プログレ夜話のタグまとめ

プログレ夜話」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはプログレ夜話に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「プログレ夜話」タグの記事(7)

  1. 「ぞうさん」と「どんぐりころころ」に思わずニヤリ - 正方形×正方形

    「ぞうさん」と「どんぐりころころ」に思わずニヤリ

    ARWイエスがとても良かったので今日はちょっと復習した。72年のツアーを録めた映像では18分を超える大曲Close to the edgeでの凄まじいインタープレイに身震いする。今更ながら・・・(復習は長いので省略)さて、渋谷でのセットリストを忘れないうちに書いておこう。1. Cinema2. Perpetual Change3. Hold On4. I've Seen All Good...

  2. アイディアとテクニックがぶつかり合う高速アンサンブルの凄み - 正方形×正方形

    アイディアとテクニックがぶつかり合う高速アンサンブルの凄み

    離合集散を繰り返すイエスそのスピンアウト組と言うにはあまりにも豪華な顔触れがシブヤ文化村にやってきた。オリジナルメンバーはジョン・アンダーソンだけだがバンドに飛躍をもたらしたリック・ウェイクマン最大のヒットを飛ばしたトレヴァー・ラビンがステージにいる。うぉー!プログレ全盛期の名曲と90215時代のヒット曲をバランス良く組み合わせ、会場の新旧世代を興奮と熱狂の渦に叩き込んだ。黄色い声援はない...

  3. 最近はただの気のいいオッサン - 正方形×正方形

    最近はただの気のいいオッサン

    ジョン・ウェットンが亡くなった。70年代最強と謳われるキング・クリムゾン リズム隊の一翼を担ったベーシストにしてプログレ業界を代表するヴォーカリストであった。2013年5月のハケット先生のライブを思い出す。さっきまで自宅リビングでくつろいでいたようなラフな格好でステージに現れ、そうしてAfterglowを歌い上げた。プログレ界至高のヴォーカリストも最近はただの気のいいオッサンであった。やば...

  4. Starless and bible black - 正方形×正方形

    Starless and bible black

    飲んだくれている間にJohn Wettonが亡くなった。こんな悲しい夜はない。 Sundown dazzling dayGold through my eyesBut my eyes turned within only seeStarless and bible black心よりご冥福をお祈りします。(/ _ ;).

  5. やはりドラマーは体力だ - 正方形×正方形

    やはりドラマーは体力だ

    そう、昨日はカール・パーマーについて書こうと思ってたんだ。Emerson, Lake & Palmerの生き残りにして現役の凄腕ドラマーである。近年、Gavin HarrisonやMarco Minnemann の超絶プレイを間近で体験してしまったので凄腕の定義は揺らいでいるが(笑)それでもカール・パーマーの体力ドラミングは凄い。EL&P時代はキースのプレイに挑むような正確性を度外視した前...

  6. プログレ業界には凄腕ドラマーが多い - 正方形×正方形

    プログレ業界には凄腕ドラマーが多い

    プログレ業界には凄腕ドラマーが多いがワタシはチョッチョさんのドラミングが大好きだ。この曲なんか4分あたりから始まる長いギターソロのバックで鳴るドラムがちょっと良いのだ。あー、やっぱりイイな。原題のIl mio nome è NessunoはMy name is Nobodyのことでマカロニ・ウェスタンのタイトルと同じだが映画とはどうやら関係なさそうだ。今日はカール・パーマーのことを書こうと...

  7. 予期せぬプログレとカメラの融合 - 正方形×正方形

    予期せぬプログレとカメラの融合

    今日はノリ氏の紹介で銀座のあるお店に行った。ギャラリーを併設するカフェバーというのが一般的な括りになるだろうが際立った個性がある。プログレバーなのである。ホームランバーではない。店内には2000枚のLPをストックしていて探索さえできればあらゆるプログレを聴かせてもらえる。ワタシが注目したのは、店主が70年代に行ったというライヴのチケットである。錚々たる顔ぶれが並ぶが「箱根アフロディーテ」の...

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ