ドナルド・トランプのタグまとめ

ドナルド・トランプ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはドナルド・トランプに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ドナルド・トランプ」タグの記事(11)

  1. 早くもグダグダ、「アンチポストモダン」のヒーロー・トランプ/ヒロイン・メイ - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    早くもグダグダ、「アンチポストモダン」のヒーロー・トラ...

    早くもグダグダ、「アンチポストモダン」のヒーロー・トランプ、ヒロイン・メイ2016年、ポストモダンの新自由主義グローバリゼーションの矛盾に漬け込み、トップに上り詰めた男と女がいた。アメリカのドナルド・トランプ、イギリスのテリーザ・メイだ。しかし、早くもグダグダになっている。別にマスコミの陰謀でもない。本人たちが自爆しているだけだ。トランプの場合、無知すぎる。この男の言動を観察すると、シーア派...

  2. トランプ遊びをとめないバーチャル・アベ 「日本戦後史論」&「火山島」Ⅳ - 梟通信~ホンの戯言

    トランプ遊びをとめないバーチャル・アベ 「日本戦後史論...

    「ずるいよ、習ちゃんの方が勝つようになってんだもの!」みんなで決めたルールをあとからきてダダをこねてひっくり返す。小さな子供のやることなら可愛げもあるけれど、、トランプ遊びじゃないんだから。アメリカの雇用がいくらか守られたとしてもそのアメリカを含めた世界が沈没したらどうするんだ。メルケルはさっそく若いマクロンに電話して、「これからは独仏が環境を守る主体になっていきましょう」と確認したという。...

  3. おんな城主 直虎 第19話「罪と罰」 ~地頭職の司法権~ - 坂の上のサインボード

    おんな城主 直虎 第19話「罪と罰」 ~地頭職の司法権~

     今話もまた、おんな地頭職となった井伊直虎の国づくりのお話。今川家との外交政策、綿花栽培に着手した経済政策、領民の教育政策、そして種子島(火縄銃)の導入による軍事政策と、稚拙ながらも試行錯誤しながら領主として成長していく直虎の国づくりを描いてきたここ数話ですが、今話のタイトルは「罪と罰」。盗人として捕らえた罪人をどう裁くかという話で、つまり司法政策の回でした。  盗人は死罪という慣例に従って...

  4. ラップは何を映しているのか(あるいは映していなかったのか) - マイケルと読書と、、

    ラップは何を映しているのか(あるいは映していなかったのか)

    最近読んだ中で一番面白かった本から、抜粋省略してメモしておきます。ラップは何を映しているのか磯部・・・ネルソン・ジョージのようなオーセンティックなブラック・ミュージックの歴史観では、ディスコはソウルを売り渡したもので、対してオールドスクールのヒップホップはピュアなものとされていますから、ところが「ゲット・ダウン」は、ヒップホップと、同時代のニューヨークで起こっていたアンダーグラウンドなゲイ・...

  5. 四月馬鹿。。。 - GroovyLife

    四月馬鹿。。。

    4月1日今日はちょっとした嘘なら許されるとする「エープリルフール」。そんな日に洒落た嘘をつく事なく過ぎてしまった。そんな日に昨日amazonで購入したフィギュア商品が来た。。。。萌え系とかアメコミのヒーローとは全く違う。。いやある意味アメコミ、ヒーローか(笑)。。第45代アメリカ合衆国大統領。。ドナルド・トランプ!!。。(シーーーーン)だって2000円とバラク・オバマより安かったんだもんっ(...

  6. 反トランプと子猫ちゃん帽 - FEM-NEWS

    反トランプと子猫ちゃん帽

    ドナルド・トランプの下劣な言動には、私も虫唾が走った。公的健康保険の廃止、妊娠中絶反対、イスラム教徒差別、メキシコとの国境に壁、銃規制緩和、テロ容疑者への拷問容認…。   さらには、大勢の前で、障害を持つニューヨークタイムズ記者の物まねをして彼をあざける。辛辣な質問をした女性ジャーナリストに対して、「彼女のどこからであれ、血が出ていた」とからかう。あげくの果てに、「スターなら、女に何でもでき...

  7. 苦境・東芝に食指を伸ばす中国の影~高高度ミサイル防衛システム配備がトリガー - 木村佳子のブログ ワンダフル ツモロー 「ワンツモ」

    苦境・東芝に食指を伸ばす中国の影~高高度ミサイル防衛シ...

    アメブロの「木村佳子のブログ」に「小池百合子さんが総理になる日」を投稿しました。http://ameblo.jp/yoshiko115km/entry-12255157514.html彼女なら、総理になるかもな?今年、もしくは来年、なるんじゃないか?風が吹いている! そう思うようになりました。関連して、私は小池百合子さんがアリババの馬代表と面談した理由に関心をもっています。アリババの馬さ...

  8. マイケルとトランプ(まとめ) - マイケルと読書と、、

    マイケルとトランプ(まとめ)

    これまでトランプがマイケルについて発言したことや、自著に書いたことなどの「まとめ」です。* * *ドナルド・トランプとマイケル・ジャクソンの話は、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンのコンサートの舞台裏で会った1988年3月に始まる。トランプ氏は次のように振り返る。「私はわずかな時間、彼と話したが、彼はとても控え目な感じでね。それで、「この人がステージに出て行ってパフォーマンスするな...

  9. トランプが語るマイケルとリサ・マリー - マイケルと読書と、、

    トランプが語るマイケルとリサ・マリー

    ドナルド・トランプの1997年の自著に書かれたマイケルとリサ・マリーの話です。最近、安倍首相が招待されたことでも注目された「マー・ア・ラゴ」は、MJとリサが長く過ごした場所で・・・* * *私にとって、マー・ア・ラゴで最も面白かったことは、マイケル・ジャクソンとリサ・マリープレスリーの騒動に巻き込まれたことだ。マイケルは友人で、かなり変わってはいるが、すごくイイやつだった。この話はニューヨー...

  10. マイケルとトランプタワー(ブラッド・サンバーグの話) - マイケルと読書と、、

    マイケルとトランプタワー(ブラッド・サンバーグの話)

    『Bad』以降のテクニカル・ディレクターとして、マイケルと2003年まで付き合いがあったブラッド・サンバーグ氏が、MJの旅立ち後始めた音楽セミナーの宣伝のためにフェイスブックでシェアしてくれた話です。* * *政治には関係のない、親しみやすい話だよ。みんなも知ってると思うけど、『HIStory』は、MJが初めてニューヨークでレコーディングしたアルバムなんだ。1994年の1月17日に起こった、...

  11. ドナルド・トランプ大統領を描きました。(A140) - 楽しいね。似顔絵は… ヒロアキの作品館

    ドナルド・トランプ大統領を描きました。(A140)

    第45代アメリカ合衆国大統領に選ばれたドナルド・トランプ氏を描きました。アメリカを代表する経営者ですが、政治家としては未知数です。期待したいところですが、果たして・・・※ インスタグラムを始めました。自分で描いて気に入った似顔絵をのせています。また覗いてください。https://www.instagram.com/hiroakinigaoe/※ 似顔絵のご注文A4サイズでおひとり様2000円...

1 - 11 / 総件数:11 件

似ているタグ