トランプのタグまとめ

トランプ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはトランプに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「トランプ」タグの記事(54)

  1. 一笑には付せない、「アメリカで内戦の確率60%」米紙記事 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    一笑には付せない、「アメリカで内戦の確率60%」米紙記事

    アメリカで内戦の確率が10-15年以内に60%?!しかし、トランプの暴走を背景とした内戦の可能性がないとは、わたしももはや断言できません。「洒落になっていない」レベルで、「内戦」まではいかなくとも、「アメリカの空中分解」(具体的には州がアメリカから離脱する形を取るだろう)の可能性は高まっていると思います。A day after the brawling and racist brutalit...

  2. 終戦記念日に問う~国民は日本が米国と北朝鮮の戦争に関わることを予想、覚悟しているのか - 日本がアブナイ!

    終戦記念日に問う~国民は日本が米国と北朝鮮の戦争に関わ...

    頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も!           ・・・足場を固めて、着実に前進を!よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m  【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                    今日は終戦記念日。安倍首相は早朝、トランプ米大統領と電話会談を行ない、北朝鮮対策に...

  3. 日本は、戦争当事者ではなく、仲介者に 朝鮮情勢 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    日本は、戦争当事者ではなく、仲介者に 朝鮮情勢

    朝鮮戦争は法的には終わっていない。そのために、朝鮮から見ると、アメリカ(正式には国連軍)が、朝鮮にとっての最大の脅威である。そこで、朝鮮はアメリカと交渉し、戦争状態を終結させる平和条約を結びたい。そのために、核・ミサイルを交渉材料としている。というのが、実際の所でしょう。朝鮮にとっては相手はアメリカのみ。日本を攻撃するとしても、朝鮮を攻撃するアメリカ軍基地を狙ってのものです。アメリカ軍が先に...

  4. トランプ政権そのものが「合理的な動きが出来ない」というのが一番のリスク要因【朝鮮とミサイル】 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    トランプ政権そのものが「合理的な動きが出来ない」という...

    そもそも、朝鮮がミサイルを発射したとして、「予定通り」グアムへミサイルが向かったら、日本上空では打ち落とすことは無理でしょう。また、下手に途中で手を出せば、朝鮮に対する戦争行為と見なされるでしょう。朝鮮のミサイルが途中で失速するという「間抜け」なことになったときのみ、PAC3は用をなすということです。この場合は個別的自衛権の行使となる。基本的に、今回は、というより、いつもですが、日本も韓国も...

  5. トランプ大統領の北朝鮮に対する威嚇の拡大(イラン報道) - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    トランプ大統領の北朝鮮に対する威嚇の拡大(イラン報道)

    「東アジアでの戦争による破壊的な影響に注目すると、トランプ大統領の脅迫は具体的なものではなく(現実的な根拠に欠け)、単に北朝鮮と中国をけん制するためだけのものだと見られます。こうした中、トランプ大統領の脅迫は、地域の緊張を高める可能性があり、敵対する国々の間の偶発的な衝突を招きかねないのです。」まったくそのとおりです。緊張を高めた挙げ句の偶発的な衝突が一番怖いのです。トランプ大統領の北朝鮮に...

  6. 存立危機事態 - A MAN JACK'S

    存立危機事態

     米国メディアが 「北朝鮮政府が大陸間ミサイルに搭載できる可能性がある 核弾頭の小型化に成功した」 と発表し、トランプ大統領は、「世界が見たこともない炎と激怒で対抗する」と公言した。 一方北朝鮮は 「米領グアムに向けてミサイルを発射する」 と脅し、日本は 「同盟米国の力」 に安堵し、且つ 「存立危機事態に該当する可能性がある(小野寺防衛相)」 との認識を示し、日本の参戦まで示唆している。 参...

  7. もう一つのアプローチは「トランプは、選挙中の公約を守ろう。」=北東アジア非核地帯条約 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    もう一つのアプローチは「トランプは、選挙中の公約を守ろ...

    トランプの暴走を批判すると共に、もう一つのアプローチは「トランプは、選挙中の公約を守ろう。」ですね。中国はすでに先制核攻撃をしない、と明言しています。ですので、アメリカとロシアが核兵器を使わない。そして日韓朝は核兵器を持たない。これにより、北東アジア非核地帯条約をつくる。 具体的なアイデアの一つとして、トランプ大統領を説得して、北東アジア非核地帯条約締結を推進すべきだ。(ア) そのために、ト...

  8. トランプの暴走こそ(金氏)朝鮮を本当の脅威にしてしまう--朝鮮戦争の法的終結へ各主体は全力尽くせ - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    トランプの暴走こそ(金氏)朝鮮を本当の脅威にしてしまう...

    トランプ大統領がこの長崎原爆の日に、「北朝鮮は炎と怒りに見舞われる」と発言しました。おいおい。一瞬、金正恩の発言かと思いましたよ。ICBM開発に踏み切った(金氏)朝鮮の最終的な狙いは、体制維持のため、アメリカと国交を結ぶことです。それを考えると、トランプ大統領が、「金正恩ばり」の発言をすることは、どういう結果を招くか?金正恩に「それみろ、アメリカは朝鮮にとって現実的脅威だ。先制攻撃してくるぞ...

  9. 下僕 - A MAN JACK'S

    下僕

     トランプさんが北朝鮮攻撃も辞さないと息巻き、安倍さんは 「頼もしい、守ってくれる」 と大いなる勘違いの歓迎を表明しているが、どちらも相当な馬鹿のようだ。 特にウチの安倍さん。いま戦争が起これば “爆弾” としてではなくても “核爆発” の起こる危険性は極めて高い。北朝鮮はすぐ隣だ、風邪は西風、ちょっと考えただけでも我が国がどんな状態に陥るか。 そもそも今騒ぐこと自体、おかしい。「日本」 に...

  10. 現代版「後醍醐天皇」 安倍、メイ、トランプの「勘違い」 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    現代版「後醍醐天皇」 安倍、メイ、トランプの「勘違い」

    日本の安倍晋三は政権奪回から4年7ヶ月。イギリスのメイは首相就任から1年。アメリカのトランプが大統領就任から半年。奇しくも、三人が苦境に立っている。三人に共通するのは、「経済的には新自由主義だが、そこそこ多様性尊重」というイメージのポストモダン的な政治への不満の結果として「棚ぼた」的に政権に就いた面が大きいことです。安倍の場合は、2000年代の新自由主義と、2009民主党の失敗への反動として...

  11. ハートのキングのシルバーチャーム - vintage & antique スワロー商會 〜 スワログ

    ハートのキングのシルバーチャーム

    トランプのハートの王様をモチーフにした シルバー製のヴィンテージチャーム。手足が ほんの少しですが動く作りになっています。SOLD今晩こちらへUP致します → スワロー商會

  12. パリのトランプ大統領 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    パリのトランプ大統領

    マクロンの招待に応じたトランプ大統領が30時間パリに滞在した。まずアンヴァリッドでナポレオンの棺を見る。75年前にヒットラーを感動させた場所だ。それからエリゼ宮でマクロンと会談、夕食はアラン・デュカスが腕をふるうエッフェル塔。そして翌日の革命記念日のシャンゼリゼでの軍事パレード。前にも書いたが、世界一の軍事大国アメリカは、独立記念日にでもこういうパレードはしない。第一次湾岸戦争での凱旋パレー...

  13. 産む産まない権利・健康を奪う「世界緘口令」 - FEM-NEWS

    産む産まない権利・健康を奪う「世界緘口令」

    トランプ大統領は、国の財布のひもをしめることで、女性の命取りをはかろうとしているようだ。つまり、おびただしい数の女性たちの命が、米国予算削減によって、危険にさらされようとしている。国内では、健康保健制度を改悪する法律が下院で可決され、いま上院で審議中だ。可決されるとーーメディケイド予算が削減され、妊娠年齢にあたる1300万人の低所得女性に深刻な影響をもたらす。避妊や性病予防教育をしてきた「家...

  14. クリチと胡桃のキンパッ と ゲーム大会7月 - グルグルつばめ食堂

    クリチと胡桃のキンパッ と ゲーム大会7月

    本日、日曜日の朝。パパはなんと!車で40分くらいかかる職場に、最近すっかり凝ってパーツ替えて遊んでる自転車で出勤してみようって、いつもよりものすごく早く起きて出ていきました。13kgの減量を成功させてもう一年になろうとしてますが、すっかり人が変わったように?いや、昔のパパに戻ったように活動的ですごいです。あれを見てると、人間、身体が重くなると動かなくなる悪循環なんだなあとしみじみ思います。息...

  15. 投稿は順番から行けば国際になりますが、ドイツで行われている「G20」の国際会議について触れてみましょう。 - housoku-diary

    投稿は順番から行けば国際になりますが、ドイツで行われて...

    今日の投稿は順番から行けば国際になりますが、昨日の経済の中で触れていますので、今日は同じようなことを書いても仕方がありません。ただ、ドイツで行われている「G20」の国際会議について触れてみましょう。報道しか情報源がありませんのでご存知の方も多いでしょう。会議はどうやら、トランプ氏だけが浮いているようです。自由貿易についての会合も欠席して、「プ-チン大統領」と会っていたようです。ただ、閉会の前...

  16. ドイツ首相、アメリカ政府の経済政策を批判 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    ドイツ首相、アメリカ政府の経済政策を批判

    トランプのアメリカファーストも世界という視野で見ると身勝手すぎますね。他方でいわゆる新自由主義グローバリズムも、矛盾が拡大しています。やはり、おきざりにされてきた人々を踏みつけにしてきたのではないか?そのことが、テロや難民の背景にもなっているし、トランプのような価値観が出てくる背景になったのではないか?という反省もドイツを含む「反トランプ」諸国首脳に求められると思うのです。ドイツのメルケル首...

  17. 米・ニューヨークで、反トランプデモが実施 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    米・ニューヨークで、反トランプデモが実施

    トランプはやはり持たないでしょう。スキャンダルのみならず、政策面でも実害が明らかになっています。環境問題でもパリ協定を離脱し、この分野での主導権を中国に奪われつつあります。既存物へのアンチテーゼ、ポストモダニズムへの批判として登場したトランプ大統領だが、やらせてみたら全然ダメ。これは、イギリスのメイ首相にも言えることでしょう。いま、引き続き、怖いのは、朝鮮にしても中東(イランを巡る情勢)にし...

  18. 米・ニューヨークで、反トランプデモが実施 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    米・ニューヨークで、反トランプデモが実施

    トランプはやはり持たないでしょう。スキャンダルのみならず、政策面でも実害が明らかになっています。環境問題でもパリ協定を離脱し、この分野での主導権を中国に奪われつつあります。既存物へのアンチテーゼ、ポストモダニズムへの批判として登場したトランプ大統領だが、やらせてみたら全然ダメ。これは、イギリスのメイ首相にも言えることでしょう。いま、引き続き、怖いのは、朝鮮にしても中東(イランを巡る情勢)にし...

  19. 止めろと言われても・・・・~カエサルの運命、ブルータスの運命~ - alternative sight(excite版)

    止めろと言われても・・・・~カエサルの運命、ブルータス...

    ニューヨークで上映されている舞台劇「ジュリアス・シーザー」の演出がトランプ大統領を模しているとして物議を醸しているという。劇場の責任者曰く「誰かに対する暴力を助長する意図はない」と強調したそうだが、受け取り手にそれが伝わっている保証はない。ネガティブキャンペーンから降りられないニューヨーク・タイムズ(NYT)は歓迎の方向なのか(トランプ氏に対する批判を)「驚くほど新しいレベル」で行っていると...

  20. 馬脚を現し窮地に立つ「2016年のヒーロー・ヒロイン」たち・・メイ、トランプ、そして安倍・・ - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    馬脚を現し窮地に立つ「2016年のヒーロー・ヒロイン」...

    馬脚を現し窮地に立つ「2016年のヒーロー・ヒロイン」たち・・メイ、トランプ、そして安倍・・関連する本紙記事UKIP(EU離脱派)票=反自由主義票だった!取り込んで「善戦」労働党。取り逃がして「判定負け」保守党。英総選挙・保守党「判定負け」・脱新自由主義にEU離脱は必要なかったーーポンドを未だに特例的に使えるイギリス「近代合理主義・立憲主義を乗り越えた」という思い上がりの果てに・・ポストモダ...

1 - 20 / 総件数:54 件

似ているタグ