モルディブのタグまとめ (65件)

モルディブのタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはモルディブに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

モルディブと言えばやっぱり高級リゾート。せっかく遠いモルディブまで行くんだから、行ってみたいですよね。でも予算も抑えたいし・・・・・という方にお勧めなのが、リゾート+ローカル島滞在 オーダーメイド日本からいらっしゃる場合、通常は航空券込みのパッケージツアーが主流ですね。ただ最近は、現地発着の宿泊ツアーや、宿泊施設はオンライでご自身で予約されて現地入り…というスタイルが増えているようです。情報...

南国と言えば、果実生絞りジュース!フレッシュジュースですよね。安くておいしい。モルディブはほとんどが輸入ということで、フレッシュジュースも決して安くはないのですが、日本ではなかなか飲むことができない種類ががいろいろとあります。そもそも日本でフレッシュジュースって、パックジュース以外で飲む機会ってそんなにないですよね。私がよく飲むのはパイナップルジュース。酵素たっぷり。他にもパパイヤジュース、...

今日はひとあじ変わったパッケージをご紹介します。その名も【現地発着】ジンベイザメ研究NPO機関でボランティアワーク 15日間/29日間モルディブと言えば、ジンベイザメ。ジンベイザメと言えば、アリ環礁。特に南アリ。そんな南アリ環礁のとあるローカル島ディグラに、ジンベイザメ研究所があります。マーレ国際空港から国内線で20分+スピードボートで15分ほどです。海洋生物学者達が作り上げた機関で、ジンベ...

今日は、バレンタインデーですね。ここ何年もバレンタインデーというものを気にもしたことがない私ですが、まさかイスラム教国家のモルディブで、”今日はバレンタインデー!!”というのを思い出す事態になるとは!チョコレート商戦としてのバレンタインデーは宗教性は全くないのですが、そもそものバレンタインデーはキリスト教関連。そのため、まさかイスラム教の国で行われるとは。商売魂、モルディブにも(意外に)あり...

今日は、ローカル島への移動方法についてのアドバイスについて綴ります。リゾートであれば、宿泊+リゾートまでの往復送迎は予約時にセットで申込むことがほとんどです。そして往復送迎も、リゾートスタッフが国際空港到着時にきちんとボードを持ってお出迎え。リゾート行きのボートまで案内してくれます。極たまにスタッフがどこにいるか分からない…!という事態が発生することもあるようですが、リゾートスタッフはみんな...

今日は、新しいモルディブ現地発着ツアーのご案内です。【現地発着ツアー】モルディブ伝統文化体験の旅 7日間国によって伝統文化がありますが、ここモルディブにももちろんあります。いろいろありますが、代表的な伝統工芸品がこちら。”ラージェフン”と呼ばれるもので、木に黒と赤を基調とした天然色素を用い、独特な模様を手書きで施したものです。日常的に使われるものというよりは芸術品で、見て楽しむものとのこと。...

不定期更新【島歩きルポ】。今回は第3回目です。この”いかにも干してます!”という雰囲気を醸し出している一枚の写真。モルディブ一番北の環礁での一コマです。首都マーレの魚市場でもよく見る小魚。モルディブではカレーにしたり、素揚げにしてポリポリおやつ感覚で食べたりします。こうやって干されているのは初めて見ました。ローカル島ならではの、島風景です。(猫が来て食べてしまわないのだろうか・・・。)***...

今日はタイトル通り、”観光客未踏のローカル島”についてちょっと書き綴りたいと思います。旅行の目的は人それぞれ。観光スポットや世界遺産を巡りたい、本場の味を楽しみたい、ショッピングを楽しみたい。モルディブ旅行の場合はどうでしょうか。モルディブでは上記のような目的で訪問される方は少なく、美しい海、何もしない贅沢、シュノーケル、ダイビングを楽しみにいらっしゃる方が大多数だと思います。距離的に日本か...

首都マーレで朝ご飯を食べたい!なるべく空港発着フェリーの近場で。せっかくだから、海が見えるところがいいな~。という方にお勧めのレストランがこちら、【Sea House/シーハウス】。落ち着いた雰囲気の店内。半オープンカフェで、海はドーンと目の前です。朝食はビュッフェスタイル。充実した品ぞろえです。アラカルトも注文できます。モルディブ式朝ごはんもあります。南アジアの朝食ビュッフェ定番、エッグス...

モルディブ現地旅行会社 S&Yツアーズアンドトラベルトリップアドバイザーに登場!今までご参加頂いた方、これからご参加される方、是非口コミ投稿をよろしくお願い致します!*****************************************モルディブ旅行なら、現地旅行会社のS&Y Tours and Travelにお任せ!ローカル島滞在パッケージ、体験型オプショナルツアー、エコスタデ...

今日は金曜日。金曜日はイスラム教の大きなお祈りが昼の時間帯にあり、日本でいう週末が金・土にあたります。政府機関や大きな企業はお休み。金曜日の午前中やお祈りが終わった午後、島民達は海で遊んだり近くの無人島に遊びに行ったりします。こちらはモルディブ最北端、ハーアリフ環礁の風景。首都マーレから国内線で約1時間です。ローカル島ならではの素朴でゆっくりとした時間が風景となって目の前に広がります。***...

不定期更新【島歩きルポ】。今回は第2回目です。私が住んでいるのは首都マーレ島。ローカル島の中では大きく、一周歩いて2時間ほどの島です。日本のようにデパートはなく、そこそこ大きなスーパーも数えるほどしかありません。個人商店がほとんど。何より島民達の台所と言えば、ローカルマーケット。新鮮な野菜や果物(ほぼ輸入ですが)が、スーパーで買うよりもお得な値段で並びます。今日はそんなローカルマーケットでの...

ついに出ました、シンガポール発着モルディブローカル島パッケージツアー!現地旅行会社 Zipang Resort Travel(ジパングリゾートトラベル)さんご協力のもと、プロモーションが開始されました。シンガポール在住の方、ご家族連れ、ご夫婦、2世代旅行、お一人様、どなたでも気軽にご参加頂けます。リゾート滞在では叶わない、未知なるモルディブローカルの文化や生活を体験できるプログラム満載!是非...

ワーキングホリデービザというものをご存じですか?(以下Wikiより)ワーキング・ホリデー (英語: Working Holiday)とは、2国間の協定に基づいて、青年(18歳〜25歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度である。現在日本と協定があるのは、14ヵ国のようです。20年...

モルディブの首都マーレ。空港からはこのように見えます。ひとつの島なんですね。国際空港から首都マーレは、空港のすぐ近くにある船乗り場からこのようなフェリーに乗って行きます。片道約10分。フェリーも10分毎に運航しているので、気軽に行き来できます。片道US$1もしくは10MVR。帰国日、リゾートから戻ってきてフライトを待つ間、チェックインまでの待ち時間が2時間以上ある場合、首都マーレに足を充分伸...

今日は旅行情報を離れて、モルディブの日常生活をご紹介します。どの家庭にもひとつは壁にかかっているであろう、カレンダー。ここモルディブでも同様。どんな時にカレンダーを見るでしょうか。今月の祝日は?書き込んでおいた明日の予定は?大安は?・・・なんて時にカレンダーを確認することと思います。さて、所変わってモルディブのカレンダー事情とは。これはモルディブの一般的なカレンダーです。モルディブはイスラム...

本日は前回に続いてお勧めオプショナルツアーのご紹介です。サンドバンクツアーに続くのはシュノーケルツアー!ビーチでまったり過ごすのもいいですが、モルディブに来たからには水中世界を楽しむダイビングかシュノーケルは楽しまなきゃもったいない!ダイビングとなると少し構える感じですが、シュノーケルはライセンスなしでも気軽に楽しめるマリンアクティビティですね。モルディブの海はどこもきれいですが珊瑚があるポ...

モルディブらしい光景のひとつ、サンドバンク。潮が引いた時に現れる砂浜です。このサンドバンクに降り立つツアーが人気です!ゆっくり流れる時間と360度透明度抜群の海に囲まれて過ごす、究極に贅沢な至福の時間。海水浴をしたり、パラソルの下海を眺めながらボーッとしたり、お昼寝をしたり。ランチはお昼の時間に宿泊施設のスタッフがボートで持ってきてくれます。ゆっくりいただいた後、またゆっくりとした時間を過ご...

先日、友人にもらった黒いゴマのようなパケット。体にいいから食べて!ともらったはいいけど、どうやって食べるんだ・・・。ネットで調べてみると、どうもバジルシードというものらしい。要するに種です。ただ今流行のチアシードではない。バジルシードは何がどう体にいいのか調べてみると、-チアシードよりも膨らむため満腹感を感じやすく、ダイエットにいい。-50%が不溶性食物繊維で、腸内環境を整える。-タンパク質...

第一回プラチナブロガーコンテストにエントリー中。モルディブのローカル島らしい風景をお届けする、”モルディブ島歩き”。今回から不定期でご紹介致します!首都マーレから、島民達の足であるローカルフェリーにゆっくり揺られ南下して2時間。南マーレ環礁に位置する、グラドゥ島。珊瑚礁ならではの幾重にも重なる絶妙なグラデーションのブルーに囲まれ、まるでプカプカ浮かんでいるような、歩いて一周20分ほどの小さな...

似ているタグ