ファッション・ドールのタグまとめ

ファッション・ドール」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはファッション・ドールに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ファッション・ドール」タグの記事(13)

  1. 甚平の季節 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    甚平の季節

    リカちゃんの従兄弟で、パリに住むシャルル君。今年のバカンスは、日本のリカちゃんの家で過ごすことにしました。「リカ~、日本の夏って本当に蒸し暑いね(注:フランス語から翻訳)」 そんな暑さ厳しい日本の夏用にと、シャルル君のおばであるリカちゃんのママが、甚平を縫ってくれました。さらりとして着心地ゆったりの甚平は、シャルルの大のお気に入りになりましたとさ。人形用の甚平、縫ってみたかったんです。帯とか...

  2. モッズ・ファッションな幼児人形 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    モッズ・ファッションな幼児人形

    長らく山小屋風チャリティショップで、買いたい物に出会えずにいたのですが、久々に出会えたのがこの古い人形です。身長30cm位の、香港製のボディは安っちい空洞ポリ製の幼児人形ですが(ヘッドのみ軟ビ)、着ている服は、モッズらしいビンテージで中々魅力的だと思いました。上に着ている水色のビニール・コートは、紫外線で劣化していますが、元からこう言う加工の質感だと思えば、そう見えないこともありません。白い...

  3. ミニチュアの金彩のティーセット -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    ミニチュアの金彩のティーセット

    ウラン・ガラスの金彩のワイン・グラスを発見したフリマのストールで、同じくハウス・クリアランスのダンボール箱の奥底から発掘しました。全部バラバラに散らばっていたのを根気良く集めて、大体こんなセットになることが分かりました。多分、元はクリーマーも付属していたものと思いますが、紛失して見付かりませんでした。それと、カップの一つのハンドルが欠けていました。とは言え、これだけ華奢な造りで、ダンボール箱...

  4. リカ・ビジュー「ルミナスピンク」人形 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    リカ・ビジュー「ルミナスピンク」人形

    現在女児玩具としてのファッション・ドールは、少子化で購買数が減って、世界中何処も苦戦しているようです。その一方で、日本では大人の趣味としてのファッション・ドールが確立しつつあります(…興味ない人からは、今だ「マジ~?」とか言われちゃうけどね)。しかし、予め大人向けに製造されたファッション・ドールは、値段が1万円を越える物もザラで、更に予約限定販売のみで購入が難しかったりします。仕様が段違いに...

  5. 勝手に祝!ブログ10周年 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    勝手に祝!ブログ10周年

    本日、当ブログ「Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖~」は、お蔭様で10年目を迎えました。世の中の多くのブログが二年と続かないらしい中、改めて思い返すと、人一倍飽きっぽい私が良く続けてこられたと思いますし、こんな一銭にもならない事に時間を随分費やして…と、後ろめたい気持ちは勿論ありますが、夫・P太の理解や、時間的に余裕のある境遇にずっと恵まれていた事、そして暖かく見守って下さ...

  6. オーバーンの斜め前髪リカちゃん人形 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    オーバーンの斜め前髪リカちゃん人形

    リカちゃんキャッスルで今回もう一つ買ったのが、この茶色い髪で斜め前髪のリカちゃんです。でもお人形教室ではなく、館内のショップで買いました。なので、キャッスルのオンライン・ショップの人形同様に、最初はこの白いアンダーウェアを着た状態で売られていました。同じ顔のはずなのに、髪型、髪色、メイクの違いで細い三つ編みリカちゃんよりずっと大人っぽく、ノーブルな雰囲気が漂います。下着とは言え、このスリップ...

  7. 何度でもリカちゃんキャッスル 2 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    何度でもリカちゃんキャッスル 2

    「リカちゃんキャッスル」の一部屋に、非売品特別仕様のジェニーやリカちゃん人形がズラリ展示されていました。「伯母ちゃん! 全部写真撮って~」と言う姪と二人で、「あれがいい、これがいい」と、きゃーきゃー楽しみながら撮影して来ました(…念の為、この場所に他に人はほとんど居なかった)。説明札には、タイトルと簡単なコンセプトとモデル人形しか記してなくて、デザイナーや製作者名等は分かりませんが、数年前に...

  8. 何度でもリカちゃんキャッスル 1 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    何度でもリカちゃんキャッスル 1

    福島県の実家に帰省して、郡山市民美術館で「リカちゃん展」を見学した翌日は、小野町のリカちゃん人形のオープン・ファクトリー兼博物館「リカちゃんキャッスル」へ、またしても行きました。ええ、帰省する度に訪れるつもりです。義妹に車で連れて行って貰いましたが、彼女はリカちゃんは前日でもう十分だと言うことで、近くの図書館で待機中、姪と一緒に見て回ることにしました。正面玄関のロボテック・リカちゃんは、今回...

  9. 細い三つ編み付き緑目のリカちゃん人形 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    細い三つ編み付き緑目のリカちゃん人形

    今回「リカちゃんキャッスル」のお人形教室で私が買ったのは、このスペシャル版のリカちゃんです。一見普通の金髪のストレート・ヘアで、何処が特別って感じですが、実は両脇の髪の一房ずつが、細~い三つ編みに編まれています。そして前髪には、シャギーが入っているのが気に入りました。ぱっつんストレートの厚い前髪は、顔に影が出来て写真写りが悪いし、ちょっとキツイ感じがするので苦手です。そして、眼のベースが緑色...

  10. 誕生50周年記念リカちゃん展限定リカちゃん人形 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    誕生50周年記念リカちゃん展限定リカちゃん人形

    郡山市民美術館でリカちゃん展を見る直前、館内のショップの横を通り過ぎる際、以前ネットで見掛けたことのある、この限定特別版の人形が目に入って、絶対ほしー!買わなくちゃ~と思いました。展示を見終わって、改めて売店で人形の箱を手に取ると、…1万円以上して、想像したよりも高いっ。私の持っているリカちゃん人形の中では、最高価格な程です。リカちゃんと言えば、安価なことが魅力の一つでもあるのに…。でも、結...

  11. 誕生50周年記念リカちゃん展 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    誕生50周年記念リカちゃん展

    日本に到着して約一週間後、東京の姉の家から、福島県の両親の家へ移動しました。義妹に会ったら、丁度郡山市の市民美術館でリカちゃん人形50周年展が開催されるところなので、私がそれに合わせて帰って来たんじゃないかと思っていたとのこと。そういう催しが松屋銀座で開催されたのは知っていましたが、その後全国巡回して、丁度郡山に来るとは全く知りませんでした。我ながら、何てタイミングが良いんだ。おまけに弟が仕...

  12. マダム・アレクサンダー人形「アイ・キャン・タイ・マイ・シューズ」 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    マダム・アレクサンダー人形「アイ・キャン・タイ・マイ・...

    小金井公園のフリマで買った2体のマダム・アレクサンダー人形のうち、もう一体がこちらです。2003年発売の「I Can Tie My Shoes」と言うデザインで、つまり「あたし、自分で靴紐結べるもん」と言っている訳です。生憎こちらは、ドレスの水シミが目立っています。が、ピンクのギンガム・チェックの、スカートには靴の刺繍とリボンが付き、胴衣にはレースアップのビスチェが付いた、大変可愛いドレスで...

  13. マダム・アレクサンダー人形「マイ・ファースト・コミュニオン」 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    マダム・アレクサンダー人形「マイ・ファースト・コミュニオン」

    小金井公園のフリマで、最初におおっと目を引いたのが、アメリカのマダム・アレクサンダー人形2体でした。箱入りで、しかもタグやリーフレットが残ったままです。非常に魅力的に写ったものの、今回の日本滞在も最終的に大荷物になるのは疑いようがなく、初っ端からこんな嵩張る物を買って大丈夫か?と戸惑いました。でも結局、2体とも買っちゃいました。どちらも2000年代の8インチ(約20cm)のスリープアイの「ウ...

1 - 13 / 総件数:13 件

似ているタグ