モノクロフィルムのタグまとめ

モノクロフィルム」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはモノクロフィルムに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「モノクロフィルム」タグの記事(56)

  1. 夏休みの宿題は8月32日に処理するタイプです。 - 標準レンズ馬鹿一代

    夏休みの宿題は8月32日に処理するタイプです。

    夏休みももうじき終わりですね。ワタクシは夏休みの宿題を提出出来た事が小学校1年~高校3年まで1度も有りません。(そんな事を自慢するな!他所で言うな!と散々怒られました)未だにそれを引きずっております。フィルム現像を溜めてしまい、大変な事に…この写真は藤岡市の浄法寺にある伝教大師の立像です。菩提寺が天台宗なので、お祖師様になりますな。このお寺に関しては書き始めると長くなるので、端折ります。ちな...

  2. 牧野氏まつり - 標準レンズ馬鹿一代

    牧野氏まつり

    7月29日に群馬県前橋市にて行われた牧野氏祭りの写真です。こういったイベント系の撮影ではF100を持ち出します。そりゃF3やFM3aを使えりゃ良いんでしょうけどねぇ…腕が悪いモンで、ピンボケだらけになっちゃいます。種子島なので、火縄から火が噴出している瞬間を切り取りたいのですが、今回はデジタル含め全滅しました。デジタルの方はASAの上げ過ぎで、火が点になっちゃってイマイチ。フィルムの方は連写...

  3. 今年度の振り返り(6) - ポートフォリオ

    今年度の振り返り(6)

    この頃から再度120で撮影することをメインにしたそしてY2 フィルターを常用するようにもなった400-TX とY2 フィルターの組み合わせが実に心地良かったからだフィルムと現像液も400-TX & D-76 に固定していた頃だただ 季節が春から初夏になるに連れて段々とISO400 ではキツくなってくるND を重ねれば良いのだがフィルターは重ねたくないそうなればフィルム感度を下げるしか...

  4. 今年度の振り返り(5) - ポートフォリオ

    今年度の振り返り(5)

    この日は寒かった真冬が嫌いという彼女に無理を言って撮影に付き合ってもらった冬のイメージが無い彼女を撮ってみたかったただこの日も「失敗」をした単純な「人為的ミス」だったが これはこれで良い経験になった400-TX を詰めたOM-3Ti だったが何を勘違いしたのか露出計をISO100で計測していた救いは現像処理前にそれに気づいたことだなのでISO100 として処理することができたでなければ全てが...

  5. 今年度の振り返り(4) - ポートフォリオ

    今年度の振り返り(4)

    それからまた試行錯誤の日々になるフィルムの選択は本当に悩んだ実はモノクロフィルムに関しては未だにフィルムの選択に迷うほどの品種があるネット通販が普通に扱えるようになった現代では海外からも容易に購入できるからだ「ネムく甘い画像を避ける」ことがポイントだった現像液はD-76 とRodinal に固定したこの日の撮影では400-TX とFOMAPAN200 を用意してテストも兼ねた現像処理は400...

  6. 今年度の振り返り(3) - ポートフォリオ

    今年度の振り返り(3)

    今の私の姿勢が固まったのは この日の撮影における「大失敗」が始まりだった今年度は35mm カメラでの撮影も重視していたそして現像処理にしてもアンセル・アダムスのゾーン理論を勉強しそれのテストを繰り返して自分なりの現像処理方法を探っていたそこでたどり着いた理論で全くオリジナルの現像時間を編み出して処理したのだそれが見事に失敗したもちろん私のやり方に間違いがあったのかもしれないし理論の理解が不足...

  7. 今年度の振り返り(2) - ポートフォリオ

    今年度の振り返り(2)

    この日も真冬の撮影だった今年度は真冬に重きを置いていた多くの女性モデルは冬が嫌いと言うならばその冬に撮影してみたくなるのが へそ曲がりな私の考えだったしかし冬は日中でも斜光であり 影が長くなる木々の葉は落ちて地面まで十分に日差しが届くから明るい晴れる日も多くなるし 晴れていれば日中は暖かく感じるものだこの写真は広い公園で撮影したものAdox Silvermaxを純正現像液で処理した35mm ...

  8. 今年度の振り返り(1) - ポートフォリオ

    今年度の振り返り(1)

    以前にも記したと思うが私の「決算月」は8月であり 9月からは「新年度」になるなので今日から「今年度」の振り返りをして見ることにした***************************************今年は写真展に出品する作品は全て自家プリントするというのが一つの目標だった昨年秋から自家プリントに取り組み始め 色々な意味で写真に対する考え方が変わった…というか 今までが「間違っていた...

  9. 銀座 - ポートフォリオ

    銀座

    写真展の準備が大方終わったまだまだ事務作業や装飾関係の仕事はあるが自分が出品する作品に関しては額装まで全てが終わったどうにか自家プリントも無事に終えたことが少なからずの自信になった毎年頭を悩ませるのが「課題作品」であることはよく記している今年は「中央区銀座」でなくとも可になったのだ(笑)つまり「谷中銀座」「戸越銀座」などの「銀座」でも可能と言うことだとはいえ私は中央区銀座にこだわるとも記した...

  10. 【21st Century Snapshotman 】鉄塔の水郷 千葉・手賀沼 (2017 6/9) - 写像的空間

    【21st Century Snapshotman 】...

    午後からの取材の前に、千葉県の手賀沼を周遊した。柏側の「道の駅しょうなん」から、水辺沿いに西へ進み、沼をぐるっと回って我孫子側に回って手賀大橋を渡って道の駅に戻ってくるというコース。写真を撮りながら、3時間ほどかかっただろうか。これでも全体の半分くらいだから、かなり広い沼である。世には沼か池としか思えないもっと小さな「湖」もたくさんあるから、不思議なものである。手賀沼に来たのは2回目だ。前回...

  11. Alone At Last, And Then(7) - ポートフォリオ

    Alone At Last, And Then(7)

    【モノクロフィルムの比較】今回はフィルムの選択に悩んだ天気の問題もそうなのだが 予定していたロケ地の背景の問題が大きかったそれでも そんな時は無難にKodak 400-TX を選択すれば良いと割り切った本当はFOMAPAN200 を理想としていたが 曇り空を想定していたからフィルターを介しては厳しいと踏んだ結果としては選択は正しかったそして自家調合のD-23 で現像をして 後日プリントもした...

  12. プレゼンテーション - ポートフォリオ

    プレゼンテーション

    早いもので7月も終わり8月の声を聞くと「夏本番」とも思えるが夏至を過ぎてひと月以上にもなると日の入りが早くなったと実感できる頃でもある私が所属する写真愛好家の集まり「The GIN4」の写真展が今年も9月に開催される早いもので今年で4回目だそして毎年 頭を悩ませるのが「課題作品」話し合いの結果 今年から「規制緩和」が計られ「中央区銀座」出なくてもOKになった(笑)つまり「戸越銀座」「谷中銀座...

  13. 女心と秋の空(4) - ポートフォリオ

    女心と秋の空(4)

    今日の「女心と秋の空」は『露出の違い』による表現これは本当に迷う頭の中でイメージできていたとしても実際にプリントして見るとイメージが変わることが多々あるデジタルカメラでなくとも1/3単位で露出補正できるカメラは多くあるが私が使用するカメラはそれも無く 単純にプラスマイナス1段の違いで補正するこれは大きな差になるプリントする段階で露光時間をコントロールしたりフィルターを0.5号単位で変えること...

  14. 女心と秋の空(3) - ポートフォリオ

    女心と秋の空(3)

    早速 撮影に出かけてみたMAMIYA645 にFOMAPAN200Creative を詰めて横浜馬車道へ曇り空で蒸し暑いそれでも十分な光量があって屋外ならばフィルター無しでは露出が追いつかないY2 を装着してISO100 にすればどうにか・・・それでも解放は難しく屋外では一絞りして見たそして現像液は自家調合のD-23さらに今回は全ての工程で温度管理を徹底して18℃〜20℃に抑えたその甲斐あっ...

  15. 女心と秋の空(2) - ポートフォリオ

    女心と秋の空(2)

    最近 あるサイトに掲載されている写真を片っ端から見ていたオールドレンズと言えば 最近では単にMFレンズを指すような風潮である私が現役で使用しているzuiko や Takumar などもその部類になる様だしかしそのサイトは本当の意味でオールドレンズで撮影された画像を掲載しレポートしている『FOMAPAN100』で検索していて たまたまヒットしたのだあまりにも几帳面に整理されたサイトで情報量も多...

  16. 新兵器の導入(現像編) - ポートフォリオ

    新兵器の導入(現像編)

    モノクロフィルム関連の記事に戻ったことでもあるので「新兵器」を導入してみた今回は「現像タンク& リール」だ120サイズのリールを同時に2つ現像できる大きいタイプなので現像薬品の量も今までの倍となるそのためにメスカップも1Lサイズを新たに購入した本当はそれぞれの薬品用に揃えるべきだがアマゾンの在庫が1個しかなかったこれについては後日に改めて買い揃えれば良いタンクの容量は大きくなるが時間...

  17. 女心と秋の空(1) - ポートフォリオ

    女心と秋の空(1)

    まだ7月下旬と言うのに このタイトルは何と季節外れか!まぁ 季語で使うセンテンスではなく 浮気心を表現してみたかったのだ(笑)しばらくカラーネガフィルム(フィルムカメラ)ブームについてグチをこぼしたがそればかりは私が何と叫んでも始まらないなので私が思う「モノクローム」の魅力について独り言でも述べようと思ったのださて 写真は数日前にも掲載した横浜・山手の洋館にあるタイプライター書斎全体を見回す...

  18. 新兵器の導入(現像編) - ポートフォリオ

    新兵器の導入(現像編)

    何れにしても保冷バッグが必要と言うことで購入してみた15L サイズで500mlのペットボトルなら12本2Lのペットボトルなら6本も入るなのでこれには水洗用の水をある程度の温度で保持するために使用してみる薬品は先日も公開した発泡スチロール製のボックスで良いあとは保冷剤を数個購入して全てが揃う欲を言えば120サイズ用の現像リールと2本用タンクを購入したいが・・・まぁこれは急ぐ必要もないこれである...

  19. 緊急企画『真夏の現像作業・温度管理』 - ポートフォリオ

    緊急企画『真夏の現像作業・温度管理』

    自家現像の経験がある方なら誰でも悩むのが「温度管理」だと思う特に夏場は難しい一般的に現像処理をする温度は20℃が標準となっていて温度設定でコントラストをコントロールすることもできるし増感現像などの応用にも温度管理はとても重要な要素になる今頃の季節ならば 水道水が26℃前後あるなので現像液を希釈する時などはあらかじめ冷蔵庫で冷やしておいた水で希釈したり現像中のタンクを氷水をいれた洗面器などにい...

  20. 来年度のテーマ - ポートフォリオ

    来年度のテーマ

    これも毎年記していることだが私にとっての年度末は8月末となっている9月からは『新年度』となって新たにテーマを決めて次の1年間を過ごすそれは写真展に出品する作品のテーマにもなるので安易には決められないちなみに今年度は「休日」だった細かいことを言えば ある「子守唄」が背景に聞こえて来るような写真が撮れたら良いなと思っていた毎年 今頃になると「来年はどうしよう・・・」と思い始める今までならば「状況...

1 - 20 / 総件数:56 件

似ているタグ