ミズイロオナガシジミのタグまとめ

ミズイロオナガシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはミズイロオナガシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ミズイロオナガシジミ」タグの記事(22)

  1. ミズイロオナガシジミ - Bravo! Birds

    ミズイロオナガシジミ

    書家が一気に筆を振り下ろしたような翅の模様が大好きです。もっと引いた構図にしたつもりだったのが、何故か大きく撮影してしまった一枚。Why?ミズイロオナガシジミ(水色尾長小灰蝶) The Black-banded Hairstreak / Antigius attilia (Bremer, 1861)2017年5月下旬撮影

  2. ミズイロオナガシジミ・・・ - 時鳥庵晴耕雨読

    ミズイロオナガシジミ・・・

     温室わきの草むらに降りていた。これもゼフィルスの仲間で、普段は樹上にいるのだが、風が強かったりすると林床の草むらに降りてくることがある。翅の裏側は白地に暗色の線が入るのだが、結構変異があるらしい。この個体は標準的な斑紋を持っている。翅表は一様に暗灰褐色で地味だ。やはり幼虫はクヌギやコナラの葉や花を食べて育つ。雑木林で比較的普通に見られるが、時鳥庵では少なく、見たのはこれが初めてだ。(Dat...

  3. ミズイロオナガがいっぱい・・・ - 蝶超天国

    ミズイロオナガがいっぱい・・・

    6月14日この日は滅多にないことに仕事を休んで日帰り遠征に出掛けました。先日個体数の少なさに気分を落としていたゼフを探して早朝から活動です。クヌギやコナラの雑木林でペシペシするとミズイロオナガシジミがハラハラ落ちてきました。新鮮な個体が次々と落ちてきます。羽化直で早朝なので殆ど飛ばない感じです。下草に上手く降りてくれれば良いのですが、深い草の地面に落ちて潜ってしまうと撮影できません。あまりに...

  4. 山登り - Mag's DiaryⅢ

    山登り

    山登りをした。若い人は15分で頂上に行くという低い山だが、にとってはしっかりと山登り。お目当てはミズイロオナガシジミ。たくさんいたのだけれど、高い木の上にいて、撮れたのはこれ1枚のみ。で、帰り道に、クロツバメシジミの様子を見に寄った。少し翅が破れているが、珍しく花で吸蜜しているのが観察できた。ラッキー!(^^)!

  5. やっとの思いでゼフ3種 - 蝶超天国

    やっとの思いでゼフ3種

    6月11日ミドリシジミの後はアカ系のゼフを見にポイントを移動しました。ところが昨年沢山いたポイントではミズイロオナガシジミがたった1頭だけ・・・・クリの花からやっと降りてきた一瞬を切り取りましたが、この直後逃げられました。この地は諦め・・・またまた移動しました。途中で少し立ち寄った雑木林でアカシジミが飛んでいて上手く地面に降ろせましたが・・・・既にスレが酷く絵になりません。少し移動して・・・...

  6. ヒロオビミドリシジミ   キマルリとともに - 蝶のいる風景blog

    ヒロオビミドリシジミ   キマルリとともに

    今回の旅はキマダラルリツバメの撮影が主目的だったが、当然ゼフィルスももう一つの狙いだった。キマルリは活動時間が夕方、ゼフは朝が良い。朝5時ホテルを出発して高原の別荘地のはずれにあるナラガシワの疎林に行く。ブッシュをかき分け入って行くが、下草は露で濡れている。蝶友がカーボン釣竿でナラガシワを叩くと小さな白い蝶が木の上から落ちて来た。見逃さないように目をこらすが、ブッシュの中に潜り込んで見つから...

  7. 2017.5.31 東京・白金の森 ミズイロオナガシジミ   2017.6.10 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.5.31 東京・白金の森 ミズイロオナガシジ...

    2017.5.31自然教育園にゼフが出ているらしい。アカシジミはとっくに終わっているはずで、ウラナミアカシジミとミズイロオナガシジミくらいはいるかもしれない。いるかもしれないというのは、教育園では、ゼフはシーズンに2~3頭見つかると上出来というほど稀。いつも期待していない。自宅を出てすぐ、キマダラセセリを見つけた。場所を変えながらかなり長い間吸蜜していた。少し暗いが背景が素晴らしく、かなりの...

  8. ミズイロオナガシジミ ウラゴマダラシジミの卵 - 旅のかほり

    ミズイロオナガシジミ ウラゴマダラシジミの卵

    ミズイロオナガシジミは、涼し気でいつみても可愛い。少しだけ翅を開いてくれました。別の場所では翅を開いてくれました。ウラゴマダラシジミの卵を初めてみました。(現地で教えて頂きました)イボタノキにつけられていた赤い卵ほんの2㎜弱位の大きさで、プラスチックのおもちゃのような形をしています。これが卵・・?  とてもユニーク!ウラゴマダラシジミホタルブクロで吸蜜奥まで届くのかな~6月3日里山ではゼフィ...

  9. 地元のゼフィルス3種 - 公園昆虫記

    地元のゼフィルス3種

    ゼフィルスという名は学名ではない。昔、樹上性のシジミチョウの仲間をそう呼んだのが始まりだそうで、語源はギリシャ神話の西風の神ゼピュロスなのだそうだ。神話に慣れ親しんだヨーロッパのひとたちにとっては、その名の響きが蝶の特徴と結びついて独特の感情を呼び起こすのだろうが、私にはそれがわからない。ただ、色合いの美しさ、年に一時期しか見られないことからくる貴重さに惹きつけられる。地元の公園でゼフィルス...

  10. 神奈川の青空の下に(弐) - 不思議の森の迷い人

    神奈川の青空の下に(弐)

     広場の樹の低いところにミズイロオナガシジミがいるのを教えて頂きました。再びレンズをマクロに換えて撮影しました。綺麗な個体です。 同じ樹にもう一頭、こちらは少し高いので300㎜に戻します。こちらのミズイロオナガシジミは半分ほど翅を開きました。 これであとはミドリシジミの登場で6種勢揃いとなります。地元の方のお話ですと早朝にはここで開翅していたそうです。間もなく待望のミドリシジミが舞い降りまし...

  11. 小畔川便り(近くのゼフィルスたち-1:2017/5/23.27.30) - 小畔川日記

    小畔川便り(近くのゼフィルスたち-1:2017/5/2...

    5月23日はそろそろウラゴマダラシジミが出ているのではないかと、ウラゴマの発生地に行ってみる。数は少ないものの、発生を確認できた。ニコンD500 ニッコール70-20027日は、別の場所にウラナミアカシジミやアカシジミの発生を確認に行く。歩き始めるとすぐに白っぽいシジミが枝に止まった。この場所にしては珍しいウラゴマダラシジミかと思ってよく見ると、ルリシジミだった。ニコンD500 ニッコール7...

  12. 6月の森(森を楽しむ会) - つれづれ日記

    6月の森(森を楽しむ会)

    第一日曜日は和泉川源流を楽しむ会。御一行とご一緒に森を楽しんだ。会いたいなあと思っていた蝶たちに会えました。アカシジミ。別の子。ミズイロオナガシジミ。アマガエル。サイハイラン。源流の川向うでちょっと遠い。皆さん花にも虫にも鳥にも詳しく一緒にお話が出来て楽しかったです。

  13. ミズイロオナガシジミ 6月4日 - 超蝶

    ミズイロオナガシジミ 6月4日

    日曜日に出会えた、平地ゼフ最後は、ミズイロオナガシジミです蟻がまとわりついてました暑いせいか、葉裏に潜り込みます近場の平地性ゼフみんな綺麗で、幸運な1日でした20170604 東浦町にて

  14. 2017年6月最初の蝶は武蔵野の徒歩圏内にて(2017年6月3日) - 蝶・花・山~自然の色使い

    2017年6月最初の蝶は武蔵野の徒歩圏内にて(2017...

    昨年、ようやく綺麗な新鮮なミドリシジミを撮影した比較的近い公園に、今年も早速出かけてみた。実際には公園内でもその場所にはフェンスがあり、フェンスが開くのが9時半ということなので、10時ごろにその場所に着いた。蝶が集まる栗の花はまだ咲き始めという状況。それでも着いてすぐ赤系のゼフィルス(ある分類に基づく樹上性のシジミチョウの仲間)が目についた。すでにカメラを持って蝶を探していると思われる人たち...

  15. ■ ゼフ再見   17.6.3   (アカシジミ、ウラゴマダラシジミ、ミズイロオナガシジミ) - 舞岡公園の自然2

    ■ ゼフ再見   17.6.3   (アカシジミ、ウラ...

    昨夜は、25年くらい前に机を並べていた会社の同僚とのOB会で自由が丘に。今日は、ウオーキンググループ「悠々会」の例会で多摩丘陵を歩いてきました。きのうで「ゼフ6種制覇」を達成したものの、出会う個体数は全体的にいつもの年よりも少ない気がする。その少ない出会いの報告です。アカシジミ   17.6.2   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/80,F8    ...

  16. 2017 西風の季節 2 - 紀州里山の蝶たち

    2017 西風の季節 2

    今日も蝶友さんと同道で早朝から叩き出しに出かけました。新鮮なミズイロオナガシジミが1頭出てきてくれました。気をよくして別のポイントへ転進しました。諦めて帰ろうとした時に、蝶友さんがみつけてくれました。ピカピカのミドリシシミと出会うことができて、感激しました。ミズイロもミドリも出始めのようでした。

  17. ☆ サボテンに蕾が ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ サボテンに蕾が ☆

       今朝、20年は咲いていないサボテンに蕾を発見しました。  ピンクの大きな花が咲く筈・・・、植え替えたり子を外したり、色々したのですが、  どうしても咲かないので、諦めていました。一つですが咲くのが楽しみで、蕾を写しました。 6月になりました。田んぼの畔に咲くアザミが綺麗です。  散歩道で見つけた、綺麗な昆虫 サトキマダラヒカゲ ユリノキの花がまだ咲いていました。 タイサンボクは花が高い...

  18. ☆ アカシジミ・ミズイロオナガシジミ ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ アカシジミ・ミズイロオナガシジミ ☆

     昨日、名古屋の蝶友さんから、ミドリシジミの様子を問い合わせて来ました。まだ出ていませんが、見て来ますね・・・、と返信。今日は、家の用事を済ませて10時頃出掛けました。 散歩道には、ミドリシジミのミの字もありません。ハンノキ林の路は涼しく、すぐに 終点まで。何もいないので、見つけたカタツムリの赤ちゃんを、写します。 草のハンモックにはアマガエル 復路、セイタカアワダチソウの葉の中に、アカシジ...

  19. アカシジミ ミズイロオナガシジミ サトキマダラヒカゲ - 旅のかほり

    アカシジミ ミズイロオナガシジミ サトキマダラヒカゲ

    ゼフィルス、今年初見です。いつでも初見は嬉しくて、そして新鮮な気持ちになります。ミズイロオナガシジミとともに出会いました。アカシジミゼフィルスのなかで、毎年一番最初に出会っています。独特な香りの栗の花に、一生懸命吸蜜です。出会えたのはこの1頭のみでした。ミズイロオナガシジミ真っ白な体に、黒く切れ味のいい目がとっても可愛いシジミチョウこちらも毎年アカシジミと同じ時期に出会っています。栗の花では...

  20. ■ ゼフ第2弾は ミズイロオナガシジミ   17.5.28 - 舞岡公園の自然2

    ■ ゼフ第2弾は ミズイロオナガシジミ   17.5.28

    暑からず涼しからず、「田植え日和」でした。今年も平穏無事の米作りの年であってほしいと思います。大きなカメラを持って行ったので、「田植え風景」はなしですが、帰宅途中に思わぬ出会いがありました。田植えのおわった2番田んぼ   17.5.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/400,F5ミズイロオナガシジミ   〃   〃 1/50,F8        ...

1 - 20 / 総件数:22 件

似ているタグ