ハーレーのタグまとめ (131件)

ハーレーのタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはハーレーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by Vintage motorcycle study

今日はIさんのナックルヘッド、シリンダーのお話。エンジン腰下、ヘッド周り組み付け作業が終わり、シリンダーボーリングというところで、今さら問題が・・・。フロントシリンダーとリアシリンダーの長さが違うのです。このことに関しては非常に反省しました。計測、清掃、仮組みと生徒さんに細かくやってもらっていることは、その機械をよく観察する意味合いを持ってまして、私自身が「よく観察する」ということを出来てい...

by 883R-GOGO!

久しぶりにお絵かきしてました(笑)これは左足を横からみた絵 下手ですがなんとなくミッドステップに足のせてるなぁと理解してくれたら幸いです・・・かなり昔にライディングについてブログを書いたときにも説明しましたがこのままステップを踏みこんでもお尻の下ぐらいにある重心をミッドステップにはなかなか加重しにくいためスポーツスターのステップ加重はあまり効果がありません。けっしてキースへリングの絵ではなく...

by TAKE BLOG

バイクが好きな私。ハーレー2台、HONDAのバイク2台を持っていましたがメンテとか自分でできないのでいざ動かそうとしてもエンジンがかからなくなってたり、何ヶ月も動かしてなかったりしていました。そこで思い切ってハーレーのロードキングを売却することにしました。放置して動かなくするよりも大切にしてくれる人に乗ってもらう方がハーレーにとっても幸せじゃないかと…。そして11月22日ローキンの引き取りで...

by Vintage motorcycle study

1970XLH900Tさんのアイアンスポーツはダイナモのチェックごと。まずは分解して軽く清掃。ブラシの減りっぷりチェック。ブラシの長さは17mmで問題ない。リミット13mm程度。フィールドコイルのチェック。フィールドコイルの端子部で抵抗チェック。5Ω程度で問題なし。アーマチュアコイルもチェック。アーマチュアのそれぞれのコアとコミュテーターぼ導通チェックし問題なし。ということで、コイル周りは問...

by 883R-GOGO!

今までずっと高効率バルブのハロゲンのH4使ってたんです。ハロゲンのクラシカルな感じも嫌いじゃないのですが実用的な意味ではこの時期暗くなるの早いし年間30,000キロも走ると高効率ハロゲンバルブはやっぱり1年ぐらいで切れるんですよね。。ツーリングの帰り際に切れると本当に帰り道怖くて困ります。となるとハーレ純正のLEDでも付けるかなぁとなりますが。高いんですよ! ↓Harley純正LEDヘッドラ...

by Vintage motorcycle study

1963FLH1200Sさんのパンヘッド前回、エンジン始動時のブリーザーからのオイル吹き、メインシャフトシールからのオイル漏れが酷かったので、オイルポンプチェックバルブ周りの修正、スプロケットシャフトシール交換をしたパンヘッドさん。Sさんが地元の京都に帰郷したため、近日輸送予定。ということで、今日は天気もよく試乗させてもらいました。前回エンジンをかけてから2ヶ月。久しぶりにエンジン始動。ブリ...

by Vintage motorcycle study

1973XLCH1000Kさんのアイアンスポーツエンジンの分解作業が終わり、クランクケース周りの作業。消耗部品であるベアリング類、ドライブ側クランクシャフトベアリングレース、T/Mメインシャフトベアリングレース、カウンターシャフトベアリング、カムベアリングをケースを良く暖め、専用工具で抜き取り。うちでは、それぞれベアリングの圧入っぷりを感じるために、手で回せる工具を使いベアリング類を抜きます...

by Vintage motorcycle study

1976XLCH1000Z君のアイアンスポーツシーシーバーの製作もほぼ終わり、次回マフラーサポート製作すれば、外装周りの作業も終わりとなります。このあたりの製作作業もいつものようにTRUE CLASSICさんに出張してもらっています。1964XLCH900S君のアイアンスポーツプライマリー周り、ミッション、オイルポンプ分解し、クランクケース割り作業。清掃し、ねじ山がやられているところが何箇所...

by 883R-GOGO!

前回のブログで軽量化について書きましたが、手頃(といってもソコソコするが)に入手できる軽量ホイールで有名なのはアクティブのGLIDEかサンダンスのTrakTek。ほぼこの2種類ですよね(あとはミスミエンジニアリングとかRSDとかありますが)じゃあどっちにするか?悩みどころです。。形の好き嫌いに関しては人によってマチマチなので今回は純粋に性能について考えてみようと思います。まずアクティブのGL...

by Vintage motorcycle study

1980XLH1000Iさんのアイアンスポーツは配線引きなおし前の外装周り取り付け。リアフェンダー取り付け、ウィンカーの配線の取り回しを変えつつ取り付け。1973XLCH1000Kさんのアイアンスポーツはロッカーボックス分解・清掃・計測。シャフトは状態良し。ブッシュにはガタがあったので交換します。抜けかかっていた#2、#3カムブッシュ、ガタが多かったピニオンシャフトブッシュを抜き取り、ブッシ...

by Islandking custom works

こんにちは。さてさて、年末に向かってすでに忙しくなって参りました。今日は訳あってただ今時間調整中の為、ブログ更新。最近はタイムスケジュールが細かくて、あっちいったりこっち行ったりと忙しい日々です。貧乏暇なしとはこの事ですね。今日は珍しいオーダーですが、ショベルのチョッパーワンオフタンクの塗装で内容は日章旗!との事。ですが、日章旗と行っても旧車会よりではなく、70sに寄せてペイントさせて貰いま...

けど到着までまだまだどす。 なので前回と同じく、気になるFXRをば。フロントに09ダイナの足回り移植やな。撮影した角度か分からんけど、どうも中途半端にフォークが寝てる様に見える。ネック角はノーマルで29度やっけか?32度とかは何かマヌケに見えるのね〜。もっと寝るか立てるか。シンプルなボバーですわ。ダークサイド具合がいいDARTH車両やと思います。これでもっと車高が低ければ更にイイ!

by Vintage motorcycle study

今日は祭日の水曜日。しかしながら生徒さんは寂しくお一人でしたが、私が経験がないプレユニットモデル・トライアンフの作業でしたので、色々と確認しながらじっくり作業できましたというお話。まず、シート、ガソリンタンク取り外しお目見えしたエンジンさんマグネトーは三菱製のもの付いています。三菱製マグネトーは2次コイルが別に付いていて、フレームとシリンダーヘッドマウントステーのところについていまいた。ロッ...

11/23の夜から11/24の昼くらいまで積雪の恐れ・・・らしいですね。先日の福島県沖の地震、まだ11月なのに雪予報・・・大丈夫か地球。さてピンストです。以前に描かせてもらったヘルメットと新たにタンクへdrawです。バイクはSRタンクはYBこ~んな感じでフィニッシュ!ヘルメットはシールドに追加でした。また宜しくお願いします♪

by 883R-GOGO!

883Rの乾燥重量はたしか260kg サイドスタンドから正立させるだけでヨイッショってなりますよね。知人所有のほぼ同じ重量で国産のそこそこ売れてるCB1100を以前股がしてもらい左右に揺すってみたんですけどあっちは本当に軽い。クルーザーって低重心とかいうけど実際あんなに糞重そうなシリンダーがそびえ立ってるんだからスポーツスターに関しては決して低重心なわけないですよね。。まぁ低重心だ高重心だな...

by Vintage motorcycle study

1939EL1000Wさんのナックルヘッド散々悩んだミッドポジションのフットペグ。ステー製作が終わり形になりました。とにかく、フレーム側を加工、溶接したくないためもともとのマウントボルトを利用しつつ、良い位置にフットペグが来るようにするのが大変。タイミング側は、ブレーキロッドが通るためブレーキピボットの位置を変えつつ、ロッドが逃げ良い位置へ。プライマリー側はとにかくマウント出来る螺子部分が無...

さてさて気がつくと11月も中旬を過ぎ。あれ!?9月18日の愛別ドラッグからバイク乗ってないんじゃない???大至急週間天気と睨めっこ。ヨシ!今日乗ろう!この時間から乗りましょう!昼じゃないのが残念だけど今日の夜で私の中の札幌走り納め。この時間で10度あればダイジョビヨー!!と思ったのも束の間。太陽が出てない札幌の夜は恐ろしく寒く。走るたびにドンドンと体温を奪っていった。小30分ほど走りガレージ...

驚く程に何も無い。あれから進展一切して無いのよね〜。次はリヤサスあたりでも仕入れて見ようかと出物を探してるけど、あんまりいいのが無いね。っつう事で、気になったFXRを上げてみる。誰の車両とか全く分かりません。カスタムのヒントになればな〜と思います。

by Vintage motorcycle study

今日は修理依頼でお預かり中の陸王RT-Ⅱのコンロッドスモールエンドブッシュ製作のお話。ナイフ側フォーク0.1mm、フォーク側0.2mmと楕円が多かったので内燃機屋さんでホーニング真円加工してもらった、コンロッドスモールエンド部。陸王のスモールエンドブッシュはコンロッドスモールエンド部の肉厚が薄く、ブッシュが肉厚に作られています。35年以前のハーレーと同じ。こいつはパーツが出ないので製作します...

by Vintage motorcycle study

今日は修理依頼でお預かり中の陸王のお話。ピニオンシャフトに対し0.2mmのガタがあったピニオンシャフトブッシュ。ここはビッグエンドへのオイルラインですのでガタがあると油圧が逃げビッグエンドベアリングへの潤滑が不十分になります。またビッグエンドへ行ったオイルがクランクケース内に溜まりシリンダーを潤滑しますので、本当に大事なのです。抜き取ったピニオンシャフトブッシュは先端がテーパー状になっていま...

似ているタグ