ファッション・ドールのタグまとめ

ファッション・ドール」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはファッション・ドールに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ファッション・ドール」タグの記事(16)

  1. 誕生50周年記念リカちゃん展限定リカちゃん人形 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    誕生50周年記念リカちゃん展限定リカちゃん人形

    郡山市民美術館でリカちゃん展を見る直前、館内のショップの横を通り過ぎる際、以前ネットで見掛けたことのある、この限定特別版の人形が目に入って、絶対ほしー!買わなくちゃ~と思いました。展示を見終わって、改めて売店で人形の箱を手に取ると、…1万円以上して、想像したよりも高いっ。私の持っているリカちゃん人形の中では、最高価格な程です。リカちゃんと言えば、安価なことが魅力の一つでもあるのに…。でも、結...

  2. 誕生50周年記念リカちゃん展 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    誕生50周年記念リカちゃん展

    日本に到着して約一週間後、東京の姉の家から、福島県の両親の家へ移動しました。義妹に会ったら、丁度郡山市の市民美術館でリカちゃん人形50周年展が開催されるところなので、私がそれに合わせて帰って来たんじゃないかと思っていたとのこと。そういう催しが松屋銀座で開催されたのは知っていましたが、その後全国巡回して、丁度郡山に来るとは全く知りませんでした。我ながら、何てタイミングが良いんだ。おまけに弟が仕...

  3. マダム・アレクサンダー人形「アイ・キャン・タイ・マイ・シューズ」 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    マダム・アレクサンダー人形「アイ・キャン・タイ・マイ・...

    小金井公園のフリマで買った2体のマダム・アレクサンダー人形のうち、もう一体がこちらです。2003年発売の「I Can Tie My Shoes」と言うデザインで、つまり「あたし、自分で靴紐結べるもん」と言っている訳です。生憎こちらは、ドレスの水シミが目立っています。が、ピンクのギンガム・チェックの、スカートには靴の刺繍とリボンが付き、胴衣にはレースアップのビスチェが付いた、大変可愛いドレスで...

  4. マダム・アレクサンダー人形「マイ・ファースト・コミュニオン」 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    マダム・アレクサンダー人形「マイ・ファースト・コミュニオン」

    小金井公園のフリマで、最初におおっと目を引いたのが、アメリカのマダム・アレクサンダー人形2体でした。箱入りで、しかもタグやリーフレットが残ったままです。非常に魅力的に写ったものの、今回の日本滞在も最終的に大荷物になるのは疑いようがなく、初っ端からこんな嵩張る物を買って大丈夫か?と戸惑いました。でも結局、2体とも買っちゃいました。どちらも2000年代の8インチ(約20cm)のスリープアイの「ウ...

  5. リカちゃん人形のピンクのパーティー・ドレス -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    リカちゃん人形のピンクのパーティー・ドレス

    友達の三歳のお嬢ちゃんが、リカちゃん人形に夢中だと聞いたので、帰国する際に手作りの服でも持って行ったろーと思いました。ところが、姪に上げるリカちゃんの服作りに、あれもこれもと熱中して止められなくなってしまい、結局こちらに取り掛かったのは帰国前日。急いで作った上に、久々にツルツル滑る化繊を縫ったものだから、この世で一番位シンプルな服のはずなのに、ひどい出来になってしまいました。背中の位置なんて...

  6. ジェニー人形のコロッボックル風の衣装 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    ジェニー人形のコロッボックル風の衣装

    この服は、もうビンテージと呼べる程、随分昔に作りました。今は廃刊されたジェニー人形の専門雑誌の、誌上ファッション・コンテスト「カジュアル部門」で、何と第二位の優秀賞を頂いた物です。賞を受けるなんて高校生以来だったので、そりゃ勿論飛び上がる程の嬉しさでした。それどころか、ドールの服作りの超ビギナーだったから、予選を通っただけでも凄いと思ってたので、当然受賞なんて思いも寄らず非常に驚きました。周...

  7. リカちゃんのピンクのツーピース -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    リカちゃんのピンクのツーピース

    日本ヴォーグ社の「リカちゃん2」に掲載されていた、ピンクハウス風ツーピースとして紹介されていた型紙で作りました。一体今まで日本の何人の人が、それを見て作ったであろうと思われる人気の作品です。昔からリカちゃんやジェニー人形のファンには、何故かピンクハウス系のファッション好きな人が多かったのですが、私はあの装飾過剰&重量感有り過ぎのスタイルが、文字通り近寄り難くて好きではありませんでした。ところ...

  8. リカちゃん人形のカジュアル・ワードローブ -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    リカちゃん人形のカジュアル・ワードローブ

    今まで作って来たリカちゃんの服の多くは、今回帰国するにあたって、実は日本の姪っ子にお土産として持って行く為に、せっせと作り貯めていた物です。これまでも姪には、人形の服としては、着脱し易い上下一体型のドレスやワンピースは上げて来ましたが、女の子が年長になって来ると、着せ替えにも大分慣れて、上下別々に着せることが出来るようになります。また、お姫様ドレスより、現実的な服が好きになるらしいので、そう...

  9. リカちゃんのピンクのパーカー -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    リカちゃんのピンクのパーカー

    今回日本の姪に上げたリカちゃん人形用のカジュアル・ワードローブの中で、私的に最も力作なのは(自分で言うな。笑)、実はこのパーカーかも知れません。グラフィック社のDolly*Dolly 別冊「かんたんドール・コーディネイト・レシピ」の型紙で作りました。初めてこの本を姉から貰った時、どれ一つ私にとっては簡単じゃねーよ…と悲しくなりましたが、実際パーカーを作ってみて、作り方が写真付きで丁寧に説明さ...

  10. リカちゃんの茶色いチュニック・ワンピース -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    リカちゃんの茶色いチュニック・ワンピース

    自分の普段の服装が、ワンピース、またはチュニックに、パンツかレギンスかカラー・タイツを合わせると言うのが圧倒的に多い為、姪に上げたリカちゃん人形のワードローブにも、自然とそう言う物が多くなってしまいました。このシンプルな茶色いチュニック、またはワンピースも、そんな重ね着用に作りました。が、重ね着する人形の服って、かなり大きめに作らないと駄目だと改めて痛感しました。最初に作ったのは、ワンピとし...

  11. リカちゃんの白いツーピース -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    リカちゃんの白いツーピース

    今回日本の姪に上げるリカちゃん人形の服は、組み合わせて遊べることがテーマの一つなので、いつもならこれもワンピースにするところを、あえてツーピースに仕立てました。生地は、以前リカちゃん用に作った白いドレスと同じ、ビンテージ・ベビー服の残りを使っています。ベビー服に付いていた可愛いスカラップの縁は、前回全て使い切ってしまいましたが、白地に艶糸の白の水玉の生地だけでも、単なる白無地よりは可愛いと思...

  12. リカちゃんの赤いサーキュラー・スカート -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    リカちゃんの赤いサーキュラー・スカート

    たっぷり広がる、平面にするとほとんど円形のサーキュラー・スカートは、1950年代の代表的なファッション・アイテムです。特に赤地のスカートとなれば、定番はリード付きプードルのアップリケ(髪型はポニーテイルで決まり)ですが、私は少し中原淳一風に黒猫&丸い花模様にして、昭和レトロをイメージしてみました。この時代って、ポインテッド・トウのパンプスに、短いソックスを合わせていたようなイメージがあります...

  13. リカちゃんの牧場のジャンパー・スカート -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    リカちゃんの牧場のジャンパー・スカート

    以前友達が、自らデザインした可愛い羊のふわふわシールを、結構沢山送ってくれました。元々は未年の年賀状用に企画販売されたものでしたが、私にとってはイースター・カード作りに大いに役立ちました。それでも未だ手元に残っていたので、今度はリカちゃん用の服に使ってみようと思いました。布っぽい素材のシールは、今までも度々リカちゃん服のアップリケとして利用して来ています。この羊シールなら、緑色の地に貼って、...

  14. リカちゃんのセラドン・グリーンのコート -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    リカちゃんのセラドン・グリーンのコート

    このコートとベレー帽に使っている、セラドン・グリーンに小花柄の極細畝のコーデュロイの布地は、実はかつて私のシャツ・ワンピースでした。イギリスで売られている服としては珍しく、結構自分の好みに合い、おまけにセールで凄く安かったので喜んで買いました。…が、実際着てみると(一応試着はしてから買ったけど)、どうにもこうにも地味!でした。ボタンを赤に付け換えたり、コーディネイトで色々工夫してみましたが、...

  15. 着物で花見 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    着物で花見

    ディズニーの白雪姫人形に着物を縫った時、最初にジェニー人形の型紙で縫ってしまい、バービーやディズニー・プリンセス人形が、ジェニーよりも2cm背が高いことをすっかり忘れていました。当然、白雪姫に着せて見ると、おはしょりが作れない短さ。急遽作り直しました。それで、間違ってジェニー・サイズで作った着物を、今ジェニーに着せています。帯は、単にリカちゃんの使い回しです(ちょっとジェニーにはキツイ)。着...

  16. 小さな貝のお雛様 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    小さな貝のお雛様

    桃の節句には潮汁を頂く伝統があり、貝は雛祭りと関係深いアイテムです。この内側に雛人形が描かれた貝の殻は、高校時代に通っていたアトリエの恩師が制作したのを、御本人から頂いた物です。何と、お味噌汁に入っていた蜆貝に描かれているのです。先生はとても器用な方で、いかにもお人柄通りの優しげで暖かくて繊細な絵を描かれました。芸大でデザインを学ばれたのですが、画材や素材、タッチには拘りなく色々挑戦されてい...

1 - 16 / 総件数:16 件

似ているタグ