ナックルのタグまとめ

ナックル」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはナックルに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ナックル」タグの記事(10)

  1. 土・日の授業風景  - Vintage motorcycle study

    土・日の授業風景 

    1947FL1200Iさんのナックルヘッド資料をみつつ位置決めをして穴あけし、フロントフェンダーのバンパー、リアフェンダーのキャリアー取り付け。純正フェンダーに穴あけ、緊張します。1973XLCH1000Kさんのアイアンスポーツ。T/Mの調整ごとが終わり、仮組みしてギアチェンジチェックし問題なし。えらくデカイT/Mスプロケットが付けてあったため、もともと付いていたスプトケットカバーは破綻。ス...

  2. 火曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    火曜日の授業風景

    1947FL1200Iさんのナックルヘッド車体外装周りの取り付けです。ネジ一本一本修正しつつ、さび防止をしつつ丁寧にとりつけていいます。細かいところまで丁寧に作業するのは、自分の車両を自分でいじるスクールならでは。1946WR750MさんのWRは車体周りの作業へ。配線は引きなおすのですべて外し、フォーク取り外し、フレームに溶接されていた後付ステーを削り落とす。形を仕上げ塗装。ネックベアリング...

  3. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1939EL1000Wさんのナックルヘッドハンドル交換に伴い、ボッシュのインナースロットル取り付け。ハンドルの長さ調整しカット、インナースロットルを加工し溶接取り付け。1946WR750MさんのWRは段減りしていたコンロッドスラストワッシャー抜き取り。ダミーワッシャーを作り、仮組み、適正スラスト量にするためのコンロッドスラストワッシャーの厚みを逆算するのだが、コンロッドが変わったため帳尻が合...

  4. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1937EL1000Wさんは2台目の30年代ナックルのフレーム持込み。上下寸法が違うネック圧入部に合わせ、ネックベアリングカップ外径研磨。1947FL1200Iさんのナックルヘッドは外装部品取り付け。なんやかんやとオプションパーツ取り付けていますが、なかなか一筋縄ではいきません。1979FXS1200S君のショベルヘッドバルブガイドを抜いたシリンダーヘッドガイド穴計測。一生懸命カーボン除去し...

  5. 火・水曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    火・水曜日の授業風景

    1946WR750MさんのWRWR用の穴あきコンロッドのベアリングレースはフロント側(ナイフ側)は0.04mm楕円、リア側(フォーク側)も0.03mm楕円、しかもタイミング側とドライブ側で寸法が違います。D側・F側と寸法が違うリア側は一工夫しつつラッピングし、虫食い無し、真円に加工。真円加工したビッグエンドベアリングレース内径に合わせローラーベアリング選択。WRのコンロッドベアリングローラー...

  6. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1939EL1000Wさんのナックルヘッド朝一で検査所に行き車検業務。無事終わり、VMSに戻り機械式レギュレーター(ボッシュのもの)のカットアウトとレギュレートの仕組み講習。継続車検が終わり早速ハンドル周りを交換しています。1979FXS1200Sくんのショベルヘッドシリンダーピストン計測し、ヘッド周り分解。地獄のヘッド周りカーボン除去であります。シリンダーとピストンのクリアランスはありえな...

  7. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1939EL1000Wさんのナックルヘッド車検準備作業も終わり、オープンロッカー化したヘッドのオイルの漏れっぷりをチェックしつつ試乗。山梨からスクーターで通学するWさん、今回は雨に打たれ風邪気味で本人は不調で早退です。お大事に。1947FL1200Iさんのナックルヘッドフレーム修正が終わり、改めて棟上。修正の際に抜き取ったネックベアリングカップを取り付け、フロントフォーク取り付け。ステアリン...

  8. 平日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    平日の授業風景

    1939EL1000Wさんのナックルヘッド。オープンロッカー取り付け後、試乗をし問題なさそうであります。車検準備をしつつ、旋盤突っ切りバイトを製作。美容室経営のWさんは何処に向かっているのか?(笑)1964XLCH900Sくんのアイアンスポーツはシリンダー、シリンダーヘッド組みつけ。ピストンは純正ピストンにWPC処理をしてシリンダーボーリング済み。シリンダーは上面・下面ともに面研済み。で純正...

  9. 月・火曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月・火曜日の授業風景

    1939EL1000Wさんのナックルヘッド前回マグネトーのポイント不良発覚。今回ポイントを新品に交換。新品に交換すると、なにゃかんやと状況が変わるので改めてチェック。ポイントに板バネのアールが変わりしてしまうため、アールを変え取り付け。改めて点火時期調整、進角時期はもとより遅角時期でもチェック。ショートタイプのローターとシャフトが分離するタイプのマグネトーでシャフトとローターが六角で結合する...

  10. 平日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    平日の授業風景

    1939EL1000オープンロッカー化中のWさんのナックルヘッド。試乗し、ロッカーオイルカップからのオイル漏れを確認するはずが、いきなりの点火周り不良でマウネトー周りチェック。コンデンサーは交換しコイル抵抗チェックし問題なし。原因は結局ポイントの変形でした。コンデンサーが終了し、ポイント周りに火花がでたことで変形したかもしれません。ポイント修正し取り付けO.K。オイルカップ周りもシーリングし...

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ