テーブルウェアのタグまとめ

テーブルウェア」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはテーブルウェアに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「テーブルウェア」タグの記事(22)

  1. 3色のケーク・サレ - SABIOの隠れ家

    3色のケーク・サレ

    三層のケーク・サレを焼きました1.ほうれん草をピューレにし、角切りベーコンを入れた生地2.普通の生地に刻んだクルミを混ぜた生地3.生地にトマトジュースを混ぜ、燻製モッツァレラチーズを入れた生地生地には、全卵・薄力粉・オリーブオイル塩・コショウ・コンソメ顆粒を入れます甘くないので、軽食になりますミルクティーでちょっと休憩一人分の紅茶をリーフティで淹れるのが面倒な時は、ティーバッグか「漉し器付き...

  2. おもてなしのデザート - SABIOの隠れ家

    おもてなしのデザート

    水無月おもてなしの食卓にブロガーさんや友達から「家庭料理の枠を超えている」「お店ですやん」「凄すぎる~」「こんなおもてなしを受けて、甥御さん御夫婦はお幸せですね」との嬉しいコメントをいただきましたありがとうございます私、褒められて伸びるタイプです(笑)それで、かなりモチベーションが上がるというものです子供にだけでなく、「褒め育て」は必要!作り手としても大変やり甲斐のあるおもてなしの一日、まだ...

  3. 水無月のおもてなし - SABIOの隠れ家

    水無月のおもてなし

    今日は甥夫妻を招いて、おもてなしをしました結婚のお祝い膳です前菜五種盛り・スモークサーモンの生春巻き・トリュフ入りチーズ・生麩田楽・トマト寒天・野菜のガトーインビジブル(先日、焼いたものを冷凍していました)夫は発泡酒、夫以外3人は昨年漬けたキウィ&レモン酒の炭酸割りその後、プラム酒も吞みました・野菜の揚げ出し お出汁のジュレがけ・イタリアパスタのサラダ・豚肩ロースのプラム酒煮昨年、漬けたプラ...

  4. おもてなしの準備 - SABIOの隠れ家

    おもてなしの準備

    明日は甥夫婦を我家でおもてなしすることになっています久々の4人のテーブルメニューは決まっているので、あとは準備のみデザートタイムのケーキを1つ焼きました外側がチョコ味、中は普通の生地で側面にアーモンドダイスを貼り付けて焼くエコセタイプの焼き菓子です以前作ったパレダマンドの応用形ですあと、シャルロットと何か冷菓を作る予定テーブルコーディネイトも普段の2人分では、あまり映えませんが4人分だと映え...

  5. 野菜のガトー・インビジブル - SABIOの隠れ家

    野菜のガトー・インビジブル

    リベンジで、野菜のガトー・インビジブルを焼きました今度は上手く層が出るように素材を切って、置きましたケーク・サレと同じで、水分が少ない素材ならOK今回は、じゃが芋&人参&ベーコンにしましたが、パプリカやアスパラガス、かぼちゃ、スモークサーモンなども層の色が楽しめて良いかと思います【覚書】パウンド型 15cmじゃが芋 小3-4個  人参  1/3本  ベーコン・パルメザンチーズ  適宜全卵 1...

  6. 半熟カステラ - SABIOの隠れ家

    半熟カステラ

    甥の結婚披露宴の引菓子 半熟カステラで休日のティータイム新婚さんにぴったりの甘~いお菓子カステラの原型 ポルトガルのお菓子パン・デ・ローに似ていますお店で売っているのも、紙がついたままのこのタイプが多いみたいです以前、行った時はこれは食べなかったな~エッグタルトを食べたのでした来月、甥夫婦を我家に招待することになっていますどんなメニューにするか検討中たぶん日本料理がベースになると思うので、図...

  7. ガトー・インビジブル - SABIOの隠れ家

    ガトー・インビジブル

    お料理やお菓子・パンにも「流行り」があり、フードビジネス関係者が「今年はコレを売りたい」というものがあるようですガトー・インビジブル既に昨年あたりからキテイルらしいです「ガトー・インビジブル」とはフランス語で「見えないケーキ」という意味で、たっぷりの果物や野菜のスライスと、ほんの少しの生地を重ねて焼く、美しい断層のケーキのこと焼いている間に、生地が果物や野菜と一体化し「見えなく」なります試し...

  8. 季節のファー・ブルトン - SABIOの隠れ家

    季節のファー・ブルトン

    フランス ブルターニュ地方の伝統菓子 ファー・ブルトンを焼きました生クリームが残っていて使わなければいけなくて、デコレーションのナッぺには足りないし、ムース仕立てのガトーという気分ではなかったので、簡単なファー・ブルトンに季節の果物をトッピングファー ⇒ お粥ブルトン ⇒ ブルターニュ地方ので、元は簡素なミルク粥のような食べ物だったそうですが、そこに砂糖や生クリームを足してお菓子にしたそうで...

  9. 風薫る食卓 - SABIOの隠れ家

    風薫る食卓

    風薫る今の季節が一番好きです夏日の日もありますが、朝晩は気温が下がるので清々しく、とても過ごしやすい今年は花粉症が軽くで済み、お出かけも普通通りにできて良かったですうすいえんどうが出回るようになり、豆ごはんを炊きましたいつもは、押し麦+発芽玄米か十穀米を混ぜて炊いていますが、白い方が見た目が良いので、押し麦だけを混ぜましたお豆さんがシワシワにならない炊き方で今年も炊きました↓ ↓ ↓椀種は海...

  10. うつわで気分をリフレッシュ。Parte 2 - ゴローザ通信

    うつわで気分をリフレッシュ。Parte 2

    ペールブルーのぽってりとしたポルトガル製の皿。こちらは恵比寿三越「La Cucina Felice」で見つけました。ただ今セール中です。イエローの中鉢小鉢は食卓に映えること間違いなし。何を盛り付けようかなあ… イメージが膨らみます。涼しげな絵付けのミニ片口。最初はこれだけ買うつもりでしたが…この手の大きさ、カタチは使い勝手がよさそうです。ウチは柄物が多いので、シンプル無地は新鮮です。ヘビーロ...

  11. うつわで気分をリフレッシュ。Parte 1  - ゴローザ通信

    うつわで気分をリフレッシュ。Parte 1 

    染付(有田焼)の小鉢2つ。恵比寿三越、食器売り場の催事で見つけました。珍味入れのサイズ。冷酒の杯としてもよさそうです。上から見るとこんな感じ。珍味はないけど、なにを盛っても良さそうですねえ。懐石風演出にはもってこいのアイテム。盆にのせただけで絵になるねえ。そもそも、三越には洋服の寸法直しに行ったのです。(服やレザーをきれいに丁寧に直してくれるアトリエがあります)が… 食器売り場でまずひっかか...

  12. 甘夏のゼリー - SABIOの隠れ家

    甘夏のゼリー

    甘夏のゼリーを作る季節になりました桜が散り、新緑が美しい時期になると食べたくなる爽やかなデザートです福岡の叔母から届いた大量の甘夏庭に鈴なりになるそうで、去年も送ってもらい作りました一年経つのが早すぎる~売り物と変わらないジューシーさで美味しい~ご近所さんにもお福分けしました搾った果汁100%+蜂蜜を少々加え、ヘルシーなクールデザート【低GI食品】エクーア ココナッツシュガー【砂糖の王様】

  13. 波佐見焼 - SABIOの隠れ家

    波佐見焼

    今回の旅行はマイカーでほぼ高速道路を使った旅でした運転は夫なので、お互いの行きたい所をピックアップし、行程を決めるのは夫私は湯布院と九州の窯元を希望しましたしかし、「もう、器は増やさない」「捨てられないので、増やさない」と数年前から自戒しているので、窯元は目の毒なのです(笑)見ると欲しくなりますから・・・独身時代、有田に一人旅したことがあり、ポーセリンパークと有田焼団地に行きその時買った器は...

  14. 桜咲く 籠弁当 - SABIOの隠れ家

    桜咲く 籠弁当

    夫が戴いてきた花をアレンジし、定年退職&遅れた誕生日の祝膳というか・・・この時期限定の桜が描かれた和紙のテーブルマットを使いたかっただけなのです(笑)花は、彼岸桜に合う花色をチョイスしました昔、SNSで知り合った東京の友人が上洛した際、お土産に持ってきてくれた桜&土筆のテーブルマットその頃もよく、お料理やケーキ等のテーブル画像をアップしていたので、私の好きそうな物を選んでくれたのでした籠は美...

  15. スレート・プレート。 - ゴローザ通信

    スレート・プレート。

    最近よく見かける『スレート・プレート』アミューズに白金台フレンチ「シエル・エ・ソル」にてメインディッシュに表参道フレンチ「クラシカ表参道」にてプティフールに白金台「ビッフィ・テアトロ」にて↓一方こちらは、2010年 リグーリア州ジェノヴァ県のレストラン(30店舗)イベント。その店のスペシャリテを頼んだお客様に『スレート・プレート』をプレゼントするというもの。絵柄はレストランごとに異なります。...

  16. シュクセ・オ・フレーズ - SABIOの隠れ家

    シュクセ・オ・フレーズ

    フレジエと同じくらい好きなケーキシュクセ・オ・フレーズケーキ教室で習ってから、春になると作っていますビスキュイ・マカロンという生地を焼き、たっぷりのカスタードクリームとホイップクリームで作ったクレーム・ディプロマットという贅沢なクリームに果物を乗せるガトーですケーキ屋さんの店頭に並んでいるのを見たことはありません昨年は応用編で、MUROISというガトーを作りましたこちらはクレーム・ディプロマ...

  17. ミモザのティーカップ。 - ゴローザ通信

    ミモザのティーカップ。

    ミモザのティーカップでお茶の時間。いただいたバームクーヘンをお供に。3月14日にいただいたのでホワイトデーのプレゼントだと勝手に思っております…えへへ こちらは正真正銘、ホワイトデーチョコ ヒトデとか貝殻とか、可愛いですね〜

  18. おいしい深蒸し茶で一服 - SABIOの隠れ家

    おいしい深蒸し茶で一服

    季節が逆戻りしたような寒い日が続いています外の寒さが嘘のような暖かいリビングで、一服私、飲み物の中で日本茶が一番好きかもそれも濃~く出した渋めの煎茶やお抹茶が大好き!この日の甘いもんは、大阪住吉大社近くにある末廣堂さんの『さつま焼』餡の中央に穴があるのは、竹串を刺して一個ずつ焼くからですなにわの老舗の味 素朴な和菓子静岡の深蒸し茶 茜富士を淹れて夫婦でおやつタイム私のお茶、すごく濃く出してま...

  19. 今年のフレジエ - SABIOの隠れ家

    今年のフレジエ

     フランスでは「春を告げるケーキ」フレジエ大好きなケーキで、毎年作っています今年は、直方体のカップに作りました昨年は正統派のセルクルで作ったフレジエでした一番下は、蓬のジェノワーズ苺を縦に半切りしたものをカップの側面に貼り付け、ヴァニラビーンズを入れたババロアを流しますその上にまた蓬のジェノワーズを敷いて、冷蔵庫へ固まったらホイップクリームと苺でデコレーション苺は、愛知県豊橋産のあきひめ私は...

  20. 欠けたカップ。 - ゴローザ通信

    欠けたカップ。

    気に入ってた陶器のカップでしたが黒い方は倒したら取っ手が折れてしまい粉引は縁が欠けてしまいました。捨てるのはもったいないので多肉植物の鉢にしました。すてきな展覧会のDMは目に映るところに置いておきたいもの。雰囲気が合っていますね。

1 - 20 / 総件数:22 件

似ているタグ