三星刃物のタグまとめ

三星刃物」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには三星刃物に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「三星刃物」タグの記事(6)

  1. 包丁も夏休みを取るのが良いのですって - kitchen journal  「キッチンのこころ」

    包丁も夏休みを取るのが良いのですって

    包丁も夏休みを取るのが良いのですって、、、、なんてそれっぽく言ってみましたけれど、毎日、働いている包丁もリフレッシュが必要です。うちは夫が包丁研ぎが好きなのですが、できればプロに任せたい。包丁にも夏休みを取ってもらおうと思います。今時の包丁はそれなりのお値段のものであれば初回の研ぎ直し券が付いています。三星刃物の「和(NAGOMI)」も付いていました(三徳とペティ)。ということでお盆休みでち...

  2. 夏のかぼちゃを切るには? - kitchen journal  「キッチンのこころ」

    夏のかぼちゃを切るには?

    夏のかぼちゃ。かぼちゃって冬のイメージがありますが、夏にもカロテンなど栄養が取れます。ただ、、、かぼちゃを切るのが大変苦手です。イメージしたサイズに切るのは、結構難しく、えいや!と刃を入れます。三星刃物の「和(NAGOMI)に出会ってからは、なかなかうまく切ることができますよ。まず大きな三徳でかぼちゃをざっくりと切ります。ざくりと切れるというより、刃が優しいというか、まあるいというか(切れ味...

  3. 三星刃物の新作ナイフなど - kitchen journal  「キッチンのこころ」

    三星刃物の新作ナイフなど

    先日、インテリアライフスタイルに行ってきました!その中で出展していた三星刃物のブースを訪ねてきましたよ。以前は「岐阜ブース」の中の一角でしたが、昨年から「ブランド」として自社のブースを持つようになり、より個性をアピールしていました。で、見せてもらった新作はチーズナイフです。この「そっくり返っている」ナイフです。通常チーズナイフというのはハードチーズとソフトチーズでは刃や形状は違うのだそうです...

  4. 私にとって包丁で大切なこと - kitchen journal  「キッチンのこころ」

    私にとって包丁で大切なこと

    私にとって包丁で一番大切なことは、切れすぎることでも、職人魂が込められていることでもない。毎日、気軽に使えること。それが実は一番大事だったりする。それを最も痛感するのが、使った後。食事の用意はバタバタしてしまう。濡れたまな板の上に置きぱなし。シンクで他の洗い物とごちゃっと置かれちゃう。本当はもっと丁寧に扱いたいけれど、素人の日々の料理の作業なんてそんなもの。この「和」(なごみ)は、気取らず、...

  5. 誕生日プレゼントに包丁 - kitchen journal  「キッチンのこころ」

    誕生日プレゼントに包丁

    「縁が切れる」から、贈り物に刃物はなし。長いこと、そんな常識が続いていましたが、快適な包丁って大切じゃないかな、と最近思います。というわけで妹がいい包丁知らないー?とラインしてきた時、ん?と思ったのです。ちょうど彼女の誕生日の前。私がなぜか毎日使ってしまう「和(なごみ)」という包丁をプレゼントしようと思ったのです。私は全然、発想がなかったのですが、贈り物にする刃物に「名入れ」ということができ...

  6. 包丁の個性 - kitchen journal  「キッチンのこころ」

    包丁の個性

    先日、書きました三星刃物(みつぼしはもの)の包丁「和(なごみ)」、毎日、毎日使ってしまう、、、、というもの。実はデザインは個人的にあまり好きじゃないって話も書きました。なのに使ってしまうんです。仕事の関係や諸々で包丁は結構持っております。それまでメインにしていたのはツヴィリングの最高級包丁「ツインセルマックス」でした。柄が手に収まるように膨らみ、刃は鋼鉄の粉体を固め磨いた最高級もの。切れ味最...

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ