トウネンのタグまとめ

トウネン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはトウネンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「トウネン」タグの記事(8)

  1. シギ色々 - きままに鳥見.

    シギ色々

    田んぼを廻ってみると、色々シギ達が来ていました。トウネンキョウジョシギキアシシギイソシギ

  2. キョウジョシギの水浴び - イーハトーブ・ガーデン

    キョウジョシギの水浴び

    谷津干潟のつづきです。メダイチドリよりたくさんいたのはキョウジョシギです。キョウジョシギ(京女鷸、学名:Arenaria interpres)は、チドリ目シギ科に分類される鳥類の一種である。和名は、よく目立つまだら模様を京都の女性の着物にたとえてつけられたもの。一方、英名の「Ruddy Turnstone」は、くちばしで石をひっくり返して餌を探す習性にちなんでいる。この日は気温が高かったせい...

  3. シギチの目はまだまだ全然修行が足りません その2〜初モノ、トウネン&コアオアシシギ - 野鳥写真日記 自分用アーカイブズ

    シギチの目はまだまだ全然修行が足りません その2〜初モ...

    前の記事の続き、隣県ハス田引き続き、当日の様子を時系列に取り留めなく、紹介させていただきます、お見苦しくて失礼。ちょっと草被りですが、またタシギ。で大丈夫だと思うんですが、タシギの他のジシギ、オオジ、ハリオ、チュウジなどが居ても見たことないし、タシギと見分けられないんではないかと、ふと不安に思いました。なかなか会えるモノではないのかもしれませんが、タシギだと思ってスルーが心配。お、小さいのが...

  4. No title - ちいさな森-mode:κ-

    No title

    05/07A6342-2:オオソリハシシギ(おっきいやつ)とハマシギ(左ちいさいやつ4つ)。オオソリの間にいるのはなんだろうな?05/07A6350-2:オオソリハシシギが近い!05/07A6356-2:トウネン。ヨロネンっぽいのもいたんだが、特定出来そうな画像が一枚も撮れなかったのでスルーで。05/07A6609-2:ダイゼンが近くてとても嬉しい。

  5. 河口のコチドリ - 朝の散歩道

    河口のコチドリ

    海岸には隠れるところがないので、腰を据えてしばらくじっとしていることに・・・まずやって来たのはコチドリ カメラに向かってくるので近くに卵が? 偶然にも卵の近くに腰を下ろしてしまいました。今季初めて見るトウネン よほどお腹が空いていたのかカメラにお構いなく餌を探して近くを激しく動き回ります。カメラは中々追いつきません。昨シーズンは群れで越冬していたハマシギ 今季は初めて見ました。今朝のチラッと...

  6. 一羽しかいなかったトウネン、一組だけいたオナガガモ - 花と葉っぱ

    一羽しかいなかったトウネン、一組だけいたオナガガモ

    撮影:4月29日(習志野市・谷津干潟)キョウジョシギやメダイチドリ、ハマシギは群れていたが、トウネンは一羽しかいなかった。小さいので見つけにくいが、著しく減少している気がした。トウネン(当年)夏羽 シギ科オバシギ属全長はスズメとほぼ同じ14~15cm。成鳥夏羽は顔と胸、背が赤褐色で、体の下面は白色。雌雄同色。千葉県では準絶滅危惧種相当に指定されているオナガガモ雌雄 カモ科マガモ属この一番いだ...

  7. 夏羽が綺麗なメダイチドリ - 花と葉っぱ

    夏羽が綺麗なメダイチドリ

    撮影:4月25日(習志野市・谷津干潟)メダイチドリの群れがキョウジョシギやハマシギ、トウネンと一緒に餌を漁っていた。多くは夏羽であったが、まだ冬羽の個体も少なくなかった。メダイチドリ(目大千鳥)・夏羽 チドリ科夏羽では頭から胸にかけて赤褐色になる。冬羽は淡い灰褐色。全長約19センチ。

  8. トウネン - 出会った野鳥たち

    トウネン

    チドリ目 シギ科               撮 影 日  : 2007年09月10日               撮 影 地  : 三番瀬               撮 影 機 材  : Nikon D2X + Nikon AF-S NIKKOR ED 600㎜ 1:4D

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ