ロシアのタグまとめ (52件)

ロシアのタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはロシアに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 牡蠣を煮ていた午後

今年で5回目となった新春ロシア風お茶会。今回はサンクトペテルブルク出身の素敵なマダムをゲストにお願いすることができた。雪に覆われた冬のサンクトペテルブルクの写真(おとぎ話のような美しさ)をたくさん見せていただきながらお話を聞いた。今回の私の差し入れは ロシア風のりんごのケーキ「シャルロトカ」、粉砂糖をふって。ブルーベリーのケーキビーツとジャガイモのサラダ「ヴィネグレット」いつものホフロマ塗り...

 ロシア映画といえば、ウォッカの一気飲みを繰り返して、人々がどろどろに泥酔する場面を思い出す。 ウォッカをストレートでぐぐっと飲むのは無理だが、写真のスミノフアイスなら余裕で、一気飲みができる。小さいグラスでなら、何回でも、ぐいぐい飲める。アルコール度数5パーセントで、甘さと酸味が加えられた炭酸飲料のようなお酒なのだ。 スーパーマーケットで売られているこのお酒は、ロシアからの輸入かと思ったら...

昨年9月末、極東ロシアのに住む日本の友人から、2017年にはウラジオストクへの観光ビザが不要になるという連絡がありました。「日本に最も近いヨーロッパ」こと、ウラジオストクが来年からノービザになりそうです http://inbound.exblog.jp/26231701/その後、12月には日露首脳会談がありましたが、その結果は玉虫色で、いったい両国関係はどうなるのか定かではありません。でも、...

 フィギュアスケートの試合動画で、ロシアの放送局のタチアナ・タラソワ解説の動画は、しばらくすると見られなくなったり削除されることが多いことが最近わかってきた。でも、見るぶんには、主にロシア語放送のものを選んでいる。去年よりも知っている言葉がぐんと増えている。 旅行者対象のロシア語のCDを台所で家事をしながら聞いていると、これまた、知っている言葉だらけだ。 それで、ロシア語の絵本を読もうとして...

  ポゴリラヤは初めの部分でジャンプミスをしても、以前のようにミスを繰り返すということがなくなった。欧州選手権のフリーは小さなミスが複数あったが、リカバリーするなどして、ミスを最小限にして、3位とはわずか0.47点差で欧州選手権で初めての2位になった。ツァレバコーチと喜ぶ様子を見ると、そのかけがえのない勝利へのうれしい気持ちが伝わってくる。 フリーは映画『モディリアーニ真実の愛』より(作曲:...

 アンナ・ポゴリラヤは、2015年、2016年と欧州選手権では3位だったのだが、今年は2位に順位をあげた。昨シーズンのロシア選手権あたりから、ずっと自信に満ちた演技をして、演技後には、心にしみるような、静かでいてあたたかみのある笑顔が見られるようになった。見ていてもうれしくなる。 欧州選手権のショートプログラムは、映画『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』サウンドトラック(作曲:トーマス・ニュ...

by きょうの取材ノート

大好きな作家の山口ミルコさんが、函館で講演会を開かれるとのこと。素敵なチラシを送っていただいたので、ここでも紹介させていただきますね。▼こちらです。会場の大学名がすごい!「ロシア極東連邦総合大学 函館校」ですって(^O^)2月11日、仕事が入ってなかったら、わたしも函館に行きたいなあ!ロシアに近い場所で聞く、ミルコさんのロシアの旅や、あれやこれや……。きっと楽しいお話になるんだろうな。ミルコ...

  今シーズンにシニアデビューしたロシアのマリア・ソツコワを見ていると、子供のころにテレビで見ていたフィギュアスケートの美しさへの感動を思い出した。 わたしの主観的なものだが、これが自分が好きなフィギュアスケートの原型で、昔好きだったフィギュアがうんと高度化したが、その中心にある美しさは失われていない、というような、わたしとしては、理想のスケートではないかと感じる。 大人(中年!)になってか...

ロシアをG7に復帰させよ。イタリア外相が要請しました。確かに、プーチン大統領の政治が人権抑圧的であるとは思います。しかしながら、米英仏なども、空爆しまくり、サウジなどのテロ国家を支援しまくりなわけです。偉そうなことは言えません。そういう意味では、イタリアの言っていることを米英仏などが「暴論」として却下するのは無理筋ではないかな、と思います。イタリアのアルファノ外務大臣が、ロシアのG7復帰を求...

友達に毛糸のショールをプレゼントする際、ショールには前を留めるキルト・ピンが必要だろうと、フリマで買った身長4cm足らずの小さなマトリョーシカで手作りし、同封しました。と言っても、手作りと呼ぶのは全く御子がましい、ハートの木製モチーフと、花型のレース・モチーフを繋げただけなんですけど(笑)。このマトリョーシカは、入れ子式の中の小さな人形ではなく、元々キーホルダーか何かだったようで、初めから頭...

by 日本がアブナイ!

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)oよろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m  【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】 先週、12日に行なわれたトランプ氏の会見を見て、「あの人が米国の大統領になるなんて」とまずますブル~になってしまったme...

by イタリアおもしろ生活記

どうもです。今回は、旅行について書きたいと思います。昔はよく旅行をしました。訪れた国は、合計で、25か国くらいになると思います。もう最近は旅行をほとんどしていませんが、自分なりのランキングです。旅行してよかったと思った国 Best 3.(イタリアは除く)1位 スペイン2位 モナコ3位 ロシア1位のスペインは、2回旅行しましたが、特にバルセロナが本当によかったです。昔、イタリアで知り合った、ス...

by Bon Copain!

打ち合わせで、バタバタの一週間。きらきらした思いや、わくわくした希望と同じくらい頭を抱える問題も山のようにあるのだけれど、新しい出会いや場所というのは、やはり刺激的で楽しい。また一歩、一歩だなー。昨日は毎度おなじみの、ならきたまちのマールイ.ミールさんへも。店主こがのさんが、「これ見て欲しくって!」とガラスケースを開けて取り出してくださったのは、ガラス細工の赤キツネとまんまるパン。もちろん、...

満州里は中国内蒙古自治州フルンボイル市の西端に位置するロシアとの国境の町です。1901年に東清鉄道の駅を開業したのが町の始まりで、日本がこの地に満洲国を建国するまでは、モスクワとウラジオストクを最短で結ぶ鉄路の要衝でした。※「満州里(Маньчжурия)」はロシア語で「満洲(Manchuria)」 を意味します。数年前まではロシアからの木材の集積地として発展していましたが、中国およびロシア...

by 写真屋けんちゃん

厳冬期のロシア写真屋けんちゃん

by 香取俊介・東京日記

 1月8日(日)■トランプ氏とロシアのプーチン大統領の関係は本当のところどうなっているのか。トランプ氏は、去年の選挙中の7月に会見で、「ロシア政府が民主党候補のヒラリー・クリントン氏のメールをハッキングしてほしい」と述べたそうだ。以下、ハフィントンポストの報道によると―― 民主党全国員会(DNC)の幹部が、クリントン氏に肩入れして、候補指名を争っていたバーニー・サンダース上院議員を勝たせない...

極東ロシア人たちが国境を越えてお隣の中国旅行を楽しんでいる話を以前しましたが、もちろん中国の人たちもロシアへのボーダーツーリズム(国境観光)を盛んにやっています。ロシア最果ての地の人たちは中国でどんな旅行を楽しんでいるのか(黒河編)http://inbound.exblog.jp/26503104/たとえば、黒龍江省北辺の黒河では、黒龍江(アムール河)のボート遊覧が楽しめますし、対岸のロシア...

(神戸新聞・2016年12月29日) 「ロシア・東シベリアのイルクーツクで酒替わりに飲まれていた入浴剤で大勢が中毒になり、28日までに70人以上が死亡した」というニュースを神戸新聞で読んだ。神戸新聞によると「低所得者層で値段の安い化粧品などが代用酒として飲まれてきたロシアでも、一度にこれほど死者が出る事態は異例」とのこと。 驚いた。ロシアの映画や小説ではよく、泥酔した男性や、浴びるように飲酒...

by 本日の中・東欧

第一部では、ソ連出身で20代後半のときにベルギーに亡命した半生、第二部では、音楽に関する哲学的な考察を、ベートーヴェンのソナタの解釈を中心に語っていきます。アファナシエフ自身が指名したというインタビュアーとの対話による書下ろしなので、全編を通して流れがあり、聞き手との信頼関係を感じさせる深い対話になっています。ピアニスト、音楽家としてのアファナシエフに関心がある人には第二部が興味深いでしょう...

by ムキンポの exblog.jp

以上2枚、飯倉交差点です。ロシア大使館前です。以上2枚、再び飯倉交差点です。-------------------------Stand with AleppoProtest to condemn the atrocities of the Russian, Iranian and Syrian armies in Aleppoin front of the Russian embassy ...

似ているタグ