フランスのタグまとめ

フランス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはフランスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「フランス」タグの記事(408)

  1. 【キニナル人物】【Nicolas Hulot】国務大臣、環境移行・連帯大臣ministre de la Transition ecologique et solidaire - フランス落書き帳

    【キニナル人物】【Nicolas Hulot】国務大臣...

    【キニナル人物】【Nicolas Hulot】国務大臣、環境移行・連帯大臣ministre de la Transition ecologique et solidairehttps://plus.google.com/+naoparis/posts/75cW7m4mQVm【キニナル人物】【Nicolas Hulot】国務大臣、環境移行・連帯大臣ministre de la Transiti...

  2. 2016パリ旅行記23-1 :「霧の中のソミュール城(10/22-その1)」 - わたしの足跡

    2016パリ旅行記23-1 :「霧の中のソミュール城(...

    2016年パリ旅行記、目次は→*こちら*****************【23日目(10月22日:その1)】今日はソミュール(Saumur)とアンジェ(Angers)に、日帰り旅行!5:45に起きたので、眠い眠い…。列車が出るのは、オーステルリッツ駅。ナント行きの列車でした。7:27に出発して、あたりはまだ真っ暗。眠くて爆睡していて、1時間ほど経ってから目が覚めて外を見ると…ものすごく濃い霧...

  3. ガーデニング | 花壇で一時待機中のお花たち。 - ロワール古城の街から

    ガーデニング | 花壇で一時待機中のお花たち。

    小さな花で野花っぽいものが好きで、自分がブーケやアレンジメントを作る時の色彩を、庭で表現できたらいいなと思っているのですが、ガーデニングとして、広いスペースにするまでに、砂利を撤去したり、花の配置を考えたり、と時間が意外とかかりそうで。いいなと思った花を見つけても、下手に植えられないというのが、難点。すでに花があると、根っこが張っていて、土を掘り起こせないし。植える季節とタイミングもあるしで...

  4. マクロン、マリヘ行くーー女性国防大臣の意味は? - L'art de croire             竹下節子ブログ

    マクロン、マリヘ行くーー女性国防大臣の意味は?

    マクロンのはじめてのヨーロッパ外の訪問は、アフリカのマリのフランス軍駐留地で、7時間いて、閲兵した後は兵士たちといっしょにセルフサービスのテーブルについた。フランスの国防大臣はオランド政権の5年間、ジャン=イーヴ・ドリアンが続けて存在感を示していた上に、早くからマクロンを支持していたので、続投かと思ったら、欧州・外務大臣に任命された。要職だから文句はないとしても、新国防大臣にシルヴィー・グラ...

  5. Qu'est ce qu'est le danseur étoile? d'après Aurelie Dupont - ちひろ的パリ生活 

    Qu'est ce qu'est le danseur...

    新エトワールユーゴ・マルシャン をゲストに迎えてのLa grande table(というFrance Cultureのラジオ番組)にて、オペラ座ディレクター オレリー・デュポンが考える「エトワールとは」というくだりがあって面白かったので字起こししてみました。Qu'est ce qu'est le danseur étoile? d'après Aurelie Dupont "Pour moi...

  6. 餓鬼の性癖 399 - 風に吹かれてすっ飛んで ノノ(ノ`Д´)ノ ネタ帳

    餓鬼の性癖 399

    2017年05月19日フランスで開催中の韓国漫画展が『ツッコミ所満載の内容』で日本側が騒然。これはどう見ても米軍だろ1:蚯蚓φ ★@\(^o^)/2017/05/18(木) 15:24:02.28▲キム・クムスク作家「草」の作品イメージ▲キム・クムスク作家キム・クムスク作家が漫画家として初めてフランス西部の文化都市ナント(Nantes)で開かれる「第5回 韓国の春(Printemps Cor...

  7. 白鳥の巣-1 - 料理下手妻と食いしん坊旦那のフランス留学

    白鳥の巣-1

    駅に向かう途中で偶然白鳥の巣を見つけました。母親が温めて、父親が見守っているんでしょうか?少し気にしてみてみよう!1日目。

  8. 新内閣のスポーツ相とブラックフェイス - L'art de croire             竹下節子ブログ

    新内閣のスポーツ相とブラックフェイス

    今回のフランスの新内閣の構成で、男女の同比率はきっちり守られたし、出身階層や学歴についてもいろいろ分析されていた。閣僚全部で88冊の著書があるとかいうのもフランス的だ。政治家の本はよく売れるし、フランス人は今でもクリスマス・プレゼントに単行本を贈り合うのが珍しくない。でも、何しろ公の「人種別統計」が禁止されている国だから、閣僚の「人種」のバランスは問題にされない。今回の唯一の黒人閣僚は、ロー...

  9. ニコラ・ユロー環境相の意味、マクロン政権への私のスタンスなど - L'art de croire             竹下節子ブログ

    ニコラ・ユロー環境相の意味、マクロン政権への私のスタンスなど

    今朝のラジオで緑の党のダニエル・コーン=ベンディットが、ニコラ・ユローの、環境相就任についてコメントしていた。これまでサルコジからもオランドからも誘われていたのに断ってきたポストをどうして受けたのか、どうみても原発推進派の首相のもとでこの人選は、「アリバイ大臣」と言われているがそうなのか、という質問に対するものだ。ニコラ・ユローはフランス人の好きな人物のアンケートでいつも上位にある人気者で知...

  10. 今日から写真展 - 好きな写真と旅とビールと

    今日から写真展

     お知らせです。今日から市内で参加している写真サークルの写真展が、始まりました。21日 日曜日まで10:00~18:00開催しています(21日は16:00まで)場所は東京都の日野市民会館2Fギャラリーです。お時間ありましたらお立ち寄り下さい。*写真は恵比寿のネコカフェ・ニャフェメランジェのネコちゃん。

  11. 2016パリ旅行記22 :「ジュ・ド・ポムの展示と、FIAC(10/21)」 - わたしの足跡

    2016パリ旅行記22 :「ジュ・ド・ポムの展示と、F...

    2016年パリ旅行記、目次は→*こちら*****************【22日目(10月21日)】ゆっくりめに起きて、昨日リヨンで買って帰った、ベルナシヨンのボンボンショコラをいくつか食べてみました。ん~♪美味しい!色々な香りのもの…というより、ベーシックでスタンダードなショコラが多いと思います。ずっと作られているという、安定した美味しさ。カカオの香りも濃くてしっかりしていて、さすがだわぁ...

  12. マクロン内閣はやっぱり… ジェラール・コロン国務相 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    マクロン内閣はやっぱり… ジェラール・コロン国務相

    (注:タイトルの「コロン」はコロンブではありません。最初の打ち間違いが全部にコピーされてしまったのに今気づいたので訂正します。)任命前のモラルと資産の「身体検査」に時間をかけたということで遅くなった内閣のメンバーが発表された。バイルーが法務相、ル・メールが経済相、ニコラ・ユローが環境相、ル・ドリアンが欧州・外務相と、中道、共和党、緑の党、社会党の大物が大方の予想通りちゃんと要職に…。突っ込み...

  13. おしゃれなダストボックス - カルトナージュと気まぐれ日記

    おしゃれなダストボックス

    ご訪問ありがとうございます。5月は連休もあり、いつもと違うレッスンです。さて、カルトナージュ作品のご紹介Iさんのダストボックス素敵な布は、フランスのインテリアファブリック柄もお色も申し分なくおしゃれ!ですが。とっても手ごわい(手こずる)相手です。(>_<)                      中のスキバルとの相性もぴったりです。                      私...

  14. ラデュレ - フランス菓子教室 Paysage Calme

    ラデュレ

    ラデュレ、ロワイヤル本店。スミレの砂糖漬けを購入しようと思ってお店に入りましたが、夫が「マカロン買おうよ。みんな買ってるよ!」と言うので、ちょっとだけ買ってホテルで食べました。教室の生徒様はよく知っていると思うのですが、私、マカロンそんなに好きじゃないのです。笑7月にスミレをイメージしたフロマージュブランのお菓子をご紹介する予定なので、このスミレはその時に使います♡生徒様は楽しみにしていてく...

  15. ヴェルサイユ宮殿 - フランス菓子教室 Paysage Calme

    ヴェルサイユ宮殿

    フランスに滞在中、最も混雑していたのがこちらヴェルサイユ宮殿でした。↑鏡の間、キラッキラで素敵でした☆彡混雑していても、日本人にはほとんど会いませんでした。お庭のハートもロマンティックで可愛かったです♪

  16. 絵画・美術においてロマン主義とは何か? 新古典主義との違い - dezire_photo & art

    絵画・美術においてロマン主義とは何か? 新古典主義との違い

    シャセリオーThéodore Chassériau  日本では今まで知られていなかったフランスのロマン主義巨匠シャセリオーの芸術を日本ではじめ本格的に紹介する美術展が、東京西洋美術館で開催されました。シャセリオーは、師アングルに「この子はやがて絵画界のナポレオンになる」と言わしめた逸材であり、若干16歳でサロンにデビューし、やがてアングルとは決別、独自の作品世界の探求へ向かいますが、道半ば、...

  17. 新首相への懸念と前の記事の追記 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    新首相への懸念と前の記事の追記

    新内閣の発表は水曜日に延期されたそうだ。共和党のフィリップ首相が任命されたのだからブリュノー・ル・メールなど何人かの共和党議員が入るだろうと言われていたのだけれど、フランソワ・バロワン(私はこの人の低音のファン)は分断を認めないし、なかなか微妙だ。フィリップ首相を激しく弾劾するのは「共和党を裏切った」とかいうことではない。もともとル・アーブルのような元来左派の拠点であるような街になんとか食い...

  18. 新緑の季節 - フランス菓子教室 Paysage Calme

    新緑の季節

    パリも北フランスも滞在中はどこへ行っても新緑が本当に美しかったです。

  19. Chestnut Spread - NYの小さな灯り ~ヘアメイク日記~

    Chestnut Spread

    友人からヨーロッパ旅行のお土産をいただきました。 フランス産のChestnut Spreadです! 栗のペーストだなんて何だか珍しいですね~。パンに塗ったりすればよいのでしょうか?それともクレープかな?モンブランっぽい味になるのでしょうね! 一度あけると使い切らないといけなさそうなので、使い道をよーく吟味してから開けようと思います! 楽しみです~^^ Yさん、どうもありが...

  20. 『アエラ』のマクロン記事にびっくり  - L'art de croire             竹下節子ブログ

    『アエラ』のマクロン記事にびっくり 

    フランスの大統領選についての日本語の記事を偶然、ネットの雑誌記事で見て驚いた。日本の個人のブロガーなどが的外れなことを書いていても別に気にならないけれど、アエラって朝日新聞社の雑誌じゃなかったっけ?(5/22号 p58-59)しかも、編集部とライターの署名記事。突っ込みどころが多すぎる。タイトルからして《「ナチスの教訓」が勝った》というのだ。ドイツじゃあるまいし、フランスが極右を排除しようと...

21 - 40 / 総件数:408 件

似ているタグ