ヘッドのタグまとめ

ヘッド」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヘッドに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ヘッド」タグの記事(9)

  1. 750トライアンフヘッド修理(シートカット擦り合わせ・バルブスプリング) - Vintage motorcycle study

    750トライアンフヘッド修理(シートカット擦り合わせ・...

    前回バルブガイドを入れ替えたトライアンフのヘッドさん。光明丹をつけあたりっぷりチェック。4本とも全集に当たり状況良し。4本ともバルブ傘下目にあたっています。まずEXがわから虫食いが酷かったEX側はまず虫食いが取れるまで最小限で45度面シートカット。バルブシートとバルブ傘面の位置を合わせ30度面カットし、あたり幅1.5mmに。IN側は45度面の状態が悪くなかったので、45度面は擦り合わせで仕上...

  2. TRIUMPH750 ヘッド修理(バルブガイド) - Vintage motorcycle study

    TRIUMPH750 ヘッド修理(バルブガイド)

    今日は修理でお預かりしているトライアンフのヘッドのシリンダーヘッドのお話。そもそもロッカーカバーマウントボルトのメネジ部分の修理でお預かりのヘッドでしたが、バルブフェース面、バルブシート面の虫食いもあり、ガイドホールもEX側は下部が0.15mm~0.3mmとだいぶ広がっていたので交換することに。もともと、ロッカーマウント螺子が駄目になり、そのためロッカーアームとバルブのあたり角度が変わりバル...

  3. 1968BSA  A65 バルブシートカット&バルブスプリング - Vintage motorcycle study

    1968BSA A65 バルブシートカット&バルブス...

    今日はTさんのBSA A65のヘッド周りのお話。バルブガイド加工圧入済みでバルブシートカット&スプリング組み付け。バルブガイド及びバルブはkibblewhite製新品に交換。軽く擦り合わせた状態でベタあたり。バルブフェース面が細く作られているA65のバルブではフェース面が全部あたっている状態。バルブシートはほとんど減っていない状態で良好。バルブシートカット、擦り合わせをしバルブ傘面とシートの...

  4. トライアンフ シリンダーヘッド修理 - Vintage motorcycle study

    トライアンフ シリンダーヘッド修理

    引越し前に預かっていたトライアンフT140のヘッド、やっと手をつけられます。遅れてすみません。修理内容はまず、ロッカーカバーマウントボルトの雌螺子修正です。タイミング側2箇所は普通に螺子山がナメてしまっています。ドライブ側2箇所は元々入っていたインサートコイルが抜けてきてしまっています。ここのねじ山は絞めすぎるとすぐナメるのでご注意を。なめてしまっているタイミング側はヘリサート処理。ボール盤...

  5. 1964XLCH900 シリンダーヘッド周り組み付け作業 - Vintage motorcycle study

    1964XLCH900 シリンダーヘッド周り組み付け作業

    今日はS君のアイアンスポーツ、ヘッド周りのお話。ヘッド周りは以前にオーバーホールしていたようで、鋳鉄ガイド、バルブともにKIBBLEWHITH製のものが入っています。バルブステムとガイドのクリアランスはインテーク、エキゾーストともに0.05mmと状態が良いのでそのまま使います。バルブシートとバルブのあたりもチェック。あたり幅も1.5mm程度、位置も良いので今回はカット無し。少々虫食いがありま...

  6. 1971 BSA A65 ヘッド周り - Vintage motorcycle study

    1971 BSA A65 ヘッド周り

    今日はだいぶ前のお話でありますが、ブログに上げていなかったTさんのBSA A65ヘッド周りのお話。バルブガイド、シートカットが終わりその後のお話です。シリンダーヘッド面面研し、バルブガイドを仕上げのホーニングし、バルブを付けヘッドに熱をかけバルブの動きが渋くならないかチェック。インナースプリングを取り付け、アウタースプリングの取り付け長チェック。IN D側33.6mm T側33.4mmEX ...

  7. 1973XLCH1000 ロッカーアームブッシュ・バルブガイド - Vintage motorcycle study

    1973XLCH1000 ロッカーアームブッシュ・バル...

    今日はKさんのアイアンスポーツ、ヘッド周りのお話。まずはロッカーアームブッシュ。毎度のことでありますが、使うブッシュはJIMS製のもにで、内径がロッカーアームシャフトに対し0.1mm近く小さめに作られています。このまま、ロッカーアームにブッシュを圧入すると、リーマーを通すのに苦労すると共にブッシュが切れきれず、適正なサイズになりません。というわけで、ブッシュを専用生爪に銜え予め内径拡大。ぎり...

  8. 1958VELOCETTE VENOM シリンダースタッドシーリング - Vintage motorcycle study

    1958VELOCETTE VENOM シリンダースタ...

    修理依頼でお預かり中のベロセット・ベノムリアセクションの作業は終わり、何箇所か手直し。まずは、発電していなかった電気周り。エンジンをかけ、直接ダイナモの発電チェックし、ダイナモは問題なし。エレクトリックレギュレーターの不良かしらということで、レギュレーター交換しても変化無く、ダイナモ周りの配線を手直しし無事復活。もうひとつ手直し。ヘッドスタッドとヘッドのスタッド穴の隙間からヘッドに溜まったオ...

  9. 1951TRIUMPH T100 シリンダーヘッドバルブガイドホール - Vintage motorcycle study

    1951TRIUMPH T100 シリンダーヘッドバル...

    今日はHさんのトライアンフ、ヘッド周りのお話。鋳鉄ガイドに青銅系のスリーブが入っていたものです。使い物にならないガイドを何時ものようにポート内のカーボンを徹底除去後ガイドを抜き取ったものの、4本ともヘッド側バルブガイドホールに傷が入ってしまいました。(4本とも傷が入っている・変形しているのは初めてであります。)熱膨張率が高いアルミヘッドに対し熱膨張率の低い鋳鉄ガイドが入っているのにもかかわら...

1 - 9 / 総件数:9 件

似ているタグ