レストアのタグまとめ

レストア」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはレストアに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「レストア」タグの記事(23)

  1. 1964XLCH900 S&S Lキャブ取り付け・エンジン始動 - Vintage motorcycle study

    1964XLCH900 S&S Lキャブ取り付け・エン...

    今日は先日に引き続き、S君のアイアンスポーツのお話。S君の希望で今回はS&SのLキャブを付けることに。うちではS&S Lキャブを扱うのは初めてでなんやかんやチェックしつつ取り付けます。口径が1-7/8”(47mm)と大口径で加速ポンプ無し、なおかつマグネトー点火でありますからどうなる事か。サイドフロートでありますから、フロート面の面研は必至ですね。また、画像は撮り忘れましたがマニホールド面も...

  2. 土曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景

    1980XLH1000Iさんのアイアンスポーツ配線作業もともと純正のハンドルスイッチ周りがついていなかった車両でハンドルの交換したので改めて、スイッチ位置を自分使い易い位置に作っていきます。1968 BSA A65NさんのBSAエンジン腰下を組み終わり、エンジンをフレームに搭載。このあたりは以前に仮組みをしていたのですんなりと。プライマリー周りを組むはずがエンジンスプロケットスペーサーが無い...

  3. ベスパPX200@レストア作業♪ - 東京ヴェスパBlog

    ベスパPX200@レストア作業♪

    今日は雨降りで、寒い・・・・。日曜日はプチツーなので、天気良いといいなぁ~~~~。さて、ボチボチやりますか♪こんばんは、石原です。新車で購入する事は出来ませんが、ハンドチェンジ最大排気量の200㏄!ベスパPX200の外観・エンジン共にレストア作業をご依頼頂きました♪エンジン作業のご紹介画像はありませんが・・・・。(汗派手すぎず、地味過ぎず!そして、各部には拘りも♪少し濃いめのブルーメタリック...

  4. 2017.03.12 ジムニー(JA) 4軒目リンクインターナショナル - ジムニーとカプチーノ(A4とスカルペル)で旅に出よう

    2017.03.12 ジムニー(JA) 4軒目リンクイ...

    ジムニー物色の旅日付が変わって4軒目リンクインターナショナルさん家から近いのは良いですねオールペンしたジムニーが並んでいます探していたパノラミックルーフは無しこちらのリフトアップはシャックルのみなので街乗り仕様ですねジムニー持ち込んでオールペンしてくれるそうです

  5. 2017.03.11 ジムニー(JA) 3軒目マッドモービル - ジムニーとカプチーノ(A4とスカルペル)で旅に出よう

    2017.03.11 ジムニー(JA) 3軒目マッドモービル

    ジムニー物色の旅3軒目は埼玉のマッドモービルさん綺麗にレストアされたジムニーが並んでます手前のはJA12VレアなF6エンジンのコイルサス塗装の仕上げはピカイチですねタイヤはクリーピークローラー6.50R16凄くうるさいけどカッコいいタイヤです新品部品で3インチアップ全塗装を下回りやホイール迄やって大径タイヤ付けるのがこの店のスタイル買った後何もしなくてもカッコいいのは魅力だなこちらはオートマ...

  6. ベスパ50Sビンテージ@製作中♪ - 東京ヴェスパBlog

    ベスパ50Sビンテージ@製作中♪

    ちょっと動くと、汗が・・・・・。蒸れてますね!?基本的には汗っかきな私です。(笑こんばんは、石原です。現在製作中のベスパ50Sビンテージ~~~~~。鮮やかなブルーでニューペイント♪オリジナル車両です!!エンジンもバッチリと仕上げ済み~~~~。画像は極めてチープですが・・・。(汗完成時には中古車紹介ページにも掲載致します。ベスパ ビンテージシリーズの事なら専門店の東京ヴェスパにお任せください。...

  7. 水曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    水曜日の授業風景

    1979TRIUMPH T140ED君のトライアンフクランクさんが内燃機屋さんから上がって来ましたのでクランク組み付け準備。クランクシャフトベアリング・ギアボックス周りのベアリングを取り付け。リグライドしてもらったビッグエンドジャーナルとコンロッドメタルのクリアランス確認後、規定トルクで組み付け。スラッジチューブ、プラグ、フライホイールボルト取り付け。ギアボックッス・ハイギアのニードルベアリ...

  8. ベスパ200ラリー@お客様車両!! - 東京ヴェスパBlog

    ベスパ200ラリー@お客様車両!!

    今日は5月5日 こどもの日!こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。と、WEBで記載がありました。なるほど!と、思いつつ、子供に戻りたいと思う・・・。(笑こんばんは、石原です。オーダー頂いておりましたベスパ200ラリー完成致しました♪外観はニューペイント♪足回りもシッカリ整備&エンジンOHで電装は12Vへアップグレードです!!メーターもこれからの歴史の為に、新車状態...

  9. 販売車両完成@ベスパ125 - 東京ヴェスパBlog

    販売車両完成@ベスパ125

    慌ただしい~~~~~。バタバタで気持ちだけが焦る♪そんな時は、どうするんでしたっけ・・・・。(笑さて、マイペースで行きます!!こんにちは、石原です。こちらも販売車両として完成致しました。以前より、チラリとご紹介しておりました。ベスパ125~~~~~~。ボディーの曲線など、やっぱ雰囲気あります♪サドルシートも~~~~~~~。後ろ姿も素敵ですよね♪ストックエンジンをシッカリ整備でお渡しとなります...

  10. Kawasaki W1SA 復活! - C.C.M.C.

    Kawasaki W1SA 復活!

    カワサキ W1SA、いよいよ完成しました! 明日、車検に行ってくる予定です!

  11. ベスパ200ラリー@製作中!! - 東京ヴェスパBlog

    ベスパ200ラリー@製作中!!

    今日はツーリング日和♪そして、日曜日も大丈夫な感じ!?日頃の行いが良いからですね。(笑こんばんは、石原です。ハンドチェンジ最大排気量!スタイル良し&走りも良好で人気の高い200ラリー~~~~。お客様からオーダーを頂き、制作中の車両です♪足回りも~~~~~。全体も形になってきて、雰囲気出てきました♪少々遅れ気味ではありますが、順次進めております!今暫くお待ちください。オールドベスパの車両制作も...

  12. ベスパ150@販売車両♪ - 東京ヴェスパBlog

    ベスパ150@販売車両♪

    場所によっては桜も散ってますね。短い時間だからこそ、美しいのか!?そして新緑の季節へと~~~~~。こんばんは、石原です。以前からさり気なくご紹介しておりました!ベスパ150が販売車両として準備出来ましたぁ~~~~。イタリアのベスパクラブより譲り受けた車両と伺っております。ご縁あって弊社へ入庫致しましたベスパ150 1958年式です。ワイドボディーは雰囲気ありますね♪弊社入庫後には細かなパーツ...

  13. 1964XLCH900 タイミングギア周りの作業 - Vintage motorcycle study

    1964XLCH900 タイミングギア周りの作業

    今日もS君アイアンスポーツ、タイミングギア周りのお話。元々、ピニオンギア粉砕しギアがロックしカムカバーにもクラックが入ってしまった車両で、やはりなんやかんやありました。まずは、クランクケース側カムシャフト軸受けのニードルベアリング交換。カムカバーはクラックが入っていたため、中古良品に交換。カムシャフトとブッシュのガタは良好でしたが、ブッシュ鍔部分が段減りしていましたので、鍔部分面研。カムを一...

  14. 1964XLCH900 ピニオンシャフトベアリングレース・ピニオンシャフトブッシュ - Vintage motorcycle study

    1964XLCH900 ピニオンシャフトベアリングレー...

    今日はS君のアイアンスポーツ、ピニオンシャフト周りのお話。ピニオンギアを割れたことでVMSに入学した車両。ピニオンギアが割れた際に#2カムブッシュ受け部、カムカバーにクラックが入りましたので、カムカバー交換です。カムカバーを交換するとなんやかんやと合わせが必要ですので、ひとつづつ解消していきます。計測するとカムブッシュ周りは状態が良いのでそのまま使います。ピニオンシャフトブッシュはガタがあり...

  15. 1943WLC750 T/M周り工具づくり - Vintage motorcycle study

    1943WLC750 T/M周り工具づくり

    今日はWLのトランスミッションの工具作り。WLのT/Mは専用の工具がほぼ出ていないので自分で作っていきます。まずは交換予定のメインシャフトベアリングレース暖めれば抜けると思いますが、一応垂直抜き取り、圧入冶具製作。こちらはメインシャフトベアリングレース用のラッピングヘッド。こちらもパーツとして出てきません。新品のベアリングレース内径を参考にして、1-3/4”のラッピングヘッドを(パンやショベ...

  16. Kawasaki W1SA 整備の続き - C.C.M.C.

    Kawasaki W1SA 整備の続き

    修理を終えたヘッドランプボディを車体に装着しました。装着すれば修理跡も目立たなくなりますね。あとできれいな部品を購入するまで、もうひと働きしてもらいましょう(笑)。レストア中のガソリンタンク、現在は塗装に取り掛かっていて、もう少しで完成しそうです。次はホワイトのラインを入れる工程です。マスキングテープ貼り、予想外に難しかったですね~。4月のツーリングまでには乗り出せるようにしたいなぁ!

  17. Kawasaki W1SA 修理 - C.C.M.C.

    Kawasaki W1SA 修理

    セミレストアというか整備中のカワサキ W1SA、電装系を修理するためにヘッドランプを外すと・・・一度転倒しているのでしょうか、ヘッドランプボディの右側の取り付け部がバキバキに割れてしまってます(泣)。 このヘッドランプボディ、KH250なんかは金属製なのですが、W1SAのそれはプラスチック製なんですね~。 というわけで、プラスチックのリペアに詳しい友人のKonちゃんに相談すると、「キレイに出...

  18. Kawasaki W1SA - C.C.M.C.

    Kawasaki W1SA

    ガソリンタンクをレストア中のW1SA、合間を見て細かいところを修理しています。前のオーナーの仕業なのでしょうか、配線に何やら怪しい箇所があったので修理します。配線を覆う黒いカバーも硬化してパキパキだったので、新しいものに交換です。今回は、タンクのレストア以外は軽作業だったので、店内で作業を進めています。タンクが仕上がれば車検に出せるかな~。

  19. Kawasaki W1SA 整備中! - C.C.M.C.

    Kawasaki W1SA 整備中!

    現在、昭和47年式のカワサキ W1SAを整備中。キャブのオーバーホール、ガソリンタンク内のサビ取りが済み、いよいよタンクの鈑金&塗装の段階です。一見、純正ペイントに見えるガソリンタンクは、よく見るとラッカー系塗料で塗られた素人ペイント(汗)。ガソリンに触れるだけで塗料が溶けだしてしまうので全て剥離します。 その後、凹みのある個所は鈑金しました。 次はいよいよペイントに入れます。完成が楽しみだ...

  20. ナックルロッカーアーム - Vintage motorcycle study

    ナックルロッカーアーム

    今日はオープンロッカー計画のWさんのナックルヘッド、ロッカー周りのお話。ナックルのロッカーアームはシャフトにより距離が決まり、ロッカーアームシャフトのタイミング側はロッカーボックスで受け、ドライブ側はヘッド側で受け、ロッカーボックスとヘッドはネジで留められます。そのためまずロッカーアームシャフトの位置決め作業が必要です。シャフトの距離で位置がヘッドとロッカーボックスの距離が決まるるため、物に...

1 - 20 / 総件数:23 件

似ているタグ