ライオンのタグまとめ

ライオン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはライオンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ライオン」タグの記事(54)

  1. 「Lion/ライオン〜25年目のただいま〜」 - ここなつ映画レビュー

    「Lion/ライオン〜25年目のただいま〜」

    感動作に涙したくて鑑賞。実話を元にした内容だという。ストーリーをネタバレしてしまうと、5歳の時のある夜、兄を待つ間に暖を取るために乗った停止中の回送列車が寝ている間に動き出してしまい、遥か彼方に離れたカルカッタまで運ばれて、たった一人になってしまったインド人の少年が、その後ストリート、孤児院と流され、オーストラリアの養子先で大学生となる。だが、どうしても自分の出身地、家族の行方を知りたくて、...

  2. 新たな木登りライオン - アニマル and ゲームちゃんねる

    新たな木登りライオン

    『木登りライオン』アフリカ各地で木に登るライオンが観察されてきたが、また新たに木に登るライオンが確認された。https://africageographic.com

  3. おだやかなライオン - シズカ日記             The Diary of Shizuka

    おだやかなライオン

    多摩でライオンを見られなくなって久しくありませんがアニマルキングダムでたっぷり見られました

  4. ☆あくび日和☆ - 「ぐらんま」の独り言 

    ☆あくび日和☆

    日中の動物園は比較的穏やかな様子。勇姿を持て余しながらもゆったりしてつい・・・・。(鼻のシワシワがいいね)

  5. イチゴ&ニイナ FIGHT!! その2 - 続々・動物園ありマス。

    イチゴ&ニイナ FIGHT!! その2

    走り出すイチゴ&ニイナ昨日の続き~立ち技を出し合ってからの寝技に持ち込みーの最後は追いかけっこ走る走るよ、イチゴ&ニイナ左がニイナかな「たーーーーーーっくる!!」そして、そのまま草むらに転がり落ちる二頭元気な子供たちとは対照的なおとなたちそんなお昼前の光景

  6. イチゴ&ニイナ FIGHT!! - 続々・動物園ありマス。

    イチゴ&ニイナ FIGHT!!

    走るニイナ昨日に続き、多摩動物公園ライオンサファリよりその視線の先にいるのは・・・やはりカラスでした「ふん、このあたしに恐れをなしたようね」そんなニイナに奇襲をかけるべく機を伺っているイチゴ(左)しかし、ニイナにあっさりと気付かれてしまいますたちまち、取っ組み合いのファイティング!「がああああああああ!!」激しい攻防猫パンチの応酬ばしばし!「どっせー!」「ふう~あばれた、あばれた」そして、何...

  7. 吉田遠志の動物絵本 11 ライオン「あしおと」 - 象を読む人 象を書く人

    吉田遠志の動物絵本 11 ライオン「あしおと」

    母親チーターが 足音をたてずに トムソンガゼルに近づいている。そして飛び出した。チーターの目線だ。作者は、チーターが全速力で走る とてつもなく美しい姿をまるで 自分だけの 手中に収めたい欲望にかられているのではないか、とさえ思わせる描写だ。チーターは ライオンが群れで獲物を仕留めるのとは異なり 一匹だけで狩する。ヒョウは ライオンと同じく 獲物を横取りすることも多いらしい。そして 木の上に引...

  8. 吉田遠志の動物絵本  10 ライオンの家族「たびだち」 - 象を読む人 象を書く人

    吉田遠志の動物絵本 10 ライオンの家族「たびだち」

    この本は ライオンのテリトリーの話でもある。3匹の若いライオンのうち、妹ライオンは死んでしまった。弟ライオンは、そろそろ巣立ちを迎えようとしている。物語の中では、その日は突然やって来た。弟ライオンは 水場で 何となく妹ライオンに似た若いメスライオンを見かけた。あの メスライオンに 会いたいな、数日後、まだ残る匂いを追って 見知らぬ土地に足を踏み入れると、弟ライオンはメスライオンの父親に 追い...

  9. 吉田遠志の動物絵本 9 ライオンの家族 「きえたにじ」 - 象を読む人 象を書く人

    吉田遠志の動物絵本 9 ライオンの家族 「きえたにじ」

    3匹のライオン兄妹のうち、妹ライオンは弱虫で まだ狩が出来ないでいた。雨が上がって 美しい虹が出た日、妹ライオンはひとりで狩に出かける決心をする。一度でいいから 上手に狩がしてみたい。バブーンの群れを追っかけて失敗した後、妹ライオンはダチョウの親子を見つける。親鳥は赤ちゃん達を草むらに隠して 自分がオトリになった。ところが 妹ライオンは赤ちゃん達の方へ向かったので、親鳥の怒りを買ってしまう。...

  10. 吉田遠志の動物絵本 7 ライオンの家族 「ありづか」 - 象を読む人 象を書く人

    吉田遠志の動物絵本 7 ライオンの家族 「ありづか」

    あ、やっぱり。ライオンに せっかく射止めた獲物を横取りされたハイエナは、ライオンの赤ちゃんを ギロリと睨みながら去って行った。しかも 表紙にはいかにも悪そうな 片目のハイエナ が、、、。親ライオンの留守を狙ってハイエナの群れが 赤ちゃんライオンを 取り囲んだ。キノコシロアリの アリ塚は、雄ライオンの見張り台でもあるし赤ちゃん達の 遊び場でもあった。3匹の若いライオンのうち、姉さんと弟が 勇敢...

  11. イチゴ&ニイナ~獅子はカラスを追い払うのにも全力を尽くす - 続々・動物園ありマス。

    イチゴ&ニイナ~獅子はカラスを追い払うのにも全力を尽くす

    イチゴ&ニイナです現在、多摩動物公園のライオン舎は施設工事の為、休止となっておりますが寂しさを紛らわすべく、ちょいと時をさかのぼり彼女たちが元気に駆け回っていた11月中旬の様子をお送りします格闘中ネコパンチの応酬かと思うと突然、走り出しダッシュで台に駆け上がり骨にむらがるカラスを追い払うニイナ「じゃまものはいなくなったわ」かじかじそして、再び集まって来たカラスたちに突進「そこかーーー!」とま...

  12. 2017.3.20 東北サファリパーク☆パークのみんな【Lions】 - 青空に浮かぶ月を眺めながら

    2017.3.20 東北サファリパーク☆パークのみんな...

    東北サファリ―パークは、福島県二本松市にあります。冬の間、りんはるカーにスタッドレスタイヤを装着しないこともあり毎年、雪のシーズンは東北サファリパークご訪問はお休みしています。(とはいうものの、りんはる地方は快晴で、こちらに来たら、雪降ってた(・・;)とかいうことも数回(^^ゞ)この日は、「セラム君、元気でねの会」があったことから2017年初のご訪問とあいなりました(⌒_⌒)セラム君イベント...

  13. 吉田遠志の動物絵本  ③ ライオンの家族「 かりのけいこ」 - 象を読む人 象を書く人

    吉田遠志の動物絵本 ③ ライオンの家族「 かりのけいこ」

    3冊目、主人公は再びライオンに戻る。3匹の兄妹ライオンは 親ライオンと共に 狩の修行中である。相変わらず イボイノシシや 毒ヘビ、スカンクにあしらわれ、サイのお母さんには 襲われたりの失敗続きだ。そして 再び ヌーの群れろ出会う。3匹は 親子ヌーに狙いを定めて 全速力で走った。興味深いのは 2冊目の「まいご」でヌーの親子が 3匹のライオンに襲われる場面と全く同じ絵を ここでも登場させているこ...

  14. 動物絵本 ① ライオンの家族 「はじめてのかり」吉田遠志 - 象を読む人 象を書く人

    動物絵本 ① ライオンの家族 「はじめてのかり」吉田遠志

    作者 吉田遠志 が この物語のために選んだ場所は 東アフリカだ。なぜなら この一冊目には キリマンジャロが描かれている。吉田遠志は 作品のために 急いで取材旅行してきた、などという器の人ではない。まず 父上が明治時代の風景画家第一人者、と言われる吉田博(1876〜1894)。この方は1903年から4年間 妻と共に アメリカ、ヨーロッパ、アフリカを写生旅行したという記録がある。絵と旅に生きた両...

  15. まだ甘えっ子なのかなぁ? - 動物園放浪記

    まだ甘えっ子なのかなぁ?

    ハンサムなお父さんライオンの「リオン」くん。かつては兄弟の「レオン」くんに遠慮していましたが、「レオン」が去年の5月7日に亡くなってからは、どっしりと落ち着いた感じがする貫禄のあるライオンになりました。お母さんライオンの「ミミー」さん。食いしん坊だったはずなんですが、近頃は、餌やりの時間には娘の「オーブ」ちゃんにお肉を譲っている感じがしますね。そんなお母さんに顔を摺り寄せる「オーブ」(左)。...

  16. ライラとレイラ - 気まぐれZOOⅡ

    ライラとレイラ

    ライオンのライラ、今月の14日で21歳になります。本日撮影したライラとレイラです。相変わらずのかっこよさ!レイラも私が知る限りではかなりの美形ライオンです。6月には22歳になります。ライラが枝で遊んでいました。枝がレイラのところに来てしまい、レイラも気になって遊び始めました。可愛かったので動画に撮りました!ぼーっとしてる間にレイラに枝を奪われてしまい、ライラが取り返そうとする仕草も可愛らしか...

  17. Sakura & Lion - IL EST TROP TARD     時は過ぎゆく ...

    Sakura & Lion

    この季節限定 日本橋三越本店の桜 暖 簾暖簾をかき分け 出入りするのもいいもので 江戸の町民気分を味わえる!?                                 (iPhoneにて)小さい頃から 三越のライオンと観音様が大好き!!!(あと... 高島屋の観覧車も好きだったなぁ)子供の頃はデパートというと 身近な渋谷の東横デパートで日本橋の三越や高島屋は「 百貨店」という感じだっ...

  18. 百獣の王の素敵な佇まい@わんぱーくこうち - 今日ものんびり動物園

    百獣の王の素敵な佇まい@わんぱーくこうち

    わんぱーくこうちのレポ、続いてはジャガーのお隣、ライオン夫婦を。前回で述べたように、ライオン側にも小窓があって、至近距離で見られる仕組みです。覗いてみると…あくびの真っ最中〜牙や口の中がよ〜く見えますね(^^)むにゃむにゃ…。近くにいたのはオスのキズナくん(5歳・秋吉台生まれ)でした。メスのサンちゃん(11歳・アドベン生まれ)は、雨を嫌ってか奥の台の上にいることが多かったです。どちらも可愛ら...

  19. 「ミュウ」の隣人たち - 動物園放浪記

    「ミュウ」の隣人たち

    ユキヒョウの「ミュウ」ちゃんが入居した猛獣舎で暮らしている仲間たち。「ミュウ」のいる展示場の右側にある展示場にいるのは、ベンガルトラの「信玄」くんです。2014年に見たときにはずっと寝ていてお顔がよく見えませんでしたが、今回は展示場の中をよく動き回りました。きりっとしたハンサムでな顔立ちで、体格も立派なトラです。2009年8月15日にとべ動物園生まれたトラで、とべでの元々の名前は「カイ」くん...

  20. ケニアの人食いライオン・木彫りの置物 - 軍装品・アンティーク・雑貨 パビリオン

    ケニアの人食いライオン・木彫りの置物

    ケニアの人食いライオンの木彫りの置物です。東アフリカで、エチオピアの南にあるケニア共和国は、人口約4500万人のイギリス連邦加盟国です。米国のオバマ前大統領の両親もケニア人です。ケニアはライオンの生息地です。1893年3月から12月までに、ケニアのツァボ川付近で2頭の人食いライオンにより、鉄道工事中の労働者28人が犠牲になりました。この2頭の人食いライオンをライフルで仕留めたのは、鉄道工事現...

1 - 20 / 総件数:54 件

似ているタグ