三江線のタグまとめ

三江線」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには三江線に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「三江線」タグの記事(38)

  1. 帰省2 - 螺子花便り

    帰省2

     三江線に、乗り宇都井駅粕淵までの、列車待ちが2時間以上、江の川の辺りを散歩しておりました。暑い中孫は走り回っております。                   「見上げれば 線路は高く 茜飛ぶ」「夏の風 川風混じりて 県境」川あかり (双葉文庫)葉室 麟 /双葉社null

  2. 帰省1 - 螺子花便り

    帰省1

      11日に帰省しました、今年は一家族のみ少し寂しい夏休みになりました。12日は来年3月に廃止になる、三江線「三次から江津まで」に始めて乗って来ました、宇都井駅の折り返し。孫が喜んでいました。   「くろがねに いちごいちえの わだちあと」「みおろして ふるきものおわり なつのくも」天の梯 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫)高田 郁/角川春樹事務所undefined

  3. 鬼太郎三江線へ - かにさんの横歩き散歩日記

    鬼太郎三江線へ

    この日は鬼太郎が立替え車両に。この頃の三江線は度々米子の「ほのぼの」などお座敷列車が普通列車に併結して入線していて普通列車立替え用として鬼太郎シリーズラッピング車が日替わり入線していた。(三江線)

  4. 一昔の三江線 - かにさんの横歩き散歩日記

    一昔の三江線

    ちょうど10年前の三江線。この頃のお盆には毎日のように団体臨時列車と普通列車の立替えでこういうカラフルな編成が走っていた。三江線に「ねこ娘」、このアンマッチさがとても面白い(笑)一昔前の良き思い出。ある方になぜ三江線に「境線のラッピング車か」と言われたことがあったが、こういう記録も大事にしたい。どんな車両が入線してもそこは三江線であり、また逆に貴重な記録だから。(三江線)

  5. 国鉄三江線に乗ってきた。 - 日々思う事...3rd

    国鉄三江線に乗ってきた。

    昨年から乗ってみたいと思っていた廃線決定した、島根県江津(ごうつ)市と広島県三次(みよし)市を結ぶ鉄路「三江(さんこう)線」に、乗りに行ってきた。所謂「乗り鉄」である。今回は単独行動ではなく、ex.JE3FIY JG1DWG の各局を拉致し、決行した。本来の予定では、土曜日の夜中零時に大阪を出発し、午前五時前に広島県三次市の国鉄三次駅に到着。五時三十八分の浜田行きに全員乗車し、午後三時十五分...

  6. 紫陽花 - かにさんの横歩き散歩日記

    紫陽花

    7月に入ってようやく梅雨らしい日が続くこの頃。ここの紫陽花は6月の低温が影響したのか昨年より二週間遅れ。梅雨のわずかな雲の切れ間から射しこんだ陽射しが紫陽花を照らし、三江線沿線を彩る。(三江線)

  7. 太公望たち - かにさんの横歩き散歩日記

    太公望たち

    いつも穏やかな鳴瀬堰。大雨の翌日、川面は堰を乗り越え水が溢れ出していた。そこへ沢山の太公望たちが舞い降りる。遡上するアユを狙うのだろうか?その頭上をゆっくりとした足取りで列車が通り過ぎる。(三江線)

  8. 大雨の後 - かにさんの横歩き散歩日記

    大雨の後

    大雨翌日の江の川。濁流になっているのかと思ったら、濁っているものの流れは穏やか。うぐいすが鳴き、ゆっくりとした江の川の流れにゆっくりとした時間が流れる。その脇を定期列車が走り抜ける。(三江線)

  9. アユ釣り - かにさんの横歩き散歩日記

    アユ釣り

    今週に入りいよいよ梅雨模様・・・。この日は梅雨を忘れるかのような爽やかな風が吹く穏やかな日。江の川は雨が降らず水位もずい分下がっていた。いつもながらこの場所はアユ釣りの人たちで賑わう。その頭上をゆっくりとした足取りで定期列車がゆく。(三江線)

  10. 日暮れとともに - かにさんの横歩き散歩日記

    日暮れとともに

    夏のような日差しが山に沈む。空は夕暮れの空からブルーモーメントへ。ほどなく三次行き最終列車が残照を受けて足早に通り過ぎた。(三江線)

  11. 梅雨明けの夕刻? - かにさんの横歩き散歩日記

    梅雨明けの夕刻?

    まるで梅雨が明けたような夕刻。緑一色の谷間に夕光が降り注ぐ。少しずつ陰が谷を覆い始めた頃、ゆっくりと山裾を列車が進む。(三江線)

  12. 夏色の三瓶山 - かにさんの横歩き散歩日記

    夏色の三瓶山

    梅雨に入っても全く梅雨らしくない天気が続いたこの週。この日も梅雨とは思えないスッキリとした空気に夏色の三瓶山がくっきり。空には5月の雲と少しながら6月の雲が入り混じる。緑一色の谷間の間隙に単行列車が見え隠れ。今週はいよいよ梅雨空になるのかな?(三江線)

  13. 梅雨入り - かにさんの横歩き散歩日記

    梅雨入り

    いよいよ梅雨の季節に入った。これからなかなかお天道様に会えないと思うと少し気が滅入る。でも、雨なら雨で・・・今年は是非ここでリベンジしたいもの(汗)中途半端な画ですみません(汗)(三江線)

  14. 夏の夕暮れ? - かにさんの横歩き散歩日記

    夏の夕暮れ?

    夏のような日差しが届いた日の夕刻。斜光をいっぱいに浴びて小さな車両が小さな駅をあとにする。こんな風景もこの夏が見納め。(三江線)

  15. 川霧立ち昇る - かにさんの横歩き散歩日記

    川霧立ち昇る

    晴れた日中は夏のような暑さでも朝はまだ長袖がいるような寒さ。この日も快晴予報ながらやはり江の川沿いは霧が立ち込めていた。山々は霧に覆われ、川からはゆっくりと霧が立ち昇る。静寂な谷間にゆっくりとしたディーゼルサウンドが響き渡る。(三江線)

  16. 夕暮れの谷間をゆく - かにさんの横歩き散歩日記

    夕暮れの谷間をゆく

    日が長くなったこの時期だけ谷間を走る三江線にも夕陽が降り注ぐ。すっかり田植えが終わった棚田の裾のをゆっくりと列車が通り過ぎる。(三江線)

  17. 夏日の午後 - かにさんの横歩き散歩日記

    夏日の午後

    アユが解禁になったこの日。気温はぐんぐん上がって夏日に。夏の日差しに江の川の川面が輝く。日陰になった山裾を涼しそうにゆっくりと神楽臨が走り抜ける。(三江線)

  18. 夏の装い - かにさんの横歩き散歩日記

    夏の装い

    新緑の季節もあっという間に過ぎて、山々の緑は深くいよいよ夏の装いに。涼しげな清流を横目に、そんな山裾を神楽列車が走り抜けた。(三江線)

  19. アユ解禁 - かにさんの横歩き散歩日記

    アユ解禁

    夏のような暑さになったこの週末。江の川の広島県側ではアユ漁が解禁になって沢山の釣り人が川に入っていた。山々の緑も一層濃くなり、夏の装いになった江の川沿いをゆっくりと列車が走り去る。(三江線)

  20. いよいよ終点? - かにさんの横歩き散歩日記

    いよいよ終点?

    ゆっくりと走って来て、浜原駅の場内信号手前で一旦停止。指令となにやらやっているのかな?しばらく止まった後、ゆっくりと走り去っていった。ちょうど雨も降り始め、日中の珍車もここで見納め。明るいうちにここで会えることはもうないかな~???(三江線)

1 - 20 / 総件数:38 件

似ているタグ