フォト五七五のタグまとめ

フォト五七五」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはフォト五七五に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「フォト五七五」タグの記事(24)

  1. 皐月終わり - 螺子花便り

    皐月終わり

     後2日で五月も終わり、山も登り花も見たし、イベントにも参加しなんだかんだで忙しく動きまわっておりました。今年は雨も少なく、良い天気に恵まれ遊びには最適でした。6月は今の所予定も少ない感じです。「鞆ヶ浦」、三瓶山の杜若を二句です。                                                          「こもれびに どばしつなぎて ぎんのみち」  「...

  2. 皐月3 - 螺子花便り

    皐月3

     20日は 石見銀山ガイドの会イベント「鞆ヶ浦コース」を歩いて来ました、大森銀山から鞆ヶ浦までの銀を運んだ一番最初の道です。日本に銀精錬の技術が無い為、銀鉱石を朝鮮半島に運ぶ為の港までの道です。初めてですので愉しんで来ました。暑い中でしたが木陰が多く快適でした。                  「えんとつに ゆめをもやして なつのくさ」     永久精錬所の煙突跡 周りには沢山の家と人がい...

  3. 皐月2 - 螺子花便り

    皐月2

     先日大田市静間町のハマナスを見に行きました、何年か前より少し増えた感じがします。日本海西限の群生地との事、風が強く砂が飛び荒れておりました。 昨日は赤名の観光牡丹園に丁度満開でした、今まで牡丹は写真には余り撮った事も無く大分撮りましたがどうかな。 良く手入れされておられ感心しました。          「はるはやて すなにはなびら にほんかい」「うららかに しろむくはおり ゆめひとや」「つ...

  4. 五月1 - 螺子花便り

    五月1

     皐月田舎をウロウロしながら、写真を撮っております。山藤がきれいなのですが、絵に成るかが心配ですパソコンに溜まっていくばかりなのですが。                              「こいがまう かぜがにおうて かわかおる」江津市桜江町にて「やまふじも かわももゆらり ゆらゆらと」「やまふじも おちるあまおと みずしずく」鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐上橋 菜穂子 /KA...

  5. 大万木山登山 - 螺子花便り

    大万木山登山

      7日飯南町のイベントで大万木山に登って来ました、毎年参加しているかな、山野草の「サンカヨウ」が目当てですが今年は早過ぎました。雪が多く遅くなったみたいでした、なかなかです黄砂がひどかったです。  頂上の「タコブナ」「おおよろぎ いぎょうのぶなの めばえかな」 「はがくれは しのぶこいにて はなへんろ」   葉隠れに 散りとどまれる 花のみぞ 忍びし人に 逢う心地する西行法師 山家集秋月記...

  6. 山笑う3 - 螺子花便り

    山笑う3

     昨日は7日の大万木山登山の足馴しを兼ね、石見銀山の「仙ノ山」を歩いて来ました。銀山も人が一杯、車の置き場所にも困るのですが、仙ノ山の方は楽に置けます、でも反対側に下りたものですから車に戻るのに疲れました。                  「ひとすみを てらすシャガさく ろとうあと」釜屋間歩跡 露頭掘り跡です闇が銀の鉱脈がありました「つちおとも きこえぬいこうに てふにとう」   西田の里...

  7. 山笑う2 - 螺子花便り

    山笑う2

     山野草に山笑う二句、29日は矢滝城山の裏側になる西田地区で「葛粥」の接待が有り出かけました。吉野葛ほど有名ではありませんが、久しぶりに頂きました。美味しかったです。                 「はかなきも いのちつなぎて いかりくさ」「しゃがさきて はるのいちぶん とおしゆき」左が箱寿司、右が葛粥ですお粥に醤油味のくずが入っています。少し濃い目の味付けです。さわらびの譜 (単行本)葉...

  8. 山笑う1 - 螺子花便り

    山笑う1

     26日に島根に帰省しました。ここ2.3日天気も良く草刈等に汗を流していると、疲れますが、心地良い風を感じております。                 「はなさきて みもたわわにと やまわらう」 我が家の後ろ808m「大江高山」です。「あかがわら やまぶきにはえ じょうしみる」大江高山の隣は「矢滝城山」世界遺産石見銀山の一部山上の城跡は世界遺産です。何もありませんが見晴らしだけは最高です。陽...

  9. 明日香春色2 - 螺子花便り

    明日香春色2

       明日香 春色二句桜も終わりかな、あれから写真撮りに出掛けていないけど、、、、                 「しきしまの やまとおのこの さくらまう」  山桜限りあれば 吹かねど花は 散るものを 心みじかの 春の山風蒲生氏郷 「辞世の句」「はやのぼり かぜとさくらと きょうえんす」陽炎の門 (講談社文庫)葉室 麟 /講談社null

  10. 明日香春色 - 螺子花便り

    明日香春色

     13日の明日香では、そこそこ枚数撮って来ましたので句を頑張ってみたいものです。まずは二句。                    「さほひめの まうこいごろも たぶのみね」        「かげひとつ れんずのなかに はながちる」さわらびの譜 (単行本)葉室 麟 /角川書店null

  11. 奈良春色3 - 螺子花便り

    奈良春色3

     13日は、桜井の八講桜を見に行き、談山神社に回り明日香稲淵を散策して来ました。桜井のソメイヨシノは満開「八講桜」はほんの少し遅く満開は過ぎておりました。「談山神社」ソメイヨシノは満開でしたが、神社の周り桜の木が多いと思っていたのですが、もみじばかりに気が付きました。枝垂れの桃の蕾が可愛い感じでした。 明日香も稲淵はソメイヨシノが綺麗に咲いていました。天気は暑いぐらい            ...

  12. 奈良春色2 - 螺子花便り

    奈良春色2

     奈良公園の続きです、二月堂にも寄ってきました。こちらも梅が終わり桜の満開を楽しみました。                   「みほとけの だいひのはるが さきみちて」 「さんげちる さんげふみゆく はなへんろ」  「はるごとの はなのさかりはありなめど あいみむことは いのちなりけり」古今和歌集 詠み人不知結婚式の前撮りらしき人が何人おられましたが外国からが多いみたいです。川あかり (双...

  13. 奈良春色 - 螺子花便り

    奈良春色

     9日午前中雨でしたが、奈良公園に桜を見に出かけました。 桜は満開人も一杯、ウロウロしながら散策して来ました、午後からは傘も要らずで、少し光が欲しい処でしたが、、、納得かな。                   「りんとして しろきさくらぎ しろきつの」                      「めずらしき かめらのひとの はるたずね」    陽炎の門 (講談社文庫)葉室 麟 /講談社null

  14. 京都春色 - 螺子花便り

    京都春色

     久しぶりの京都散策、今回は八瀬「花尻の藪椿」を見に出かけました。 もう少し広くあるかと思ったのですが、小さい社でがっかり。辻利で漬物を買い賀茂川の桜を見学7.8分咲きでした。雨模様で写真にはもう一つ。八瀬、大原はもっと遅れるでしょう。                   「せきぶつに はなをいちりん こけのうえ」                       「ぽとぽとと はるのあしおと ひ...

  15. 修二会 炎三句 - 螺子花便り

    修二会 炎三句

     お水取りも終わり、愈々桜を探しに歩く事になるかな。初めての二月堂の写真、炎ばかりでしたが楽しかった。もっと修二会の奥に有るもの写し撮れる様な写真が欲しかった。                       「いしだんを てらしてはしる ひもあやし」「めぐりくる りんねのほのおと おみずとり」      「ひのたきに なげいれてたく ざんげあり」  獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)上橋 菜穂...

  16. 3,11祈りの日 - 螺子花便り

    3,11祈りの日

     今日は、震災の日6年間、何にも出来ない悔やみばかりを気にする一日です。             「かいこんも ざいごうもやして いのりのひ」「ろくどうの けがれきよめる ひがはしる」

  17. 修二会3句 - 螺子花便り

    修二会3句

     6日 修二会にお参りの3句                    「ろくしょうの ときをまもりて うめかおる」「おたいまつ 一二六六どの はるがくる」「けっかいも しびもみおろす ひのしゅにえ」辛夷の花 (文芸書)葉室 麟 /徳間書店null

  18. 修二会の春 - 螺子花便り

    修二会の春

     6日夜 東大寺二月堂の修二会の撮影に出掛けました、生憎の雨にあいヤッケはずぶ濡れ、寒かったです。初めてでなかなか面白かったです、参加者も多く、ツアーで来る人も多い事を知りました。場所も何処が良いかわからず一応良く写真で見る下からのアングルに決め場所取りをしました。                   「もちばなを かざりてゆめに あそびおり」「おたいまつ しゅにえいのりの にがつどう」「す...

  19. 立春色々 - 螺子花便り

    立春色々

     4日 西本願寺に大きな銀杏の木があり、もう芽が脹らんでおりました、もうすぐでしょう   「ごえいどう いろはめざめる いちようのき」鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐上橋 菜穂子 /KADOKAWA/角川書店null

  20. 雛日和 - 螺子花便り

    雛日和

     昨日は、雛の日何処からもお誘いが無く今日は、京都に行ったので孫の顔を見てきました。  「はるつみて つみなきものの ひなかざり」  「とがなくて みずをせおいて じゅうななき」今日は父の17回忌で西本願寺にお参りしてきました。御影堂の前にある水受け石の土台の天邪鬼です。「バルサの食卓」にて作りました、紫イモで少し汚く見えますが味は美味しかったです。軟らかくてうまく形に成りませんでしたが?守...

1 - 20 / 総件数:24 件

似ているタグ