ミヤマチャバネセセリのタグまとめ

ミヤマチャバネセセリ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはミヤマチャバネセセリに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ミヤマチャバネセセリ」タグの記事(5)

  1. 2014.4.24 東京・多摩川河川敷 (2)ミヤマチャバネセセリ   2017.5.6 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2014.4.24 東京・多摩川河川敷 (2)ミヤマチ...

    2017.4.24  続きこの日は午前中は薄曇り。気温が少し低いためか、晴れていても翅を開く個体が多かった。♂のほとんどは飛び古しており新鮮な個体は少なくなっていた。時々、カラスノエンドウやカタバミで吸蜜するがピントを合わせる前に飛ばれることが多い。葉被りだが、可愛らしい雰囲気は出たと思う。昼下がりは吸蜜タイム。あちこちで一斉に吸蜜が始まった。ひょろひょろしたカタバミが多く、とまるたびに花が...

  2. 小畔川便り(ミヤマチャバネセセリ:2017/4/21.22) - 小畔川日記

    小畔川便り(ミヤマチャバネセセリ:2017/4/21.22)

    4月20.21日は自宅前の川原でギンイチモンジセセリと、そろそろ出ているだろうミヤマチャバネセセリの撮影をした。20日、川原はムラサキハナナとカラシナが花盛りで、ムラサキハナナにはキアゲハが来ていた。ニコンD500 ニッコール70-200ツマキチョウは求愛をしていた。ニコン1V2 ニッコール10.5いつもミヤマチャバネセセリがテリハリをしている場所を見ると、少し様子が変わっていて、その場所よ...

  3. やっと出会えたミヤマチャバネセセリ - 蝶超天国

    やっと出会えたミヤマチャバネセセリ

    4月29日GWの初日となったこの日は朝から快晴でした。先日出会えなかったミヤマチャバネセセリをもう一度狙ってみました。3か所目でやっとホトケノザで吸蜜する個体に出会えました。後翅の中央の白斑があるだけでとても魅力的に感じます。花から花へゆっくり飛ぶときはいいのですが、急に反転すると確実に見失います。カラスノエンドウでもよく吸蜜していました。何カットか撮影できたので、思い切って広角でも狙ってみ...

  4. ギンイチモンジセセリとミヤマチャバネセセリ - 公園昆虫記

    ギンイチモンジセセリとミヤマチャバネセセリ

    ギンイチモンジセセリは春型と夏型がある。地元の公園では見られないチョウだが、少し足を伸ばせば見られる場所はある。春型はだいたい4月下旬から5月初旬ごろ見てきたが、昨年は見損なった。今年は見ておきたいと思っていたところ、またヘムレンさんとみき♂さんが遠征するというので、お供することにした。よく見られるという河原に昼前に着いたが、初めはあまり見当たらず、いても葦の茂みの中を飛ぶばかりでなかなかよ...

  5. 見沼田んぼ春のチョウ散歩 in2017.04.29 - ヒメオオの寄り道

    見沼田んぼ春のチョウ散歩 in2017.04.29

    連休初日は、午後から自宅マンションの網戸修理をすることになったので、朝から地元の見沼田んぼを電動アシスト自転車で廻ってみました。最初に立ち寄ったのは昨年11月~今年2月にかけて毎週訪問したK神社です。越冬明けのムラサキツバメ、ムラサキシジミ、「ウラギンシジミ」を探してみましたが、出逢えたのはウラギンシジミの雌個体3~4頭だけでした。今年11月初めにはどのようなチョウが集まっているのかな?とあ...

1 - 5 / 総件数:5 件

似ているタグ