ムラサキシジミのタグまとめ

ムラサキシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはムラサキシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ムラサキシジミ」タグの記事(23)

  1. 渓谷沿いのメスグロヒョウモンなど - 旅のかほり

    渓谷沿いのメスグロヒョウモンなど

    渓谷沿いの草むらに、5月にウスバシロチョウが飛びまわっていましたが今は、メスグロヒョウモンが瑞々しい姿で飛んでいました。もうしばらくすると、里山でも普通にみられますがこの季節にみる姿に初々しさを感じます。メスグロヒョウモン メスムラサキシジミこちらも未だ初々しいです。それにしても今年はムラサキツバメには一度もあえていない。アカタテハもきれいでした。クロヒカゲウラギンシジミとルリシジミ一緒に吸...

  2. 6月の森 - つれづれ日記

    6月の森

    森で蚊に刺された。刺され始めなり。要注意!ネジバナ。ムラサキシジミ。

  3. ラミーカミキリ - あだっちゃんの花鳥風月

    ラミーカミキリ

    天気予報は朝から晴れるというので、ミドリシジミを撮りに行きました。フィールドに着いたらガックリ来ました。ミドリシジミがいた場所の草が刈られていました。お天気は曇りのまま、晴れて来そうな気配もありません。草の葉の上にいたラミーカミキリを見つけました。90マクロで撮ってみました。綺麗に撮れます。逃げられなくて良かった。ムラサキシジミが来ました。葉の上に水滴がある場所に移動し、水を飲みました。やっ...

  4. ゼフィルス以外のチョウたち in2017.05~06(山梨県、東京都、埼玉県) - ヒメオオの寄り道

    ゼフィルス以外のチョウたち in2017.05~06(...

    初夏の高原を代表するシジミチョウというとやはり「ヒメシジミ」でしょう!飛び立つときの雄の表翅がとても綺麗でした。              in2017.06.17山梨県西北部の里山モンシロチョウたちが群舞した里山の林縁部から飛び立ったのは「ムラサキシジミ」雌です。羽化直後なのか越冬中の個体と比べてとっても綺麗ですね!鮮やかな黄色と黒色のチョウ「ヒメキマダラセセリ」も素敵でした。こちらは魚眼...

  5. ミドリシジミ、ムラサキシジミ、クロアゲハ(千葉県松戸市、20170615) - Butterfly & Dragonfly

    ミドリシジミ、ムラサキシジミ、クロアゲハ(千葉県松戸市...

    6月15日(木)は「千葉県民の日」です。土日が仕事でしたので、蝶の撮影が随分と久しぶりに感じます。今年まだ見ていなかった市内のミドリシジミを観察してみようと公園に出かけてみました。雌♀のAB型を撮りたいですし、雄♂の開翅も撮りたいところです。まず出会ったのは雌のO型。なかなか綺麗な個体がおりました。Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, ...

  6. 里山のチョウたち - 旅のかほり

    里山のチョウたち

    梅雨の季節、樹林帯ではオオミドリシジミがみられ里山では、畑の周りに植えられた背丈の低い早咲きのヒマワリにモンキチョウが吸蜜に訪れていました。(ヒマワリというのかどうか、正式に名前があるのかどうか分かりません)モンキチョウがヒマワリで吸蜜?美味しいのかな。別の場所ではキマダラセセリ小さいけど、くっきりした模様がきれいです。久し振りにツバメシジミをみました。疲れている感じがします。テングチョウ表...

  7. ムラサキシジミの産卵他 6月11日 - 超蝶

    ムラサキシジミの産卵他 6月11日

    日曜日、ウラナミジャノメの出現を待っていると、久々のムラサキシジミちょろちょろと飛んで産卵シーンこの日に出会えたその他の蝶達ですコジャノメヒカゲチョウオオチャバネセセリヒメキマダラセセリテングチョウ新生

  8. 蝶3種と蛾2種 - 花と葉っぱ

    蝶3種と蛾2種

    撮影:5月24日(松戸市・21世紀の森と広場)蝶や蛾も少なかった。花が少なかったからなのか、これが普通なのかはわかりません。アオスジアゲハ飛んでばかりで撮り難いチョウですが、たまたま吸水で静止してくれました。ムラサキシジミこのチョウも滅多に翅を開いてくれません。サトキマダラヒカゲチョウ(蝶)のほとんどは止まると翅を閉じてしまいます。ウスキクロテンヒメシャク・雌ガ(蛾)のほとんどは翅を開いたま...

  9. 2017.4.14 東京・白金の森→白山の森 トラフシジミ   2017.4.22 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.4.14 東京・白金の森→白山の森 トラフシ...

    2017.4.14雨が降った日の後、2日続きの晴天を待って自然教育園に出かける。トラフシジミが地上に降りてくる日だ。開門を待ち、真っ先にノウルシ群落に向かう。重い300ミリをザックから取り出しベンチで待っていると、ほどなく飛んできてノウルシで吸蜜を始めた。吸蜜時間は短かった。すぐに飛んで近くのチョウジソウの葉にとまる。そして、翅を開き始めた。が、半分まで。半開翅のまま体の向きを変え飛び去った...

  10. ムラサキシジミ - Bravo! Birds

    ムラサキシジミ

    上の写真は2016年12月下旬に撮影したものです。この個体はその後落ち葉の下に隠れてしまいました。この場所は当時もうすぐ陽が完全に陰ってしまうので、今日はきっとそのまま休むのだろうなと考えました。でも人に落ち葉ごと踏まれたらどうするんだろう?とちょっと心配してみたり。確かにここは落ち葉が積もっており、午前中から陽が照っていたので、落ち葉の中もしばらく暖かいでしょうね。ですが、もしかしたら自分...

  11. 再び照葉樹林へ - 飛騨山脈の自然

    再び照葉樹林へ

    Mさんの案内で照葉樹林へムラサキシジミを探しに出かけた。風の影響が少ない南向きの墓地に♀がいました。前回は2♀しか見なかったが今日は条件が良いのかいくつか飛んでいる。破損個体にはカメラを向けないがファインダーを覗いたら♂だった。越冬個体は殆んど♀で♂は非常にまれである。越冬前に死ぬのか越冬中に死ぬのか分からないが、長生きするのは人間と同じ♀のようだ。アラカシの大きな目を見たらムラサキシジミの...

  12. 照葉樹林の春を訪ねて - 飛騨山脈の自然

    照葉樹林の春を訪ねて

    春まだ浅い地元を離れ高速で2時間くらい行った県南部を散策した。もうオオイヌノフグリは満開だ。ナズナやタネツケバナもあちこちで咲いている。スミレ類は不得意だがタチツボスミレの仲間でしょうか?木漏れ日の差す場所に咲いていました。照葉樹林の土着種ムラサキシジミ♀の開翅が見られました。枯葉上に閉翅する個体から一度目をそらすとどこにいるのか分かりづらくなります。外敵から逃れるための隠ぺい策でしょうか。...

  13. もしや、コツバメか?? - 堺のチョウ

    もしや、コツバメか??

    里山を歩いていると、1mほど先の地面ぎりぎりを這うように飛ぶチョウを発見!目で追いかけると、茶色い翅にブルーの色がチラついています。もしや、もうコツバメが出てきたのか…。期待に胸を弾ませ、止まったその姿を覗きこむと、ムラサキシジミ。越冬し、暖かくなってきたので、日向ぼっこに出てきたようです。ちょっと残念でしたが、ムラサキシジミは今年の初見。それはそれで、納得でした。でも、開翅したりする様子も...

  14. 逆戻り - 紀州里山の蝶たち

    逆戻り

    曇り空で気温が上昇しません。一瞬の日差しに越冬開けのムラサキシジミが反応しました。林道脇では、ナガバタチツボスミレ(?)が満開でした。

  15. ナノハナで吸蜜するムラサキシジミなど(千葉県松戸市、20170320) - Butterfly & Dragonfly

    ナノハナで吸蜜するムラサキシジミなど(千葉県松戸市、2...

    3月20日(月)、3連休最終日もよく晴れ、気温も良い感じです。所用がありゆっくり撮影とはいきませんが、短時間、松戸市内の公園に行ってみました。狙いはナノハナに集まる蝶たちです。春ならではの蝶景を撮りたいと思ったのでした。菜の花畑に到着すると、モンシロチョウが飛んでいました。早速望遠で撮影です。Canon EOS 5D Mark Ⅲ, Canon EF300mm F4L IS USM, F7....

  16. 散歩道に春の花は溢れ - 不思議の森の迷い人

    散歩道に春の花は溢れ

     道端には、ナズナ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウなど小さな花たちが蝶を呼んでいます。やっとキタテハが目を覚ましたようです。 三連休の最終日、里山を歩く人はいつもより多く、釣竿を持った小学生の笑い声が聞こえてきます。そして、今まで姿を見せなかったキタテハたちが一斉に姿を現しました。 春の陽射しに浮かれたのかキジまで姿を見せました。かなり遠かったので、だいぶ拡大しています。 道...

  17. 2017年3月中旬 埼玉県久喜市青毛堀川 その2 - 春ちゃんのメモ蝶3

    2017年3月中旬 埼玉県久喜市青毛堀川 その2

    2017年3月19日 埼玉県久喜市青毛堀川昨日、ベニシジミを初見初撮、モンキチョウを初撮しました。本日、気温が上がるということで気になっていましたが、昼食の買い物で通ったときにモンシロチョウが飛んでいるのを見ました。ちょっとだけ時間ができたので、早速現場へ急行。風が強かったものの、神社の鎮守の森の陰で風が収まっていました。さっそくいたのがキタテハ。ムラサキシジミもいました。成虫越冬の蝶たちも...

  18. きらきらひかる - LOOSE

    きらきらひかる

    暖かい春の光の中、美しいものを見ました。

  19. コツバメ登場、ミヤマセセリ交尾、ムラサキシジミの口吻形状など(埼玉県、20170318) - Butterfly & Dragonfly

    コツバメ登場、ミヤマセセリ交尾、ムラサキシジミの口吻形...

    3月18日(土)はお天気も良く暖かくなる予報、コツバメの登場を期待し、「不思議の森の迷い人」のfushiginomoriさんと一緒に、埼玉に出かけて来ました。10時にはフィールドに到着したのですが、アセビの花に蝶の姿が見えません。周辺を探しているとアゲハが目の前にとまったのですが、カメラはまだバッグの中、撮れませんでした。やはりカメラはいつでも撮影できるように備えておかねばいけませんね。再び...

  20. ■ シーズン初見の蝶 3種 (2)   17.3.18   (モンキチョウ、ムラサキシジミ、ベニシジミ) - 舞岡公園の自然2

    ■ シーズン初見の蝶 3種 (2)   17.3.18...

    すこしづつ春めいてきた。すると正直なもので、蝶たちの姿も増えてくる。モンシロチョウが当たり前のように飛んでいる。今日も「シーズン初見の蝶」を新しく3種見ることができた。モンキチョウ   17.3.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/1000,F8        あたかも配偶者を探すかのように花には目もくれずに長距離を往復しながら飛んでいた。   ...

1 - 20 / 総件数:23 件

似ているタグ