テロのタグまとめ

テロ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはテロに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「テロ」タグの記事(29)

  1. ディストピアの気配 - 蝕された記憶

    ディストピアの気配

     バルセローナは、私にとっても思い出深い地である。20代前半の頃、バックパックを背負って貧乏旅行で欧州を旅したが、そのときに特に気に入った場所の一つがバルセローナだった。もとよりスペイン語も話せない私が、若さと好奇心だけで旅をしていたのだが、スペインは特に行ってみたい国のひとつだった。それは、太陽の燃えるようなイマージュであり、ダリやガウディの奔放な芸術の世界であり、人々が明るくのんきに暮ら...

  2. バルセロナで秋葉原型テロ、ISが「追加公認」? - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    バルセロナで秋葉原型テロ、ISが「追加公認」?

    犠牲になられた方にこころからお悔やみ申し上げます。バルセロナで秋葉原型の「テロ」が発生しました。ISが犯行声明という名の「追加公認」声明を発表しています。そもそも、このタイプのテロは、日本ではよく起きています、というより、秋葉原の加藤死刑囚や、広島・マツダ工場内暴走の引寺被告人がオリジナルと言うべきでしょう。東南アジアにISが拠点を移しつつある今、日本でも十分起きえる形です。【8月18日 A...

  3. 核禁条約不参加・海外派兵・・・失望とテロを招く「アメリカ忖度外交」 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    核禁条約不参加・海外派兵・・・失望とテロを招く「アメリ...

    広島市安佐南区祇園出張所前広島市安佐南区古市橋駅前本社社主・さとうしゅういちは、7月10日広島市安佐南区内各地で街頭演説を実施しました。まず、核兵器禁止条約が核兵器の開発、実験、保有、使用のみならず、威嚇まで含めて違法としたこと、被爆者の思いを反映したことを評価。その上で、この条約に参加しなかった日本政府は、将来的に軽蔑されるであろうと予告しました。今回の条約にはかつて、アメリカから「悪の枢...

  4. 連続テロ対策講演会10回目のご案内 - 役立つニッチなセミナー案内(名古屋)

    連続テロ対策講演会10回目のご案内

    こんにちは。イラクでは政府軍によるモスルの奪回が近いと言われています。このままISISは壊滅して世界の平和が訪れるのでしょうか。余り楽観的な予想はしないほうが良さそうです。詳しくは以下でお読みください。   http://kokucheese.com/event/index/476927/

  5. ブリュッセルのようす - 小国での日々 第6章

    ブリュッセルのようす

    水曜の夜、セントラル駅で再びテロ行為が発生しましたが、翌日にはバス、トラム、メトロは通常通り運行しましたし、学校をはじめ、街の様子にも大きな混乱は見られませんでした。でも、何も変わらないという訳ではなく、パトカー、白バイ、覆面パト迷彩服を着た警備軍の数はとても多くなっていると感じられます。犯人はその場で射殺。引き金を引いたらすぐに発砲出来る銃を持っている人がそこかしこにいるということです。慣...

  6. 止めろと言われても・・・・~カエサルの運命、ブルータスの運命~ - alternative sight(excite版)

    止めろと言われても・・・・~カエサルの運命、ブルータス...

    ニューヨークで上映されている舞台劇「ジュリアス・シーザー」の演出がトランプ大統領を模しているとして物議を醸しているという。劇場の責任者曰く「誰かに対する暴力を助長する意図はない」と強調したそうだが、受け取り手にそれが伝わっている保証はない。ネガティブキャンペーンから降りられないニューヨーク・タイムズ(NYT)は歓迎の方向なのか(トランプ氏に対する批判を)「驚くほど新しいレベル」で行っていると...

  7. テロが続くイギリスとフランス - L'art de croire             竹下節子ブログ

    テロが続くイギリスとフランス

    イギリスで数か月のうちに3度もテロがあった。もちろんその度にフランスではさかんに報道された。それなのに、助かった人のインタビュー、テロリストのプロフィール、現場に花を捧げる人たち、黙禱、などのどのシーンをみても、あまり心を動かされなかったことに自分でも驚いた。もちろん、フランスでのテロの報道に食傷しているのでデジャヴュという印象もあるからだけれど、テロが起こる度に「テロに屈しない」、「暮らし...

  8. アメリカ→サウジアラビア→ワッハーブ派→テロという線 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    アメリカ→サウジアラビア→ワッハーブ派→テロという線

    アメリカ→サウジアラビア→ワッハーブ派→テロという線。今回も、その可能性が高いでしょう。アメリカこそが世界最大のテロ支援国家であるというのは事実でしょう。イラン国会・国家安全保障外交政策委員会のブルージェルディ委員長が、最近のテヘランのテロに触れ、「この陰謀の首謀者がアメリカであることに疑いの余地はない」と語りました。イルナー通信によりますと、ブルージェルディ委員長は、テヘラン金曜礼拝後に演...

  9. 【過去記事】5/7 不都合な“移民と難民”の真実 - alternative sight(excite版)

    【過去記事】5/7 不都合な“移民と難民”の真実

    移民や難民の問題は真実の存在しないところで議論されている。“寛容さ”で美化された概念が欠点を抱えた現実を隠すかのようにメディアによって報じられる。先日、マララ・ユスフザイちゃん(イギリスでの資格獲得難民)がカナダの連邦議会で難民受け入れの必要性を演説したうえで、難民受け入れに積極的なカナダ政府の姿勢を高く評価したという報道があった。ノーベル平和賞受賞者と言っても、まだまだ19歳の未成年です。...

  10. 【過去記事】5/6 ② OBAMA 17 ~みんなで知ろう!OBAMAの正体~ - alternative sight(excite版)

    【過去記事】5/6 ② OBAMA 17 ~みんなで知...

    約束通り、バラク・オバマ元アメリカ合衆国大統領の再登場です。まず最初に、これを読んでいただきたい。「ひとつ考えられるのは反社会性人格障害です。これは凶悪犯罪者に多いイメージがありますが、それだけではない。嘘をつくことに罪悪感を持たず、嘘で嘘を塗り固め、自分をよく見せようとするタイプ。表面的にはマルチな才能があるように見え、話し上手で魅力的に映ります。印象操作、自己演出に長けており、相手をダマ...

  11. テヘランで複数の銃撃テロ、ワッハーブ派と関係か - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    テヘランで複数の銃撃テロ、ワッハーブ派と関係か

    イランでは、アメリカやイスラエル、サウジアラビアをバックとしたテロが繰り返されてきました。ISはもともとはスンニ派のイラクのフセイン大統領の残党が源流です。イランを目の敵にしています。今回の犯行グループはサウジアラビアの主流・スンニ派過激派のワッハーブ派と関係があったようです。イラン情報省の関係者が、7日水曜朝、テヘランで複数のテロチームがテロ作戦を行い、そのうちのひとつは、作戦を実行する前...

  12. ロンドン警察、「ロンドンでの最近のテロの原因は国内にある」 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    ロンドン警察、「ロンドンでの最近のテロの原因は国内にある」

    テロの原因は英国内にある、とロンドン警察も認めています。そうであるならば、テロ対策として見ても、シリアを空爆するのは意味がないということになります。むしろ、テロリストに大義名分を与えてしまうということになるし、イギリス自身が空爆された民間人にとってはテロリストということにもなります。ロンドン警察が、最近ロンドンで発生したテロの原因は国内にあるとしました。ロイター通信によりますと、ロンドン警視...

  13. パリでハンマー男が警官襲うテロ 犯行時「シリアのため」と叫ぶ - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    パリでハンマー男が警官襲うテロ 犯行時「シリアのため」と叫ぶ

    英仏が、シリアでの空爆を続け、罪のない人を殺しまくっている限り、テロも難民問題も終わりは来ないでしょう。 パリ中心部のノートルダム大聖堂付近で6日、ハンマーを持った男が警官に襲いかかり、警官が負傷した。その後別の警官らが男に向かって発砲し、男も負傷した。検察当局はテロの可能性も視野に捜査を開始した。コロン内相は、男がアルジェリアの学生証を携行し、犯行時に「シリアのためだ」と叫んでいたと明らか...

  14. 世界に拡がる無理解の壁 - 蝕された記憶

    世界に拡がる無理解の壁

    先に起きた、ロンドンでのテロ攻撃に関する報道が続いている。もっとも、日本ではほとんど伝えられていないが、当事国イギリスや欧米では、今でも連日伝えられている。伝えられていることは、決して悪いことではないのだが、伝えられる内容や伝えられ方が、イスラームやその帰依者に対する恐怖を煽ったり、イスラームはわからない、危険な教え、思想だという方向へと誘導されていくのは残念だし、より異文化の対立や理解と融...

  15. 世界平和は望めないのか - 花、書、音楽、旅、人、、、日常で出会う美しごとを

    世界平和は望めないのか

    再来週、スコットランドへ行こうと計画していた。南回りの安い飛行機でエディンバラ大学の寮に入り、安価に旅しようと。しかしここ数日、イギリスでテロのニュースが世間をにぎわしている今の時代、どこへ行っても安心、安全なところはなく、慌ただしく騒がしい日々だ。しかし残された家族の心配を思うと、呑気に行く気にもならず断念。またいつか行けるよね、、、そんな思いでキャンセルの連絡をした。まだ見ぬスコットラン...

  16. アフガンに対話を、米英仏露はイスラム圏蹂躙への反省を - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    アフガンに対話を、米英仏露はイスラム圏蹂躙への反省を

    アフガンに対話を、米英仏露はイスラム圏蹂躙への反省を相次ぐテロの犠牲者の皆様に心からお悔やみ申し上げます。アフガニスタンでは、自爆テロが相次いでいます。先月90人が亡くなる事件が起きています。http://www.excite.co.jp/News/world_g/20170604/Tbs_news_92917.html?_ga=2.259910921.2066278658.14963890...

  17. 2016-2017(前編「誰が闘争」) - alternative sight(excite版)

    2016-2017(前編「誰が闘争」)

    トランプ大統領とラブロフ外相の会談の際に、機密情報の提供がなされたという報道があった。一言、いわせてもらえるのならば・・・・・・。「日本、聞いてナイ!!」アメリカからも(泣)イスラエルからも(笑)。「希望の同盟」って、なんだろな~ラララ~♪~「経済協力」って、そうなのか~ルルル~♪~アメリカでは大騒ぎしているが、よくよく見ると騒いじゃいけないデリケートな話題である。考えてもみよう。「IS(イ...

  18. イランが、アフガンでのテロを非難「一部の地域諸国や地域外の国の干渉なしに、アフガニスタンの各グループ同士の対話を」 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    イランが、アフガンでのテロを非難「一部の地域諸国や地域...

    アフガンの首都・カブールでは昨日、テロで多数の犠牲者が出ました。イラン外務省のガーセミー報道官が、アフガニスタンの首都カーブルのテロを非難しました。31日水曜、カーブルのドイツ大使館とIRIB通信の事務所付近で、爆弾を積んだ自動車が爆発するテロが発生し、これにより80人が死亡、350人が負傷しました。イルナー通信によりますと、ガーセミー報道官は、この犯罪行為を非難し、「テロ対策の怠慢により、...

  19. A view in a globe. - alternative sight(excite版)

    A view in a globe.

    「2017.5.22」事件を伝える報道を見ていて思った。犠牲者とは一体、誰を指す言葉であるべきなのか。「命を落とした人」「怪我を負った人」報道においては、そういった人たち”のみ”が犠牲者として伝えられる。本当に犠牲になった人たちは、それだけなのだろうか。かといって騒がれるように「世界中」が犠牲者というのも、毎度のことながら私には違うと思える。例え、どんなにその光景に衝撃を受けようとも私は当事...

  20. イギリスのコンサート会場で爆発 - ネイサン応援☆星のブレードShiningly

    イギリスのコンサート会場で爆発

    イギリス中部マンチェスターのコンサート会場で22日午後10時30分(日本時間23日午前6時30分)頃、大きな爆発がありました。警察発表によると、22人が死亡、59人が負傷しました。続きはこちら…単独犯で、自爆テロ。男は死亡。22日には、タイの首都バンコクの病院でも爆発があり、多数の負傷者が出ています。タイ警察によると、爆発にはクギなどのようなものが使われたということです。被害に遭われた方々を...

1 - 20 / 総件数:29 件

似ているタグ