フランスのタグまとめ

フランス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはフランスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「フランス」タグの記事(403)

  1. 2017/18シーズンオープニングに際しオレリー・デュポンインタビュー - ちひろ的パリ生活 

    2017/18シーズンオープニングに際しオレリー・デュ...

    オペラ座2017/18シーズンオープニングを控えfrance interのラジオでディレクターのオレリー・デュポンのインタビュー。これが初めての私自身のプログラムなので楽しみにしてください、との話から(昨年度のプログラムは、一部変更を加えたとはいえ大方は前任のミルピエのものなので。)現役時代ガルニエの舞台に立つことは自分にとってセラピーのようなものだったので、観客の拍手が苦手だった(!)なぜ...

  2. 再び‥ ヴォージュ広場で - くりくりのいた午後 bis

    再び‥ ヴォージュ広場で

    8月15日(火)今日の観光は午後からだけどモンマルトルの丘 そして、パリ市立近代美術館だけ (^。^)まぁ そんな感じでいいかな時間は16時半 旅は後半 疲れもたまっているので とりあえずホテルへ戻ることに再びアルマ・マルソーからメトロに乗ってサン・ポール駅まで行く。。。ヴォージュ広場へ入る前に 隣にある政府機関 Hôtel de Sully の中庭に入ってみたここには初めてはいったけど こ...

  3. パリ市立近代美術館 - くりくりのいた午後 bis

    パリ市立近代美術館

    8月15日(火)モンマルトルのコーランクールからまた80番のBUSに乗るヴァカンスの期間は小さなお店はどこも閉まっていると聞いてはいたけどこれほど? と思うほどBUSの窓から見る街はどこもシャッターが下りている商店街ばかりだ人もぜんぜん居なくて、こんなパリは初めて!この静かなパリが好き という人も多いそうだけどなんとなく拍子抜けしてしまう。。。デパートや大きな商店、シャンゼリゼ通りのお店や美...

  4. 『ランデヴー』 そしてサクレクール寺院の広場へ‥ - くりくりのいた午後 bis

    『ランデヴー』 そしてサクレクール寺院の広場へ‥

    8月15日(火)テルトル広場へ着きました。さすがにここら辺は観光客で賑わってますね (^。^)いろいろなタイプの絵描きさんがいます。今日は La Vie en rose 歌う あのオルゴール弾きのマダムはいないのかしら。。。そして、アゼ通りを抜けて、『ランデヴー』のゴール サクレクール寺院の前に出ました。今日も人でいっぱいですね (^。^)ベタな観光地だけど けっこう好きです ここパリが一望...

  5. 幻の短編『ランデヴー』のルートを行く - くりくりのいた午後 bis

    幻の短編『ランデヴー』のルートを行く

    8月15日(火)朝昼兼用の食事を済ませた私達は再びメトロ1号線にのりフランクラン・D・ローズヴェルトに出る。ここから80番のBUSに乗ってモンマルトルへ向かいます。ケビンがフランス映画『男と女』のルルーシュ監督が撮った幻の短編『ランデヴー』のルートを歩きたい と言うので‥さすがに全ルートは無理だけど最後のモンマルトルの丘へはそのルートで行きましょうどういうルートかというと こちら以前の bl...

  6. なんか違うぞ。。。 ひとり旅の時とは‥ - くりくりのいた午後 bis

    なんか違うぞ。。。 ひとり旅の時とは‥

    8月15日(火)さて、今日はどうしようか。。。とりあえず朝ごはんひさしぶりに Claus のプティ・デジュネ食べたいなでも、あそこまで行ってお休みだったら辛いので電話してみる「今日やってますか」と「やってるよ~ 予約入れる?」とお返事がケビンに 予約どうする? って言ったら何時になるかわからないからいいよ とこれが甘かった。。。ホテルでダラダラしていたし、時間が読めなかったのもあるけれど‥ホ...

  7. ホテルに戻って。。。 - くりくりのいた午後 bis

    ホテルに戻って。。。

    8月14日(月)夜のセーヌ川クルーズを終え、ポンヌフからタクシーに乗って Place des Vosges(ヴォージュ広場)は言えたけど‥ホテル名の Le Pavillon de la Reine は発音が難しかった何度か繰り返したけど やっぱり通じず Là-bas(あっち)Voilà(そこ)を繰り返しなんとかホテル前に付けてくれました (=^_^=)ただいまぁ。。。お腹空いたねで、今夜はル...

  8. 嬉しい限定的な再入荷★  Glacon (MADE in France) ・・・ WIDE SOLID 3/4 TEE - selectorボスの独り言   もしもし?…0942-41-8617で細かに対応しますョ  (サイズ・在庫)

    嬉しい限定的な再入荷★  Glacon (MADE i...

    昨日の続きのような・・・本日も沢山の御来店・御愛顧 誠に有難うございました!色んなNEW ITEM も出せなかった程、忙しかった本日・・・笑、大袈裟?そんな中・・・嬉しいITEM が、今秋冬に限定的に再リリースされてます(^^♪Glacon (MADE in France)WIDE SOLID 3/4 TEEいわゆる「短丈・身幅WIDE」の特殊な形の7分TEE ですが・・・前々期のリリース時...

  9. パリの貴婦人‥ La tour Eiffel - くりくりのいた午後 bis

    パリの貴婦人‥ La tour Eiffel

    8月14日(月)エッフェル塔に近づいてきました。22時ちょうど シャンパンフラッシュがいきなり始まる歓声があがった。。。綺麗だよ~~~写真ではこのキラキラが撮れないってことで。。。実物はこの100倍綺麗です。。。あっという間の5分間だったでも、フラッシュが消えても素敵な貴婦人 La tour Eiffel (^。^)次回は最終時刻午前1時からの5分間オレンジ色のライトアップが消え、白い光だけ...

  10. 〈4日目-5〉 トゥール美術館とトゥール城の展示(6/23-その5)【2017 フランス旅行記】 - わたしの足跡2

    〈4日目-5〉 トゥール美術館とトゥール城の展示(6/...

    2017年フランス旅行記、目次は→*こちら*****************【4日目(6月23日‐その5)】(「城を見上げつつ、シノンの街を散策(6/23-その4)」からの続きです)シノンを後にして、14:45にトゥール(Tours)に到着!何度目かのトゥールの街。まだ早い時間だから、行きたいところを色々巡るぞー!!まずは気になりつつも、いつも開館時間に間に合わなくて行けなかったトゥール美術...

  11. Vedettes du Pont Neuf 夜のセーヌ川クルーズ - くりくりのいた午後 bis

    Vedettes du Pont Neuf 夜のセーヌ...

    8月14日(月)ケビンとのパリは なんと計算してみたら8年ぶりだった。。。病気や介護で渡仏できなかった5年間もあったけどその後私は単独でパリへ ケビンは仕事でパリへ来ていた久しぶりの ふたりでPARIS!二人じゃなければ出来ないことしたいな で夜のセーヌ川クルーズへ。。。一度お船の上からエッフェル塔のシャンパンフラッシュを見てみたい!!別にひとりでもできないことはないけどさ 寂しいじゃん (...

  12. 英語脳 - A primrose by the river’s brim

    英語脳

    ※画像は「英語脳」とは何の関係もない、美しきパリの凱旋門(l'Arc de Triomphe)「座右の銘は “Let it be.”」と言ったどこかの王子さまがご自分を「英語脳」だといっているとか、いないとか。(注:悪口ではありません)この「英語脳」という言葉小学校の外国語活動が「英語」という教科として検討される頃からよく聞くようになったがこれはたとえば英語を話すときに1つひとつの言葉を日本...

  13. Pavillon de la Reine ★★★★ - くりくりのいた午後 bis

    Pavillon de la Reine ★★★★

    8月14日(月)パリ マレ地区 ヴォージュ広場の回廊にあるホテル パヴィヨン・ドゥ・ラ・レーヌ浅田次郎原作「王妃の館」の映画の舞台になったパリの隠れ家ホテルです。また、柔軟剤レノア オード・リュクスのCMにも起用されたこともあり「パリの隠れ家ホテルのもてなし。それはここだけの香り......」と‥この蔦のからまる外観がどーんと出た あのホテルです。 (^。^)ここ 一度泊まってみたかったんだ...

  14. 『エレガンスの法則―緋紗子&マダム・ペロルのボン・シックな生活術』伊藤 緋紗子、ユゲット ペロル - 1000日読書

    『エレガンスの法則―緋紗子&マダム・ペロルのボン・シッ...

    こちらは女性のフランスエリート版?2000年初版なので、エレガンス本の草分けなのかもしれない。このユゲットさん、元在日フランス大使の奥様で、ご主人様は外務事務官にもなった方。美容とか、ファッション、センスの話は今では特に目新しいものはなかったんだけど、吃驚したのが「男性の魅力」についてだった。①勇気があること ②精神的に強いこと ③自分自身のコントロール能力を持っていること、だそうだ。これを...

  15. 『フランス産エリートはなぜ凄いのか』橘木 俊詔 - 1000日読書

    『フランス産エリートはなぜ凄いのか』橘木 俊詔

    こちらはエリート目線の話。驚くべきは、フランスには大学とは別の最高教育機関が存在していること。大学→大学院ではなく、まったく別物だった。

  16. 『知っていそうで知らないフランス―愛すべきトンデモ民主主義国』安達 功 - 1000日読書

    『知っていそうで知らないフランス―愛すべきトンデモ民主...

    まずはフェニキア人の国であるカルタゴに興味を持った。カルタゴは今のチュニジアにある。チュニジアはフランスの植民地の一つだった。日本からチュニジアへの直行便はない、検索するとパリ経由か、中東経由になるのだと知ってちょっと笑った。飛行機の路線とはある意味面白いものだと思う。そこで夢想した。パリでフランス語を習って、そこからチュニジアに行ったら楽しいだろうな。フランスに興味がわいた。もう一つは福岡...

  17. フランス人間国宝展 - モテ★カチューシャ

    フランス人間国宝展

    上野 東京国立博物館で開催されている重要文化財の表慶館で15人の匠による作品が華麗な美の世界をこれでもかっ!いうぐらい堪能できます。一つ一つが生き物のようにスポットライトを浴びた天目茶碗から始まりとてもワクワクしたのは傘、扇、織り布、エンボス加工。他にアトリエ映像があって見入ってしまいます。ぜひ。

  18. マルセイユ・プロヴァンス空港 - くりくりのいた午後 bis

    マルセイユ・プロヴァンス空港

    8月14日(月)レンタカーを返却して なぁんにもないターミナル4へ国内線ですからね (=^_^=)チェックインを済ませ 少し時間があったのでカフェで休憩でもしようか。。。お土産屋さんも少し覗く‥名物の焼き菓子やらカリソンやら‥ラヴェンダー一色のものやら‥ここで家用にひとつカリソンを買ってカフェへチェックインカウンターはけっこう混雑してたけど ここはガラガラよっぽどまずいのか。。。でも、航空機...

  19. マルセイユへ向かって‥ - くりくりのいた午後 bis

    マルセイユへ向かって‥

    8月14日(月)サントロペのホテルを出て約140km先のマルセイユの空港へ向かう。。。サントロペからは約50km先にトゥーロン・イエール空港というのがあって、こちらのほうがぜんぜん近いのですが‥パリ便のタイムテーブルが私達の計画に合わなかったまた、ニース コート・ダジュール空港までは100kmとこちらも近いのですが‥実は元々予約を入れていたホテルがニースとマルセイユのちょうど真ん中で(理由あ...

  20. 古いもの シルバー食器 - MAISONTIQUE便り

    古いもの シルバー食器

    日常に古い食器を使う楽しみ・・・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ にほんブログ村

1 - 20 / 総件数:403 件

似ているタグ