モノクロフィルムのタグまとめ

モノクロフィルム」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはモノクロフィルムに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「モノクロフィルム」タグの記事(64)

  1. Rollei Retro80s を考える(4) - ポートフォリオ

    Rollei Retro80s を考える(4)

    この日は冬晴れで 日中は暖かさを感じるほどだったただ年末近いころで 一年で一番太陽高度が低い時期だった路地裏で撮影しているが 彼女の顔が潰れない様にと塀のそばに位置付けてわずかに当たる日差しをレフ代わりにしたのだカラーだったら完全に色カブリしているこのフィルムはzone が狭いと再三記してきたがこの写真のハイライト部分はそうでも無い意外と出ていると思えるスキャナーで読み込むと黒が潰れる傾向に...

  2. Rollei Retro80s を考える(3) - ポートフォリオ

    Rollei Retro80s を考える(3)

    この日はあいにくの雨模様で寒い日だったただ広い公園だったこともあって何も遮る物もなく意外と明るさは確保できたそれにレンズシャッターの二眼レフだったので80s でもイケルと踏み込んだどんより曇り空なら必然的にコントラストは下がる輝度差が乏しいためにメリハリがなくなりシャドウ〜ハイライトの差が曖昧になるからだしかしこのフィルムはこんな状況こそが威力を発揮する場面なのだ空は完全に飛んでしまっている...

  3. Rollei Retro80s を考える(2) - ポートフォリオ

    Rollei Retro80s を考える(2)

    このフィルムは「スーパーパンクロマチック」に分類されるしかも赤外線への感度が750nmとされていて フィルターを併用すれば赤外線フィルムにもなる(人間の肉眼では390〜700nmが可視領域とされている)なのでカメラの出し入れでも神経を遣わないと感光してしまう恐れがある実際に私も裏紙の模様が写り込んでしまった経験があるそして実に黒が濃く 密度も高いのが特徴Adox Silvermax はzon...

  4. Rollei Retro80s を考える(1) - ポートフォリオ

    Rollei Retro80s を考える(1)

    桜も終わって もうすぐ4月も終わるそして連休に入れば一気に「初夏」になる太陽の高度は高くなり 晴れれば日差しも強くなる今まではこの時期のフィルム感度には神経を遣い 迷ったことも多かったISO400 だとSS が1/500 までしかない古いカメラだと追いつかないできることならNDも含めてフィルターは使いたくないフォーカシングに影響が出るからだそこでISO100 のフィルムにすればと思うのだが柔...

  5. 「値下げ」を敢行したILFORD - ポートフォリオ

    「値下げ」を敢行したILFORD

    4月21日の朝いつもの様にTwitterを見ていると驚きの記事がリンクされていた『サイバーグラフィックス、モノクロ感材を10〜15%値下げ』本当に「二度見」をしてしまった7、8年前までさほどの価格ではなかったこれらの感材がKodak の一斉値上げとほぼ同時期に通常では考えられない値上げをしたほぼ倍近い値上げになったのだから驚いたこのブログ内においてもILFORD のフィルムについては何度とな...

  6. 東京都墨田区にて撮影 - 標準レンズ馬鹿一代

    東京都墨田区にて撮影

    先月下旬に、スカイツリー撮影に出掛けた時のモノです。フィルムはKodak T-MAX100で、現像液はD-76を1:1です。写真は台東区からですね。アサヒビール本社と観光船、屋形船です。タイトルは「船徳」にでもしておきましょうか。(ちなみに、船徳に出てくる船はもっと小さいヤツです)スカイツリー・特急りょうもう・屋形船・首都高向島線・墨田区役所…この写真だけで5つも要素が入ってます。典型的なダ...

  7. モノクロプリント実習(その10) - ポートフォリオ

    モノクロプリント実習(その10)

    以前に「新兵器」としてFOMA の印画紙を購入したと記したが今回のプリント実習で早速テストしてみた初めはいつも通りに5×7サイズでプリントをしてみてイメージ通りにプリントできたものをサンプルにして12×16 に挑戦してみたまずは何といっても引き伸ばし機のレンズがかなり高い所まで行ってしまうので身長の低い私には届くこともなく 椅子に乗ってサイズを調節することが苦労の始まりだったそれから水平を見...

  8. フィルムと現像 - 標準レンズ馬鹿一代

    フィルムと現像

    先月、行田市に研修で行った時に撮影した写真です。忍城の鐘楼と梅です。ここからは、旧群馬町(現高崎市)にある「かみつけの里」で撮影した”はにわ”です。今、重要な部分で悩んでおります。今までず~っと、高校生の頃から富士フイルムのミクロファインしか使った事がありません。当時からアクロスばかり。たまにプレストって感じだったでしょうか。ですから、ミクロファインの現像で何の問題も生じなかったワケです。最...

  9. Lady Lynda(6) - ポートフォリオ

    Lady Lynda(6)

    【モノクロフィルムの比較】今回の撮影では久々にMAMIYA645 を使用したフィルムは2種類400TX とFOMAPAN200Creative天候が曇り空だったこともあって400TX を用意していた午前中はそれが正解だったY2フィルターを使用することが前提だったからプラス1段になるそして午後からは200でも十分な明るさが保たれたので良かったこの写真は80mm F1.9 を開放で撮影したものバ...

  10. 漁 - パトローネの中

    くっきり富士山が見えています。

  11. モノクロームで皐月を表現する(5) - ポートフォリオ

    モノクロームで皐月を表現する(5)

    今まで記してきたことは原則として「皐月晴れ」が前提だもちろん毎日が皐月晴れになるわけもなくこの写真はどんよりとまでは言わないものの かなりな曇り空だったなので地面にも彼女の影らしい影はないそれでも新緑は濃く 木々の存在感は十分だそれらを構図の中の多くの割合にすればネムいネガにはならないはずしかし もし実際にこんな天気になってしまったら悲しいなぁでも対策は何か考えないと。。。

  12. モノクロームで皐月を表現する(4) - ポートフォリオ

    モノクロームで皐月を表現する(4)

    いよいよ4月になってしまったなんだか今年は桜の開花進行が遅いように思えるまぁ 桜が咲く頃には必ず寒の戻りがあり天候も不安定になるものだからその年によっては早い・遅いは誤差の範囲なのかもしれない仕事で色々と撮影しているうちに なんとなくではあるがイメージが膨らんできた撮影段階でのコントラスト調整とプリント段階でのコントラスト調整また 撮影段階での色々な表現方法について過去の自分の写真を見返して...

  13. モノクロームで皐月を表現する(3) - ポートフォリオ

    モノクロームで皐月を表現する(3)

    5月は新緑はもちろんだが 気持ち良い空気も特別な時期だしかし 単純に自然が作り出すそうした「環境」だけではない例えばこの写真のように地面に見える「木陰」をイメージさせるまだらな影これもそうした雰囲気やイメージを持ち上げてくれる大切な要素だと思っている目を凝らせば色々なところに色々な表現は見つかるものだそれでも未だに5月の撮影に関しては明確なイメージが湧かないモデルが決まり ロケーションが決ま...

  14. 新兵器の実力 - ポートフォリオ

    新兵器の実力

    MAMIYA645 用にY2 フィルターを購入したと以前の記事に記した早速 テストにふさわしい機会があったので実践してみることに問題はフィルムの選択だったもともと解像度や黒密度の高いフィルムでコントラストを強調してみたらどうなるか?そこに興味を置いて今回はRollei Superpan200 を使用してみた天候は晴れ午後の東京丸の内ビジネスマンで行き交う交差点の手前で彼女を振り向かせて捉えた...

  15. モノクロームで皐月を表現する(2) - ポートフォリオ

    モノクロームで皐月を表現する(2)

    5月を表現する大きなポイントは やはり「緑の木々」だと思うそして地面を覆う緑の芝生も大きいか被写体となる女性の服装だけでは季節感を表現するには難しい頃だ木々の緑は ただモノクロームで撮影するだけだと「色合い」が表現できないことが多いなのでコントラスト調整用フィルターを使用して そうした「緑の深さ」を強調するそれと同時にフィルムに関しても私は「それ用」に選択するとにかく日差しが厳しくなるこの頃...

  16. モノクロームで皐月を表現する(1) - ポートフォリオ

    モノクロームで皐月を表現する(1)

    桜の開花宣言が東京都で謳われたもう春だだから私は5月のことを考えることにする過去に撮影したデータやネガを検証すると意外と5月に撮影した記録が少ない毎年 それぞれのテーマに沿って撮影プランを立てるので時には6・7月の梅雨時期が圧倒的に多かったりと集中している傾向があるなので今年は5月に意識を向ける5月とはどういう時期か?春は終わり 日差しは強くなるし 紫外線の量が急激に多くなる(らしい)日中な...

  17. 新兵器の導入(645編) - ポートフォリオ

    新兵器の導入(645編)

    「新兵器」と言うほど大したものではないのだが私にとってかなりな新戦力になるので改めて記事にした銀塩モノクローム写真に置けるコントラスト調整はフィルターで行われるのが一般的もちろんフィルムや現像方法でもある程度のコントロールはできるがやはり撮影時の段階でそれをある程度コントロールするのが理想的だし早い35mm カメラでは揃えているが 645 に関してはフィルター径が大きいこともあり所持していな...

  18. コンタクトプリントの作品性(3) - ポートフォリオ

    コンタクトプリントの作品性(3)

    フィルムが変われば描写も変わるしかし変わるのはそれだけではないこのコンタクトプリントをご覧になるとネガの並びが不揃いなのがわかると思う私はかなり神経質な性格だと思うし 私をご存知の方なら何故こんな並びをしているのか?と思われるだろうもちろん理由がある自家現像をされる方なら経験があると思うがメーカーやブランドによってはカールのきついフィルムがあるこれはその好例で Rollei Retro400...

  19. コンタクトプリントの作品性(2) - ポートフォリオ

    コンタクトプリントの作品性(2)

    このコンタクトプリントにしても やはりテストピースが必要になる印画紙を細く切って 一本のネガ(6カット分)をテストプリントするのだできるだけ輝度差があるネガを選ぶのがいいネガの濃度で基準となる露光時間を判断して その前後 数パターンの露光時間を与えて見る例えば3秒から始めたとすれば 6秒・9秒・12秒・・・と言う感じでなので上のシートのように縞模様のプリントが出来上がる35mmフィルムは幅が...

  20. コンタクトプリントの作品性(1) - ポートフォリオ

    コンタクトプリントの作品性(1)

    ある程度の写真歴がある人やモノクロフィルムの自家プリントをされる方なら「コンタクトプリント」をご存知だと思う一昔前なら「べた焼き」と呼ばれたプリントだ今は現像したフィルムをスキャナで読み取って閲覧することができるので それを代用にしている人が多いと思うし 実際のところ私もその一人だしかし 今になって思うとこの「コンタクトプリント」は実に「作品性」が高いこのシートからめぼしいカットを選び ネガ...

1 - 20 / 総件数:64 件

似ているタグ