ブッシュのタグまとめ (10件)

ブッシュのタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはブッシュに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 彼とカヲリの庭の関係

今日の紹介は2002年作出のイングリッシュローズジュビリーセレブレーションこれまでブログを続けてきてかなりベタ褒めしてきた薔薇だがやはり今でもその評価は変わってはいないただ僕は育てていて欠点と思ったことが無かったが花首が項垂れてしまうのが嫌だというのを見るようになった僕は夏以降黒点病になることが有るのが欠点だと思っていた確かにジュビリーの大輪の花は花弁がとても多く華奢に育った花首は支えきれず...

by 彼とカヲリの庭の関係

挿し木の室内栽培のしのぶれどが二度目の開花前回は1月25日に記事を上げている咲いたのは23日頃なので前回の開花から50日弱で咲いた事になるちなみに前回の記事はこちら↓前回はカップ咲きではなく丸弁咲きのような形だった今回はカップで開花した しのぶれど、今回も四輪程度だろうちなみに真夜は最初の蕾を水切れでダメにしてしまってから二度目の蕾が2月15日に開花ゆっくり開花を続け三月に入っても楽しませて...

by 彼とカヲリの庭の関係

先日紹介したレディ エマ ハミルトン第二部の紹介です写真が多いので三部作くらいにしようかと思ったが綺麗なので意外にしつこくなくサラッと見てしまえそうなので完結にします、前編後編で良かったか。汗先日紹介したのは寒さで一気に咲かない一輪咲きがポツポツ開花し殆ど終わってしまった所までの紹介そして残った房が咲き始める第一部でエマの事はほぼ書いてしまったので簡単に書いていこうと思ういつもの美しいオレン...

by 彼とカヲリの庭の関係

レディ エマ ハミルトン2005年作出のイングリッシュローズ我が家ではわりと古い方のイングリッシュローズ僕をイングリッシュローズの虜にしてくれた香り高い薔薇の一つ薔薇には珍しく銅葉を持つエマ開花の頃にはもう銅葉では無くなってきているがステムが黒っぽく見えるのはその為以前のブログで朝日を浴びると自身がランタンのごとく灯っているように見える美しい姿を紹介した(その記事は下のリンクからどうぞ)残念...

by 彼とカヲリの庭の関係

チャールズ レニー マッキントッシュ1988年作出イングリッシュローズERには珍しいライラックピンクの薔薇薔薇の容姿からは想像つかないが下の画像がチャールズチャールズレニーマッキントッシュは建築家、デザイナー、画家スコットランドにおけるアールヌーボー提唱者であったようで建築は独創的、今でも彼のデザインした椅子が購入出来るようだチャールズの建築などを見たい方はコチラ 色合いも良いが連続開花性も...

by 楽なログ

 デビッド ボウイ、プリンス、エマーソンにレイク、今年は有名人の訃報が色々な分野であったけれど、特に音楽家が目立つと思ったら、今度はジョージ マイケルであった。 ジョージ マイケルはイラク戦争の時に、こう言っていた。 「私は決してアメリカ嫌いではないが、ブッシュ大統領とその取り巻きたちとなると事情が異なる。ブレアさん、この件について私達とちゃんと話し合いましょうよ」 こう呼びかけたが無視され...

by 彼とカヲリの庭の関係

今日の紹介はイングリッシュローズシャリファ・アスマ 1989年作出イングリッシュローズ美しい容姿と濃厚な香りを有した薔薇天は二物を与えずと言うが 薔薇に関して言えば美しさ一瞬にして人を虜にしてしまうような素晴らしい香りの両方を手にしている存在が多々有る多くが交配によって生みだされた美しさではあるが人々を虜にする美しさと香りを持たせる事は出来ても刺をなくす事までは出来なかったしかし刺を無くそう...

by 彼とカヲリの庭の関係

今日の紹介はコルデスのアイスバーグ1958年作出言わずと知れた薔薇の名花アイスバーグはセンスのない英名で氷山の意味だがドイツ生まれのこの薔薇は白雪姫という本当の名前が有る名花の所以は花の美しさよりもその性質から来ている事だろう連続開花性、病気になっても回復する速さ、健康的な伸び方などとても信頼性の高い薔薇である株に問題を抱えてたり、土が死んで無い限りは株一面の開花が約束されたようなものまさに...

by Ebizori Photo

自動車もまず10万キロ超えてくると、ゴム・樹脂・部品がまず経年劣化で硬化しおとろえてくる。古くなると下周りがギシギシゴトゴト鳴ってきまする第一の要因はゴム類の劣化。簡単そうなとこから交換していくよて事で下回りのリフレッシュの初級編、スタビライザーのブッシュとスタビリンクの交換。スタビブッシュの交換はしごく簡単。片側につき2か所のボルト外すだけゴムも硬くなり、亀裂も入ってました。交換する新しい...

by 彼とカヲリの庭の関係

早いものでもう12月年々年月の過ぎるのが早くなる、この間春だと思ったらもう冬になっている(笑)あともう少しで2016年も終わり12月は何かと忙しい時期でもある、一大イベントはクリスマスだろうか仏教国の日本で純粋にクリスマスを一番楽しめるのはやはり恋人達だろうか僕はというと煌びやかな季節は嬉しいが12月は一年で最も日が短い時期でもあるその上北海道の日本海側に居住していると冬は気圧配置の関係で曇...

似ているタグ