トスカーナのタグまとめ

トスカーナ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはトスカーナに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「トスカーナ」タグの記事(18)

  1. トスカーナの藁と干草。 - ユキキーナの日記

    トスカーナの藁と干草。

    Paglia e Fieno パリア・エ・フィエーノ 藁と干草という意味の2色のパスタ。トスカーナの田舎をイメージした素朴な一皿です。素朴で野暮ったい感じがたまりません(笑)。4月レッスンでは2種の手打ちパスタを一緒に作りましょう。レッスンでは普通の手打ちパスタを作りますが、試作&写真用には低糖質パスタで作りました。基本の低糖質パスタが作れればほうれん草を入れたり、イカスミやサフラン入れたり...

  2. TOSCANA ② July 2009 - Chaton の ひとりごと

    TOSCANA ② July 2009

    2009年7月26日(日)満天の星に包まれた深い眠りから目覚めたのは窓の向こうから聞こえる賑やかな小鳥のさえずり。レースのカーテンの間からはまぶしい光が差し込んでいます。時計を見ると6:30。なんて美しい朝なのでしょう!!!ベッドから飛び起き、身支度を整えると自転車の鍵を握り締め部屋を飛び出しました。もっと早く起きればよかった。太陽がドンドン高くなっていく気がします。昨日見た風景も朝日のなか...

  3. TOSCANA ① July 2009 - Chaton の ひとりごと

    TOSCANA ① July 2009

    2009年7月25日(土)トスカーナ・オルチャの谷へは3度目の訪問。1度目は夏のモンテプルチャーノに宿をとり、2度目は冬のサンクイリコドルチャを基点に。3度目の今年はいつか泊まりたいと願っていたピエンツァに。初めてピエンツァを訪れた時、オルチャ渓谷の美しさに魅了され、いつか自転車に乗ってオルチャの谷に下りていきたい。。。そんな夢を抱きました。漠然とした夢は強い思いとなってchatonの中で膨...

  4. 2日間のキャンティ・クラッシコワイン展示会 - イタリアワインのこころ

    2日間のキャンティ・クラッシコワイン展示会

    昨日、今日と2日間続いたキャンティ・クラッシコの展示会が先程ようやく終了しました。「疲れた~」の一言。足は痛いし肩も痛い。お腹空いた(←関係ない)。昨日は初日なので、朝の8時から会場であるレオポルダ駅跡にて仕事開始です。430種類(!)あるキャンティ・クラッシコワインの抜栓。430種類がどれだけかというと・・・。バーーーーーーン。ドーーーーーーン。ドキューーーーン(←???)。果てしなく続く...

  5. サンタマリア/オルチアロッソ 2013 - 日報。(ゴッチャポントのワインたちの日常)

    サンタマリア/オルチアロッソ 2013

    サンタマリア「オルチア・ロッソ 2013」(イタリア/トスカーナ)※美味しい赤ワイン、密度があって、ちょっとしっかり。ウチに到着したばっかりの頃は、人見知りの激し待ったオルチアロッソですが、ここ最近、やっとウチに慣れてくれたようです。いろんな表情が見れて、ぐーーーん!と美味しくなってくれてます。まだ少し強さがあって、でもサンタマリアらしい柔らかい優しさがあって。本当に美味しい。美味しいお肉、...

  6. バッケレート/ヴィンサント・ディ・カルミニャーノ 2001 - 日報。(ゴッチャポントのワインたちの日常)

    バッケレート/ヴィンサント・ディ・カルミニャーノ 2001

    バッケレート「ヴィンサント・ディ・カルミニャーノ 2001」(イタリア/トスカーナ)※ ドルチェワイン(あまーいワイン)。お菓子と一緒にあまーいワイン。バッケレートのヴィンサント。去年の秋ぐらいに使っていました。ウチのカッサータやパンナコッタにとても良く寄り添ってくれてました。なんとなーく他の作り手のヴィンサントは良い意味での田舎っぽさを感じ、親しみやすいなぁって思う事が多いのですが、バッケ...

  7. エトルリア人たちが眠る森 - Via Bella Italia ベッライタリア通りから

    エトルリア人たちが眠る森

    「ねえ、この入り口、なんか入ってくださーいって誘われてる(招待されている)感じしない?」とイタリア人が指差す先は・・・・・・・・エトルリア人たちのお墓跡。お箱に招待されても、困るでしょーに!!!!!!とつっこみたいが、意外にもイタリアって墓地巡りとかの観光スポットあります。あたし、18年前にポンペイに行ったときに、なにか拾っちゃったみたいで、その夜は一晩中金縛りや、誰かの話し声、ホテルの部屋...

  8. トスカーナ旅行(その2) - イタリアおもしろ生活記

    トスカーナ旅行(その2)

    トスカーナ旅行記の続きです。2日目に、昔通っていた、モンテプルチャーノの語学学校に行ってみました。ほとんどの先生が入れ替わっていましたが、中には、教わったことのある先生も。もう10何年も前のことなので、なんとなく日本人のこんな生徒がいたなあくらいにしか覚えていなかったみたいですが、いろいろな話をして、楽しかったです。最近は、日本人の生徒も少ないと言っていました。一人、実家がワイナリーを営んで...

  9. トスカーナ旅行(その1) - イタリアおもしろ生活記

    トスカーナ旅行(その1)

    今回は、トスカーナ旅行のことを書きたいと思います。昨年の夏休みに、3泊4日で滞在しました。宿は、モンテプルチャーノにとりました。実は昔、モンテプルチャーノには数か月間居たことがあって、ずっと再訪したいと思っていた地。日本ではあまり有名でない田舎町ですが、ワインが有名で、ヨーロッパでは人気の観光地です。特に、ドイツ人がたくさんいます。最初の印象は、こんな小さい町で・・・って感じでしたが、数か月...

  10. リボリータ - 天使と一緒に幸せごはん

    リボリータ

    寒いですね~1月だから寒いのは当たり前なんだけど、この数日間の底冷えの厳しさと言ったら容赦ない感じです...(>_<)寒い中、凍えながら帰宅して欲しくなるのがスープやシチューですね以前にもアップしましたが、寒い季節に私がよく作るのが「リボリータ 」です。フランスパンや食パンなど、パンが余ったときやサラダで食べるには、ちょっとなぁ、しなびてるよなぁ...という野菜があるときに作りま...

  11. 料理男子からシエナの伝統菓子を習う 2016 - ユキキーナの日記

    料理男子からシエナの伝統菓子を習う 2016

    オリーブ農園でのランチの後は、聖美さんのお友達のシルヴィオさんの御宅へお邪魔してシエナの郷土菓子「カヴァルッチ」を教えていただきました。スパイスがいっぱい効いてずっしりしたお菓子、カヴァルッチにはワインがよくあいます。お菓子つくりに来たつもりが、ワイン会に(笑)。後日、友人から「男性にサーブしてもらう寛ぎのワインタイムは幸せ~ってタイトルで以下、3枚の写真が送られてきました(笑)。ほんと、私...

  12. シエナのファンチュッリ農園でランチ - ユキキーナの日記

    シエナのファンチュッリ農園でランチ

    いつも教室でも使っているトスカーナの美味しいオリーブオイルを作っている農園に連れて行っていただいて、オリーブの木の剪定から収穫まで、あつ~く説明していただきました。木を傷つけないようやさしく、そして先代から受け継いだ土地を大事に守りながら作っている姿に自分の仕事への誇りとオリーブへの愛を感じます。何種類って言ってたか忘れましたが、とにかく広大な敷地でたくさんの種類のオリーブの木があります。ル...

  13. シエナに帰って来ました! 2016 - ユキキーナの日記

    シエナに帰って来ました! 2016

    アレッツオから高速バスで1時間半。シエナには電車よりバスが便利です。久しぶりに来たというのに、曇天で迎えてくれたシエナ。天気悪くても好き~♪♪(そのわりにはご無沙汰、6年ぶりですが)。生徒さんがイタリアへ行くというと、必ずシエナへ行くことをお薦めし、私が好きな店へも投入して最新情報は入手しているのでそんなに久しぶりな気がしません。夕方に到着し、夜は中世の雰囲気を再現しているトラットリア・ガッ...

  14. 超ど田舎 アンギアーリのアグリその2 2016 - ユキキーナの日記

    超ど田舎 アンギアーリのアグリその2 2016

    田舎好きにはまらないかと思われるこのアグリ。朝から霧がたちこめる風景を宿の窓から眺めるのも素敵です。アグリのオリーブ畑。鶏小屋の子たちは、、後日誰かに食べられているはずです。アグリにはネコもいっぱいいましたよ。朝、アンギアーリの町に週1のメルカートが出ていたので行ってみましたが、、今まで行ったどの町のメルカートよりも小さく、すぐに撤収。店もちっちゃっ!!そんなアンギアーリの町ですが、、なかな...

  15. アンギアーリのアグリその1 2016 - ユキキーナの日記

    アンギアーリのアグリその1 2016

    アレッツオ駅にアグリのおじいちゃんが車で迎えに来てくれました。ここから30分の道のり。朝、バローロのアグリを出て、アンギアーリの町へ到着する頃にはすっかり日が暮れていました。ちょっとだけ町の中を案内してもらってから宿へ向います。小さな町ですが、ミラノ公国とフィレンツエ共和国の戦いではアンギアーリの橋をめぐって戦闘が繰り広げられその場面はレオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ルーベンスなど...

  16. トラットリア・ダ・フィオレッラ ~両親を連れて海外旅行(イタリア編)~  旅行・お出かけ部門 - 旅はコラージュ。 ~心に残る旅のつくり方~

    トラットリア・ダ・フィオレッラ ~両親を連れて海外旅行...

    第一回プラチナブロガーコンテスト ピエンツァは、シエナの南、モンテプルチアーノとサン・クイリコ・ドルチアの間、トスカーナの雄大なパノラマを見晴らせる小高い丘の頂上に建てられたとても小さな町。  時のローマ法王ピウス2世が1459年に生まれ故郷を「理想の街」とするべく、街の名前をピエンツァに替え、ルネッサンスを代表する建築家のベルナルド・ロッセリーノに設計を依頼、3年間計画で街を自分の理想の街...

  17. モンテプルチアーノ で ワイン購入 ~両親を連れて海外旅行(イタリア編)~  旅行・お出かけ部門 - 旅はコラージュ。 ~心に残る旅のつくり方~

    モンテプルチアーノ で ワイン購入 ~両親を連れて海外...

    第一回プラチナブロガーコンテスト ルネッサンス最高の素晴らしい建築物や教会などが町のあちらこちらに残るモンテプルチア-ノは “ルネッサンスの真珠”と呼ばれており、町自体が魅力的であるだけでなく、ワインの産地としても有名である。  ワインには詳しくないのだが、美味しいワインが欲しくて、この町に立ち寄ることにした。  モンテプルチアーノは、トスカーナ州南部にあり、城壁に囲まれた丘上都市。 町は...

  18. トスカーナの田舎で過ごすクリスマス(旅行・お出かけ部門) - イタリアワインのこころ

    トスカーナの田舎で過ごすクリスマス(旅行・お出かけ部門)

    素敵なクリスマスのテーブルセッティング。そう、今年もクリスマスはトスカーナの小高い丘の上にある友人宅にお邪魔しました。今年で3年目になります。まずは、マルケ州のサラミ2種とアブルッツォ州のペコリーノチーズの前菜。写真を撮り忘れました(汗)。プリモはお馴染みトルテッリーニ・イン・ブロード。これがないとクリスマスは終わりません。第一回プラチナブロガーコンテストお気に入りイルミネーション&私のha...

1 - 18 / 総件数:18 件

似ているタグ