ヒオス島のタグまとめ (17件)

ヒオス島のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヒオス島に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

ヒオス島ーエンボリオスのアテナ神殿Χίος - Μέγαρο στο ΕμπορειόΗιος - Megalon at Emborios(Emporios)紀元前8世紀に建設された長方形のメガロンと呼ばれる遺跡がある。長さが8.25メートルで、幅は6.40メートルから6.85メートルある。メガロンというのは現代ギリシャ語ではメガロで邸宅や宮殿のようなものをいう。アテナ神殿のちかくにあって、...

ヒオス島ーエンボリオスのアテナ神殿Χίος - Ναός Αθηνάς στο ΕμπορειόΗιος - Temple of Athena at Emborios(Emporios)アテナ神殿はエンボリオスの預言者イリアス(プロフィティス・イリアス)の丘にある。エンボリオスに古代都市があって、子の丘はアクロポリスだったところだという。アテナ女神はこの古代都市の守護神であった。紀元前8世紀...

ヒオス島ーエンボリオスー初期キリスト教洗礼所Χίος - Παλαιοχριστιανική Βαπτιστήριο στο ΕμπορειόΗιος - Early Christian Baptistery at Empprios初期キリスト教の洗礼所はエンブロス海岸にある。黒の砂浜へ行く途中のアスファルト道路に看板がある。その看板通りに行くと行き止まりになっているので混乱した。白い布の綱...

ヒオス島 - マスティホホリア - エンボリオスΧίος - Μαστιχοχώρια - Εμπορειός Hios -Mastichochoria - Emporiosエンボリオスはピルギから6キロメートルのところにある海岸の村である。二つの海水浴場があり、その一つは黒い砂の海岸で、十年前に来たときは肩がぶつかるほど人がいたのに、難民が押し寄せてきて、昨年の9月は海水浴客が人っ子一人い...

ヒオス島 -オミルポリ- アナヴァトスΧίος -Ομηρούπολη - ΑνάβατοςHios - Omiroupoli - Anavatosアナヴァトスはオミルポリ自治体に属し、ヒオスの町から16キロメートルに位置する。このアナヴァトスはビザンティン時代からの歴史を持ち、岩山450メートルのところにある。アナヴァトス (Ανάβατος)とはアネヴェノ(ανεβαίνω)という動詞か...

ヒオス島 - マスティホホリア - ヴェッサΧίος - Μαστιχοχώρια - Βέσσα Hios -Mastichochoria - Vessaヴェッサはマステホホリア自治体に属し、中世の姿をそのまま残した山間の村ではある。しかしながらメスタやオリンビとは違って、建物や家々がつながってはいない。 ヒオス市からの南西に19キロメートルのところ位置し、人口は251人(2001年度)...

ヒオス島 - マスティホホリア - オリンビΧίος - Μαστιχοχώρια - Ολύμποι Hios -Mastichochoria - Olymbi オリンビはヒオスの町から31キロで、メスタから3.5キロ、人口は309人(2001年度)で、マスティハ農業を続けている村である。中世の要塞化した村、あるいは村城として、そのままの姿形を現在に残している。マスティハ博物館に模型が...

ヒオス島マスティホホリアーメスタΧίος - Μαστιχοχώρια - Μεστά Hios -Mastichochoria - Mestaメスタはマスティホホリア共同自治体の一つで村全体が要塞化されたギリシャでも独特の味のある村である。人口は337人。マスティホホリアはユネスコの無形文化遺産に指定されている。わたくしにの感想ではマスティホホリアで最も美しい村だと思う。村は12世紀のビ...

ヒオスのマスティハ(マステッィク)博物館Μουσείο Μαστίχας ΧίουHios(Chios) Mastic Museumマスティハはギリシャのヒオス島のウルシ科の低木で、その樹液は天然のガムとして、古代から食用されて来た。抗ピロリ菌や歯周病に効能があるという。昔の人はやはり、口臭などを気にして、エチケットとして噛んでいた。わたくしも試しに、マステッィクガムをそのまま噛んでみたが、...

ヒオス島マスティホホリア共同自治体ピルギΧίος - Μαστιχοχώρια - Πυργί Hios -Mastichochoria - Pyrgiヒオス島ピルギはマスティホホリアという共同自治体の村の一つで、中心地である。そしてピルギを含むマスティホホリアはUnescoの無形文化遺産に指定されているマスティホホリアというのはマスティハ(マスティカ)の(ホリア)村群という意味で、マステ...

カト・ファナのアポロン・ファネオス聖域Ιερό Φαναίου Απόλλωνος στην Κάτω Φανά Sanctyary of Apollo Phanaios at Kato Phana紀元前9世紀頃アポロン・ファネイオス聖域は建設された。ヒオス島のカト・ファナ(下のファナ)にその遺跡は残っている。ギリシャ語でイエロ・ファネウ・アポロナス(Ιερό Φαναίου Απόλλων...

ヒオス島リヴェラニのオリーブ(古代オリーブの木)Χίος - Ελιά Λιβεράνι (Αρχαία Ελιά) Hios - Olive Tree of Liverani (Ancient Olive Tree)ヒオス島のリヴェラニというところに古代のオリーブの木が1本あるというので見に行った。このオリーブの木は1000年以上の歳月をこの地で過ごしている。この周辺から古代の銘板が何...

ヒオス島のホメロスの生誕地ピティオスΧίος - Τόπος γέννησης του Ομήρου - ΠιτυόςHios - Homer's birthplace - Pityosピティオスは小さな村で、ここでホメロスが生まれたという。そしてへロドトスがホメロスについてピティスでドーノコーノと書き記してもいる。ピティオスとピティスの違いだがヒオス島でこの地名はここだけなのだ。そしてこの...

ヒオス島のホメロスの生誕地ヴォリソスΧίος - Τόπος γέννησης του Ομήρου - ΒολισσόςHios - Homer's birthplace - Volissos ホメロスの生誕地と言われる場所がヒオス島に二つある。一つはヴォリソスで、もう一つはピティオスというところである。ヴォリソスをまず紹介したい。これといった古代遺跡は残ってはいないのだが、この地からディ...

ヒオス島のアヴグニマ村とマカローニャ・ヒウΧίος - Αυγώνυμα και Μακαρόνια ΧίουHios - Avgοnima and Spaghetti of Hiosヒオス島の村々は石造りの家である。アヴグニマという小さな村があって、2001年の夏と昨年の2016年の夏に訪問した。写真があまり上手ではないので、美しさが伝わらなくて、残念だ。わたくしはこの村のレストランがとて...

ヒオス島 ダスカロぺトラのキュベレー聖域 Χίος - Ιερό Κυβέλης στη Δασκαλόπετρα Hios - Sanctuary of Cybele at Daskalopetra ダスカロペトラにあるキュベレー聖域である。いつごろものかはわからない。この岩の上がキュベレーの聖域で樹木の向こうにはダスカロペトラの海岸がある。キュベレー聖域のある所でホメロスが叙事詩を解説し...

Χίος - Βροντάδος -Οι ανεμόμυλοι Hios - Vrontados -The Windmills ヒオス島ヴロンダドスは島の東海岸にあって、ヒオス市から北上して5キロくらいのところにある。ヴロンダドスはオミロポリとよばれる共同自治体に属する。オミロポリとは日本語でホメロスの町という意味だ。ホメロスはヒオス島のヴォリソス或いはピティオスというところで生まれ、オミロ...

似ているタグ