。ダイミョウセセリ以下は、昨日のカラスア...

1 - 15 / 総件数:15 件

似ているタグ