ヘッドフォンアンプのタグまとめ

ヘッドフォンアンプ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヘッドフォンアンプに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ヘッドフォンアンプ」タグの記事(5)

  1. DEPP-HPA⑤FET-Inv.Darlington版 - 通電してみんべ

    DEPP-HPA⑤FET-Inv.Darlington版

    今回のシリーズは検討途中の内容まで備忘録として残す様にしています。その結果チンタラ進んでいる様に感じるかも知れませんな。 いや〜それでもテキトーに省略し端折って記載しています。検討し尽くしたとは到底言えませんし。MOSFETですが、品種を選べば滑らかさや高域の伸びが得られる事が判りました。MOSFETだけで組めば差動2石で済むんですけど、そうはいきませんでした。低域がやせ細って弱々しい音にな...

  2. DEPP-HPA④MOSFET版・後編 - 通電してみんべ

    DEPP-HPA④MOSFET版・後編

    長らく休ませていただきまして有難うございます。当方の親族が〇〇して逝く寸前となり入院しましたが持ちこたえた様です。ひとまずは安心して投稿を再開できそうです。 MOSFETの続きという事で、DEPP回路に活かせるMOSFETを探す訳ですな。基本的な回路は下図の感じですな。物理的な選択肢につきましては前回の記事③をご参照。バイアス回路をR17とR18の分圧にする事で調整可能にできます。そして前回...

  3. DEPP-HPA③MOSFET版・前編 - 通電してみんべ

    DEPP-HPA③MOSFET版・前編

    バイポーラの音にも特色がある気がするんでモスフェットはどうなのよと、ちなみにモスフェットという読み方に嫌悪感を感じる人もいる様ですが。(爆) モスモス、あんた誰?MOSFETで実験する目的は音質のキャラクターを探る事がメインで、それにプラスして特性を満足して使える品物があるのか?という点です。よってMOSFET版というのは実験途中の暫定バージョンな訳です。回路的にはインバーテッドダーリントン...

  4. DEPP-HPA②Inv.Darlington版で御座んす - 通電してみんべ

    DEPP-HPA②Inv.Darlington版で御座んす

    インバーテッド、ダーリントンでっすぅ〜。(バカ) DEPP回路をダーリントン接続で検討してきましたが、今回みたいなアホ回路の場合には、インバーテッド・ダーリントンへ変更した方が良好な場合もあります。経験上そんな感じがありますのでインバーテッドで実験してみました。回路は下図になりますな。*R19とR18を追加しています。(2017.07.09 混乱するのでR17→R19に変更して表記を統一。...

  5. DEPP-HPA①音質対策は必要か? - 通電してみんべ

    DEPP-HPA①音質対策は必要か?

    半導体DEPP回路でヘッドホンアンプ。音質面に集中して投稿シリーズを開始します。出力トランスだけあれば同じ音になる? どうやら違う様です。 .【アホアホDEPP回路に意味あんの?】元は古典的な回路ですな。*真空管回路を半導体に移し替えた訳じゃありません。 その方法では半導体に最適化されていないため良さが出ません。*元の真空管アンプ回路にある設計思想まで引き継いじゃうから、 二番煎じの劣化版に...

1 - 5 / 総件数:5 件

似ているタグ