ポエムのタグまとめ

ポエム」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはポエムに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ポエム」タグの記事(33)

  1. 詩集 瑠璃色の翅 ④ - ― Metamorphose ―

    詩集 瑠璃色の翅 ④

     【 月詠み 】      赤い月男の背中ニ 爪ヲ立て 傷口から滴ル血で夜の月ヲ 赤く染めル 背徳の赤い月ヲ見てはイケナイ月の狂気が わたしヲ惑わス 『 愛は全てを奪うこと 』熱く滾ル 生命の水ヲこの身ニ注ぎ込ンデおくレ   青い月青白き月の夜交ざり合えない『 コトバ 』はため息になって消えていく 封印された『 コトバ 』が 月の雫に融けていく哀しみの月姫玲瓏(れいろう)なる青き月の光よその...

  2. 詩集 愛の言霊 ⑧ - ― Metamorphose ―

    詩集 愛の言霊 ⑧

     【 たんぽぽ 】あなたのそんな言葉でわたしを縛ることなんかできないわ優しくされたってあなたの自由にならないわたしの心はわたしのものいつも自由でいたいからだから あなたの手をそっと払うのたんぽぽのように無邪気なわたしの恋は春一番が吹いたならふわりと綿毛になって大空に飛び立つゆらゆらと春風とワルツを踊りながら軽やかなステップで光降りそそぐ その場所へ今 舞い降りる 【 恋 ~ そんなん分からん...

  3. 詩集 愛の言霊 ⑦ - ― Metamorphose ―

    詩集 愛の言霊 ⑦

     【 音 】男と別れた夜ひとり寝の布団の中音が聴こえる肋骨の奥のほうピシッピシッと何かが砕ける音がした心の薄氷を踏む音か未練の鱗を剥がす音か遠ざかっていく男の靴音かもういいんだ!何も聴きたくない考えたって仕方ない取りあえず男のメルアドを消すそこから削っていくんだ胸が疼いてピシッピシッと私ばかりを責める男と別れた夜何度も寝返りを打って朝の白むのを待つ 【 月下美人 】漆黒の闇の夜 天上には燦燦...

  4. ポストカードイラスト お金ちゃん - Nemuiwa Neyouのギャラリー

    ポストカードイラスト お金ちゃん

  5. 詩集 愛の言霊 ⑥ - ― Metamorphose ―

    詩集 愛の言霊 ⑥

     【 カニバニズム 】愛という名のカニバニズムこの肉も骨も血もすべてあなたに捧げましょう張り巡らされた 透明の糸に蝶々が絡め取られてしまった白い翅を震わせ もがいてもここからはもう逃れられないあなたは冷酷な捕食者わたしは憐れな生贄胃袋の中で愛が昇華するああ 死は永遠のエクスタシー   愛という名のカニバニズムこの肉も骨も血もすべてあなたに捧げましょう 【 曼珠沙華 】秋の夕暮れに 想うはあな...

  6. 詩集 愛の言霊 ⑤ - ― Metamorphose ―

    詩集 愛の言霊 ⑤

     【 ケータイ☆ 】アタシのケータイにアイツから別れのメールがきた冷たくなって メールを返さなくなったアタシを 酷い仕打ちだとなじっていた冷静な言葉の中に 無数の針が刺さった恨みのメールだったアイツは何も気づいていないんだねあの無神経さにアタシが いつも傷ついてたことをあんなに好きだと言ってたくせに人の話を聞こうともせず最後はバッサリと切り捨ててしまうこんなやり方で! 『  砂漠のような あ...

  7. 詩集 瑠璃色の翅 ③ - ― Metamorphose ―

    詩集 瑠璃色の翅 ③

     【 昼寝日和 】窓を這うゴーヤの日除けに蝉の声首に巻いたタオルで額の汗をふく夏の昼下がり冷たい麦茶と熱を帯びた風微かに揺れる風鈴涼しい場所を探して寝御座と竹枕夏の昼寝日和 【 尾骶骨 】桃の谷間に平野がある触ってみれば硬い閉塞した孤独な骨そいつは尾骶骨(びていこつ)というヒトは進化を繰り返す過程で失われていった体の機能が百個以上あると言われているサルとヒトが分かれた時二足歩行で尻尾が要らな...

  8. 新月だけど十六夜でした - 三恵 poem  art

    新月だけど十六夜でした

    IzayoIさんライブ中♪「こころ国東」を歌ってくれました♪素敵でした☆昨夜は鶴崎のライブスポット「Honey Beat」さんのライブに行きましたテーマは「ジメジメを吹き飛ばそう!」皆MCで「ジメジメします!」と言う(笑)大盛況でした☆楽しませていただきましたIzayoIさんは今回のフォトポエム展にも参加します☆とてもロマンティックな詩の世界ですご訪問ありがとうございますすてきな1日であり...

  9. 詩集 愛の言霊 ④ - ― Metamorphose ―

    詩集 愛の言霊 ④

     【 ロマンティック 】君がいたら 何もいらないとあなたが言う あなたがいれば 何もいらないとわたしは言うこの想い強く強く抱きしめたなら儚い泡沫に愛を重ねて そのまま時を消していくふたりで過ごす この時は愛に溢れた 至福のひととき 君がいたら 何もいらないとあなたが言う あなたがいれば 何もいらないとわたしは言うたとえ許されない恋でも求め合う心に嘘はつけない 心の中にいつもあなたがいるあなた...

  10. うみのうた - 三恵 poem  art

    うみのうた

    ニューオープンのCafe?いえいえ・・・こちらは 企画モノです(実在しない 空想カフェ)チラシ撮影のためにスタンドコーヒー風 ラベルを手作りしたよー(意外と難しかった)ロケ地:大分空港の近くの海岸さてさて 本題です改めて告知をさせてください♪第15回 フォトポエム展のお知らせです↓裏面はちょっと詳しく・・・・・☆2017年8月1日(火)~31日(木)☆トキハわさだタウン1F  お茶の若竹園ギ...

  11. 詩集 瑠璃色の翅 ② - ― Metamorphose ―

    詩集 瑠璃色の翅 ②

     【 流れ星 】あ、見上げた夜空に流れ星が落ちていく急いで願いごとを心に描こうとしたら瞬く間に消えていってしまったああ、なんと儚いあの彗星は何光年もかけて宇宙を旅してきたのに消える時はあっという間だったどんなに、偉大なものでも消え去る時には一瞬でいっぺんの後悔も残さずに存在のすべてを消去していくそう潔くも哀しい時として、自然は人間たちに大きな試練を与える大地が揺らぎ海が牙を剥き襲った多くの人...

  12. 詩集 瑠璃色の翅 ① - ― Metamorphose ―

    詩集 瑠璃色の翅 ①

     【 メタモルフォーゼ 】暑すぎた夏が終わり賑やかだった蝉たちも死に絶えて地中深く 沈黙の蟲(むし)となるキャンパスに描かれた自画像は完成されないまま白く埃を被っていた数々の葛藤が わたしを苛んでぐらぐらに揺らいだ 自尊心 今は頭を抱えて 隅っこに蹲る  The words change and evolve  掴めない言葉を探してやがて 糸を紡いで繭を作ったその中に籠もって 喧騒を遮断する...

  13. 詩集 愛の言霊 ③ - ― Metamorphose ―

    詩集 愛の言霊 ③

     【 風葬 】白い砂浜から そよそよ吹いてくるこんな静かな風が 吹く日に わたしが死んでいくのは相応しい何も告げずに消えます今なら 少しは泣いてくれますか? 愛し過ぎた男は 身体だけでは縛れない 風よ わたしの魂魄 愛しい人の元に運んでおくれあぁ 優しい風が頬なでる穏やかな午後 ひとりで逝くわたしを哀れと想ってくれますか?いつか 終わる愛の終焉を見たくないあなたに捨てられる わたしを見たくな...

  14. 詩集 愛の言霊 ② - ― Metamorphose ―

    詩集 愛の言霊 ②

     【 Infinity 】『愛してる』 あなたの囁きが わたしの耳をくすぐる   幸せな想いに包まれた 午後の窓辺 『愛してる』 その言葉は わたしの心に纏わりついて   甘美な陶酔へと誘う 眩しい日差しの中で たとえ ふたりの進むべき道の 先になにもなく   行き止まりの 暗闇の道だとしてもふたり強く握り合った その手のぬくもりと   心の絆は 決して離れない 『愛してる』 あなたがかけた...

  15. 詩集 愛の言霊 ① - ― Metamorphose ―

    詩集 愛の言霊 ①

     【 春のワルツ 】窓辺の日差しにまどろむ人よカーテンの隙間から春の風が吹き込んできた起きて 起きて眠っていては もったいないドアの向こうでは新しい季節が始まってるさぁ 春の息吹を深呼吸して優しい想いが満ちて心がフワリとしたでしょう紅潮する頬 胸の心拍ドキドキが止まらない!その心拍数は三拍子春の序曲が聴こえてきたさぁ 愛する人の名前をそっと囁いて……『     』その名を呼べば胸が熱くしめつ...

  16. 【修】毎回大好評です☆8月に開催 - 三恵 poem  art

    【修】毎回大好評です☆8月に開催

    おかげさまで7年目を迎えました☆今年も開催しますフライヤービジュアル修正しました夏はアイスコーヒーだよね?フライヤーは仮で表面ですが告知をさせていただきます第15回 フォトポエム展「うみのうた」☆2017年8月1日(火)~31日(木)☆トキハわさだタウン1F  お茶の若竹園ギャラリー☆入場無料☆参加詩人(五十音順) IzayoI  木村永遠 三恵 希紅実 mona  ラブ★マン☆主催:ポ...

  17. 生きるとは 所有ノ欲  - 三恵 poem  art

    生きるとは 所有ノ欲 

    消化しきれない無念がある見て見ぬふりをしてきたように想う 今までどうしょうもない部分だけどそれすら 受けとめて抱きしめてあげよう 自分をワンネスだとかに感化され過ぎていたかもどうしてもどうしても沸き上がるそれは 自分ノ所有ノ欲ノ強さ所有欲はいけないもの 捨てよなどと諭されるが腑に落ちぬ其れは ひとを辞めよという位のものではあるまいか財はあの世には持っていけない死んでいるひとは執着を捨ててよう...

  18. いつの間に。 - 三恵 poem  art

    いつの間に。

    所属している詩の会の会報に詩を載せていただけることになったけど意外と沢山の詩を書いていてその選別がたいへん・・・いつの間にかせっせっと書いていたんだな。ちょっと自分を褒めてあげてもいいかも。だらしないワタシ(たしかにそうだけど・笑)って想っていたし実際、相方からも言われたからね・・・・・・・・・・・・・・・・・ご訪問ありがとうございます。すてきな日でありますように

  19. じぶんを遊ばす。 - 三恵 poem  art

    じぶんを遊ばす。

    もっと自分を使って、素材にして遊んでみよう。誰のためでも何のためでもなく。生きているってそういうことでもある。死んだおばあちゃんが言っていました。あの世では好きな格好が出来るけど「ドレスは着ない」と言っていた。なぜならドレスはこの世で着ようと思えばいくらでも着れるから。着たかったら今着りゃ―いいじゃん・・・と。ちなみにおばあちゃんは修道服。農家の主婦だったけどシスターに憧れて生きている時に着...

  20. 毅然と - 三恵 poem  art

    毅然と

    見えない領域境界では毅然と構えよ美しさ香りは先出しすることで近寄せ交流できる流儀を知らずただ奪おうとするものには(ザンネンながら存在す)毅然と構えよ全てはオミトオシ・・・・・・・・・・・・・・ご訪問ありがとうございます今日は夕暮れ時が気持ち良かったですよく裸足になります裸足で大地は気持ち良いです♪あなたに大地の恵みが豊かにふりそそがれますように

1 - 20 / 総件数:33 件

似ているタグ