バラ科のタグまとめ

バラ科」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはバラ科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「バラ科」タグの記事(16)

  1. 9月13日(水)  晴れ  31/22℃ - 日々の皿

    9月13日(水)  晴れ  31/22℃

    カボスを手にしてごきげんの、写真の中のむくちゃんはもう少年だった。結婚式に参列するむくちゃんは、いっちょうまえに蝶ネクタイをして、千鳥柄のシックなスーツを着ていることもあるけれど、それでも、赤ちゃんから、男の子の表情になっていた。涙がにじむ、うれしくもさびしい気持ちで。むくちゃんがまっすぐ大人に向かってゆくのを感じたとき、お酒を贈りたいと思った。十九年の時を耐える、むくちゃんと同じ年の生ま...

  2. 9月5日(火)  晴れ  27/19℃ - 日々の皿

    9月5日(火)  晴れ  27/19℃

    ひさしぶりに金芳さん。やっぱりいい八百屋さん。金芳さんは青果部のなかでも「あそこはちょっと違う」と仰がれている仲卸だと、この間ほかの八百屋さんと話している時に知って、ちょっと鼻が高かった。扱っている野菜も、スタッフの方たちの意識も高いんだそう。それは、確かなことだな、と思う。今日のおすすめは、獄きみ。季節ハズレだけれど、今シーズン一番の味なんだそう。「もう少し早くこういうのが出てくるとね」...

  3. 9月1日(金)  くもりのち晴れ  27/20℃ - 日々の皿

    9月1日(金)  くもりのち晴れ  27/20℃

    ブラムリーズシードリングを知ったのは去年の秋。火にかけるとすぐに溶けるこの極すっぱいリンゴの季節を待っていました。 朝早く、鎌倉の猫さんから電話。「にゃー、にゃー」猫語で挨拶をしたあと、久しぶりに聞く人間語で「誕生日の歌うたって」と言って消え、電話の向こうでママンにひそひそ話しかけている。「もしもし」静かな声が聞こえママンは何か言おうとしたけれど、さえぎって私は歌った。happy birth...

  4. 8月30日(水)  くもり  33/27℃ - 日々の皿

    8月30日(水)  くもり  33/27℃

    海藻が練りこんであることが、許せないんだそうだ。香りのよい粉に布海苔なんかを練りこんで、麺を台無しにしてしまうことに、耐えられないんだそうだ。じぶんの口に合わないものを入れることは、とにかく嫌な訳で、その狭量さが一種の世界を作ったともいえる、髭の人の味覚の傾向は、けれど、年齢とともに、もしくは一緒に暮している大雑把な人との日々によって、ほんの少しずつではあるけれど、切り崩され、もずく入りの...

  5. 金水引 - 南都☆花模様

    金水引

    💝 花言葉感謝の気持ちキンミズヒキ 別名:リュウゲソウ(竜牙草)

  6. 8月12日(土)  晴れ  29/21℃ - 日々の皿

    8月12日(土)  晴れ  29/21℃

    うなぎの肝焼きを三串買う。それから沖縄のもずくも。明日から市場はお盆休み。ほんとは場内の魚屋に行きたかったけれど、出遅れた。けれど出遅れたおかげで、いろいろ安くなっていた。N美ちゃんからメイル。お酒を届けてくれるといってくれたけれど、黄桃やほたての燻製やらを袋に詰めて公園まで出かける。ベンチに座ってビールを三本。一時間半のおしゃべり。お腹になんにも入れてなかったせいか、ビールで酔っ払ってし...

  7. 7月23日(日)  晴れのちくもり  28/26℃ - 日々の皿

    7月23日(日)  晴れのちくもり  28/26℃

    このところ日差しが強かったので、髭の人は三日三晩を待たず一日早く梅をとりこんだ。梅干しをガラスの瓶に一粒づつ並べ、いっぱいになったら次の段を重ねる前に、ザラメを隠し味に散りばめるのだけれど、遠目に見ていると透明な粒を手にして魔法をかけてるみたいでおもしろい。瓶に詰められた梅干の上で、すでに溶けかかって角のとれたザラメはきらりきらり光って、梅に浸透しようとしている。一粒もらって、口にふくむと...

  8. 7月21日(金)  晴れ  34/26℃ - 日々の皿

    7月21日(金)  晴れ  34/26℃

    梅雨が明けて、明日明後日も天気がよさそうだから「さあ、今日は梅を干すぞ」と髭の人は宣言して、ごそごそと用意をはじめた。塩漬けにした梅と梅から出た果汁を別にして、果実は笊に並べ三日ほど天日で干し、果汁は瓶に詰め天日に当てて殺菌する。時が経てば塩の角が取れて果実は梅干しになり、果汁は梅酢になる。干す前の梅を味見すると、すでにもうおいしい。たくさんあればこの香りを楽しむために別に取るのだけれど、...

  9. 7月15日(土) 晴れ  34/24℃ - 日々の皿

    7月15日(土) 晴れ  34/24℃

    すずしげな音の、長い余韻がきこえてくる。髭の人が明珍風鈴の手入れをして今年もまた柳の枝にさげた。いい、音。遠くからやってきて、また遠くへかえってゆくような。びっくりして声も出ないような、プレゼントがとどいた。ありがたくて、もったいなくて、胸が熱くなった。お手紙を胸にあて、ゆっくり読んで、テーブルの上に立てた。包みを開きたいけれど、繊細な細いリボンがかかったままの形をもうすこし見ていたいから...

  10. 7月10日(月)  晴れ  32/23℃ - 日々の皿

    7月10日(月)  晴れ  32/23℃

    試食というの、難しい。何かひとこと言わねば!とはあはあ頷いていくぶん過剰に感想をのべる。香りがいいだとか、つるりとしてますねだとか、あまい!だとか、コクが深いだとか、懐かしいだとか、口に合った時はいいのだけれど、そうではない時みんなどうしているんだろう。きのうは甘熟ゆば、というのを勧められた。「これは新製品なんですよ、是非」と、とろりとしたかたまりを爪楊枝の先にたっぷり刺してくれる。うまい...

  11. 7月2日(月)  晴れ  32/21℃  暑い日だった - 日々の皿

    7月2日(月)  晴れ  32/21℃  暑い日だった

    朝はゆっくりした。それは二日酔いのせいもあるけれど、友だちの家に遊びに行ったときのように、周りにある物たちがじつによく浮かび上がって、そのいつもとは違う風景をぼんやりした頭でながめていた。いちゃんからいただいたはちみつ越しの、とろりとした朝の光は幸せの象徴みたいだった。朝ごはんのあとしばらくして、間に合うのか?と髭の人にせきたてられて(まるで学校の先生のように)、私たちは身づくろいをする。...

  12. 6月17日(土)   28/18℃ - 日々の皿

    6月17日(土)   28/18℃

    梅を買ったあと、有楽町MUJIの本に囲まれたテーブルでエスプレッソを飲みながら本の背表紙や表表紙を眺めてぼんやりした。天井近くの棚に並んでいるホーローバットシリーズの料理本は中身を変えれば無限だな、と思うと絵本の棚のムナーリの正方形が目に入る。正方形のパターンもまた無限、と手に取ってページをめくっていると同じテーブルに座っている親子の会話が聞こえてきた。「じゃあ調べてみようよ」とお父さんは...

  13. 薔薇 - 南都☆花模様

    薔薇

    💝 花言葉友情、友愛、献身【気をつけたい、黄色いバラの花言葉】薄らぐ愛、恋に飽きた、別れよう、誠意がない、不貞、嫉妬我が家の薔薇は昨日の赤と黄の2種だけ。流石にネタが途切れた (╥_╥)

  14. 2017年6月3日(土) 晴れ  27/16℃ - 日々の皿

    2017年6月3日(土) 晴れ  27/16℃

    八百屋さんに行くと、らっきょうと青梅が用意されていた。髭の人は八百屋さんの頑丈な荷台が付いている黒い自転車を借りて家までひとっ走り。私は市場をうろうろ。梅は今年も不作で、あっという間に終わると八百屋の人が言っていた。青梅は6月8日が最終入荷なんだそう。実山椒もようやく見かけるようになったけれど。そろそろ終わると聞いて外の八百屋に向かう。実山椒もまた不作なんだそうだ。来週になればさらに値が上...

  15. 綺麗なバラを見かけると・・・ - 和合一致

    綺麗なバラを見かけると・・・

    バラが綺麗に咲いています。「綺麗だな~。」なんんてうっとりしていると、ある人から言わせたら、とんでもないお話みたいです。先日、施術中にわごいちに通い千照館の門人さんでもある方とこんなお話に。以前から聞いてはいましたが、その方、バラ科の果物にアレルギーを持っているんです。「ええ??そんなアレルギーがあるの?」と初めて知った時は思ったのですが、最近ますます増えているそうです。喉がイガイガしたり痒...

  16. 京鹿子 - 南都☆花模様

    京鹿子

    💝 花言葉質素な美 無益 はかなさキョウカノコ 下野草との違いが良くわかりません。 似ている花、下野

1 - 16 / 総件数:16 件

似ているタグ