フランス語のタグまとめ

フランス語」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはフランス語に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「フランス語」タグの記事(31)

  1. 101歳の画家 - La vie est belle

    101歳の画家

    Hier soir, j'ai regardé "le musée du dimanche ", l' émission de NHK à la télévision.Cette émission était sur une peintre "Kazuko Irie" qui a cent-un ans.Elle peint encore, en plus sur des grandes t...

  2. 今日は虹の日 - 宝塚・伊丹・川西☆グルーデコ・ドンネ・ジュエリーバッグ・チェインメイル☆Salon de Arc-en-ciel☆アルカンシエル☆

    今日は虹の日

    宝塚・伊丹・川西グルーデコ&ユリシスドンネジュエリーバッグハンドメイドアクセサリーチェインメイルジュエリー認定教室Salon de Arc-en-ciel~アルカンシエル~・・~**~**~**~**~・・虹、7色全部言える?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう・・~**~**~**~**~・・ご訪問ありがとうございます。どうやら、本日は『虹の日』だそうです。(お写真お借...

  3. Un cahier de vacances - La vie est belle

    Un cahier de vacances

    「ふらんす」の夏休み学習号というのをみつけたので、やってみた。簡単と感じられるくらいにはなっていたが、2年も勉強していたら当然といえば当然かもしれない。でも、嬉しい。いい復習と確認になったと思う。例えば、否定文の際には不定冠詞は[de]になる、とか、基本的な動詞の活用や、基本的な尋ね方を再確認。例えば[ Nous sommes le combien?](日にち)[Quel jour somm...

  4. ドイツ語に連音化はない! 仮定法もない! (17年7月3日) - "るもんが" の外国語学習日記

    ドイツ語に連音化はない! 仮定法もない! (17年7月3日)

    新しい外国語を学ぶと、ついつい既習外国語と同じと考えがちだ。たとえば連音化。英語で in America は「イナメーリカ」であって、「イン・アメーリカ」ではない。フランス語で en Amérique は「オン・ナメリーク」であって、「オン・アメリーク」ではない。そう、Nの子音は次の母音とつながるのが私のこれまでの「常識」だった。ドイツ語でもなんとなくそうかと思っていた。これまでそれをはっき...

  5. 夏の花   - La vie est belle

    夏の花  

    J'ai arrangé des fleurs de mon jardin.Ce sont des fleurs japonaises d'été.Elles apportent la fraîcheur a nous."Kikyo", "Hangesyo",et "Fuchiso".Ces noms sont aussi très beaux.庭に咲いている夏の山野草を活けました。「桔梗」...

  6. さくらんぼのコンフィチュール - La vie est belle

    さくらんぼのコンフィチュール

    Aujourd'hui, j'ai fait du confiture de cerises.A première fois, j'en ai fait seulement de cerises.Mais, a deuxième fois, j'en fait de cerises et de pêches.J'en vais manger avec du yaourt ou du pain...

  7. フランソワ・バイルーかベイルーか - L'art de croire             竹下節子ブログ

    フランソワ・バイルーかベイルーか

    今回のフランスの大統領選では、中道のフランソワ・バイルーがマクロンを応援し、その後で法務大臣になり、スキャンダルのためにひと月で身を引いたなどの経緯から、このブログでも「バイルー」の名を何度も書いた。テレビやラジオでもしょっちゅう耳にしたわけだが、やはり、はっきりと「ベイルー」と発音されることがあるので、10年前のことを思い出した。サイトの「フランス大統領選について その2」(2007.4....

  8. 総選挙後の声明を聞いて - L'art de croire             竹下節子ブログ

    総選挙後の声明を聞いて

    (これはすぐ前の記事の続きです。)フランス国民議会選挙の決選投票の後、またもや記録的な棄権率の判明した日曜の夜、主な党の代表が最初のコメントをしたのをテレビで見て、いろいろなことを考えさせられた。民主主義の選挙政治という文化はヨーロッパ系言語の中で生まれたものだということが影響するのかなあ、と思うほど、政治家のディスクールはよくできている。前も書いたが、特にフランス語は、市井の人が中身が何も...

  9. インスタにて、ひとことフランス語動画UP中! - 京都フランス語教室「游藝舎」便り L' Ecume des jours

    インスタにて、ひとことフランス語動画UP中!

     昨年10月から始めた、游藝舎のインスタグラム。 教室の普段の様子やイベント、ご近所情報、フランスに帰国した先生からの現地レポート、先生や生徒さんの旅の写真などなど、いろんな写真や動画をアップしています。一番最近の動画はコチラ! なかでも「ひとことフランス語」は人気!レッスンや先生との会話の中で気づいた面白いフランス語を動画で紹介します。 インスタグラムをしていない方でも見ることができますの...

  10. フランス語はおしゃれさん - La vie est belle

    フランス語はおしゃれさん

    Bonjour!文法参考書「新・リュミエール」に、フランス語はとてもおしゃれな言葉だという小さなコラムがあった。「フランス語はおしゃれな言葉」とはよく言われているけれど、このコラムではフランス語特有の音の響きとか、愛を語るためにぴったりの言葉だとか、そういう観点での話ではなかった。フランス語の名詞は、家にいるとき(辞書の中に並んでいるとき)は素のままでいるけれども、外出するとき(文の中で使う...

  11. 「Caroline et ses amis」 - La vie est belle

    「Caroline et ses amis」

    Bonjour!少し前のこと。「Caroline et ses amis」をフランス絵本のwebshop「プティトラン」さんで買いました。カロリーヌシリーズは子どもの頃、家にあった小学館の「世界の童話シリーズ」の中にあり、好きで好きで、何度となく読んだり眺めたりしていた本でした。お話も絵もとても気にっていたので、ネットで探し当て、別の出版社から出ている新装版(日本語)を買ってみたものの、本自...

  12. パリへ行った気分で♪♪ - マユールのひとりごと

    パリへ行った気分で♪♪

    フランス語のnoco先生の「お菓子で巡るl'Hexagone」のセミナーに参加して来ました。今回はイルドフランス編。パリを中心とした有名なお菓子のお話とフランス語レッスンでした。楕円形のお皿に可愛いお菓子がいっぱい!パリの地図を見ながら、サクレクール寺院や、セーヌ川、エッフェル塔などのお話などのお話を交えながら、お菓子の説明をして下さいました。メトロの路線図を見ながら、あ、この駅で迷子になっ...

  13. 仏コナン:謎解きを日常のフランス語例文に改造する(17年6月7日) - "るもんが" の外国語学習日記

    仏コナン:謎解きを日常のフランス語例文に改造する(17...

    フランス語を打つのが面倒くさいのであまりブログ記事を書いていなかったが、今の私のフランス語学習のメインは、フランス語版名探偵コナンを読んで日本語に翻訳し、知らなかった文型や単語を例文として集め、繰り返し反訳練習することだ。先週やったのは殺人事件の謎解きあたりの部分で、このまま覚えても使う場面がないし、実感が湧かないので、日常に近いフランス語例文に作りかえた。以下、サンプルだ。(ネタバレを防ぐ...

  14. フランス語の怪 - A primrose by the river’s brim

    フランス語の怪

    フランス語には、「女性名詞」と「男性名詞」があるのは知っていた。英語では、単語の先頭が母音か子音かによって「a」か「an」がつくがフランス語では、女性名詞か男性名詞かによって前につく冠詞が変わってくる。なぜ、言葉に男性と女性の区別があるのか。「そういうものだから、としかいいようがない」と、先生は教えてくれたが「フランス語」(もっといえばフランス人)の性質を端的に、しかも的確に表すのにこれ以上...

  15.  アン、ドゥ、トロワ(その2) - A primrose by the river’s brim

    アン、ドゥ、トロワ(その2)

    英語は得意科目のひとつだったがどうしても苦手なのが「数字」だった。「13」と「30」の聞き分けはできても「thirteen」と「thirty」と書かれると、瞬時に読めない。(いや、これくらいなら、まだいけるか)ジョージ・オーウェルの名作「1984」も「one thousand nine hundred and eighy-four」と記された日には「すみませんでした!」と叫んで、逃げ出したく...

  16. アン、ドゥ、トロワ(その1) - A primrose by the river’s brim

    アン、ドゥ、トロワ(その1)

    わたしと数字の確執は、長い。国公立大学に多数進学する、有数の進学校に入学したわたしだったが高校1年生にして早々に「私立文系コース」という、落ちこぼれコースを専願したのは絶望的に数字に弱いことが わかったからだった。「数学が苦手」などというかわいいレベルではない。思い返してみれば、すでに「算数」のあたりから怪しかった。それでも算数、数学を必死にやったのは赤点から逃れるためだけではない。将来、ス...

  17. ウェブサイトを駆使して英語やフランス語能力を無料で向上させる(2) - Life@イデアス(アジア経済研究所 開発スクール 27期生ブログ)

    ウェブサイトを駆使して英語やフランス語能力を無料で向上...

    のりおです。前回書き切れなかったので、今回も語学能力向上につかえる無料ウェブサイトの紹介です。全て自分で使っているものです。(なお、以前の記事に書いたように、私は英語がだいたいわかるフランス語学習者です。)1. 東京外国語大学言語モジュール文法や発音や会話を体系立てて学びたいなら、東京外国語大学言語モジュールをめっちゃおすすめします。27言語ものモジュールがあり、大抵の人の学びたい言語はここ...

  18. ウェブサイトを駆使して英語やフランス語能力を無料で向上させる(1) - Life@イデアス(アジア経済研究所 開発スクール 27期生ブログ)

    ウェブサイトを駆使して英語やフランス語能力を無料で向上...

    のりおです。いつもイデアスBlogをご覧いただきありがとうございます。梅雨になると思いつつも、なんというか予想以上の猛暑ですね。今回はideas関係ないですが、ガチで言語能力を向上させたい方に向けて、私の語学学習方法を少しお教えしたいと思います。海外大学院進学には、英語能力は必須。というか、最低限です。国際協力の世界で仕事をしようと思ったら、トリリンガルは普通なんですよ...各地で仕事をする...

  19. フランス語講座、終了! - 飲食日和 memo

    フランス語講座、終了!

    昨年秋から続けてきたフランス語講座、木曜日に初級修了しましたー。コアメンバーは8人くらい?この仲間と一緒に勉強できたのが、とても励みになりました。授業の最後は、私の出身地、というテーマで何人かがスピーチ。いつもクラスを和ませてくれたニュージーランド出身の男性が、NZでも名水の里になっているという故郷のことを話してくれて、素朴で人なつっこい人柄は生まれ育った場所もあるのかと思わされたり、また、...

  20. マクロンとフランス語 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    マクロンとフランス語

    トランプ大統領の語彙が貧困だというのは有名だ。日本の首相たちも漢字の読み方を間違えていることを何度も指摘された。サルコジは俗語を使ったり悪文を弄したりしていた。オランド大統領も文法の誤りを指摘されたことがある。フランスでは「フラランスとはフランス語」だと言われるくらいに、フランス語への思い入れは深い。マクロンは高校の演劇で出あったフランス語の教師と恋に落ちたくらいだからフランス語の能力は高い...

1 - 20 / 総件数:31 件

似ているタグ