バッハのタグまとめ

バッハ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはバッハに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「バッハ」タグの記事(11)

  1. バッハ/フランス組曲(全6曲)BWV.812~817 - just beside you Ⅱ

    バッハ/フランス組曲(全6曲)BWV.812~817

    No.53 : 器楽曲 ケーテンの宮廷楽長を務めていた時、バッハは多くのクラヴィーア曲を作曲しています。例えば「平均律クラヴィーア曲集第1巻」も「イギリス組曲」も、そしてこの「フランス組曲」もケーテン時代の作品です。そして、バッハ自身は「イギリス組曲」を<大きい組曲>、「フランス組曲」を<小さい組曲>と呼んでいたそうです。確かに冒頭に「前奏曲」があって、規模が大きくて堂々とした「イギリス組曲...

  2. バッハ/無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータBWV.1001~1006 - just beside you Ⅱ

    バッハ/無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータBWV...

    No.52 : 器楽曲 バッハのケーテン時代の傑作「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ&パルティータ」は、バッハがヴァイオリン一挺の可能性に託した音楽による《究極の美学》といえるものです。 この全6曲を弾きこなすには、独奏ヴァイオリンを和声的かつ多声的に扱って4本の弦を同時に鳴らすという超絶的な技巧を必要とするようです。しかしテクニックが巧いということ以上に、その響きの中にバッハの厳しく深い精...

  3. すべて語り終えると、 受難曲を聴こうかな・・・ - 横浜泉ルーテル教会だより

    すべて語り終えると、 受難曲を聴こうかな・・・

    受難週ですので、意識してバッハのマタイ受難曲などを聴いている方も多いでしょうね。J.S.バッハ《マタイ受難曲》第1部全曲 カール・リヒター(1958) を貼り付けますね。 たぶんコンサートなどでも受難曲の演奏会があるかと思います。クリスマスとならんで、やはりそういう習慣はいいものですね。ぼくはそういう習慣がないので、ハッとそういえばそうだな。。←オイオイ程度の感覚でしたので...

  4. ノルベール・デュフルク『クラヴサン』を読みました。 - milkcreamaji

    ノルベール・デュフルク『クラヴサン』を読みました。

     『クラヴサン』というと、フランスのむかしの鍵盤楽器を思い浮かべますが、録音を聴いたり演奏映像をみることはあっても、なかなかその楽器の構造や歴史などは、博物館などに行ったり、詳しい資料をさがしてみないと出てこないもの。 近くに演奏会などがあれば、ぜひ行ってみたいものです。 『クラブサン』の言葉の起源は曖昧ですが、イタリア語のチェンバルムが小さい木槌で弦を打つ楽器テュンパノンであることから、そ...

  5. 2017Bach in the Subways in Tokyo - すくるーじのノート

    2017Bach in the Subways in ...

    2017Bach in the Subways in Tokyoバッハ特集2017年3月19日(日)14:00~15:30新丸の内ビルディング7階 中央エレベーター前1.ヨハネ受難曲 BWV245より「私はあなたに従います」 "Ich folge dir" No.92.「いざ来ませ、異邦人の救い主よ」 "Offne dich, mein ganzes Herze" BWV61 No.5.3....

  6. J.S.バッハ『モテット3番・6番/カンタータ4番』演奏会のご案内 - 静岡バッハ合唱

    J.S.バッハ『モテット3番・6番/カンタータ4番』演...

    「静岡バッハ合唱団」は2009年2月に設立され、静岡でヨハン・セバスチャン・バッハのカンタータ・オラトリオ・モテットの合唱曲を中心とするバロック音楽の本格的な演奏と普及を目指して演奏活動しております。この2月で9年目の活動の年になります。日頃は、わたしたちの活動にご理解ご支援を賜り厚く御礼申し上げます。... この度、合唱団として、第7回目の演奏会を開催します。バッハが教会音楽家として最も力...

  7. ゲーテ街道400キロの旅 優れた文化都市ライプツィヒ - 空想地球旅行

    ゲーテ街道400キロの旅 優れた文化都市ライプツィヒ

    イェーナから鉄道で東へおよそ1時間30分のところにあるライプツィヒはゲーテが学生時代を過ごした街。古くから交易の要衝として商業が発展し、ドイツでもいち早くコーヒー文化が根ざした街でもあります。亡くなるまでの27年間をこの街で過ごした音学家ヨハン・ゼバスティアン・バッハも大のコーヒー好きで知られています。ライプツィヒの中心に位置するマルクト広場の旧市庁舎は1556~57年に建設されたドイツ・ル...

  8. バッハ自筆譜 - MusicArena

    バッハ自筆譜

    バッハ自筆の楽譜を披露 曲作りに迫る資料と独財団▶ ライプチヒ共同 2017/02/07ドイツ東部ライプチヒのバッハ資料財団は7日、「音楽の父」と呼ばれる作曲家バッハ(1685~1750年)が作曲し、1724年にライプチヒで初演された教会音楽の自筆の楽譜を入手、ライプチヒの旧市庁舎でお披露目の式典を開いた。バッハ資料財団は、楽譜について「書き直した痕跡が非常に多く、どのように曲の推敲を重ねた...

  9.  ピアニスト列伝―29 シフ - ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

    ピアニスト列伝―29 シフ

    2017年2月8日(水)今や巨匠の風格さえ感じさせるアンドラーシュ・シフ、 いやハンガリー人だからシフ・アンドラーシュ(Schiff András 1953~)である。 昨夜、久々にサイモンとガーファンクルの音楽を聴いていて悦に入っていたが、その一人によく似ている。だから思い出したのでもないが、シフのバッハを聴けば、もう彼の右に出る者はいないような、そんな最高の演奏をする。今朝も、セルジオ・...

  10. やはり最後はバッハ - ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

    やはり最後はバッハ

    2017年2月5日(日)音楽の源泉源泉というものは時が経つにつれて、次第に互いに近寄って来る。例えばベートーヴェンは必ずしもモーツァルトが学んだものを皆勉強する必要はない。同様にモーツァルトはヘンデルが-ヘンデルはパレストリーナが-。その訳は、こうした人達は、先駆者を吸収してしまうからである。併し何時の世になっても、皆が改めて汲みに来るだろうと思う泉が一つある。-その泉は即ちヨハン・ゼバスチ...

  11.  ☆秀盤 -35 バッハが演奏した響きが蘇るゴルトベルク変奏曲 - ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

    ☆秀盤 -35 バッハが演奏した響きが蘇るゴルトベル...

    2017年1月13日(金)わずか5歳でモスクワのグネーシン音楽大学に進み、研鑽を積んだ。18歳の卒業記念リサイタルのときに録音されたバッハのゴールドベルク変奏曲の演奏が絶賛され、グラミー賞にノミネートされた。今朝は樫本大進のヴァイオリンでベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第6番を聴いている。樫本の例の、琴線にでも触れるというか、あの繊細な響きはいつもながらに聞き惚れるが、一緒にピアノ伴奏し...

1 - 11 / 総件数:11 件

似ているタグ