ヴェネツィアのタグまとめ (60件)

ヴェネツィアのタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヴェネツィアに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

2月26日(日)のNHK「日曜美術館」の特集は、現在、上野の東京都美術館で開催中の「ティツィアーノとヴェネツィア派展」。海外のいろいろな美術館などから集めた作品を一度に、一気に鑑賞できるのはこうした企画展ならでは。最適な照明や展示方法で、1つ1つの作品を、現地よりずっとずっとよく見られることもしばしば。だがやはり、現地でしか、現地に行かなければ見られないもの、味わえないものもある。絵画が、そ...

ヴェネツィアの北、ドロミテの手前の村で生まれたティツィアーノ・ヴェチェッリオ(Tiziano Vecellio)は、若くしてヴェネツィアに上京。生まれた年が1480-85年ごろと正確にわかっていないのだが、16世紀初めにはすでにその頭角を現していた。現在、東京都美術館で開催中の「ティツィアーノとヴェネツィア派展」は、ヴェネツィアの大きな地図で幕をあける。ちょうど1500年に、ヤコポ・デ・バル...

by ケチケチ贅沢日記

いろいろ1に続き、いろいろ2もどうぞ。ヴェネツィアParrazo Benartの朝食、エッグ・ベネディクト。ダブルルームに宿泊していたので、メニューすべて2人前とは知らず・・・美味しかったけれど一つで十分。細い路地と小さな橋だらけのヴェネツィアには、サン・マルコ広場やその他のランドマークを訪れたい人向けの道案内がいたるところにあります。これはリアルト橋とメルカート(市場)方面への道案内。市場...

毎年ヴェネツィアへ行ったら必ず寄るお店が何軒かある。レストラン部門ではカンポ・バナバにある「Quatro Feri」。マンマの味の食堂だ。カナダドルから換算すると食堂と呼べるほど安いわけではないが、そのイタリア版母の味と呼べるパスタは期待を裏切らない素敵な一品だ。ちなみにパスタ麺は普通の乾燥パスタを使っているのだが、魚市場で仕入れた新鮮な魚介類を使った味付けは一般家庭では出せないお味。なので...

ヴェネツィアが誇る、ヴェネツィアが輩出した多くの人物のうちの1人に、フランコ・バザーリア(Franco Basaglia)がいる。1924年3月11日にヴェネツィアで生まれ、高校卒業後にパドヴァ大学の医学部へ進学。終戦後に卒業したのち、大学で研究を続けるのではなく、外へ出る、つまり現場で働く道を選ぶ。ユーゴスラヴィア(現スロヴェニア)国境に近いゴリツィア県で、精神病院の院長に就任。そこから彼...

1月のヴェネツィア滞在中に悲しい出来事がありました。私が滞在しているアパートの近所にTONOLOという有名なお菓子屋さんがあります。冬の仮面カーニバル前に季節のお菓子として登場する揚げ菓子のフリッテッレ・ザバイオーネ。ヴェネツィアでも特にTONOLOのは美味しくて地元っ子に大人気。営業時間中は店内が大混雑。押し合いへし合いしながらやっと買える、そんな状態。特に主人はこのTONOLOのフリッテ...

この春以降、イタリアまたはヨーロッパ旅行中、う〜んと運がいいと、ヴェネツィアのサン・マルコ聖堂が描かれた2ユーロに出会うかもしれない。今年2017年、ヴェネツィアの大聖堂が完成400周年を迎えるのを記念し、その大聖堂が記念硬貨に登場することになった。Corriere del Veneto などイタリア各メディアの報道によると、先月1月27日より造幣局で鋳造が開始されており、数日中にも発行。実...

by madameHのバラ色の人生

Antiasto…前菜代わりにPRADAのウィンドウをごらん下さい。これは、ミラノ本店の画像です。ベリー色、美味しそうなカラー構成でしょ^_−☆イエローも新鮮なフルーツみたいで…あ…何かこじつけっぽいファッショントピック(汗)muccoちゃんの旅先コーディネートがとって素敵♡♡♡そちらでファッションは堪能なさってくださいね。今日も、食べ物ネタで行きます〜!primo piatti を食べ比べ...

バンクーバーからヴェネツィアへ行く場合、航空会社によってさまざまな経由地がある。過去12年間でその経由地もいろいろ変えてきた。最初の2〜3年はフランクフルト、それをアムステルダムに変え、そしてここ数年はロンドンのヒースロー空港で満足している。ちなみに今回はヴェネツィアへ入る前にバレエを観て友人夫妻に会うためにローマ入り。ヒースローでは長い乗り継ぎ時間があるのだがそれもなんのその。というのもそ...

by ゴローザ通信

「ヴェネツィアの古い宿」(1月16日掲載)のはなしの続き…旅の荷物を運びやすく、軽くするために(クロアチアのポレチュまで船で行くことから)とにかくコンパクトに…とがんばったわたし。歯磨きペーストまで詰め替えて行ったのですね、100均で売ってる容器に…普段、電動歯ブラシを使用しているので、研磨剤なしのペーストを使っているんです。そのままだとかさ張るでしょ…詰め替え容器がどれも似ていてですね…中...

毎年ヴェネツィアへ行く度に立ち寄るお店があります。お店と言ってもそこは工房兼ショップ。ヴェネツィアンガラスのアクセサリーを作っているアーティスト、パトリシアの工房です。ここはちょっとわかりにくい場所にありますが、ここのすぐ近くの広場カンポ・バナバの向こう側の路地を入ったところには私の大好きな食堂レストラン4feriがあるのでランチの前にこの工房ショップに立ち寄れば時間的にもぴったり。今年購入...

by ケチケチ贅沢日記

映画「ベニスに死す」を見てから、生きているうちに一度は訪れたいと思っていたサン・マルコ広場。ドラマ性と映像美はもちろんですが、どんよりとした冬空の下のサン・マルコ広場がなんとも印象的でした。友人Kちゃんがわずか2か月前の11月にヴェネツィアを訪れた時もこんな感じだったそう。薄日に加え、アックア・アルタ。脳内BGMはもちろんマーラーのアダージェットだな。画像提供:友人Kちゃんそして当日。どんよ...

ヴェネツィアやフィレンツェなど、イタリアの観光地を歩いていると、街の中でちょっとすてきな、マーブル紙を使った文房具などを売っているお店に行き会う。今ではいかにも「イタリア」の伝統工芸っぽいイメージのマーブル紙だが、この技術はトルコから伝わったもので、さらにもとをたぐると日本の「墨流し」にいたるのだと言う。いまでこそ、色鮮やかで美しいマーブル紙は、それ自体が主役として手帳やアルバムの表紙になっ...

by ケチケチ贅沢日記

サン・マルコ広場を一目見たいがため、たった1泊だけ立ち寄ったベネツィア。宿泊したパラッツォ・ヴェナールトは貴族の館に招かれたような錯覚に陥るホテルです。お部屋の様子は、madameHのお部屋とあまり変わりませんので、ほかの見どころを少しご紹介しましょう。エントランスホール脇にある階段をのぼって、ステンドグラス越しの陽が美しい。プライベート船着き場と運河を眺める。芝生の上に雪が残っているのがわ...

クロサワ&ミフネのあとは、古きよきヨーロッパへ。鎌倉市川喜多映画記念館では、企画展「ヨーロッパ映画紀行」がはじまった。館内では、昔懐かし数々の名画のポスターがびっしりと展示されている。そして、上映第1弾は「旅情」。キャサリーン・ヘプバーン演じるオールドミスのアメリカ人女性ジェーンが、旅先のヴェネツィアでつかぬまの恋に落ちるお話。・・・といえばきれいだけど、まあ平たく言うと、生真面目でウブな外...

by ケチケチ贅沢日記

ブォンジョルノ!イタリア旅7日目・ヴェネツィア朝8時、部屋のテラスからの眺め。東京・横浜よりも緯度が高いため、この時間になってやっと明るくなってきたところです。今日はいつもより早めに朝食を済ませ、ヴェネツィア立ち寄り唯一の目的・サンマルコ広場を見に行きましょう。ほっそーい路地といくつもの小さな橋を渡り、ぱーっと視界が開けると、そこはサンマルコ広場。快晴、ぴかーん。「ベニスに死す」の影響で、霧...

by madameHのバラ色の人生

皆さま、おはようございます〜! ヴェネツィア、本日も気持ち良い快晴です。冬とは思えない柔らかな日差しが水面に反射してきらきら光っている様をごらんください。晴れ女の面目躍如とはこのこと…私って、さっすが!!これは、ホテルの船着き場。ここが玄関先になるわけです。本日は、雑誌の撮影中でした。シャンパンにフレッシュな苺🍓夢の様な時間ですね。ゴンドリエーレのボーダーシャツ&キャノチェは...

by madameHのバラ色の人生

美しいヴェネツィアングラスの数々…皆さま、おはようございます〜!フィレンツェ滞在中は晴天に恵まれおいしい食事に恵まれSALEのお買い物にも恵まれ全員無事にフィレンツェを後にしました。これは何でしょう〜?夕闇迫る、グランカナルを走る水上タクシーの内部ちょっと豪華すぎません?たった5分のことなのに…着いた先は…ヴェネツィアのホテル「Palazzo Venart」ボートを降りて、中庭を抜けると…...

by ケチケチ贅沢日記

ブォンジョルノ!イタリア旅6日目はヴェネツィアにやって参りました。道中、いろいろありましたが、無事に着いてほっとしております。ロールスロイスのようなアイボリーカラーのレザーシート。豪華な水上タクシー・モトスカーフィでホテルへ向かいましょう。こんな景色を眺めていたら、あっという間にホテルに着きました。mucco、疲れが出てきたため、きまぐれ更新になります。フェラガモ博物館のレポートは日本に帰っ...

用賀駅から商店街を歩くこと数分。気になるお店がちらほらと並ぶその商店街の中に、地中海料理のおいしいちっちゃな食堂が誕生した。 ヴェネツィアでしばらく暮らし、ベルリンでチュニジア料理を学んだサトシ氏が、富山・氷見漁港から直行の新鮮なお魚など日本ならではのこだわりの食材を使って丁寧に用意したお料理の数々。この日は、ヴェネツィア会ということで、特別に用意していただいたヴェネツィアの庶民カクテル、ス...

似ているタグ