ツマキチョウのタグまとめ

ツマキチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはツマキチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ツマキチョウ」タグの記事(35)

  1. 小畔川便り(ツマキチョウの産卵:2017/7/17.18) - 小畔川日記

    小畔川便り(ツマキチョウの産卵:2017/7/17.18)

    4月17日は自宅前の川原に行く。ツマキチョウが多いが、昨年よりはムラサキハナナやカラシナの生育範囲が広がり、それに伴ってツマキチョウの飛ぶ範囲も広くなった。自宅前の、窓から見える場所でもツマキの撮影ができるようになったのはうれしい。ここに引っ越してきて数年は自宅から出るとすぐに見られたけど、だんだん数が減ってきていた。それが川原の草刈りの仕方が変わって、刈り残される場所が出てきてから、少しず...

  2. まだ見ることができた、ツマキチョウ。 - 堺のチョウ

    まだ見ることができた、ツマキチョウ。

    先日の続きの話です。先に春型のコチャバネセセリを紹介しましたが、休みをいただいた日に、ツマキチョウにも出会えました。前回は、♂のツマキチョウでしたが、今回は♀。出会えるチャンスが少ないだけに、ラッキーでした。 ▼写真1 2017年4月19日 撮影休息するツマキチョウの♀。息を殺して、そっと近づいて撮影。▼写真2 2017年4月19日 撮影数回シャッターを押したところで逃げられました。▼写真3...

  3. 春の都心・埼玉&八重山&東信のシロチョウin2017.03~04 - ヒメオオの寄り道

    春の都心・埼玉&八重山&東信のシロチョウin2017....

    生き生き飛び回るチョウを描く画家の「小松孝英個展」が、4月30日まで「みぞえ画廊東京店」(田園調布ギャラリー)開催されているので、その見学方々途中にある都心の公園に寄ってみました。狙いは、ズバリ都心に舞う「ツマキチョウ」です。曇り空でチョウの数が少なく単独の飛翔シーンを撮りこむのがやっとでした。       in2017.04.22東京都心①埼玉県中北部の公園でもツマキチョウが登場したので魚...

  4. ■ ツマキチョウ   17.4.22 - 舞岡公園の自然2

    ■ ツマキチョウ   17.4.22

    きのうと同じ曇り空、いつか雨が落ちてきそう。午後からの打ち合わせの前に、午前中にツマキチョウ狙いで散策に。雌、雄、それぞれ単独に撮らせてくれた。ツマキチョウ ♀   17.4.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/320,F8        だいぶ先の方で白いチョウが開翅してとまった。ゆっくりと翅を閉じているので、そっと近づく。        まだ...

  5. 2017.4.14 東京・白金の森→白山の森 トラフシジミ   2017.4.22 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.4.14 東京・白金の森→白山の森 トラフシ...

    2017.4.14雨が降った日の後、2日続きの晴天を待って自然教育園に出かける。トラフシジミが地上に降りてくる日だ。開門を待ち、真っ先にノウルシ群落に向かう。重い300ミリをザックから取り出しベンチで待っていると、ほどなく飛んできてノウルシで吸蜜を始めた。吸蜜時間は短かった。すぐに飛んで近くのチョウジソウの葉にとまる。そして、翅を開き始めた。が、半分まで。半開翅のまま体の向きを変え飛び去った...

  6. ツマキチョウ - オヤヂのご近所仲間日記

    ツマキチョウ

    会社近くの公園。数日前からやっとツマキチョウを確認しましたが、数は雄1,雌1のみ。Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

  7. 都心の公園にツマキチョウ舞う(東京都文京区、20170415) - Butterfly & Dragonfly

    都心の公園にツマキチョウ舞う(東京都文京区、20170...

    4月15日(土)、ツマキチョウの吸蜜シーンを撮るべく個体数が多そうな都心の公園に行ってきました。ここ数年、ツマキチョウが花にとまったシーンを撮影できていなかったのです。ツマキチョウは毎年見ていましたし、自宅の周辺にもいるのですが、皆様もよくご承知のとおり、ツマキチョウは飛び回っていて、なかなかとまってくれないんですよね。公園に着いてツマキチョウのいそうな場所を探して歩くと菜の花が見えてきまし...

  8. ツマキチョウ   都心の公園で - 蝶のいる風景blog

    ツマキチョウ   都心の公園で

    ツマキチョウに会いたくなった。どこへ行くか迷ったが、近間の市川市大町公園がちょっと荒れてしまったので、都心の公園まで出かけた。入園料が400円も取られ、シルバー割引もないのだが、雰囲気が大好きで毎年この時期には必ず訪れている。菜の花畑がちょうど満開だった。オオアラセイトウもあちこちに群落を作っていた。ツツジの庭園もみごとなのだが、今年はちょっと花の時期が遅れている感じだ。あと1週間もすれば見...

  9. 春の花(4月) - つれづれ日記

    春の花(4月)

    梅畑の下草にレンゲソウが咲いています。ツマキチョウの雌。雄はなかなか止まってくれません。

  10. 北摂の4月 - 今夜の夕食

    北摂の4月

    2017.04.19ツマキチョウ・♀もう5年ほどチョウの追っかけはお休みしている。まさか畑で見られるなんて~♪ツマキもみたくてあちこち探し歩きました。ツマキチョウは チョウの図鑑では 早春に 年1回だけ成虫が見られる。「スプリング・エフェメラル(春のはかない命)」蝶の一つ平地から山地の河川沿い、林縁等の開けたところで見られ翅の裏側は、木の葉っぱのような迷彩色をしていて、目立たなくなっている。...

  11. ツマキチョウ 4月18日 - 超蝶

    ツマキチョウ 4月18日

    中信でヒメギフを撮った後近辺を少し探索・・・沢山のスジグロシロチョウに交じって小さな蝶、ツマキチョウ♂です沢山いたスジグロシロチョウ越冬ルリタテハ

  12. ■ ツマキチョウが交尾   17.4.19 - 舞岡公園の自然2

    ■ ツマキチョウが交尾   17.4.19

    きのうの名残りの強風が吹き続けた1日。そろそろツマキチョウの♀が出現する頃かな、と散策に出た。いきなり林の縁で、白い小型の蝶が2頭もつれるように舞い上がった。ツマキチョウ?   17.4.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/400,F8        なんとか撮れた飛翔写真。ツマキチョウの雌雄でした。        画像を確認する間もなく、下草に...

  13. 小畔川便り(ツマキチョウ(飛翔):2017/4/13.14) - 小畔川日記

    小畔川便り(ツマキチョウ(飛翔):2017/4/13.14)

    4月13日、雲がやや多いけど、自宅前のツマキチョウの様子を見に行った。個体数はあまり多くはなく、オスがふわふわとゆっくり飛んできてムラサキハナナに止まった。曇ってしまったので翅を閉じている。ニコン1J5 1ニッコール10-30空を見ると雲が切れそうなので、家内に、晴れたら翅を開くよと言って待っていると、やがて日が当たり始め、ゆっくり翅を開いてくれた。家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55...

  14. トラフシジミとツマキチョウ - 公園昆虫記

    トラフシジミとツマキチョウ

    今季のツマキチョウを初めて目にしたのはずいぶん早い3月19日(初夏の陽気の日)だったが、その後全く見られず、あれはフライイング羽化だったのかもしれない。地元の公園でよく見られるようになったのは、やはり4月10日過ぎだった。でも、なかなか写真に収まってくれない。4月13日、またヘムレンさん・みき♂さんに誘われて、丘陵地へプチ遠征。私の第一の目当てはツマキチョウを撮ることだった。暖かいようでもま...

  15. 2017.4.13 東京・白山の森 (2)ツマキチョウ   2017.4.20 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.4.13 東京・白山の森 (2)ツマキチョウ...

    2017.4.13 続き予想外のルリシジミに惑わされたけれど、目的はあくまでツマキチョウ。しかし、前日にあれほどいた桜の近くにはほとんど飛んで来ず、桜背景では逆光のこの1枚だけだった。斜面に散った桜の花びらの上を舞う姿も風情があるけれど、やはり淋しい。ルリシジミを撮っていた時に、よちよちと飛んできたとツマキチョウは♀だった。オオイヌノフグリにとまったので吸蜜かと思ったが、ただの休憩。翅を閉じ...

  16. ツマキチョウが舞う - 旅のかほり

    ツマキチョウが舞う

    昨日のトンボと同じ湿地で、ツマキチョウも楽しそうに飛んでいました。舞うといっても、相変わらず止まることなく飛び回ってばかりなのです。距離が遠くて、うまく撮れません。オス同士で追いかけっこ。追いかけっこ、というより優雅にとんでいます。みていると、モンシロチョウとも追いかけっこをしています。このアシの茂ったヤブはどうやらツマキチョウのテリトリーのようです。入ってきたから追い出しているのかな。花に...

  17. ☆ 公園のチョウ ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ 公園のチョウ ☆

      昨夜は、春の嵐が吹き荒れましたが、今日は晴れてくるようです。 今年のサクラは、長く楽しませてくれましたが、この雨で散ってしまうでしょう。   12日、13日に撮ったものが残っていました。 12日、近くの公園を覗いて見ると、桜の花びらの吹き溜まりに、キタキチョウが下りて来ました。カラスノエンドウに、しっかり抱きついています。13日、別の公園で・・・。ベニシジミとドングリツマキチョウはオスば...

  18. ノウルシとベニシジミなど - 風任せ自由人

    ノウルシとベニシジミなど

    日曜日の午後、転居前によく行っていた公園に久しぶりに出かけた。目的は蝶そのものより、前日の神奈川ギフ撮影行からの帰宅後に購入したOM-D E-M1 Ⅱの試し撮りだった。撮影時は合焦の速さとシャッターが切れる際の軽快さに感動したが、帰宅後、撮った写真をPCで拡大表示してみたら、目にピントが来ていないものが多くて失望した。もう少し慣れが必要だろう。さて、期待していたのはツマキチョウと今期初となる...

  19. 4月中旬 茨城県西部埼玉県北部県境 いつもの公園 - 春ちゃんのメモ蝶3

    4月中旬 茨城県西部埼玉県北部県境 いつもの公園

    2017年4月15日 いつもの公園そろそろツマキチョウが出るころなので、いつもの公園に行きました。その前に。自宅のハーブのプランターにツマグロヒョウモンの前蛹を見つけました。幼虫で越冬したのでしょうか?それとも卵?で、いつもの公園。まず出会ったのはヤマトシジミの雌、青雌でした。次は、菜の花で吸蜜する越冬明けのキタテハ。ツバメシジミの青雌。ヤマトシジミ、ツバメシジミは本年初見です。本日、お目当...

  20. 里山の季節は進み - 不思議の森の迷い人

    里山の季節は進み

     週末は天気が悪いことが多く、本当に久々の里山の散歩道です。いつの間にか鶯の歌がとても上手くなっていました。土筆もすっかり開いて、既にスギナが茂っています。 昨日の風で散った桜の花びらが残る地面に降りて来たのはルリシジミです。関東各地は夏日となり、春から初夏へと季節が進んだ日曜日の午後でした。 春先はわざわざ探し廻ったベニシジミですが、今日はそこここで見られます。 まだ柔らかな緑の中で産卵場...

1 - 20 / 総件数:35 件

似ているタグ