ヒバリのタグまとめ

ヒバリ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヒバリに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ヒバリ」タグの記事(40)

  1. 北海道2017/04-11 - ちいさな森-mode:κ-

    北海道2017/04-11

    北海道では夏鳥なかたがた。04/24A5314-2:もずず。アリスイだと思って撮ってた!04/24A5342:雪山背景に高々と昇っていくヒバリも夏鳥。04/24A5361-2:ニュウナイは三重でも夏鳥というか旅鳥というか…04/24A5426-2:

  2. No title - ちいさな森-mode:κ-

    No title

    05/14A6881-2:こあじ。05/14A6895-2:土製ステージ。05/14A7001:どうしてもこの枝を千切りたいらしいゴイサギくん。05/14A7007:おっとっと!05/14A7018:でも離さない。その枝に何故執着しているのか…

  3. ★葛西海浜公園の鳥類情報 - 葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ

    ★葛西海浜公園の鳥類情報

     5/11(木)、葛西海浜公園に行ってきました。コアジサシはたくさんいましたが、沖合の干潟に集まっていて、砂浜にはほとんどやって来ませんでした。ピークを迎えているうちに営巣を始めてほしいのですが・・・。 それでは確認した鳥類を簡単にご紹介します。(大原)・アジサシ類・・・コアジサシは葛西海浜公園全体で90羽以上(最大220羽?)。アジサシも少なくとも340羽飛来していました。・チドリ類・・・...

  4. 地上のヒバリ - 花と葉っぱ

    地上のヒバリ

    撮影:5月8日(柏市・手賀川北側の田圃)ヒバリは頻繁に空高く舞い上がり甲高い声で囀っているものと思っていたが、冠羽を立て地上を走っていることが多かった。ヒバリ(雲雀) ヒバリ科全長17センチ。雌雄ともに冠羽がある。冠羽はリラックスしているときは立っている。かなり離れた農道からの撮影だが、見つめられてしまった。虫を追いかけて走る?畦の上で羽繕い。丈の低い草が疎らに生え、露出した地面の多い乾操地...

  5. 今日の鳥さん 170509 - 万願寺通信

    今日の鳥さん 170509

    曇天の空の下、ヒバリが鳴いてたよ。随分離れた場所だったけど、高らかなさえずりは遠く、遠くまで届いてた。。。去年までは草原だった場所にビルが建つ。草原のヒバリはどこへ行くのかと思ってたけど、今年も同じ場所でさえずっている。この場所、先着順、ですからね!桑の実が実る。熟したら、鳥が食べに来るだろうか?

  6. 手賀川の空を飛ぶトビ、舞うヒバリ - 花と葉っぱ

    手賀川の空を飛ぶトビ、舞うヒバリ

    撮影:5月8日(柏市・手賀川北側の田圃)珍鳥ツバメチドリの飛来で6日(土曜日)は数十名のCMでかなり賑わったようだ。遅ればせながら8日(月曜日)に出張ってみた。案の定というか期待外れで、CMは数名。朝7時頃から待機していたCMによると、一度も現れなかったという。昼過ぎまでねばって待ってみたが、疲れたので諦めて撤退した。結局この日は現れなかったようで、すでに北方の繁殖地へ飛び去ったのだろうか。...

  7. 飛び出し - 季節の映ろひ

    飛び出し

    草むらの中にいたヒバリが突然飛び出したところをなんとか2カット撮影することができました。止まりものですが近くにホオジロも気に入っていただきましたら、ポチッと↓応援して下さい!宜しく(ノ^-^)ノ 前記の記事↓↓に訪問いただき、有難うございます。 皆様のコメントや応援に多謝。

  8. 高く飛ぶ鳥 - 暮らしの中で

    高く飛ぶ鳥

    麦畑に鳴きながら高く飛んでホバリングをしている鳥がいた。何だろう・・・ヒバリかな、セッカかなぁ・・・どちらも今頃にいる鳥かどうか分からないけれど・・・・・^^;ネットで調べてみたらヒバリだった(^^)/また口ばしの長い鳥がいた。先が少し曲がっている。この鳥も何だか分からない・・・・調べてみると、どうやらチュウシャクシギのよう。アマサギ

  9. ピーカンの青空の下、浅川 - 西多摩探鳥散歩

    ピーカンの青空の下、浅川

    浅川ピーカンの初夏のようなお天気少し歩くと汗ばむ。コサギ飛翔橋の上から中州でくつろぐアオサギとコサギハクセキレイちょっと小さいが・・ホオジロを初めて撮った。これも小さい・・(トリミングしてもズーム200mmはこれぐらいが限界)ヒバリも初めて撮った。野鳥観察ランキング

  10. ヒバリ、セッカ、オナガ - あだっちゃんの花鳥風月

    ヒバリ、セッカ、オナガ

    朝早く起きて、河原の雉を撮りに行きましたが、雉がいません。鳴き声も聞こえて来ません。コアジサシを撮っていた時に友だちが教えてくれましたが、5人のカメラマンが河原の中まで入り、雉を追いまわしたそうです。地元のカメラマンは土手の上から、雉が近づくのを待っているのに。自分だけの事しか考えていない人が多く、何処でも場が荒れて行くようです。ヒバリが土手の道に下りていました。セッカも飛んでいるのは見るの...

  11. 今日の鳥さん 170501 - 万願寺通信

    今日の鳥さん 170501

    ヒバリというと、学生の頃読んだロバート・ブラウニングの詩の一節を思い出します。あと、ストップ!!ひばりくん、とか。(*´ω`)頭のてっぺんの冠羽がちょこっと立ってますね。↓↓↓コイツも逃げ足は速い!

  12. 河口の日の出 - 朝の散歩道

    河口の日の出

    伊豆スカイラインの稜線から昇る太陽です。河口上空のミサゴ 最近はあまり見かけなくなりました。海岸のシロチドリ雛のために一心に虫を獲るヒバリコマチヨイグサの咲く海岸で採餌の合間にポーズをとってくれたムナグロ河原の木陰のアオジ下にはトキワツユクサが咲きはじめました。

  13. 地面に降りたのは - 季節の映ろひ

    地面に降りたのは

    早朝の畑でセッカかヒバリが撮影できないかと行ってみました。セッカは近くには全く来てくれず、替わりにヒバリが地面に降りてくれました。気に入っていただきましたら、ポチッと↓応援して下さい!宜しく(ノ^-^)ノ 前記の記事↓↓に訪問いただき、有難うございます。 皆様のコメントや応援に多謝。

  14. 今日の鳥さん 170424 - 万願寺通信

    今日の鳥さん 170424

    初夏を思わせる爽やかな一日。ヒバリさんと遭遇。今年、初めて!初夏と言えば、ハナミズキの花も初夏のイメージ。桜からバトンを渡されたんやね。青空がよう似合うてる。

  15. チョウゲンボウとヒバリ - あだっちゃんの花鳥風月

    チョウゲンボウとヒバリ

    久々にチョウゲンボウのフィールドに行きましたが、もう抱卵に入ったようで、動きが活発ではありませんでした。谷に鯉幟がはられて、写真も撮り難くなりました。止まりものを撮りましたが、光は逆光でした。逆光でも空抜けでなければ多少色が出ます。スローシャッターで飛びものを撮ってみましたが、ぶれ過ぎ。家に帰って来てから、近所の河原に行きましたが、ヒバリの飛翔が撮れただけ。今年はヒバリも少ない。葦に止まった...

  16. 河口から望む今朝の富士山 - 朝の散歩道

    河口から望む今朝の富士山

    久しぶりに爽やかな富士山が望めました。今朝は河原を歩いてみました。鳴き声や姿は見るのですが 中々カメラに収まらなかったヒバリ林の中でサンショウクイ?と初めて出会いました。こちらも初めて出会ったクロジ?同じ場所で何時ものアオジ も朝の湧水池

  17. 薄着が厚着に「寒い」! - Weblog : ちー3歩

    薄着が厚着に「寒い」!

  18. シメと - 平さん

    シメと

    桜絡みのコムクを捜しに、良く歩きましたが桜の木には鳥がいない。ずーと奥まで歩いて最初に居たのがシメ、さらに捜してやっと♂2羽?のコムク、でも、頭隠して状態です。青空ではヒバリが囀っていました。相変わらず鳥運下降中です。シメ頭隠したコムクさんヒバリ画面上でクリックすると別画面で大きく見れます。

  19. ヒバリ - 北の野鳥たち

    ヒバリ

    今日は午前中だけの鳥見でした。早朝より草原へ行きヒバリを撮影。柔らかな日差しのなかで気持ちよさそうに歌っておりました (~o~)撮影地:胆振管内

  20. 里のサクラ - 下坂中学校 写真部 Ⅱ

    里のサクラ

    4月のお題 - 「春の日」天気が回復して、風はあったけどお天道さんの温もりがあった。ビニールハウスの向こうのサクラ、地味だけどこれで満開みたい。まぁおらんくなってまったかと思っとったシメ。『まんだおるわ!。』って顔しとった。この辺りでもツバメをよぉ見かけるよぉになった。花の中心が赤くなると散り始めるそぉで、葉っぱも出てきて葉桜に。都会の密植されたソメイヨシノとは違って、里のサクラは春の山の一...

1 - 20 / 総件数:40 件

似ているタグ