ドキュメンタリーのタグまとめ

ドキュメンタリー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはドキュメンタリーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ドキュメンタリー」タグの記事(41)

  1. 人生フルーツ - 吾唯足知な日々

    人生フルーツ

    大好評で上映期間が延長されてました。おかげで観ることができて、身体がホカホカしました。なんといっても、「わたしは、ダニエル・ブレイク」の後に、すぐに観ることができ救われました。そして、たいへん人気で満席でした。 アントニン・レーモンドの自邸風に建てた平屋詳細はフライヤーやHP見れば分かりますので書きませんよ。新聞で紹介されていて作品を知りました。あー、これは見たいなー、と思っていたけど、きっ...

  2. 『陥没』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『陥没』(ドキュメンタリー)

    陥没(2015年・米Lawrence Klein Productions/WGBH)NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリーピンポイントに「陥没」を掘り下げる 世界中で発生する陥没を取り上げたドキュメンタリー。テーマがピンポイントにもほどがあるドキュメンタリーだが、しかし世界中の陥没事故の映像が紹介される他、なぜ陥没が起きるかわかりやすく紹介されていて大変ためになる。『陥没』というタイトル...

  3. 東田直樹さんのドキュメンタリー - 障がい者の育て方 in USA またはカリフォルニア

    東田直樹さんのドキュメンタリー

    自閉症コミュニティー(というものがあるのであれば)では、とても有名な方、東田直樹さん。私も数年前に彼のブログを読んでいましたが、(何かの理由で読まなくなっていた)彼の言葉はメッセージ性が強く、とても心に響くものだという印象があります。(また読み出そうと思います。)東田直樹 オフシャルブログ 自閉症の僕が飛び跳ねる理由何年か前に、NHKで彼のドキュメンタリーを見たことがあった。2014年だった...

  4. 『ソビエト連邦のコマーシャル王』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『ソビエト連邦のコマーシャル王』(ドキュメンタリー)

    ソビエト連邦のコマーシャル王(2014年・エストニア/フィンランドTraumfabrik)NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリー広告に政治体制の矛盾が見え隠れする 旧ソ連に存在していた唯一のCM製作会社、ERF(エストニア広告フィルム)。ソ連のテレビで放送されるCMを一手に引き受け、繁栄を謳歌していた。しかしソ連崩壊とともに事業から撤退。そもそもこの会社、エストニアに存在していたため、バ...

  5. 『タッチ・ザ・ミュージック』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『タッチ・ザ・ミュージック』(ドキュメンタリー)

    タッチ・ザ・ミュージック 盲目のフルート奏者が“見る”世界(2016年・スウェーデンDEEP SEA PRODUCTIONS/SVERIGES TELEVISION)NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリー目以外の器官で視覚を実現する スウェーデン在住の中国人ウー・ジンは、視力はないが、かつてパラリンピックに出場したこともあるという異色のフルート奏者である。フルートは演奏できるが、目が見え...

  6. 通信制中学の記録映画『まなぶ』の太田直子監督 - おしゃべりな毎日

    通信制中学の記録映画『まなぶ』の太田直子監督

    今日発売の『週刊金曜日』で、通信制中学の記録映画『まなぶ』の監督の太田直子さんを紹介しています。。

  7. ドキュメント2 『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』 - 天井桟敷ノ映画館

    ドキュメント2 『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』『...

    『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』 (2015) 世界的チェリスト、ヨーヨー・マ氏が2000年に立ち上げた“シルクロード・アンサンブル”の、国境を超えた音楽の魅力に迫るドキュメンタリー。シルクロード由来の音楽家たちが奏でる力強いメロディは多国籍でエキゾチック。体が自然とリズムを刻んでいた。一部メンバーにある歴史的、文化的、政治的な背景を見つめた社会派ドキュメンタリーにもなっていて、たとえば...

  8. 『FAKE』(映画) - 竹林軒出張所

    『FAKE』(映画)

    FAKE(2016年・「Fake」製作委員会)監督:森達也撮影:森達也、山崎裕編集:鈴尾啓太出演:佐村河内守、森達也バッシングされる側の論理 ゴーストライター問題で大バッシングを受けた「作曲家」、佐村河内守のその後(バッシング後)を追うドキュメンタリー。 かつては「現代のベートーヴェン」などと持ち上げられるだけ持ち上げられた佐村河内、その後、当の「ゴーストライター」であった新垣隆が『週刊文春...

  9. 映画「小さき声のカノン」 あれから6年 - 最上のものは未来にこそある

    映画「小さき声のカノン」 あれから6年

    大地震と大津波と原発事故が東北地方で起こった311から6年目。東京は千代田区のアーツ千代田で上映されたドキュメンタリー映画「小さき声のカノン」を観た。その1週間前に、私は、福島県の伊達市と飯舘村を訪ねている。映画は主に、福島で子供と一緒に暮らすお母さん達の苦悩に焦点をあて、1986年に大事故を起こしたチェルノブイリ原発事故により被害を被ったベラルーシの人々との対比を醸し出している。驚くことに...

  10. 『パリ戦慄の3日間 シャルリ・エブド襲撃事件』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『パリ戦慄の3日間 シャルリ・エブド襲撃事件』(ドキュ...

    パリ 戦慄の3日間 〜シャルリ・エブド襲撃事件〜(2015年・英Films of Record)NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリーシャルリ・エブド襲撃事件の全容 2015年1月7日に起こったシャルリ・エブド襲撃事件の経過を、発生から犯人射殺まで時系列で紹介したドキュメンタリー。 イスラム教の始祖ムハンマドを揶揄した風刺画を掲載した新聞、シャルリ・エブドの編集部を、2人組のイスラム原理...

  11. 『フランスで育った“アラーの兵士”』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『フランスで育った“アラーの兵士”』(ドキュメンタリー)

    フランスで育った“アラーの兵士”(2016年・仏Takia Prod)NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリー問題の根源はイスラム教ではなく社会に対する不満である イスラム系フランス人のあるジャーナリスト(イスラム教徒)が、フランス国内のイスラム原理主義に凝り固まった若者に近づき、彼らがどのようにテロに走って行くかを側面から捉えたドキュメンタリー。 このジャーナリスト(身の危険があるため素...

  12. 『巨龍中国大気汚染 超大国の苦闘』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『巨龍中国大気汚染 超大国の苦闘』(ドキュメンタリー)

    巨龍中国大気汚染 超大国の苦闘 〜PM2.5 沈黙を破る人々〜(2017年・NHK)NHK総合 NHKスペシャル目新しさはほとんどない 全土で深刻な大気汚染が進んでいる中国で、今抗議の声を上げている住民達の話。 中国では、3年前に政府が公害対策を進めることを発表したものの、現実には一向に環境は改善されない。その有様は、映像から十分に伝わってくるほどで、人がまともに住める状態ではないということ...

  13. カラヤン「セカンドライフ」The Second Life Karajan(2012)DVDを見ました、とても面白いけれど、やっぱし日本語字幕はお薦めできませんなぁ、の巻。 - If you must die, die well みっちのブログ

    カラヤン「セカンドライフ」The Second Lif...

    はい、Semperさんに薦められたドキュメンタリーDVDカラヤン「セカンドライフ」をやっと見ました。イギリスに発注したので、届くのに時間が掛かったのです。日本のオーディオ・音楽マニアの方は、とかくカラヤンを毛嫌いされる向きが多いように思いますが、みっちはそんなことは特になくて、是々非々という対応であります。いくつか愛聴盤がありますし、割と聴いている方かもしれません。ただ偶像視はしておりません...

  14. 映画~人生フルーツ~ - 小さなバラの庭と手作りせっけんのなちゅらるらいふ

    映画~人生フルーツ~

    風が吹けば、枯れ葉が落ちる。枯れ葉が落ちれば、土が肥える。土が肥えれば、果実が実る。こつこつ、ゆっくり。人生、フルーツ。ドキュメンタリー映画「人生フルーツ」を見た。大好きなラジオで紹介されていて面白そうと見に行った。 津端修一さん(90)英子さん(87)夫婦の日常を描くとびきり仲の良い高齢夫婦が、自らが設計し、山を切り崩して造成した団地に住む。コンクリートに囲まれた箱だらけの建物が並ぶ団地に...

  15. 映画『a film about coffee』 - Hawaiian LomiLomi  ハワイのおうち 華(レフア)邸 

    映画『a film about coffee』

    赤いコーヒーの実。タイトルどおり、コーヒーについてのドキュメンタリー映画です。私も含め、コーヒーが好きな方にはたまらない映画。と、書きましたが、私コーヒー好きなのかしら?そんなに毎日飲むわけではなくせいぜい多くて週3回。胃が弱いので毎日は飲めないんです。が、味と香りは たまらないです。そして あの自分の家で豆を挽いて ドリップしている時間の幸せなこと。ああー今から美味しい珈琲が飲めるんだ...

  16. ドキュメンタリー映画 - crossroadsのblogroads2

    ドキュメンタリー映画

    今日は暖かくて、保育園の送りはジャケットを脱いでいきました。というのも、暖かいのでダウンから革ジャンにしてみたらなぜかいつもしないのにジャケットの袖口で鼻を拭く人が2人(両サイド 泣いおなんて、ズボンのベルトの先っちょでも拭こうとしてた。(それも革製)なぜ?やめて~というと子供って何度も同じことしますよね!?ほんとにやめて。。こちらのご紹介。日本を代表する女性のお二人山口小夜子さんと草間彌生...

  17. 2月19日(日)午後1時50分〜NHK中部地区放送 日曜Tube 「ただ、そばにいるだけで。 ~富山 高岡市「ひとのま」の日々~」のナレーションをしました。 - from ayako

    2月19日(日)午後1時50分〜NHK中部地区放送 日...

    greenのリリースに向けても、著作権処理関係、音源の最終調整、デザインの打ち合わせ、発売のディストリビューション関係、などなど、日々、かなり頑張って動いておりますが、まだ形としてお見せできることが少なくてごめんなさい。そんな中、ナレーションの仕事をやってきましたので、ご報告します。2017年2月12日(日) 午後1時05分~ 午後1時49分 放送予定だった番組ですが、ニュース報道が伸びて、...

  18. 「東京原発」鑑賞から連日・・・ - Kyoto Corgi Cafe

    「東京原発」鑑賞から連日・・・

    先週土曜、のぱら映画会で「東京原発」を観ました。原発が安全なら東京都庁に作れば?という反対派が考えそうなことを2002年に映画に、しかも深刻なドキュメンタリー調でなく役所広司や岸部一徳らによるエンタメ作品に仕上げてるのがスゴイ。こんな映画知らなかったと思ったら、製作から公開まで2年かかり、殆ど宣伝されなかったみたい。設定や説明台詞はかなりリアルで、プルトニウムを運ぶトラックが爆弾マニアにジャ...

  19. 『青空どろぼう』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『青空どろぼう』(ドキュメンタリー)

    青空どろぼう(2010年・東海テレビ)監督:阿武野勝彦、鈴木祐司撮影:塩屋久夫ナレーション:宮本信子四日市ぜんそくはまだ終わっていない 四大公害の1つ、四日市ぜんそくの当時とその後を追ったドキュメンタリー。 四日市ぜんそく発生当時から市民運動を展開し、機関誌などで一般市民へ状況を報告し続けてきたある運動家、澤井余志郎氏に密着する。今回日本映画専門チャンネルで放送された東海テレビのドキュメンタ...

  20. 『長良川ド根性』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『長良川ド根性』(ドキュメンタリー)

    長良川ド根性(2012年・東海テレビ)監督:阿武野勝彦/片本武志撮影:田中聖介ナレーション:宮本信子死にかけた川と土着の民の物語 「その手は桑名の焼きハマグリ」で有名な三重県桑名市の、ハマグリ・シジミ漁師の戦いの物語。 この地は、長良川、揖斐川、木曽川の三川が流れる地域で、特に長良川、揖斐川ではハマグリ、シジミ漁が盛んに行われていた。あの河口堰ができるまでは。 長良川の河口堰は、すでに必要性...

1 - 20 / 総件数:41 件

似ているタグ