フィレンツェのタグまとめ

フィレンツェ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはフィレンツェに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「フィレンツェ」タグの記事(40)

  1. 今日の足跡 - Firenze&Toscana Photoravel 日記

    今日の足跡

    日本人ツーリストの如く、初日から「目的ありき」で精力的に移動してしまう。本当は、もっと周りを見ながら、街の息遣いを感じながら歩けたら良かった。観光地と言えども、この街で生まれ育った人がいて、歴史を紡いできた人たちがいて(しかも壮大な歴史)生活を営んでいる事実もある。そんな日々の暮らしを想像しながら、歩いてみたかった。と今思う。この次来た時は、ぜひ、そういう旅がしたい。そのために、必ずもう一度...

  2. MOBIKEでフィレンツェが超便利に! - イタリア生活日記ブログ+留学案内

    MOBIKEでフィレンツェが超便利に!

    すでに利用した人もいると思うけど、2017年8月2日からフィレンツェ市内で「シェアバイク(=自転車シェアリング)」サービスがスタートしましたよ。町で見つけた自転車を勝手に乗って、どこでも好きなところで乗り捨て可。料金は30分30セント(約40円)と超魅力的です。これは使わなきゃソン!!!僕もかなりはまってます!その名はMOBIKE(モバイク)。中国企業のサービスだそうで、イタリアではフィレン...

  3. インタビュー記事をご掲載いただきました。 - フィレンツェノッポの職人修行

    インタビュー記事をご掲載いただきました。

    インタビュー記事をウェブマガジン「HIGHFLYERS」にご掲載いただきました。写真はプロカメラマン田中淳子さんによるもの。幼い頃から過去を振り返ったインタビューでいろいろな思い出が蘇りました。フィレンツェに至るまで、そして今何を考えているのか。。。読んでいただければ一通りお分かり頂けると思います。ウェブマガジン「HIGHFLYERS」はかなり豪華な方々のインタビューばかりで恐縮ですがぜひ一...

  4. 既に食しちゃったモノ~オリーブオイルとチーズ~ - Firenze&Toscana Photoravel 日記

    既に食しちゃったモノ~オリーブオイルとチーズ~

    プライベートでバタバタしてしまい、すっかり更新が滞ってしまった。。。まだまだ旅は続いているのだけど。。気長に更新していこうと思う。フィレンツェを反芻しながら。ということで、今回はちょっとブレイク。お土産もたくさん買ってきたけれど、既になくなったものも多い。。。ということで、お土産第一弾として一寸ご紹介。まずはトスカーナ地方の「モンタルチーノ」で買ったオリーブオイル。小さなお店がたくさんあった...

  5. 曼荼羅 - 千葉のちいさなアロマ教室 マロウズハウス

    曼荼羅

    フィレンツェのウフィツィ美術館の一コマその先は天空で見事な金色の世界です荘厳な世界観を思い出しながらいえ 小出しにしながら(笑)イタリアの体調の良さはなんだったのかと実はちょっと腰が滑ったようで💦しばし 痛み止めとずっとコルセットで 大好きな模様がえも禁止となりました(悲)したいことがあるのに自分でできないってデイサービスでよく聞くお話だったのですがついに自分の身にもというこ...

  6. こんなところで日頃のエクササイズの効果発揮♪ - 愛知 豊橋 布花アクセサリーCendrillon

    こんなところで日頃のエクササイズの効果発揮♪

    真っ白な布を手染めしてつくる布花で、アクセサリーを製作しているCendrillon(センドリオン)須田和月です久しぶりに海外に出て感じたこと、その3体力をつけておく!狭い路地と石畳みの多いフィレンツェ♪コンパクトな街なので徒歩でもまわれます。街を一望できるミケランジェロの丘も歩いていってきました。最後の階段はきつかったのですが、この眺めを見たら疲れも飛んで行っちゃいました。この丘、他に行きた...

  7. ハンドメイドの価値 - フィレンツェノッポの職人修行

    ハンドメイドの価値

    先日行ったトリエステのミラマーレ城内で撮った一枚の写真この彫刻の作業の跡が気になったので記憶のために撮影したもの。職業病でこういったものを見るとどんな工具でどのように作業したのかを推察してもし修復の依頼がきたらどのように再現するかを考えてしまう。。。以前、師匠のレナートがサントスピリット教会内の額縁の依頼を受けて制作をしていた。幅2m・高さ4mほどのとても大きな額縁。その依頼内容の一つとして...

  8. 混沌とした時代の中で。。。 - フィレンツェノッポの職人修行

    混沌とした時代の中で。。。

    昨年から工房の前に季節に合わせて花を飾るようにしている。工房がメイン通りから一本裏手にあるため周りを少しでも華やかに出来ればとはじめたこと。毎週木曜日の花市で季節の花を選ぶのは結構楽しい。この花を置くようになって少しずつ変わり始めたことがある。工房の前は中学校で送り迎えが義務になっているイタリアでは授業が終わる頃になると工房の前が迎えの人たちでいっぱいに。おしゃべりで賑やかになるのはいいがタ...

  9. 突然なのですが。。フィレンツェのドゥモ - 千葉のちいさなアロマ教室 マロウズハウス

    突然なのですが。。フィレンツェのドゥモ

    友人が明日が満月ということで空を飛ぶというイメージになりフィレンツェの空を見たくなり。。。の ドゥモです雲がまるで上へ上へ登っていくようそう意識は上にあり高校生の頃に歌っていた賛美歌が聴こえるよう「主我を愛す 主は強ければ 我弱くとも恐れはあらじ」なんだか 覚えている歌が心に染み込んでくるよう何か宗教を持っているわけではないのですが上を見るという今日のイメージがそうさせているのかもしれないで...

  10. 秋の気配 - フィレンツェノッポの職人修行

    秋の気配

    9月に入り一気に空気が変わり秋の気配がしつつあるフィレンツェ。空も雲も何となく秋らしくなってきました。今年の夏は膠仕事をするには気温が高すぎて止まっている作業も結構あるので涼しくなってきたところで一気に進めていかないと。。。お問い合わせmail@zouganista.com工房via dei cardatori 20r, Firenze (zona San Frediano)New!! ww...

  11. 変わりゆくSan Frediano - フィレンツェノッポの職人修行

    変わりゆくSan Frediano

    ロンリープラネットのweb記事で私の工房のあるSan Fredianoが世界のcoolな場所として選ばれたようでフィレンツェ人の中で少し話題に。これはちょっと大袈裟だなと言う人も多いですがSNSの記事では街頭でインタビューをしたりとまんざらではなさそうです。。。主に新しい飲食店に注目が集まっているようですが団体観光客で溢れた中心地よりは地元感の強い雰囲気が良いのかもしれません。実際に穴場もた...

  12. フィレンツェ⇔シエナ バスの時刻表 - エノテカトスカーナ

    フィレンツェ⇔シエナ バスの時刻表

    1月1日、イースター、5月1日、12月25日は運行いたしません時刻表は事情により変更する場合がございます。現在の時刻表の確認は、ホームページからご確認くださいwww.tiemmespa.it www.sienamobilita.it ☎ 800.922.984(固定電話から)199.168.182(携帯から)時刻表作成:2017.8月現在

  13. イタリア&ちょこっとオーストリアの旅(3日目:クーポラ) - so much Life

    イタリア&ちょこっとオーストリアの旅(3日目:クーポラ)

    【このページは2017年に記憶を手繰り寄せて書いています】ドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)のクーポラの見晴台へのルートは、ジョットの鐘楼と違って混んでいるので狭い通路をどんどこ進まねばならずあんまり記憶に残ってないです。チケットはジョットの鐘楼などとの共通券。こちらは入口で手荷物検査があったような?(うろ覚え)丸い天井の内側はフレスコ画できるならゆっくり眺めたかった (´;...

  14. 色気のあるインテリア - フィレンツェノッポの職人修行

    色気のあるインテリア

    これまでもいろいろと制作してきた靴木型の木象嵌作品。技術も安定してきてデザイン・アイデアもどんどん湧いてくる。自信を持って自分のアートワークと言えるこのシリーズをまとめて見てもらう機会を計画中で少しずつ作品をつくりためています。今回はストックしてあった珍しいヒール設定の高いレディースの木型をベースに使用。"Carnevale" カーニバルの仮面をモチーフウエンゲを削ったピンヒールに先端は真鍮...

  15. FIRENZE  May 2014 - Chaton の ひとりごと

    FIRENZE May 2014

    2014年 5月イタリア フィレンツェ

  16. Certosa del Galluzzo - フィレンツェノッポの職人修行

    Certosa del Galluzzo

    ルシファーという悪魔の名前までついた今年のフィレンツェの猛暑もようやくひと段落。工房は少し夏休み中。。。ということでフィレンツェからバスで30分ほどのところにあるCertosa del Galluzzoという修道院へ。14世紀に建てられた修道院以前からオススメされていたこの修道院。中に入る事のできる時間が決まっていてその時間になると修道士さんが案内をしてくれるというシステム。写真を撮るという...

  17. pitti宮のセビリアの理髪師 - 千葉のちいさなアロマ教室 マロウズハウス

    pitti宮のセビリアの理髪師

    3日目の夕暮れと言っても7時半くらいの風景旅の前 イタリアといえば「オペラ」ということでホテルから歩けるかな、という距離感に演奏会があるとのことで夫が予約をしてくれましたピッティ宮殿での「セビリアの理髪師」午前中から午後に向けて昨日の熱中症気味な娘のダウンもありだらだら過ごし午後になって活動開始でも なかなか時間が潰せませんショッピングをしたりお水を買いに出かけたりまたお店めぐりをしたり気が...

  18. 自然療法家のラクシュミーさんと巡るフィレンツェ - 千葉のちいさなアロマ教室 マロウズハウス

    自然療法家のラクシュミーさんと巡るフィレンツェ

    フィレンツェの朝の始まりはドゥーモから朝日が神々しい実は今回の旅の目的の一つイタリアのアロマ事情を知りたい!ということで古いエリボステリをご紹介いただくガイドとしてラクシュミー優さんとご縁がありましたうーん 顔出しは恥ずかしいのですが^^;フィレンツェの共和国広場の門をバックにラクシュミー優さんとパチリ11月に日本にいらっしゃるとのことたくさんの方とご縁が繋がりますように彼女の活動はこちらの...

  19. アカデミア美術館~ダヴィデ その2~ - Firenze&Toscana Photoravel 日記

    アカデミア美術館~ダヴィデ その2~

    それにしても、やはり海外の美術館や博物館は「心が広い」つくづくそう思ってしまう。ということで、ダビデを一周してみた。このダビデ像は右半身に重心を置き、右手が異常に大きい。これは、ヘブライ語のダヴィデという名前に「強き手」という意味があると語った人がいて、そこからヒントを得たとされているらしい。また、キリスト教の伝統では右は正義、左は悪の方向とされている。そのため、ダヴィデは左側を向き、これか...

  20. フィレンツェのSALDIは年に2回だそうで - 千葉のちいさなアロマ教室 マロウズハウス

    フィレンツェのSALDIは年に2回だそうで

    上半期に買って良かったもの!年に2度あるバーゲン全く知らずに出かけたのですが偶然にも遭遇!本当にラッキーでした「来週から夏のお休みになっちゃうのでよかったですね」って!これもフローレンスの女神様からの贈り物で 買ってしまったのが これ!水切りかごプラスチック素材にシリコン製の網がついていてこれがたためるのです伸ばすと普通に野菜などを洗える代物で9.99ユーロでしたこのお店は娘の友人が結婚する...

1 - 20 / 総件数:40 件

似ているタグ