ムラサキシジミのタグまとめ

ムラサキシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはムラサキシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ムラサキシジミ」タグの記事(45)

  1. 2017.4.14 東京・白金の森→白山の森 トラフシジミ   2017.4.22 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.4.14 東京・白金の森→白山の森 トラフシ...

    2017.4.14雨が降った日の後、2日続きの晴天を待って自然教育園に出かける。トラフシジミが地上に降りてくる日だ。開門を待ち、真っ先にノウルシ群落に向かう。重い300ミリをザックから取り出しベンチで待っていると、ほどなく飛んできてノウルシで吸蜜を始めた。吸蜜時間は短かった。すぐに飛んで近くのチョウジソウの葉にとまる。そして、翅を開き始めた。が、半分まで。半開翅のまま体の向きを変え飛び去った...

  2. ムラサキシジミ - Bravo! Birds

    ムラサキシジミ

    上の写真は2016年12月下旬に撮影したものです。この個体はその後落ち葉の下に隠れてしまいました。この場所は当時もうすぐ陽が完全に陰ってしまうので、今日はきっとそのまま休むのだろうなと考えました。でも人に落ち葉ごと踏まれたらどうするんだろう?とちょっと心配してみたり。確かにここは落ち葉が積もっており、午前中から陽が照っていたので、落ち葉の中もしばらく暖かいでしょうね。ですが、もしかしたら自分...

  3. 再び照葉樹林へ - 飛騨山脈の自然

    再び照葉樹林へ

    Mさんの案内で照葉樹林へムラサキシジミを探しに出かけた。風の影響が少ない南向きの墓地に♀がいました。前回は2♀しか見なかったが今日は条件が良いのかいくつか飛んでいる。破損個体にはカメラを向けないがファインダーを覗いたら♂だった。越冬個体は殆んど♀で♂は非常にまれである。越冬前に死ぬのか越冬中に死ぬのか分からないが、長生きするのは人間と同じ♀のようだ。アラカシの大きな目を見たらムラサキシジミの...

  4. 照葉樹林の春を訪ねて - 飛騨山脈の自然

    照葉樹林の春を訪ねて

    春まだ浅い地元を離れ高速で2時間くらい行った県南部を散策した。もうオオイヌノフグリは満開だ。ナズナやタネツケバナもあちこちで咲いている。スミレ類は不得意だがタチツボスミレの仲間でしょうか?木漏れ日の差す場所に咲いていました。照葉樹林の土着種ムラサキシジミ♀の開翅が見られました。枯葉上に閉翅する個体から一度目をそらすとどこにいるのか分かりづらくなります。外敵から逃れるための隠ぺい策でしょうか。...

  5. もしや、コツバメか?? - 堺のチョウ

    もしや、コツバメか??

    里山を歩いていると、1mほど先の地面ぎりぎりを這うように飛ぶチョウを発見!目で追いかけると、茶色い翅にブルーの色がチラついています。もしや、もうコツバメが出てきたのか…。期待に胸を弾ませ、止まったその姿を覗きこむと、ムラサキシジミ。越冬し、暖かくなってきたので、日向ぼっこに出てきたようです。ちょっと残念でしたが、ムラサキシジミは今年の初見。それはそれで、納得でした。でも、開翅したりする様子も...

  6. 逆戻り - 紀州里山の蝶たち

    逆戻り

    曇り空で気温が上昇しません。一瞬の日差しに越冬開けのムラサキシジミが反応しました。林道脇では、ナガバタチツボスミレ(?)が満開でした。

  7. ナノハナで吸蜜するムラサキシジミなど(千葉県松戸市、20170320) - Butterfly & Dragonfly

    ナノハナで吸蜜するムラサキシジミなど(千葉県松戸市、2...

    3月20日(月)、3連休最終日もよく晴れ、気温も良い感じです。所用がありゆっくり撮影とはいきませんが、短時間、松戸市内の公園に行ってみました。狙いはナノハナに集まる蝶たちです。春ならではの蝶景を撮りたいと思ったのでした。菜の花畑に到着すると、モンシロチョウが飛んでいました。早速望遠で撮影です。Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F7....

  8. 散歩道に春の花は溢れ - 不思議の森の迷い人

    散歩道に春の花は溢れ

     道端には、ナズナ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウなど小さな花たちが蝶を呼んでいます。やっとキタテハが目を覚ましたようです。 三連休の最終日、里山を歩く人はいつもより多く、釣竿を持った小学生の笑い声が聞こえてきます。そして、今まで姿を見せなかったキタテハたちが一斉に姿を現しました。 春の陽射しに浮かれたのかキジまで姿を見せました。かなり遠かったので、だいぶ拡大しています。 道...

  9. 2017年3月中旬 埼玉県久喜市青毛堀川 その2 - 春ちゃんのメモ蝶3

    2017年3月中旬 埼玉県久喜市青毛堀川 その2

    2017年3月19日 埼玉県久喜市青毛堀川昨日、ベニシジミを初見初撮、モンキチョウを初撮しました。本日、気温が上がるということで気になっていましたが、昼食の買い物で通ったときにモンシロチョウが飛んでいるのを見ました。ちょっとだけ時間ができたので、早速現場へ急行。風が強かったものの、神社の鎮守の森の陰で風が収まっていました。さっそくいたのがキタテハ。ムラサキシジミもいました。成虫越冬の蝶たちも...

  10. きらきらひかる - LOOSE

    きらきらひかる

    暖かい春の光の中、美しいものを見ました。

  11. コツバメ登場、ミヤマセセリ交尾、ムラサキシジミの口吻形状など(埼玉県、20170318) - Butterfly & Dragonfly

    コツバメ登場、ミヤマセセリ交尾、ムラサキシジミの口吻形...

    3月18日(土)はお天気も良く暖かくなる予報、コツバメの登場を期待し、「不思議の森の迷い人」のfushiginomoriさんと一緒に、埼玉に出かけて来ました。10時にはフィールドに到着したのですが、アセビの花に蝶の姿が見えません。周辺を探しているとアゲハが目の前にとまったのですが、カメラはまだバッグの中、撮れませんでした。やはりカメラはいつでも撮影できるように備えておかねばいけませんね。再び...

  12. ■ シーズン初見の蝶 3種 (2)   17.3.18   (モンキチョウ、ムラサキシジミ、ベニシジミ) - 舞岡公園の自然2

    ■ シーズン初見の蝶 3種 (2)   17.3.18...

    すこしづつ春めいてきた。すると正直なもので、蝶たちの姿も増えてくる。モンシロチョウが当たり前のように飛んでいる。今日も「シーズン初見の蝶」を新しく3種見ることができた。モンキチョウ   17.3.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/1000,F8        あたかも配偶者を探すかのように花には目もくれずに長距離を往復しながら飛んでいた。   ...

  13. 春の小さな妖精たち - 旅のかほり

    春の小さな妖精たち

    オオイヌノフグリやヒメオドリコソウが咲きだす春浅い里山、今年も春の蝶、小さな妖精たちに会えました。ミヤマセセリ ♂枯葉に幼虫で越冬、蛹になって羽化し春に飛んできます。いつも沢山のチョウたちが吸水に集まる里山農道に、この春、このチョウは一番乗りしたようです(私の確認では)あまり動かず、吸水と日光浴です。初々しいです。この一頭のみの確認でした。そして、やっと会えたムラサキシジミ。こちらは成虫越冬...

  14. アカハラ/ほじくり返して芋虫を喰う、ウグイス/頭上を飛び回る、ムラサキシジミ/今春初 - 花と葉っぱ

    アカハラ/ほじくり返して芋虫を喰う、ウグイス/頭上を飛...

    撮影:3月3日(東京都・葛西臨海公園鳥類園)雨があがって暖かな陽気。鳥を探しに鳥類園を一周した。ウグイス?メジロやヤマガラと混群をつくって頭上の松葉の中を飛び回っていた。アカハラアカハラとシロハラは日陰から出ようとしない、日向は嫌いなのかな?ムラサキシジミ探して見つからず、諦めたら飛んできた。今春初見。

  15. 小畔川便り(2月末での越冬蝶の様子など:2017/2/22.23) - 小畔川日記

    小畔川便り(2月末での越冬蝶の様子など:2017/2/...

    2月22日は気圧配置は冬型で、気温も10度前後だけど風はない。土手でようやくカントウタンポポが咲き始めて、それにモンキチョウが吸蜜に来た。ニコンD500 ニッコール70-200この土手にはセイヨウタンポポがほとんどなくて、見られるのはカントウタンポポのみ。数の減っているカントウタンポポとわかる写真を撮りたかったけど、まだ花茎が短くてそれらしい写真は撮れなかった。少し翅の壊れた個体がホトケノザ...

  16. 湿地に舞い降りたムラサキシジミ(千葉県市川市、20170226) - Butterfly & Dragonfly

    湿地に舞い降りたムラサキシジミ(千葉県市川市、2017...

    2月26日(日)、天気が良く比較的暖かい日でしたので、越冬明けの蝶や新生蝶を探してみようと市川のフィールドに出かけてみました。ところが期待していたルリタテハやキタテハ、ヒメアカタテハやモンキチョウは見つからず、かろうじて見つけたのはムラサキシジミでした。ムラサキシジミは湿地に舞い降り、吸水の合間だったのでしょうか、翅を開き、気持ち良さそうに陽射しを浴びておりました。Canon EOS 5D ...

  17. 小畔川便り(ベニシジミ初見:2017/2/17) - 小畔川日記

    小畔川便り(ベニシジミ初見:2017/2/17)

    2月17日は関東で春一番が吹いた。都心ではかなり強い風が吹いたようだけど、こちらでは気温は上がったものの、昼間は風はほとんど吹かず絶好の撮影日和になった。暖かい日差しに浮き浮きして川原を歩くと、タテハが飛び出した。ヒメアカタテハやキタテハに比べて飛ぶスピードが段違いに早い。すぐに見失ってしまったけど、その付近を探してみたら飛び出して木の幹に止まった。アカタテハだった。しばらく待っていたら翅を...

  18. そして誰もいなくなった in2017.02.04&19見沼田んぼ - ヒメオオの寄り道

    そして誰もいなくなった in2017.02.04&19...

    越冬チョウ探しでまず見つけたのは越冬「キイロテントウ」です。本日、灯籠、狛犬であわせて7頭見つけることが出来ました。キイロテントウの見つけた灯籠、狛犬の反対側の灯籠で1頭だけですが越冬「キノカワガ」も見つかりました。               in2017.02.19見沼田んぼところが肝心の越冬チョウは・・・・・・・・・・・・・・               in2017.02.04見沼田...

  19. ムラサキシジミ - Bravo! Birds

    ムラサキシジミ

    こちらは♀でしょうか。とても美しい色ですね。でも実際はもうちょっと青っぽく一部紫がかった色をしていたと記憶しています。露出の問題やコンデジSONY DSC-W300の発色の特徴なのかもしれません。こちらは♂かな?本当にきれいな色で、うっとり~♪ムラサキシジミ(紫小灰蝶) Japanese Oakblue / Narathura japonica2016年12月上旬撮影

  20. 小畔川便り(ムラサキシジミのビークマーク:2016/2/6) - 小畔川日記

    小畔川便り(ムラサキシジミのビークマーク:2016/2/6)

    2月6日は晴れて15℃以上の暖かさ。北風がやや吹いているけど、蝶が出るかもと期待して出かける。期待通りムラサキシジミが飛び出して、地面に降りてきて翅を開いた後、ツバキの葉に止まって開翅した。ニコンD500 ニッコール70-200この時期でもきれいな個体だ。目線の高さだったので、横からになってしまったけど、このメスもきれいだ。ニコンD500 ニッコール70-200これは別のメス。家内撮影 ニコ...

1 - 20 / 総件数:45 件

似ているタグ