ニュース・トピックのタグまとめ

ニュース・トピック」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはニュース・トピックに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ニュース・トピック」タグの記事(10)

  1. 国境離島 - いぬのおなら

    国境離島

    国境離島 ー 人口減少などの課題も抱えている国境に接した有人国境離島地域を活性化させるため、内閣府の総合海洋政策推進事務局が7月27日に「日本の国境に行こう!!」プロジェクトを開始。行ってみたい!海洋国家日本を支える国境の島々国境離島…そうですよね、日本は島国というけれど、当然周りは海なわけで、外敵はいつも海からやって来る、そして領土に直結してるって、当たり前なのに日頃意識しないって余りにも...

  2. ヒアリ - いぬのおなら

    ヒアリ

    ヒアリ100匹以上見つかる 東京・大井ふ頭火蟻、Fire antと呼ばれてますが、インドネシアではSemut Api, semut=アリ、api=火。Baliに行く人も多いので遭遇した、噛まれたことがある人はいるんじゃないでしょうか。ホテルなどの部屋で過ごして普通に観光してたら余り遭遇しないかもしれないけれど、屋外には結構普通にいるし、外と内の区別が余りない屋内にお菓子や果物など食べ物を置い...

  3. 気になったニュース - 2 - - いぬのおなら

    気になったニュース - 2 -

    ちょっと前に話題になった車椅子のニュース。勤め先に車椅子で勤務している方がいて、その方が社内のボランティア関連のイベントで話する時は参加したり、会えば挨拶を交わし、何かの機会で一緒になる際にはたわいもない話をすることもあります。恐らく私より一回り以上年下だと思うけれど、車椅子生活になってしまったことを受け入れるのに、どれだけもがき苦しんだだろうと想像がつくだけに、ずっと年上の私が言うのも変か...

  4. 京都のトリセツ - いぬのおなら

    京都のトリセツ

    Behave. foreigners! Kyoto issues etiquette guidesAKIMAHEN of KYOTOはKyoto Travel Guideに掲載されているトリップアドバイザーとコラボした京都エチケットガイドライン、京都のトリセツ。これ、数年前に発行されてるんですね、知らなかった。外国人観光客にとっては「そうなのか!」と有用な一方で、「こんなに気をつけなきゃなら...

  5. ほんのちょっとで得をする(こともある) - いぬのおなら

    ほんのちょっとで得をする(こともある)

    A Bar Sign Was Used To Teach Rude Customers Lesson And It Worked Instantlyふふふ、こういうの好き。失礼な態度の客にウンザリしてこういう手段に出たとあるけれど、サービス業に従事している人で、「客」というだけで失礼な人に耐えなきゃならない経験を少なからずしていると、この"料金ポリシー"に共感する人も多いのでは。色々と意見は...

  6. collision - いぬのおなら

    collision

    土曜日の朝、クリニックで予約の順番を待っている間に目にした米海軍イージース艦とフィリピン籍コンテナ船衝突のニュース。何故こんなことに?と思うも、米艦乗組員7名が行方不明とのことで、とにかく無事を祈るばかりと思って過ごした週末だったのだけれど、非常に残念な結果に。Vice Adm. Aucoin Holds press conference in front of USS Fitzgerald...

  7. 働く機会、働き方 - いぬのおなら

    働く機会、働き方

    ちょっと前に話題になった「注文をまちがえる料理店」。これ、裏方の苦労は色々ありそうだけれど、認知症でも働ける、社会と接点を持って役に立てるって、いいですね。注文を「忘れる」料理店 ふしぎなお店が目指すものは障がいを抱えていようと、認知症だろうと、体が不自由だろうと、どんなに歳をとろうと、働きたい人に働く機会があるって大事。考えてみると、こういう機会を奪っているのは、(うまくいかないのでは)と...

  8. Kampung Pelangi - いぬのおなら

    Kampung Pelangi

    インドネシアの「レインボー村」、ネットで脚光浴びるやりますねぇ、スマランの村だそう。こんな町が念頭にあったのかわからないけれど、色を塗ったり絵を描いたりする作業が楽しそう。出来の良し悪しは別として、「やっちゃおう!」という村の決断がいいですよね。結果、話題になって国内外の人が訪れるようになったのだから、やってみる!のも大事。Kampung Pelangi - A Beautiful "Rai...

  9. 文字を買える自販機 - いぬのおなら

    文字を買える自販機

    こういう自販機があるんですね、Short Edition。日本にあったら利用したいなぁ。スマホの時代、何でもかんでも電子化の世の中だから「そんなの今時わざわざ紙で?」と無用扱いされそうだけれど、1分、3分、5分といった数分で完結する読書、その潔さがいいなぁと思う。Short Edition私もPCやスマホは手放せない生活を送っているけれど、何が美しくないって、延々と、ダラダラと、次から次へと...

  10. メットガラ ドレスをまとった美術館 2017編 - いぬのおなら

    メットガラ ドレスをまとった美術館 2017編

    2017年のThe Costume Instituteのテーマはコム・デ・ギャルソンの川久保玲、Rei Kawakubo/COMME des GARCONS:Art of the In-Between)。前回書いた映画の影響もあり、毎年5月の第一月曜に開催される<MET GALA>では、どんな人がどういう風に川久保玲をテーマにして、どんなドレスで登場するのかちょっと興味があったんですよ。私、...

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ