メシクエおすすめ!のタグまとめ (66件)

メシクエおすすめ!のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはメシクエおすすめ!に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

西荻でエスニック料理と言えば、必ず名前が挙がるハンサム食堂。その名前と、この風貌。西荻は、ホント絵になる町だ。映画のセットのような場所がちゃんと命もって、生きている。大好きなパッタイをほおばる。今日の夜食。■「ハンサム食堂」http://www.xxxhandsome.com/■今日のカメ■「ハンサム食堂」JR西荻窪駅南口から徒歩30秒ほど。飲み屋が密集する一角にあります。ちなみに、ハンサム...

ご招待いただき、鮨好きの間で非常に噂になっている、人気店「鮨 りんだ」へ。一度聞いたら忘れない「りんだ」という名前は、ブルーハーツ好きの大将が名曲「リンダリンダ」から取った娘さんの名前。恵比寿やニューヨークでも修行をしていた大将の鮨を求め、駅からもかなり離れてて、決して交通の便がいいとは言えない場所なのに、1回転目も2回転目も満員御礼の大人気。つまみとにぎりがいい感じで交互に出てくるスタイル...

色んな人から勧められていて、ようやく行けた荻窪にある人気うなぎ店「川勢 (かわせ)」で昼食。夜ならともかく、色んな方から昼に行け!と勧められ、これがなかなか敷居が高く(苦笑)。出てきたうなぎ丼は、これが1200円とは思えないしっかりとした味とボリュームで、確かに、みんなの言う通り、これは昼に一度来てみる価値があった。個人的には、ややご飯が柔らかすぎるところと、店内かなり狭くて、食べてる間中、...

最近、四谷三丁目の荒木町界隈が、いま私の中でアツい。ちょこちょこ足を運んでは、その奥深さに圧倒され、いつか武器や防具を整えて、本格的にメシクエしないといけないなあと思っていたフィールド。なので、最近、知り合いのメシクエ仲間から情報もらって、ちょくちょく経験値稼ぎにクエストをしている。そんな中、知り合いの肉好きから店主の情熱あふれる焼肉屋があると聞き、「びーふ永吉」へ。おお、これか!!「生涯情...

高円寺にあるディープなランドマーク・大一市場内にある世界の料理が楽しめる「レストラン ホエール」でランチ。「WHALE(ホエール=くじら)」の名の通り、同じ大一市場にあるカレーバル「くじら」の姉妹店で、まさに世界中の海を泳ぐくじらのように、世界各国の伝統料理だったり、家庭料理だったりが気軽に楽しめる。ランチは、前菜に、パンとメインが付くものだが、今日の前菜にトルコの家庭料理「フムス」が入って...

四谷三丁目にあるカジュアルフレンチ「ONZI (オンジ)」で夕食。荒木町の昭和な街並みの中で、ひときわ目立つフレンチ。カウンターメインの一人でも入りやすい店内だが、出てくるフレンチは食材にもこだわり、かなり本格的で、どれもとても美味しい。誰かへの記念日お祝い的な派手さはないフレンチだけど、ちょっと疲れた日に自分から自分への少し贅沢なご褒美にはすごくいい。これだけちゃんとした味のフレンチが手頃...

中華好きの私が最近すごくハマっている、西荻窪「ビストロシノワ YASMIN ヤスミン」へ。仕事で遅くなることが多く、どうも平日の夜に間に合わないので、週に1回日曜だけやっているランチを狙う。せっかくのランチは、ちょっとリッチにコースで。お目当てのポルチーニ茸とフカヒレのスープもめちゃくちゃ美味しかったが、特別に作ってもらった炒飯もすごく美味しかったな。素晴らしい。おかげで、いい日曜が始まりそ...

室町時代創業。創業500年を超える言わずと知れた日本を代表する和菓子司「虎屋」。この虎屋ののれん、いつ見てもカッコいい。その「虎屋」が併設している「虎屋菓寮」で、この時期限定の酒饅頭を出してくれるので、行ってきた。酒麹を使った寒い時期限定の虎屋の酒饅頭。注文受けてから蒸しあげてくれるので、美味しさもひとしお。虎屋のあんこは、相変わらずうまいな。和菓子は好きだけど、家に買って帰ってまで・・・と...

大手グルメサイトのうなぎ部門で毎年トップを飾り、1年先まで予約が取れない鰻店の名店。鰻LOVERな鰻人(うなんちゅ)の聖地、池袋「かぶと」にやってきた!!この伝説の鰻店を長年切り盛りされていた名物大将は、残念ながら今年の春で引退され、お弟子さんが若大将として跡を継いだそうだが、こんなに老舗の名店なのに、雰囲気も良く、昔からの常連さんと思われる人も多数。うなぎは、めちゃくちゃ美味しい。つい、日...

四半期恒例、春夏秋冬に必ずお邪魔しているフレンチファンタジスタ、「Celaravird セララバアド」の秋がやってきた。今日は、橋本シェフの料理を間近で見られるカウンターのアリーナ席。落ち葉をイメージした、葉の1枚1枚に料理が書かれている、かわいらしいメニューに魅了され、今年も、「セララバアド」らしい秋を満喫させてもらった。秋コースの基本構成は去年と一緒だったが、一部のメニューだったり、食材...

ご招待いただき、西麻布の隠れ家割烹「伊勢すえよし」へ。若大将のご出身である三重県伊勢の地産食材にこだわり、食事の最初は、先付からスタートではなく、伊勢神宮に奉納されている日本酒「白鷹」を一口杯でいただくことから始まる。プライベートがしっかり保たれている贅沢な環境で、大将から伊勢の話をいっぱい聞きながらいただく伊勢尽くしのコース。伊勢の鱧の土瓶蒸し、伊勢穴子の白焼き、伊勢のかますの土鍋ご飯、大...

とある昼下がり。ランチタイムを完全に逃して、近所のお店は全滅だったので、こういう時には、ランチタイムも関係なくやっているお店が多い吉祥寺に突撃。天気もいいし、気分もいいので、井の頭公園入口にある肉バル「Va bene ヴァヴェーネ」で、ちょっと贅沢に熊本県産あか牛の炭火焼きランチを。あか牛の赤身は、ホント美味しいなあ。柔らかくて、旨味が凝縮されてて、肉にコクがある。ランチから肉の炭火焼きをい...

平日の打ち合わせラッシュを乗り超えて、寝たのに全く眠った気がしなくて、起きてからもすごく疲れ切っていたある日。こんな日でもちゃんとお腹は空くわけで、HPもMPも一桁まで減っている私に問いかけてみた。「いま、何食べたい?」で、とっさに頭に思い浮かんだのが、西荻窪の人気カレー店「オーケストラ」のサグチキンカレー。食べたら、すっと体が楽になって、なんだかパワーが戻ってきた気がした。こういう時に体が...

懇意にさせてもらっている西荻窪のビストロ、「チクロパノラマキッチン」で夕食。冬に近付き、だんだん寒くなってきた。最初に飲んでいた赤ワインも、途中からホットワインに切り替えてみる。ああ、もう冬なんだな。今年もあっと言う間だったな。料理も、お気に入りのイタリア風ミートボールをはじめ、オムレツやポテトグラタンなど、温かい料理が並ぶ。ああ、もう冬なんだね。今年もホントあっと言う間だったね・・・。■「...

私が信頼を寄せているグルメな方から、「成沢さんが食べたことないフィッシュ&チップスを食べさせてあげます」と言われ、ご招待いただき世田谷代田「サーモン&トラウト」へ。フィッシュ&チップス。文字通りのフィッシュとチップスのフライ盛り合わせだが、イギリスの伝統料理でありながら、イギリス飯のまずさの代名詞にも使われてしまうかわいそうな料理。日本でも、どうしてもバルや居酒屋料理の印象がぬぐえない。その...

白トリュフの美味しい季節になってきたので、西麻布にある人気フレンチ「Margotto e Baciare マルゴット・エ・バッチャーレ」へ。ここは、最初に自分が使いたいトリュフを木箱から選んで(コースト別料金)、そのトリュフを使ってコースを楽しむような料理が出てくる。トリュフには、白と黒の2種類があって、白は、黒の4倍くらいの値段がして、香りでは圧倒的なのだが、黒も黒なりの風味を持っていて、...

新宿御苑前にある中国料理の名店、「礼華(ライカ)」へ。天気良くて、そこまで寒くなくて、たまたまテラス席も空いてて、なんだかすごく気分いいので、ちょっとリッチなランチコースを。すごく優雅なひとときを過ごさせてもらった。相変わらず、礼華の中華は美味しいなあー。■「中国料理 礼華」http://www.rai-ka.com/shinjuku/■今日のカメ■「礼華」丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩2...

最近、色々と紆余曲折あって、仕事のスタイルが変わり、会社に出社せずに、カフェで仕事をすることが増えた。こうやって書くと、なんだか高校生が学校さぼっているようだが、一応、正規で認めていただいている範疇でのスタイルだ。その代わり、土日も関係なくなったので、曜日の感覚も、時間の感覚もおかしくなってるのだが。まあ、それはそれとして、そんな日々なので、環境、雰囲気、テーブルやイスなど、落ち着いて仕事が...

私が死ぬまでに行ってみたい国のトップ1は、ペルーだ。ママがサイモン&ガーファンクルが好きで、子供の頃に何度もペルー音楽フォルクローレの「コンドルは飛んでいく」を聴いて過ごした。大人になってからも、ペルーには何かと惹かれることが多く、写真集やガイドブックを買ったり、テレビのペルー旅番組を録画したりしてる。残念ながら、まだ行ったことないペルーではあるが、都内では珍しいちょっと変わったペルー料理を...

初台にある大好きなフレンチ、「Restaurant Anis レストランアニス」でディナー。アナグマに始まり、熊、鹿、ひな鶏、イノシシなど、「アニス」でしから食べられない動物園のようなフレンチ。相変わらず、見た目にも美しく、食べても美味しい料理だった。メインディッシュの、塩釜ならぬ、パン釜。パンの中からひな鶏が出てくるとは(笑)。いつも美味しくて、楽しくて、驚きがある素晴らしいフレンチ。■「...

似ているタグ