レストラン・グルメのタグまとめ

レストラン・グルメ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはレストラン・グルメに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「レストラン・グルメ」タグの記事(20)

  1. 073 ロシア人ウエイターのワーリャさんはイルクーツク出身 - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    073 ロシア人ウエイターのワーリャさんはイルクーツク出身

    ハルビンのロシア料理店「カチューシャ」では、イルクーツク出身で留学生のワーリャさんがウエイターをしていた。いまやハルビンは黒龍江省やシベリアを含めたこの地域では最大の都市で、お隣のロシアからの留学生やビジネスマンも多い。(撮影/2014年7月)※彼も、歴史的にみると、“出戻り”ロシア人のひとり。ハルビンはロシアシベリア地方に住む彼らの就職先になっています。ボーダーツーリズム(国境観光)を楽し...

  2. 072 ハルビンのロシア料理店のシックな店内 - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    072 ハルビンのロシア料理店のシックな店内

    ハルビンのロシア料理店「カチューシャ」は、地元ハルビン出身の中国人男性とロシア人カップルが経営している。店内はロシア風に木のぬくもりを感じさせるシックな内装で、客層も洗練されている。中国料理店のように大声を出したり、騒いだりする人はいない。(撮影/2014年7月) ※このレストランは中央大街の繁華街から少し離れた松花江に近い場所にあることもあるせいか、客層も悪くありません。店内は静かでくつろ...

  3. 071  ハルビンで味わうロシア料理 - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    071  ハルビンで味わうロシア料理

    ハルビンにはロシア料理店がたくさんあり、本格的なロシア料理が味わえる。写真は、松花江のほとりにある料理店「カチューシャ」のもの。おなじみのボルシチやビーフストロガノフ、ロールキャベツ、ポテトサラダなど。ロシア産のワインも楽しめる。(撮影/2014年7月)※10年くらい前は、中華料理風なんちゃってロシア料理しかなかったハルビンですが、今はもう違います。ロシア人が移り住んで、調理をしているのです...

  4. 070  秋林デパートのロシアパン - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    070  秋林デパートのロシアパン

    ハルビンの老舗デパート「秋林公司」は1900年開業。イルクーツク出身のロシア人実業家のチューリンがハルビンに支店を開き、ロシア製の食材を販売した。その後、秋林公司は中国に引き継がれた。いまも当時の製法を受け継いだ秋林印のパンが有名だ。(撮影/2014年7月) ※ぼくがハルビンを初めて訪ねた1980年代も、街角でロシア風パンが売られていました。正直なところ、それほどおいしいとは思いませんでした...

  5. 069 ハルピンビールは地元で大人気 - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    069 ハルピンビールは地元で大人気

    ハルビンは中国最大のビールの消費地でもあり、地ビールの「ハルビンビール」は地元でも大人気。この地域では、瀋陽が本社で、中国最大手の雪花ビールもあり、シェアを競いあっているが、ハルビンに行ったらこちらがおすすめ。ラベルのデザインも雪花より洗練されている。(撮影/2016年7月)※ハルビン人のビール消費量は世界の都市別ランキングで3位といいます。確か、1位はミュンヘンだったと思います。この町に来...

  6. 066 長白山山麓で見かけた養蜂家たち - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    066 長白山山麓で見かけた養蜂家たち

    初夏になると、長白山山麓に多くの養蜂家が集まってくる。彼らは季節によって蜜箱をトラックに載せて移動する、さすらいの養蜂家だという。高原植物の咲き乱れるこの山麓は、良質の蜂蜜が採れることで有名だ。(撮影/2012年7月) ※長白山の山麓は自然の宝庫です。毎回必ず立ち寄る蜂蜜の店があるのですが、採れたてを瓶詰めした新鮮そのもの、天然100%です。ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(長白山編...

  7. 063 ケンタッキーのモンゴル語表示とは? - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    063 ケンタッキーのモンゴル語表示とは?

    満洲里で見かけたケンタッキー・フライドチキン。英語、中国語「肯徳基」とともにモンゴル語の表示があった。内蒙古自治区では、漢字とモンゴル語の併記が義務付けられている。(2016年7月) ※モンゴル語では「ケンタッキー」は中国語と同様3文字で表わすらしい。世界には何カ国語くらいの表記があるのでしょうか?ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(満洲里編)http://border-tourism...

  8. ポロナイスクで食べたスモークサーモンと韓国チゲ風ボルシチの不思議な夜 - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    ポロナイスクで食べたスモークサーモンと韓国チゲ風ボルシ...

    ポロナイスクは日本時代、敷香と呼ばれた漁港の町で、かつて日ソ国境のあった北緯50度線に車で行く場合、起点となります。その日の午前中、ぼくと写真家の佐藤憲一さんは車をチャーターして国境を訪ね、午後にポロナイスクに戻ってきました。そのまま車をチャーターし、ポロナイスクの見どころのいくつかを訪ねたのですが、小さな町のこと。夕方にはすることがなくなってしまいました。ところが、その日の夜行に乗るのは深...

  9. サハリンで食べた石焼ビビンバはホッとする味 - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    サハリンで食べた石焼ビビンバはホッとする味

    歴史的な経緯で、サハリンにコリア系の人たちが暮らしていることは知られています。ユジノサハリンスクには何軒かの韓国料理店があります。そのうち新しくておしゃれなのが『カフェ・ランデブー』で、ガガーリン公園の隣のロシア正教会のすぐそばにあります。そこで食べたのが石焼ビビンバ(490RB)とミソチゲ定食(460RB)でした。滞在中、一度でもアジアの味覚を口にできると、ちょっとホッとします。メニューを...

  10. サハリンのカフェはたいてい食堂兼用で、店じまいが早いのがちょっと… - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    サハリンのカフェはたいてい食堂兼用で、店じまいが早いの...

    実のところ、サハリンではユジノサハリンスク以外には、レストランと呼べるような場所は多いとはいえないようです。では、ぼくたちはどこで食事をしていたかというと、カフェです。ここでいうカフェは、スタバのようなコーヒーショップという意味ではなく、食堂兼用でお茶もできるという感じの庶民的な店です。スタバはないけど、カフェとライブハウスはある新しいサハリン http://inbound.exblog.j...

  11. サハリンで見つけたいい感じのロシアレストラン2軒 - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    サハリンで見つけたいい感じのロシアレストラン2軒

    前回サハリンの不思議な日本レストランの話をしましたが、もちろんいい感じのロシアレストランもあります。サハリンの人たちは日本が大好き~レストラン『日本みたい』に行ってみたhttp://inbound.exblog.jp/27109827/なかでもユジノサハリンスクにある『チョールナヤ・コーシュカ(黒猫)』 は人気のロシア料理店で、現地で知り合った在住日本人の方に連れていっていただきました。市内...

  12. サハリンの人たちは日本が大好き~レストラン『日本みたい』に行ってみた - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    サハリンの人たちは日本が大好き~レストラン『日本みたい...

    ユジノサハリンスクには日本人が経営する日本料理店も数軒(ふる里、豊原)ありますが、面白かったのが、ロシア人経営の、その名も『日本みたい』というレストランでした。市内中心部から少し離れた場所にある一軒家。レストランは2階で、まさになんちゃって日本風の内装。回転寿司のベルトコンベヤや座敷の個室まであります。客層はそれなりに裕福な地元ロシア人たちで、やはりここにも非ロシア系の人たちがけっこういます...

  13. スタバはないけど、カフェとライブハウスはある新しいサハリン - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    スタバはないけど、カフェとライブハウスはある新しいサハリン

    サハリンは、いわば「日本にいちばん近いヨーロッパの田舎町」です。ウラジオストクのような都会的な要素を求めても詮無いところがあるのですが、サハリンの州都(県庁所在地)のユジノサハリンスクには、スタバはないけれど、居心地のいいカフェがたくさんできています。週末の夜は、ライブハウスもにぎわっていました。それらのスポットでは、サハリンの街角で普通に見かける一般の人たちとはちょっと違う、おしゃれな若者...

  14. 062 零下30度の街で食べた火鍋 - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    062 零下30度の街で食べた火鍋

    氷雪祭りを観た後、ハルビン市内のレストランで食べた火鍋は、芯まで凍えきっていた身体を温めてくれた。中国では夏でも火鍋を食べるが、冬こそ本番。汗をいっぱいかいたので、店を出ると、零下30度でも、頬がひりひりして気持ちがいいくらい。(撮影/2017年2月) ※中国では食が人生のイベントであることを強く実感するのが火鍋を食べるときです。最近ではたいていの火鍋店で、タレは20種類くらいから自分の好み...

  15. 047 ハルビンの氷雪祭り その4(ここで冷凍フルーツを食べる!?) - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    047 ハルビンの氷雪祭り その4(ここで冷凍フルーツ...

    零下30度の気温の中で、冷凍フルーツ(冷凍させなくても、外気に触れるだけで凍ってしまう)を食べる中国人の女性。食べる人がいるから、会場内に屋台もできるわけだが、中国人は寒さの中でアイスキャンデーも好んで食べる。手前に映っている赤い実を長い棒に刺したものは、サンザシを氷飴でコーティングした、中国でポピュラーなお菓子。(撮影/2017年2月) ※ハルビンは19世紀末にロシア人がつくった町で、モデ...

  16. 039 延辺朝鮮族の名物グルメは意外や、極ウマ羊肉串 - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    039 延辺朝鮮族の名物グルメは意外や、極ウマ羊肉串

    中国吉林省延辺朝鮮族自治州では、朝鮮料理が一般に食されているが、肉質のいい羊肉串も広く知られている。最近、日本の朝鮮族料理店でも採用されている自動回転串焼き器を発明したのも延辺の人たちだ。トウガラシだけでなく、口の中がスッとするクミンなどをまぶして食べるのが特徴だ。(撮影/2012年7月) ※日本にも一説に10万人を超える中国朝鮮族の人たちが暮らしているといわれますが、上野や新大久保などの都...

  17. 029 ロシアの炭酸飲料「クワス」とおじさん(ウラジオストク) - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    029 ロシアの炭酸飲料「クワス」とおじさん(ウラジオ...

    ロシア名物の炭酸飲料「クワス」は、黒パンに水を加えて発酵させ、甘味料を加えた国民的ドリンク。路面電車の停留所のそばでクワス売りを見つけたとき、もうひとつ飲む気になれないでいたら、地元のおじさんがやって来て「どうして飲まないんだ」と言われてしまった。(撮影/2012年6月)※ロシアに行くと、街角でクワス売りに必ず出会う。ロシア版のコーラともいわれるが、個人的には、ビールを甘くしたような発酵臭が...

  18. 027 生まれ変わる前のグム百貨店(ウラジオストク) - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    027 生まれ変わる前のグム百貨店(ウラジオストク)

    金角湾に面したスヴェトランスカヤ通りの一等地にあるグム百貨店は、19世紀末にウラジオストクの建設と同時に建てられた。長く街を代表する商業施設で、老朽化も進んでいたが、2016年にリノベーションされた。館内や裏庭はいま人気のおしゃれスポットとなっている。写真は生まれ変わる前の建物。(撮影/2012年6月)※ここ数年、グム百貨店の裏通りに新しいカフェやレストラン、ショップがいくつもできていて、ウ...

  19. 024 ウラジオストク 街角の野菜売りとおばさんたち - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    024 ウラジオストク 街角の野菜売りとおばさんたち

    ウラジオストク駅の近くの小高い丘の階段の途中に露店を広げる野菜売りのおばさんと買い物客たち。ジャガイモ、タマネギ、ダイコン、パプリカ、キャベツなどの地元野菜が並ぶ。パプリカの値段は1kgで90ルーブル(230円:当時)ほど。(撮影/2012年6月)※ロシア人の食文化を理解するには、市場(バザール)を訪ね、そこで売られている食材を見るのがいちばん。沿海地方で消費される野菜の一部は中国からの輸入...

  20. 0泊2日上海“弾丸”旅行モデルコース(地下鉄&バス活用編)はこれだ! - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

    0泊2日上海“弾丸”旅行モデルコース(地下鉄&バス活用...

    前回まで、羽田発深夜便の話をしてきましたが、最後に「0泊2日上海“弾丸”旅行」のモデルコースを考えてみました。羽田国際ターミナルは、深夜便の増加で外国客でごった返している! http://inbound.exblog.jp/27004150/羽田深夜便、ピーチの上海便に乗ると見えてくる上海人の訪日事情 http://inbound.exblog.jp/27005226/ピーチの公式サイトで...

1 - 20 / 総件数:20 件

似ているタグ