ヒヤシンスのタグまとめ

ヒヤシンス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヒヤシンスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ヒヤシンス」タグの記事(76)

  1. 庭の青い花 - アオモジノキモチ

    庭の青い花

    春は青い花も多いのでしょうか?うちの小さな庭にも何種類か青い花が顔を出してきました。あれ? こんなとこに植えてたかな?と覚えていないとこから顔を出されると、よけい嬉しくなります♪ムスカリヒヤシンススミレ野の花ですが、私が2年前に山から抜いてきて植えました。2年ですごく増えています♪こちらはクリスマスローズの近くに。去年もクリスマスローズと一緒に写真を撮りましたが、スミレは去年はまだ数が少なか...

  2. 扁平な蕾のこれは、ヒェ〜シンス? - 幾星霜Ⅱ

    扁平な蕾のこれは、ヒェ〜シンス?

    これ、なんだと思います?そう、ヒヤシンス、、、にしては、ちょっと扁平ですよね。上から見ると、そのフラットさがよくわかります。先が尖った三角で、おにぎりのよう。ちょっと 美味しそうかも。 (^^)咲くと、たぶん、、、こんなになります。この画像は、隣に咲いている、軟弱 “ヒェシンス”の群れ。(以前の投稿より)群れると少しはヒェ〜感が減りますね。^ ^でもこのおにぎりのような扁平な蕾は、ひょっと...

  3. 日本水仙とキバナ水仙 - 花の自由旋律

    日本水仙とキバナ水仙

    二月ごろに咲く白い水仙はいつの間にか咲かなくなってしまいました。同じ場所に植えっぱなしのせいでしょうか。その代わりと言っては何ですが、キバナ水仙が咲いてきました。キバナの向こうで葉っぱが倒れているのが咲かない白い水仙だったと思います。水仙の咲かない理由は込み合いすぎて小さな球根しか育っていない場合とか、葉っぱを早く刈りすぎて球根に栄養が行きわたらなかったとか・・・色々あるようですね。花が終わ...

  4. Glass ware~薬瓶 - 雑貨店PiPPi

    Glass ware~薬瓶

    こんにちは。今日はゆらゆらとした雰囲気が心地よい「Glass ware~薬瓶」を紹介します。気泡や流れ模様によって生じる光のゆらぎが穏やかな風合いになった3サイズのガラスウェアボトル。蓋には125ml、250ml、500mlとそれぞれの容量が刻印されています。春のディスプレイにお役立てください。<Glass ware~薬瓶>125ml:直径5.7㎝×高さ11㎝ ¥380+税250ml:直径6...

  5. たった一週間 - 家族のことと庭のこと。

    たった一週間

    たった一週間で、部屋中いい香りですヒヤシンス、満開です

  6. 森小のヒヤシンス。 - 森小日記(もりしょうにっき)

    森小のヒヤシンス。

    前はヒヤシンスの球根の水栽培をよくしていましたが・・最近は地植えだけです。それも水栽培が終わった球根を土に植えっぱなしのヒヤシンスです。毎年顔を出しますが植えっぱなしの球根は栄養不足のせいか花が3~5輪くらいしかつきません・・でも逆に塊の花より少しだけ咲いているヒヤシンスが可憐でかわいい。森小のヒヤシンスはこれでいいのだ~

  7. ヒヤシンス & アジサイ - Miu's Porcelain Painting

    ヒヤシンス & アジサイ

    オーダーポーセリンアジサイをデザインしたC/S &ヒヤシンスのクッキープレートオーダー頂き描かせて頂きました私の好きな色合いで描かせて頂き とても楽しかったですありがとうございました今はヒヤシンスの時期、きっとアジサイの季節もすぐにやってきますねお茶の時間を楽しんでいただけます様に

  8. 彼岸入り - 世話要らずの庭

    彼岸入り

    夫がいない日に急いで帰って夕ご飯の買い物する。日が長くなってきた。自転車すっ飛ばすと、夕方の春風を感じる。庭に入ったら、ちょっと前までは梅と沈丁花だった空気が、ヒヤシンス味も含むようになってた。ダッチヒヤシンスは植えっぱなしだと数年で貧弱になって消えてしまったりするけど、ローマンヒヤシンスはほったらかしでもずっと元気で、気づけばもう10年目くらい。子どもたちと一緒に晩御飯作って、お彼岸のおは...

  9. コサージュ - 暮らしと植物のブログ

    コサージュ

    コサージュのご依頼が増えるご卒業、ご卒園の時期たくさんのご注文をいただきありがとうございました。それぞれにコサージュのイメージがあって、できるだけ答えられるよう楽しみながら作ることができました。そして今日は友人たちの卒業式でもありました。遠い場所からですが、ご卒業、本当におめでとう!!!!

  10. アイアンのハンギングポット - 雑貨店PiPPi

    アイアンのハンギングポット

    こんにちは。今日は高低差をつくったガーデンディスプレイにもおすすめの「アイアンのハンギングポット」を紹介します。錆びて白びたようなダメージ加工が施されたハンギングワイヤーポット。3号と4号の鉢に、合わせた2サイズあります。中にガラスの瓶を入れて、花瓶のように飾っても素敵。春の陽ざしが感じられるスケルトンな雰囲気をお愉しみください。S:直径10.5㎝×奥行15㎝×高さ10(18)㎝ ¥650+...

  11. ヒヤシンスの刺繍 - 暮らしを紡ぐ

    ヒヤシンスの刺繍

    以前の記事にも書きましたがボタニカルアートの刺繍、2作品めがようやくできました。パッチワークと並行しているのでペースは遅いですがなんとか花の季節に間に合ってほっとしています。今年のわが家のヒヤシンス、私の育て方が悪くて、本当に可哀想なことをしました。だから、なんとか花の時季にヒヤシンスへのお詫びの気持ちもこめてひと針、ひと針刺しました。白いリネンはもうハギレ程度しか残っていなかったのでラベン...

  12. Mar.15,2017 - ずっといっしょ

    Mar.15,2017

    昨日のWBCの試合勝って嬉しかったけど、もう少し開始時間早くならないかな?だってその後のドラマの開始時間がずれるんだもん(^_^;)いつもありがと♪

  13. 花を飾る - 家族のことと庭のこと。

    花を飾る

    ヒヤシンスを生けさせてもらいました今年はなぜだかチューリップもクロッカスも、ビオラやパンジーの寄せ植えも、何も作ろうって、腰があがらなくて・・でもやっぱり、こうして春の気配を感じ始めてくると、欲しくなる訳で 笑お手軽にできる、水耕栽培となりました今日は寒さが戻ってしまったような、寒い朝ですが、ヒヤシンスの香りが部屋中に漂うことをイメージするだけで、なんだか心があったかくなるような気がします庭...

  14. 春の色 - Y's Handwork Days

    春の色

    蕾のもの二鉢を一つにまとめ、咲いているものを一鉢に植え替えました日曜日、ひと仕事をしてから歩いて街の中心まで。最近はとにかく歩くことにしています。春の日差しの良いお天気の日でした。若いころは春など待ち遠しくもありませんでしたが、人生残り三分の一になって、だんだん暖かで穏やかな日が好きになってきました。とげとげしいわたくしも、丸くなってきたということでしょう。良い事です(笑)文房具の買い物つい...

  15. Mar.11,2017 - ずっといっしょ

    Mar.11,2017

    東日本大震災から6年いつもありがと♪

  16. 甘い香りの週末 - 色音あそび

    甘い香りの週末

    金曜日の帰り道。お花屋さんで球根付きのヒヤシンスを買いました。お部屋に満ちる甘い香り。春の気配を感じます。毎年この時期になると水耕栽培したい!と思うのですが、秋にはすっかり忘れていて・・・の繰り返し。。来年こそ・・・!!!【キャンペーン】「小さい春、み~つけた!」

  17. 2月28日 - 黄昏月

    2月28日

    たまごサンド。寝坊して、朝ごはんを食べ損ねたおじさんに持たせる。まったく、もーーー。我が家のヒヤシンスが咲いた。いい香りで怒りを静める(笑)ジャパンライムという名のお茶、ゴーシュでも販売中なのだけど、美味しくて大好き。緑茶にひまわりの花とレモンピールを加えてあり、すっきり爽やかな味。昨日作りすぎたケーキと共に、おやつ。まぁ、言うなれば余りものでおやつってことだけど( ´△`)

  18. 咲いた - 黄昏月

    咲いた

    今日のヒヤシンス。同時に水栽培したのに、花の開花はそれぞれ。さて、今日から3月!

  19. ヒヤシンスブラック & ムスカリ - さにべるスタッフblog     -Sunny Day's Garden-

    ヒヤシンスブラック & ムスカリ

    One-day Market +2017 Springイベント情報はOne-day Market専用のwebページへ↓↓↓************************************************************************************今日から3月ですね!2月は28日までだとあっという間ですね~ここから春に向けて季節も、そして色々な作業も...

  20. 今年もヒヤシンス - Y's Handwork Days

    今年もヒヤシンス

         ヒヤシンスを球根で買って、去年の秋に鉢植えしました。年が明けたら順調にニョキニョキ芽が出て、蕾が見え始めたところで考えた。このまま鉢で水やりを悩みながらするのか、鉢から抜いて土を洗い流して水栽培するのか。地植えならそれほど水やりは悩みませんが、雪の多い当地では外は無理。中も暖房するのでやたらに暖かい。涼しいところと思っても日当たりが悪い。そこで、去年成功した方法に戻ることにしました...

1 - 20 / 総件数:76 件

似ているタグ