上高地のタグまとめ (9件)

上高地のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには上高地に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by ギャラリー同仁斎

        氷の華氷の華に朝日が射すと僅かな時間ではあるがダイヤモンドのような輝きを見せる。ファインダー越しに夢のような世界が現れる。素早く構図を決め、シャッターレリーズを押す。思わずレリーズを押す手に力が入る。次の被写体を探し出し、カメラと三脚を手にし蝶のように花から花へ舞うように移動する(蝶というよりは熊のよう)。心躍る時間はあっという間に終わりを告げる。心地よい気分に満たされるが、...

by ギャラリー同仁斎

氷の華穂高連峰に初雪が降る頃、梓川流域では“氷の華”を随所で見ることができる。氷の華は、風の無い日の早朝、空気中の水分が草木に付着し霜点温度に達したとき凍ることにより出来る。河童橋から上流へ二時間ほど歩いたところに徳沢という開けた場所がある。昭和の初め頃までは放牧場として利用されていたところである。春にはニリンソウなどの草花が咲き乱れ、良い具合に樹木が点在し、好きな場所のひとつである。キャン...

by ギャラリー同仁斎

梓川支流・田代池近辺この日、田代池を目指したが上質の羽毛のような新雪に阻まれ近づくことが出来なかった。車道側から見当を付けて入ろうと試みたが、吹きだまりに胸まではまり込みもがくばかり。足下からは水が湧き出したので慌てて泳ぐようにして這い出た。田代池の撮影を諦め近辺の樹林を撮影する。霞沢岳を源とする、いく筋もの伏流水の流れが田代池や梓川を目指して流れて行く。田代池は大正池と同様、噴火による溶岩...

by ギャラリー同仁斎

焼岳三態大正池越しに焼岳を望む。紅葉の時期に訪れて、優しげな風貌の焼岳に挨拶を交わし話しかけるも良し、田代橋を渡り、少し足を伸ばし焼岳の懐に抱かれ日がな一日梓川や霞沢岳、穂高を眺めるも良し。見かけの荒々しさに反し、私には優しい一面をみせてくれる山である。今はおとなしくしているが、活火山であるから用心しなければならない。中腹に休憩によい所があり、岩の隙間から水蒸気が吹き出している様子が見られる...

by ギャラリー同仁斎

穂高連峰手前の池は大正池である。この風景は、早起きをし天候が良ければ誰でも見ることができる大正池大正池は1915(大正4)年、焼岳が大噴火をおこし、その際に噴出した多量の泥流により梓川がせき止められてできたそうである。近年、立ち枯れの木は減少し、神秘的な風景は以前ほどは感じとることができなくなった。季節・天候によっては朝夕の光景は幻想的でさえある。池に写る山並は、明神岳から前穂高にかけての尾...

by ギャラリー同仁斎

穂高連峰大正池より穂高の山々を望み、夜明けを待つ。朝日が奥穂高、西穂高の峰々を次々に茜色に染めていく。荘厳なひととき…今から20数年前、年に二三度であるが上高地、涸沢、槍沢、そして西穂高の独標周辺をカメラと三脚を手にし“逍遥”したものである。山小屋を利用し二泊三日の旅を数年間続けた。いつも一人でのカメラ行脚であった。本格的な登山の経験はほとんど無かったので無茶はしなかったが、一度だけ黒部川上...

お天気が良かったオフタイムは冬の上高地へ。大正池から望む穂高連峰上高地の最低気温は氷点下18度!凍てつく寒さを五感で自然を享受。なんとも幻想的な風景なんでしょう。今夏は久々に穂高連峰縦走してみたい!前穂高~吊尾根~奥穂高~ジャンダルムの北アルプス最難関コース…以前とは違った視点で愉しめるだろうな。

by ギャラリー同仁斎

 “美しい「花」がある、「花」の美しさという様なものはない” ・・・小林秀雄この意味をいつも考えています。「花」とは植物の「花」なのか、それとも世阿弥のいう「花」なのか・・・世阿弥のいう「花」とは・・・

by ギャラリー同仁斎

穂高連峰

似ているタグ