ムスメたちのタグまとめ

ムスメたち」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはムスメたちに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ムスメたち」タグの記事(29)

  1. 読書感想文についての私考 - 3 - sakamichi

    読書感想文についての私考 - 3

    読書感想文に求められること、それは、「その本を読むことによって、あなたの何かが変わりましたか?」ということ。その「変わった」こととは、過去の自分の体験に対する意味づけが変わった、ものの見方が変わった、ということなのです。でもね、普通につらーっと読んでるだけでは、そこまで深読みできません。ましてや経験の浅い小学生なら。ゆえに、ここで必殺技。物語の本を読む前後に、全く違うジャンルの本を読むのです...

  2. 読書感想文についての私考 - 2 - sakamichi

    読書感想文についての私考 - 2

    お母さん的本題は、子どもの夏休みの宿題である読書感想文をどうするか、という問題です。こういうふうに強制的に書かせるのは、非常に嫌いなのですが、避けて通れない以上、最速最短でやっつける……いえ、終わらせたいものです。ゆえに、先人のお知恵拝借。3行メモ×5枚で800字作文がスイスイ書ける松永 暢史/主婦の友社undefined「読書感想文なんて嫌いだ」を公言している先生が書いているゆえに、文字通...

  3. 読書感想文についての私考 - 1 - sakamichi

    読書感想文についての私考 - 1

    『石の来歴』についての読書感想文は、以上です。夏休みの宿題が一つ終わった、そんな気分。今回はこの長さで、3180字程度、400字詰め原稿用紙で 8 枚、A4用紙で 3 枚分。でも、読書感想文なら 3 時間もかかりません。だって、物語からの引用文で文字数とるから。むしろ短くする方が大変。---今回は、これを書くに先立って、友と読書感想文についてのディスカッションをしました。そこで彼女に教えても...

  4. No. 1084 - 1087 双子服 - sakamichi

    No. 1084 - 1087 双子服

    ムスメたちの服は、必要最低限しかないので、帰省の際に着替えが足りなくて困るのが常。ということで、必要に迫られて、帰省のための服。ごめんね、先に作っちゃいました。No. 1084 ブラウス(140)綿スカラップ / 紺No. 1085 ブラウス(140)綿スカラップ / きなりNo. 1086 スカート(140)綿麻ダマスク / ブルーNo. 1087 スカート(140)綿麻ダマスク / マス...

  5. ハンドベル訪問演奏 - sakamichi

    ハンドベル訪問演奏

    ムスメたち、グループホームで、ハンドベル演奏。---ムスメたちの所属する小学生ハンドベルチームは、ただいま部員 6 名。春に姉さま方が 5 人 卒業されて、残りが 3 名 となり、どーすんべーかという状態でしたが、4 年 男子と、美人姉妹が入部してくれて、6 名になりました。よかった。今回は新体制での初お披露目。初めての曲もあり、楽しかったです。次の演奏は、9月初めの国民文化祭。国民文化祭で...

  6. 夜の散歩 【 閲覧注意 】 - sakamichi

    夜の散歩 【 閲覧注意 】

    夏のお楽しみ、夜の散歩。ムスメたちと、近くの広場までおしゃべりしながら。いつもと同じ道なのに、いつもと違う時間に通るだけで、特別な感じ。---以下、閲覧注意。苦手な人のために、結論だけ先に。台所の収納に、段ボール製品を使うのは、避けましょう。---夜の散歩のお目当ては、この木。夜に行くと、このケヤキに、とあるものが、びっしりたくさんいるのです。そのとあるものとは……ゴキブリです(笑)クロゴキ...

  7. 双子の話 - 4 / 双子をとりまく家人 - sakamichi

    双子の話 - 4 / 双子をとりまく家人

    双子の物語に対する違和感からはじまった双子シリーズ。ラストは、双子をとりまく家人についてのお話。---ムスメたちが小さいときは、双子ゆえの物理的な大変さはありましたが、それ以上に精神的な喜びのほうが大きかった。だって、チビが二人も家にいるんだよー。ゴロゴロしててもかわいい、ちょこまかしててもかわいい。特に、二人の関わり合いがかわいいのです。扉をはさんでのいないいないばぁ!を二人でエンドレスで...

  8. 双子の話 - 3 / 現実の双子は - sakamichi

    双子の話 - 3 / 現実の双子は

    ということで、双子の物語に対する違和感を、ちょっと消化できました。さて、ここからは現実的な双子のお話です。---親にしてみれば、双子というのは、ただ同じ日に産まれただけで、きょうだいである、という認識です。同じ環境で育っていても、きょうだいはそれぞれ性格が違うでしょ。そんなかんじです。しかし、きょうだいといっても、双子の場合、どっちが上とか下という区別はないし、一切しません。あくまでも同列。...

  9. 双子の話 - 2 / 物語における双子の役割 - sakamichi

    双子の話 - 2 / 物語における双子の役割

    ということで、双子の物語に対して違和感をもっていたのですが、この本で興味深い文章に出会いました。読む力が未来をひらく――小学生への読書支援脇 明子/岩波書店undefinedp95 「問題解決の手順を学ぶー『ふたごの兄弟の物語』ふたごというのは、子どもたちの興味を強く惹きつけるモティーフですが、それは、自分にもふたごの相棒がいたらあんなことやこんなことができるのにと、つい空想してしまいたくな...

  10. 双子の話 - 1 / 双子の物語に対する違和感 - sakamichi

    双子の話 - 1 / 双子の物語に対する違和感

    今回は、双子のお話です。黒いsakamichiさんも登場します。---物語において、「双子」という設定はよくあって、双子の二人が入れ替わって何やら騒動を起こす、というのがお決まりのパターン。これに対して、双子の母としては、すごく違和感を持つのです。入れ替わったら気がつくでしょ、と。双子ゆえ、見た目は一緒かもしれないけど、それぞれは別の人格。付き合いの浅い人なら区別はつかないかもしれないけれど...

  11. 新しいシューズ - sakamichi

    新しいシューズ

    バレーシューズが壊れた。というよりも、よくよく考えると、壊れやすい構造だった。一番力のかかる親指の付け根が、別布になってるんだもん。力のかかる場所ゆえに、縫い目が開いてダメになりました。その反省を踏まえての、新しいシューズ。親指付け根の別布が、紐通し部分まで伸びているので、縫い目は開かない……はず。---去年から始めたバレーボール。ただいま 週 4 回。ムスメたちの少年団バレーが 週 3 回...

  12. 反抗期 継続中 - sakamichi

    反抗期 継続中

    ムスメたち(小 5 双子)の反抗期、継続中。一言目には口答え。考えもせずに口答えする。脳みそ経由せずに脊髄反射で口答えしてるでしょ、という感じ。しかし、ムスメたちのそんな反抗は、お互いに対して。ゆえに、ケンカが絶えない。この日も、バレーに行く車中でケンカ勃発。車を降りたら、叩き合いも始まった(見たのは初めて)。体育館に入ってもケンカが続いていたので、たまりかねて「君たち外に出なさい」と言った...

  13. 彼女の短い黒髪は - sakamichi

    彼女の短い黒髪は

    ヘアドネーションをして、髪が短くなった ムスメ 1(小 5)。長いときには気がつかなかったけど、この人 なかなかのくせ毛持ち。つむじが 2 つあるため、後頭部の右と左が膨らんで、その間が凹んでる。高いところに挟まれて凹んでいるところがある……まるで盆地のようだ(笑)。朝起きたときは、ごらんの有様。あまりにひどいので、アイロンでセットしてあげてます。わたしが起きれるときは。アイロンを使っても治...

  14. 2017 小学校の運動会 - sakamichi

    2017 小学校の運動会

    朝までの雨もどこへやら。暑すぎるぐらいの快晴の中、ムスメたち(小 5)の運動会。まずは、徒競走。こちらの学校では、足の速い子同士で走らせる方式。速い子同士で走るから、速い子でも、その中で順位をゲットするのは難しい。ゆえに、中途半端に速いムスメたちは、徒競走ではなかなか順位を取れずにいました。が、今年は ムスメ 1 が 速い方から 3 組目のところで 3位、ムスメ 2 が 4 組目で 2 位 ...

  15. 体内時計 - sakamichi

    体内時計

    朝早くから勉強するムスメ 1(小 5)。この人、毎朝 5 時前に起床。しかも、目覚ましなしでパチリと起きる。寝過ごすことは全くない。彼女には、体内時計が備わっているようです。起きたら、自分でご飯を食べ(母は起きれませんので)、テレビを見たり、本を読んだり、こうやって自主学習をしたりしています。その分、眠たくなるのは早い。9時には電池が切れてパタリ。ムスメ 2(小 5)は、6 時ごろ のそりと...

  16. 彼女の長い黒髪で - sakamichi

    彼女の長い黒髪で

    腰の上まである長い黒髪がトレードマークだった ムスメ 1(小 5)。さすがに長くなりすぎたので、切ることに。髪を切るにあたり、ヘアドネーションを提案してみました。ヘアドネーションとは、髪の毛の寄付。切った髪で作ったカツラを、病気などで髪の毛を失った子どもたちに寄付をするんだそうです。その旨彼女に伝えると「あたし、やる」と即答。ということで、行ってきました。小分けに結んでから、ゴムの上から切っ...

  17. 運動会の支度 開始 - sakamichi

    運動会の支度 開始

    来週の土曜日は運動会。運動会のお弁当の支度は、1 週間前から。晩御飯をつくるついでにお弁当のおかずを作って、冷凍しておく作戦。この日は、ハンバーグを作りました。といっても、作るのは ムスメ 2(小 5)。へへへ。お弁当用は、小さめに整形してトースターで焼く。夕飯用。--- おまけ ---「〇〇ちゃん、美味しいよ!!!」という兄の一言によろこぶムスメの図。またさぁ、ムスコの言い方がうまいのよ。...

  18. Birthday Party 、ムスメタチ 11 歳 - sakamichi

    Birthday Party 、ムスメタチ 11 歳

    ムスメたち、11 歳の誕生日会。ケーキはもちろん 2 つ。ムスメ 1 用のフルーツタルト。ムスメ 2 用のガトーショコラ。ケーキの奥のバナナも、彼女用。バナナ好きな彼女にとっては、ケーキよりもそっちのほうが嬉しい(笑)。それぞれの好物を手にして。ムスメ 1 の 好物は、さきいかといかの燻製。将来、酒飲みになることが予想されます。しかも、ワインみたいなオシャレなお酒ではなく、日本酒をコップで飲...

  19. シロツメクサで花輪つくり - sakamichi

    シロツメクサで花輪つくり

    シロツメクサでせっせと花輪を作るムスメ 2 (小 5)。一方、早々に飽きる ムスメ 1 。先日は、ムスメ 2 が花輪を作っていたよこで、そんなことには目もくれずひたすら木登りしてた彼女ゆえ、花輪つくりなんてことを、彼女に期待するだけムダ。しかし、その自由さが彼女らしくて好き。だまっていると女の子らしいのに、笑い声は豪快。豪快すぎるほど。その粗野さがこの人の魅力。

  20. 油絵に初挑戦 - sakamichi

    油絵に初挑戦

    おばあちゃんちで、油絵に初挑戦のムスメタチ(小 5)。これは、油絵というより、油絵具で遊んでいる…ですな。それでも、水性絵具との違いを体でわかる貴重な体験。こういうことを、好きなようにさせてくれるおばあちゃんが、子どもたちは大好きです。--- おまけ ---服が汚れないようにと、おばあちゃんのエプロンを着ているムスメの図。オーバーサイズのエプロンってかわいいね。こんな感じのワンピース、かわい...

1 - 20 / 総件数:29 件

似ているタグ